技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

リチウムイオン電池用セパレータの耐熱性向上と性能評価

リチウムイオン電池用セパレータの耐熱性向上と性能評価

東京都 開催

開催日

  • 2018年4月4日(水) 10時30分 16時00分

修得知識

  • リチウムイオン電池の多様化と要求課題
  • 電池の性能と安全性の両立に向けての材料・部材システム
  • 次世代型リチウム系二次電池の開発動向
  • セパレータの電池の性能や安全性への影響
  • コーティングによる耐熱性や耐電圧性の事例

プログラム

第1部 リチウムイオン電池の高性能化とセパレータのメルトダウン等による熱暴走、発火の関係

(2018年4月4日 10:30〜12:00)

 電池は、電気容量が大きくなるほど暴走によるリスクが高まることになる。電池特性と安全性を両立するために、多様な活物質やバインダ、集電体、セパレータ、電解液などの研究開発が目覚ましい進展をみせている。本講は、各種のセパレータを用いて電池性能評価と電池安全性評価を行い、構成部材が及ぼす影響について、多様な具体例を紹介する。電池の安全性評価結果の一例に基づいて、リチウムイオン電池の熱暴走メカニズムについて述べたい。

  1. リチウムイオン電池の動向と多様化
  2. 暴走メカニズムと耐熱性セパレータの開発
  3. セラミックコートによる電池特性と安全性
  4. 各種セパレータと電極が及ぼす安全性
  5. 電解液の影響
  6. シリコン系負極とセパレータ
  7. 不織布系セパレータ
  8. 次世代電池開発のイノベーション
    • 質疑応答

第2部 ポリオレフィン微多孔膜への機能性コーティング技術

(2018年4月4日 12:50〜14:20)

 リチウムイオン電池の特性向上は著しいものがあるが、その一旦をセパレータのコーティ ング技術が担っている。そのような背景を踏まえ、セパレータのコーティング技術についてそれが必要となった背景及び目的、技術内容、今後の動向について概説する。

  1. リチウムイオン電池とその電池セパレータの概要
    1. 電池セパレータの役割とリチウムイオン電池のセパレータ
    2. ポリオレフィン微多孔膜の概要
  2. リチウムイオン電池セパレータのコーティングによる機能付与
    1. コーティングの必要性と目的
    2. 耐熱性向上
    3. 電極との接着性付与
    4. 耐熱性と電極との接着性の両立
    5. 高電圧化と耐酸化性付与
  3. まとめとコーティング技術の今後の動向
    • 質疑応答

第3部 ナノファイバー不織布を用いたリチウムイオン電池のセパレータの高性能化

(2018年4月4日 14:30〜16:00)

 現在、主なセパレータは乾式法と湿式法で作られているフィリム型であるが これらのセパレータは孔の空隙率が低く (約40%) 、電解液の濡れ性が低く、また熱的安定性の低下という欠点がある。
 一方、不織布型のセパレーターは、低コスト、微孔構造になりやすい (空隙率約60~90%) ことから多孔フィルムの代替品として重視されている。その内、エレクトロスピニングは、静電気紡糸で極細ナノファイバーを作り出す技術で、様々な領域に応用されている。エレクトロスピニング技術を用いて、基材の上にナノファイバーを紡糸し、出来上がった複合材料は孔のサイズが小さく (数百ナノメートル) 、空隙率が高く (約80%) 、通気性が改善できるなどの特長を持つため、LIB用セパレーターとして検討されていることを紹介する。また、セパレータの現状として中国の動きを見てみる。
 現在、講師は中国江西省人民政府の100人研究者として選ばれ多くの中国の関連企業の研究指導を行っている。さらに、結論としてこれからのセパレータのゴールを提案する。

  1. ナノファイバーとは?
    1. ナノファイバーの始まり
    2. ナノファイバーの現状
    3. ナノファイバーの未来
  2. 電池の現状と限界
  3. 世界のセパレータの動向
    1. 中国の現状と未来
    2. 近年のセパレータの研究動向
  4. ナノファイバー不織布を用いたセパレータの高性能化
    1. 試料作製
    2. フィリム型セパレータとの比較
    3. 評価
  5. これからセパレータの行く道
  6. 結論
    • 質疑応答

講師

  • 向井 孝志
    ATTACCATO合同会社
    代表
  • 西川 聡
    帝人 株式会社 機能材料開発室
    帝人グループ技術主幹
  • 金 翼水
    信州大学 繊維学部 機械・ロボット学系 機能機械学課程
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/8/26 リチウムイオン電池の製造プロセス&コスト総合技術 2016
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2015/8/21 2015年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 バッテリー関連技術〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/12/19 2015年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望