技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

大容量リチウムイオンキャパシタ技術とその応用展開

大容量リチウムイオンキャパシタ技術とその応用展開

東京都 開催

概要

本セミナーでは、リチウムイオンキャパシタの基礎・原理、工業化に必須の基本技術、量産化での課題、長寿命化、安全性、期待される用途・応用分野まで詳解いたします。

開催日

  • 2018年5月29日(火) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 電池・キャパシタ開発技術者
  • 電池・キャパシタ用材料開発技術者
  • 電池・キャパシタ応用技術者

修得知識

  • リチウムイオンキャパシタの基礎・原理
  • リチウムイオンプレドープ技術
  • リチウムイオンキャパシタの基本特性
  • 長寿命・安全性の原理
  • リチウムイオンキャパシタの用途・応用分野

プログラム

 代表的な電気化学キャパシタであるEDLCは高入出力特性、長寿命等の優れた特性からようやく車載用途等に使用され始めてきたが、エネルギー密度が低いことが欠点でその用途は限定されているのが現状である。一方リチウムイオン二次電池に代表される蓄電池は高エネルギー密度ではあるが、高入出力特性や、長いcycle寿命などが要求される用途には限界があるため、EDLCと二次電池の特性を併せ持つハイブリッドキャパシタであるリチウムイオンキャパシタが注目を浴びている。
 本講座ではリチウムイオンキャパシタの基礎・原理、工業化に必須のリチウムイオンプレドープ技術等の基本技術を解説し、量産化での課題を検討するとともに、ハイブリッドであるのになぜ長寿命が確保できるのか、なぜ安全性が確保できるのかなどを解説してその特徴の理解を深めていきます。それにより期待される用途、応用分野を探索し、今後の蓄電デバイスのあり方を解説します。

  1. 電池とキャパシタの充放電原理
  2. リチウムイオンキャパシタの原理と特徴
    1. リチウムイオンキャパシタとは
    2. 電池とキャパシタのハイブリッド化
    3. プレドープの考え方
    4. 長寿命の理由
    5. リチウムイオンキャパシタの発電原理
    6. リチウムイオンキャパシタの特長
  3. プレドーピング技術
    1. コイン型セル
    2. 積層型セル
    3. 垂直プレドープのしくみ
  4. リチウムイオンキャパシタの特性
  5. リチウムイオンキャパシタの安全性
  6. リチウムイオンキャパシタの応用展開
    1. 再生可能エネルギー応用分野
    2. 産業機器関連分野
    3. 回生エネルギー応用、省エネ関連分野
    4. 移動体関連分野
  7. 今後の開発動向

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/6/21 自動車排出ガス規制の国内外の動向と試験法、排出ガス浄化処理技術 東京都
2018/6/21 自動車ウィンドウの機能化開発の最前線 東京都
2018/6/22 Q&Aで学ぶ「自動運転」とは何か? そこに求められる技術とシステム 東京都
2018/6/22 ヘッドアップディスプレイのAR表示とドライバ視認性向上 東京都
2018/6/25 自動車の電動化に向けたSiCパワーデバイス・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 東京都
2018/6/25 電気自動車の設計・製作の本質を理解する講座 東京都
2018/6/26 リチウムイオン電池・電気二重層キャパシタのバッテリマネジメントとセルバランス 東京都
2018/6/28 レーザーディスプレイ・照明技術動向と自動車分野への応用展開 東京都
2018/6/29 低燃費タイヤの摩擦・摩耗特性制御 東京都
2018/6/29 自動車用樹脂窓のハードコートによる耐摩耗性向上技術 東京都
2018/6/29 制振・遮音・吸音材料の設計・メカニズムと自動車室内における振動・騒音低減への最適化 東京都
2018/6/29 次世代自動車に今後求められる蓄電技術と課題、今後の展望 東京都
2018/7/3 パワーデバイスの耐熱・耐湿性評価と国際規格動向 東京都
2018/7/5 センサフュージョンによる周辺環境認識と完全自動運転への応用 東京都
2018/7/6 マルチマテリアル化の動向と適用技術 東京都
2018/7/12 ドライバ状態の検出・推定と自動運転への応用 東京都
2018/7/18 自動車空調技術の開発動向と省エネ、快適性向上技術 東京都
2018/7/20 EVの駆動技術と電源構成 東京都
2018/7/20 エンジン高効率クリーン化の原理とHCCI燃焼技術・最新動向 東京都
2018/7/23 自動車の振動・騒音の原因と対策事例およびシミュレーションの基礎 東京都

関連する出版物

発行年月
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/6/26 2015年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/11/21 2015年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 燃料電池車 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 燃料電池車 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)