技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

制振・遮音・吸音材料の設計・メカニズムと自動車室内における振動・騒音低減への最適化

ライブ配信対応セミナー

制振・遮音・吸音材料の設計・メカニズムと自動車室内における振動・騒音低減への最適化

東京都 開催

概要

本セミナーでは、自動車における騒音・振動の低減について、制振材・吸音材・遮音材、および制振材の貼付位置や吸遮音材の構造を適正化する手法を詳解いたします。

開催日

  • 2018年6月29日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 車両の振動に関連する製品の技術者、研究者、開発者、品質・信頼性保証担当者
    • 自動車
    • 二輪車
    • 産業車両 など

修得知識

  • 遮音・吸音の基礎知識
  • 遮音・吸音の研究現状
  • 遮音・吸音の応用展望
  • 車室内騒音に対する制振材・吸音材・遮音材のはたらきとその効果
  • 制振材の貼り付け位置や吸遮音材の積層構造を適正化する手法について
  • 軟質の多孔質材料が持つ吸音・遮音特性発現のメカニズム

プログラム

 近年、環境へおよぼす影響を軽減できる電気自動車やハイブリッド車の普及がすすんでいる。これらの車両ではエンジン騒音は小さくなったが、ロードノイズなど他の騒音の寄与が相対的に大きくなってきている。その一方、環境性能の観点から燃費向上のため車両の軽量化は必須の検討項目となっており、制振材・吸音材・遮音材などの防音材料も質量に対する騒音抑制の効果 (質量効率) を大きくすることが求められている。
 本講演では防音材の質量効率を向上させることを目的に、仕様の適正化などを検討した事例について紹介する。

  1. 音と振動の基礎
    1. 質点系の振動 (1自由度系および2自由度系)
    2. 連続体の振動 (梁および板)
    3. 開空間における音
    4. 閉空間における音と共鳴現象
  2. 制振材料による振動低減
    1. 物理的な現象の説明
    2. 損失係数とその同定方法
    3. モード損失係数
    4. 制振材料の貼付位置の適正化
  3. ヘルムホルツのレゾネータによる騒音低減
    1. 物理的な現象の説明
    2. ダイナミックダンパーとの比較
    3. 減衰レベルの予測と評価
    4. 最適な寸法・構造
  4. 遮音材料による騒音低減
    1. 物理的な現象の説明
    2. 透過損失と挿入損失
    3. 質量則とコインシデンス効果
    4. 二重壁による性能向上と共鳴透過による性能低下
    5. 伝達マトリックス法による透過損失の予測
    6. 有限要素法による透過損失の予測
  5. 吸音材料による騒音低減
    1. 物理的な現象の説明
    2. 吸音率とその測定方法
    3. Biotモデルによる吸音率の予測
    4. 微細空間における吸音
    5. 吸音材の配置最適化
  6. 均質化法による吸音材料の設計
    1. 吸音材の微視構造
    2. 電子顕微鏡およびμX線CTによる特徴観察
    3. 均質化法による微視構造を用いた吸音率の予測
    4. 3Dプリンターにより造形した吸音材による実験検証
    5. 微視空孔間にはられた膜の吸音率への影響
    6. 均質化法と最小二乗法によるBiot パラメータの推定
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 山本 崇史
    工学院大学 工学部 機械工学科
    准教授

会場

ビジョンセンター浜松町

4F Iルーム

東京都 港区 浜松町2-8-14 浜松町TSビル 4階,5階,6階 (受付6階)
ビジョンセンター浜松町の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/18 自動車における振動・騒音対策技術と制振・防音材の評価および新対策法 東京都
2019/2/19 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2019/2/19 車載電子製品・部品における放熱・耐熱技術と将来動向 東京都
2019/2/21 車載電子機器の放熱、封止技術 東京都
2019/2/21 クルマの知能化最前線 東京都
2019/2/22 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2019/2/25 自動車用遮音・吸音材料の設計、適用方法と車室内の防音設計 東京都
2019/2/25 車載カメラにおける画像認識技術のポイントと自動運転・自動駐車・周辺監視への応用 東京都
2019/2/25 自動車用CFRP・CFRTPの最新動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト 東京都
2019/2/26 自動運転の現状および完全自動運転を可能にする技術動向と応用展開 東京都
2019/2/26 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/2/28 熱可塑性CFRPプリプレグの作製、成形加工と耐久性向上 東京都
2019/3/4 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 大阪府
2019/3/6 コネクテッドカーの展望と求められるセキュリティ対策 東京都
2019/3/6 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/3/7 自動車触媒のナノ粒子材料と物性、評価法の基礎 東京都
2019/3/8 車載用パワー半導体のパッケージ技術 東京都
2019/3/12 車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 東京都
2019/3/13 自動車室内の熱マネジメント技術と快適性向上 東京都
2019/3/14 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/7/31 遮音・吸音材料の開発、評価と騒音低減技術
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 騒音・振動の対策と防音・防振材料の適用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書