技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発マネジメントを効率化するデータサイエンス活用法

研究開発マネジメントを効率化するデータサイエンス活用法

~イノベーションマネジメントのための論文・特許ビッグデータ分析~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2018年10月15日(月) 13時00分 16時30分

プログラム

 本セミナーでは、テキスト解析やリンク解析といったデータサイエンスを用いて論文や特許情報を網羅的に分析し、研究開発戦略の立案や評価に活用する手法と事例を学びます。IoTやAIなど世界の研究開発動向が大きく変化・発展する中、グローバルな視点でそれらの動向をモニタリングし、自社の事業に対する潜在的なリスクやオポチュニティを抽出するとともに、研究開発や事業に反映していくことは、各企業の今後をも左右する大変重要な課題となっています。そのような調査・企画業務の中に、データサイエンスを取り入れ、業務を効率的・効果的に実施していくために、その手法や事例、課題について解説を行います。

  1. イノベーションと科学技術
  2. データサイエンス
    1. データと意思決定
    2. データサイエンスとその手法
    3. 計量書誌学と特許・論文解析
  3. 計量書誌学を活用した研究開発マネジメント
    1. 科学技術と研究開発マネジメント
    2. 研究開発動向の把握と萌芽的研究領域の抽出
    3. 革新的研究開発課題の設計
    4. 産業展開可能性の評価
  4. イノベーションの実現に向けて
    1. イノベーションと組織
    2. イノベーションモデルの多様化
    3. イノベーションと技術経営
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 梶川 裕矢
    東京工業大学 環境・社会理工学院 イノベーション科学系 / 技術経営専門職学位課程
    教授

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第3講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/5/28 再生医療、遺伝子治療の知的財産戦略 オンライン
2020/5/29 DTx (Digital therapeutics:デジタル治療) 製薬企業の取組みと知財戦略 オンライン
2020/5/29 技術ポートフォリオ作成のコツ 東京都
2020/6/3 研究開発プロジェクトにおけるOODAループの導入と活用方法 東京都
2020/6/9 技術者に必要なマーケティング思考とR&Dテーマ創出への活用法 東京都
2020/6/10 研究開発テーマを社内で通すための経営層への説明、説得の仕方 東京都
2020/6/10 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック 大阪府
2020/6/11 パテントマップを活用した新規R&Dテーマの発掘方法 東京都
2020/6/16 自社保有技術・コア技術をベースとした革新的テーマの創出メカニズム、活動の全体体系 オンライン
2020/6/16 技術ロードマップ作成入門と実践的活用法 オンライン
2020/6/18 早期事業化を目指したR&Dテーマの進捗管理の方法 東京都
2020/6/18 特許戦略、分かっていますか? 特許の力、活かせていますか? オンライン
2020/6/24 仮想成立特許発明アプローチによる侵害予防調査法 東京都
2020/6/25 経営層・事業部門への知的財産の貢献度評価と効果的な報告の仕方 東京都
2020/6/25 事業活動の活性化に必須となる実践知的財産スキル オンライン
2020/6/25 デジタル異業種連携戦略の実践手法 東京都
2020/6/26 経営、事業戦略に貢献する知的財産の価値評価と活用の仕方 東京都
2020/6/26 経営貢献の高い研究開発活動の実現へ向けて オンライン
2020/6/30 研究者・技術者のためのパテントマップ入門 東京都
2020/7/6 医薬品ライセンス契約の実務とデューディリジェンスの考え方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書