技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

次世代モビリティーの将来予測とMaaSに向けてとるべき対応

次世代モビリティーの将来予測とMaaSに向けてとるべき対応

~これからの自動車ビジネスへの展望/アプローチ・EVブームの終焉とこれからのモビリティーで鍵を握るコネクティビティー・次世代自動車技術の周辺動向、各企業が取るべき対応とは~
東京都 開催

開催日

  • 2019年9月6日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 自動車の今後のCO2総排出量予測とCOP21パリ協定目標達成のためのあるべき規制強化
  • 電動車の技術課題とこれからの市場導入優先度について
  • 車両の燃費改善、電費改善における各種Key技術と課題およびその対応法
  • 2050年のパリ協定 CO2目標達成に向けた、エンジン車、電動車 (HV,PHV,EV,FCV) のセールスミックス推移を予測する際の基本的な考え方
  • 自動車業界の大変革の中でのCASE対応と、各種企業の今後の対応の仕方 (アライアンスの組み方)

プログラム

 自動車産業はまさに自動車生誕130年後初めての大変革に迫られている。日々悪化する気候変動を抑止するためのCO2低減は、言うまでもなく待ったなしの重点課題となる中、自動車メーカは自動車を製造するのみならず、モビリティーサービス (MaaS:Mobility as a Service) の提供への転換も急務となってきた。企業連携は自動車関連業界だけではなく異業種間でも急速に進み、MaaSを軸としたスマートシティー構想の実現に向けた動きも本格化し始め、まさに政府の提唱するSociety5実現に向かっていくのである。
 本セミナーでは、SDGsでもあがっているように、CO2低減は待ったなしの緊急課題である。自動車メーカは有るべき規制値を想定し、現実解であるHVを主軸とした次世代車展開を今後急速に進め、ブームも終焉を迎えつつあるEVに関しては、LSEV (Low Speed EV) という従来にない超小型カテゴリーで活路を見出すこと重要であることを説明する。
 次に、MaaSに繋がる新たな開発要素であるCASE (コネクティッド、自動運転、シェアリング、電動化) に関して、コネクティッドが非常に重要な役割を果すこと、自動運転に関しては安全安心を確保するために、自律制御と交通インフラとの協調制御、道路環境整備が必要であることを解説する。最後に、現在検討が進むMaaSは、今後スマートシティー構想につながっていくが、その中でどのような形で異業種まで含めたアライアンスを組み、日本企業が米国、中国連合にに立ち向かっていくべきか解説していく。

  1. CO2低減は待ったなしの緊急課題
    1. 世界のCO2排出と気候変動への影響
    2. 国・地域別CO2排出量とセクター別CO2排出量
    3. 世界のCO2排出量トレンドと今後の削減シナリオ
    4. 各国のパリ協定でのCO2自主削減目標
    5. 世界の1次エネルギー消費とCO2排出への影響および今後の削減シナリオ
    6. 電力・自動車セクターにおけるエネルギー多様化の動向
    7. 自動車の改良に伴うエネルギー消費効率改善と今後の石油消費量削減予測
    8. 電力セクターのエネルギー消費動向と今後の削減シナリオ
  2. 将来の次世代車の主軸とパリ協定CO2自主目標を達成するための各国・地域のあるべき規制値
    1. 世界の新車販売台数と地域・国別の販売台数予測
    2. 2050年のCO2排出量予測とパリ協定自主目標を達成するためのあるべき規制強化案
    3. 技術完成度からみた次世代車導入優先順位 (HV、PHV、EV、FCV)
    4. 自動車の先進技術の俯瞰と改良技術
      1. 車両改良技術の俯瞰
      2. エンジン車の燃費、電動車の電費改善の方向性と達成手段
      3. 車両軽量化対応
    5. 世界の自動車のセールスミックス (~2050年) と投入すべき技術
    6. パリ協定CO2自主目標達成の可能性
    7. 世界最大市場の中国の自動車動向
    8. 中国の推し進める自動車のロードマップ (省エネルギー車、新エネルギー車)
    9. 周主席が考える自動車の国家戦略 (新カテゴリーの低速小型EV:LSEVがEVの現実解)
    10. 各国・地域ごとのセールスミックス (~2050年)
    11. セールスミックス実現に向けた3つの重点課題
    12. 将来モビリティーの棲み分け (航続距離、商用・乗用、コスト、ニーズ…)
  3. Society5 (政府推進) につながるMaaS実現のためにCASEの果たすべき役割
    1. モビリティーのSociety5にむけたデジタル革命
    2. CASE、MaaSそれぞれの関連とスマートシティーへの繋がり
    3. コネクティッドカーから取得する情報とエンドユーザーへの提供
    4. 自動運転における、エッジコンピューティング (+5G) とクラウドコンピューティングによる情報処理の分散
    5. ブロックチェーンと情報銀行による自動車間の情報共有とコネクティッドカー情報の売買
    6. レイヤーで整理した自動車とCASEの関係
    7. ADAS (先進運転支援システム) から自動運転への進化およびIntelligent Transporting Systemの重要性
    8. 自動運転のレベルと課題
    9. 自動運転実現に向けた2つのアプローチ
    10. 自動運運転のあるべき姿
    11. 自動運転の市場導入率予測
  4. MaaS突入に向けた企業連携とその先に繋がるスマートシティー構想
    1. 企業連携の狙いと形態
    2. MaaSを全方位で進めるために必要な技術連携のあるべき姿
    3. トータルシステムを構築するための提携戦略 (Toyota)
    4. 中国政府主導型の提携戦略に日本連合で対抗
    5. スマートシティーコンセプトとは
    6. 大都市、地方都市、郊外、僻地におけるモビリティーの位置付けとそれぞれに応じた道路環境整備の必要
    7. スマートシティー実現に向けた構想
      まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

東京流通センター

2F 第4会議室

東京都 大田区 平和島6-1-1
東京流通センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/24 車載半導体・電子部品の品質保証 5時間集中講座 東京都
2019/9/25 自動車部品 (内燃機関系) メーカーが持つべき思考、成長戦略の構築とその実行 東京都
2019/9/25 車載電子製品・部品における放熱・耐熱技術と将来動向 東京都
2019/9/27 自動車用パワーエレクトロニクス技術 東京都
2019/9/27 高齢ドライバ時代における運転支援システム開発 東京都
2019/9/27 基礎から学ぶ内燃機関の高効率化・電動化対応技術の理論と実際 東京都
2019/10/4 LiDARにおける展望、市場動向と自動車の周辺認識技術 東京都
2019/10/4 ドライバ状態モニタリング / センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2019/10/8 自動車用エンプラ・スーパーエンプラの技術動向と応用展開 大阪府
2019/10/17 個別半導体車載認定規格: AEC-Q101, AQG324, JEITA ED-4711を中心とした信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/10/18 駆動系潤滑油・添加剤の基礎と実用技術 東京都
2019/10/23 誘導モータの基礎と応用の実際 東京都
2019/10/24 廃熱 (排熱) で発電、冷却が可能な廃熱回生熱音響デバイスの基礎 東京都
2019/10/25 EVにおける超急速充電の課題と対応 東京都
2019/10/28 レーザー照明・ディスプレイの技術と応用・市場展望 東京都
2019/10/29 ヘッドアップディスプレイの最適情報提示と視覚特性 東京都
2019/10/30 防曇、防汚技術と自動車部材への応用 東京都
2019/10/30 LiDARの最前線セミナー 東京都
2019/10/30 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/10/31 自動車用パワートレーンの省燃費、電動化の最新技術と規制動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)