技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

新・繰返し疲労と破壊解析

新・繰返し疲労と破壊解析

~実務のための解析と計算のしかた~
東京都 開催

開催日

  • 2016年7月11日(月) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 疲労と破壊の基礎
  • CAE解析結果に振り回されないようになるための実務技術
  • CAEによる計算結果の妥当性の検証

プログラム

 疲労破壊を未然に防止するには、その前過程である塑性変形の理解が大事であり、同時に、時間と共にき裂進展することから、き裂の力学である破壊力学の理解も大事です。一見相反する塑性変形と破壊現象を構築しているそれぞれの学問体系の理解は疲労破壊の本質にせまることになります。
 構造部材の設計者・技術者において、部材の強度は設計の基本となる重要な因子です。疲労破壊においては、この部材の強度と共に、部材の構造、変動負荷、材料の3大要因を有効に制御し、その防止対策の構築が求められます。本セミナーでは、疲労破壊などの破壊防止に携わる技術者・設計者はその未然防止に有効な指針を取得し、加えてこれから疲労破壊の基礎を学ぶ意欲のある技術者・設計者においては、疲労破壊と破壊力学の基礎知識を得る場となると確信しています。
 疲労の基礎研究を職務とする大学の研究者とは異なり、疲労などの破壊の未然防止が第一である会社の技術者・設計者においては、疲労破壊を狭く詳細に理解することより、疲労破壊を大局的に理解し、従事している仕事に生かすことが大事であると思います。
 本セミナーでは、疲労破壊の未然防止のため、疲労破壊の主要因である塑性変形、構造物の破壊におけるき裂の力学である破壊力学を疲労破壊と共に平易に説明します。

  1. 金属疲労の基礎
    1. 金属疲労とは
    2. 金属疲労のメカニズム
  2. 金属疲労の要因となる塑性変形
    1. 金属疲労に与える塑性変形の役割
    2. 塑性変形の支配要因
  3. 破壊力学の基礎
    1. 様々な応力集中がもたらす想定外応力
    2. 応力集中の定量的特性の応力拡大係数の役割
    3. 疲労破壊の最終局面の破壊靭性
  4. 金属疲労の損傷から最終破断過程
    1. 損傷
    2. き裂発生
    3. き裂進展
    4. 破断
  5. 過去の疲労破壊事故から学ぶ疲労の教訓
    1. 様々な構造物の疲労破壊事故
  6. 疲労寿命予測と防止策
    1. 基礎データから構造物の疲労寿命予測
    2. 構造物の疲労破壊防止策の提言
  7. 総合計算練習と解説
  8. 質疑応答

講師

会場

青山セントラル
東京都 港区 南青山2-2-8 DFビル
青山セントラルの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 36,000円 (税別) / 38,880円 (税込)
複数名
: 31,000円 (税別) / 33,480円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でご参加の場合、2名様目から1名につき 5,000円(税別) / 5,400円(税込) 割引 (同一法人に限ります)