技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

エンジン効率向上に向けた燃料改質技術の研究開発動向

エンジン効率向上に向けた燃料改質技術の研究開発動向

東京都 開催

開催日

  • 2018年4月20日(金) 12時30分 16時30分

プログラム

第1部 燃料改質技術の基礎と実用化に向けた必要技術・検討項目

(2018年4月20日 12:30〜13:50)

 燃料改質により得られる改質燃料のおいしさを、化学反応を交えながら解説するとともに、排熱で燃料改質を行う場合の基本事項の確認を行う。

  1. はじめに
  2. 熱平衡計算から推測する改質燃料成分
  3. 改質燃料成分が自着火及び層流燃焼速度に及ぼす影響
  4. 模擬改質燃料が機関性能に及ぼす影響~ガソリンエンジンを例に~
  5. 実用化に向けて必要な技術
  6. まとめ
    • 質疑応答

第2部 含水エタノール燃料を用いた燃料改質エンジンの研究開発の取り組み

(2018年4月20日 14:00〜15:10)

 エンジンは、燃料熱量の半分以上は排熱などの損失となるため、エンジン熱効率の向上のためには損失低減が求められる。本テーマである燃料改質は燃料の吸熱反応による化学的排熱回収と、改質ガス中に含まれる燃焼性の高い水素の利用によりエンジン熱効率向上を実現できる手法である。
 本講座では、比較的低温にて改質可能である含水エタノールの燃料改質を利用したエンジンシステムを中心に、筆者らが行った研究結果を論じる。

  1. 燃料改質による排熱回収手法の概要
  2. 含水エタノール燃料の特徴
  3. 含水エタノール燃料の改質エンジン試験結果
  4. その他の燃料の燃料改質について
  5. まとめ
    • 質疑応答

第3部 燃料改質によるエンジン効率向上の選択肢ならびに燃料改質とHCCI燃焼を組み合せた高効率エンジンシステムの有効性

(2018年4月20日 15:20〜16:30)

 エンジンの熱効率と廃熱の関係について概説したうえで、燃料改質によるエンジン効率向上の選択肢と有効性について解説する。その中で、従来の火花点火エンジンによるシステムでは、ガソリン、メタノール、天然ガス、アンモニアの改質について、予混合圧縮自己着火 (HCCI) エンジンによるシステムでは、メタノール、ジメチルエーテル、エタノールの改質についての研究結果を紹介する。とくに有効性の高いメタノールの改質とHCCI燃焼を組み合わせに関しては、システムの成立性を含めた詳細な研究結果を紹介する。

  1. エンジンの効率向上における廃熱回収の有効性
    1. エンジンの熱効率と熱バランスの基礎
    2. エンジンにおける廃熱回収技術
  2. 火花点火エンジンの排気熱を利用した燃料改質による化学的な廃熱回収
    1. ガソリンのオンボード改質を利用したエンジンシステム
    2. メタノールのオンボード改質を利用したエンジンシステム
    3. 天然ガスのオンボード改質を利用したエンジンシステム
    4. アンモニアのオンボード改質を利用したエンジンシステム
  3. 燃料改質と予混合圧縮自己着火 (HCCI) 燃焼を組み合わせた高効率エンジンシステム
    1. HCCI燃焼の利点と課題
    2. HCCI燃焼における水素による低温酸化反応抑制効果を利用した着火時期制御
    3. メタノールの改質による水素とジメチルエーテルの生成と化学的な排気熱回収
    4. メタノールのオンボード改質とHCCI燃焼の組み合わせによる高い総合効率の実現
    5. ジメチルエーテルのオンボード改質とHCCI燃焼を組み合わせたエンジンシステム
    6. エタノールのオンボード改質とHCCI燃焼を組み合わせたエンジンシステム
  4. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 田中 光太郎
    茨城大学 大学院 理工学研究科 (工学野) 機械システム工学領域
    教授
  • 白川 雄三
    株式会社 日立製作所 基礎研究センタ
  • 首藤 登志夫
    首都大学東京 大学院 理工学研究科 機械工学専攻
    教授

会場

芝エクセレントビル KCDホール
東京都 港区 浜松町二丁目1番13号 芝エクセレントビル
芝エクセレントビル KCDホールの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/18 駆動系潤滑油・添加剤の基礎と実用技術 東京都
2019/10/24 廃熱 (排熱) で発電、冷却が可能な廃熱回生熱音響デバイスの基礎 東京都
2019/10/28 レーザー照明・ディスプレイの技術と応用・市場展望 東京都
2019/10/29 ヘッドアップディスプレイの最適情報提示と視覚特性 東京都
2019/10/30 防曇、防汚技術と自動車部材への応用 東京都
2019/10/30 LiDARの最前線セミナー 東京都
2019/10/30 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/10/31 自動車用パワートレーンの省燃費、電動化の最新技術と規制動向 東京都
2019/10/31 車載カメラ、ディスプレイの技術・市場動向 東京都
2019/11/1 自動車用接着剤の設計と評価法 東京都
2019/11/5 車載用電力変換器 (パワーエレクトロニクス) の高電力密度化・小型化設計技術 愛知県
2019/11/6 遮熱、断熱技術の自動車・建物窓に向けた開発と評価 東京都
2019/11/6 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 東京都
2019/11/7 自動運転技術の現状と今後の法的課題 東京都
2019/11/8 自動車用制振・防音材料の開発、適用技術と車室内騒音の低減 東京都
2019/11/13 イメージセンサ・カメラの自動運転、IoT端末に向けた市場、業界、技術展望 東京都
2019/11/14 自動運転に向けた車載用アンテナの技術動向 東京都
2019/11/15 次世代自動車における空調システム・熱マネジメントへの要求と改善 東京都
2019/11/19 ヒトの動作検出技術開発 東京都
2019/11/20 完全自動運転およびモビリティサービス化の開発状況と今後の展望 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)