技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車における振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動解析

自動車における振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動解析

~振動騒音問題を解決するために必要な知識や技術を身につける / 自動車の振動騒音現象、振動騒音の対策事例、現場で役立つ振動解析の基礎~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、振動騒音問題を解決するには必要な基礎知識から解説いたします。
自動車の振動騒音現象と代表的な対策事例を交えて、振動の基礎を学んでいただきます。

開催日

  • 2020年3月27日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 自動車の振動騒音問題の概要
  • 振動騒音問題を解決するために必要な知識や技術
  • 振動騒音に関する設計指針
    • 質量を付加することで共振点の振動レベルは本当に下がるのか
    • パネルの剛性アップで振動レベルは本当に下がるのか など

プログラム

 自動車の開発段階で問題となる振動騒音現象について全般的な概要を解説し、その中からいくつかの代表的な対策事例を紹介します。そして振動騒音問題を解決するにはどんな基礎知識が必要かを対策事例の中から感じ取ってもらい、目的を持って振動の基礎を学んでもらいます。
 振動技術の世界は感覚と異なった現象も多くあり、しっかりとした基礎知識を持たないと設計指針を誤ってしまいます。間違いやすい振動知識の例をあげながら理論的考察をします。

  1. 自動車の振動騒音現象
    1. 騒音発生メカニズム
    2. 自動車の主な振動騒音源
    3. 自動車の主な振動現象
    4. 自動車の主な騒音現象
  2. 振動騒音の対策事例
    1. ロードノイズ
      1. 入力、伝達系の振動
      2. 車体のサス取付け部剛性
      3. 車体骨格振動・騒音
      4. 車体パネル振動 (積層パネルの振動騒音)
    2. 排気騒音
    3. 流体騒音
    4. ワイパ自励振動
    5. エンジンマウント
  3. 現場で役立つ振動解析の基礎
    1. 間違いやすい振動知識
    2. 自由振動
      • 厳密解と差分法による数値シミュレーション
    3. 強制振動
      • 簡単な解き方を紹介
    4. 多自由度系振動
      • 自由振動、強制振動の他自由度への拡張
    5. モード解析
  4. 付録 (時間の許す限り説明)
    1. 遮音、吸音、消音の基礎式
    2. 流体騒音関連式
    3. 有限要素法の基礎
    4. 新人教育用資料
    5. 市販ソフトのお試し版デモ
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 松村 修二
    群馬大学 大学院 工学研究科 次世代EV研究会幹事
    客員教授

会場

大田区産業プラザ PiO

6F D会議室

東京都 大田区 南蒲田1-20-20
大田区産業プラザ PiOの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,700円 (税別) / 46,970円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,700円(税別) / 46,970円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/10 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 愛知県
2020/4/14 LiDARによる自己位置推定技術 東京都
2020/4/16 車載用電力変換技術 (パワーエレクトロニクス) の動向とその高電力密度化技術 愛知県
2020/4/17 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 東京都
2020/4/20 機能性高分子絶縁材料の設計技術と研究動向 東京都
2020/4/24 運転支援システム開発 東京都
2020/5/7 ドライバー状態の推定技術と眠気検知、覚醒維持 東京都
2020/5/12 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2020/5/14 基礎から学ぶ高効率エンジンの理論と実際 東京都
2020/5/15 CASEで伸びる自動車材料市場 東京都
2020/5/22 車載カメラ、ディスプレイの開発・市場・規格動向と将来展望 東京都
2020/5/27 自動運転・運転支援における環境認識技術 東京都
2020/5/29 次世代パワーエレクトロニクス用リアクトル・トランスのコア材料への要求特性とその事例 東京都
2020/6/2 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2020/6/4 米中欧で加速するEV、自動運転、キーとなる車載カメラ・イメージセンサの市場・技術動向 東京都
2020/6/11 自動車用LIDAR技術の基礎と最新動向、自動運転への展開 東京都
2020/6/15 自動車用塗料・塗膜の設計、評価と劣化、不具合対策 東京都
2020/6/18 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 東京都
2020/6/19 高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例 東京都
2020/6/22 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/7/31 遮音・吸音材料の開発、評価と騒音低減技術
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 騒音・振動の対策と防音・防振材料の適用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)