技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車や移動体・輸送機器における電気二重層キャパシタおよびリチウムイオンキャパシタの応用、設計、試験評価

エネチャージ、プラグインハイブリッド、 燃料電池自動車、非接触給電との連携、中国や韓国の商用利用に関する最新情報

自動車や移動体・輸送機器における電気二重層キャパシタおよびリチウムイオンキャパシタの応用、設計、試験評価

~内部抵抗低減、サイクル寿命、内部発生ガス対策、耐熱性、耐振動性、安全性など、車載要求特性への対応~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、自動車や移動体・輸送機器における電気二重層キャパシタの基礎から解説し、リチウムイオンキャパシタの応用、設計、試験評価について詳解いたします。

開催日

  • 2015年9月15日(火) 10時00分 17時00分

修得知識

  • 電気二重層キャパシタの基礎知識

プログラム

第1部 電気二重層キャパシタ (EDLC) の原理、世界動向、低抵抗化生産、自動車、電車など輸送機器への最新利用動向

(2015年9月15日 10:00〜11:40)

これからの電気二重層キャパシタ (EDLC) の重要な開発ポイントは、低抵抗化による瞬 時充放電性が最重要である。このほかに容積効率と安全性、耐環境性である。大型 (2000—5000F) や中型 (50—150F) など、それぞれのターゲットに適した構成、諸材料 (活性炭、導電剤、バインダー) を選択し、製造することが重要である。またEV/HEVなど のアイドリングストップ技術での応用、テレビなどの家電製品の待機消費電力低減デバイ スでの応用、超高速充電 (瞬間充電) 機器への応用、中国、韓国での大型バス、電車への 応用動向など、最近のトピックスや新しい応用例、市場性などについても解説する。

  1. 電気二重層キャパシタ (EDLC) の基礎知識
    1. 電池とキャパシタ (コンデンサ) の違いとは?
    2. 電気二重層の原理と構造
    3. エネルギー貯蔵の中での位置付け
    4. 種類と特性,充放電機構
    5. EDLCの世界的な市場・企業動向 (日米欧中)
  2. 電気二重層キャパシタ (EDLC) の部材と製法
    1. 主な構成部材
      (電極、活性炭、電解液、セパレータ、バインダー、導電助剤、アルミパッケージ、他)
    2. 製造工程と主な製法
      (塗布法、圧延法、ロールプレス法、Dough法、他)
  3. 電気二重層キャパシタ (EDLC) の内部抵抗の発生、低減法
  4. 電気二重層キャパシタ (EDLC) の安全対策、ガス透過壊裂弁
  5. 主な用途
    1. 各種バックアップ電源、瞬間停電対策装置
    2. スマートフォン、液晶テレビ、業務用複写機、エレベーターなどの省エネ化・待機消費電力低減
    3. 太陽光や風力・振動発電など再生可能エネルギーとの連携
    4. リチウムイオン電池との連携
    5. ロボット・パワーアシスト、非接触充電、etc
  6. 自動車・輸送機器での用途と新しいトピックス
    1. EV/HEVなどのアイドリングストップ
    2. ブレーキ回生エネルギーシステム
    3. 燃料電池自動車の蓄電デバイス
    4. ショベルカーやフォークリフトなどでの利用例
    5. 自動二輪車、電動アシスト自転車での利用例
    6. 中国、韓国での大型EDLCバスでの利用例
      (ワイヤレス給電タイプを含む)
    7. 鉄道車両 (日本の研究例と中韓での実用例)
    • 質疑応答

第2部 自動車等分野におけるキャパシタ応用の現状と可能性 ~EDLCとLi-Ion、応用場面想定寿命比較検討による応用の現状と可能性~

(2015年9月15日 11:50〜12:50)

 国内外の自動車,建機,鉄道,電力/電源システム等におけるキャパシタ応用最新事例について 紹介し,さらにキャパシタ応用のキーとおもわれる応用場面における寿命特性解析をベースにLi-Ion 蓄電池との比較によりそれぞれの応用の特徴および今後の可能性について説明する。

  1. キャパシタ応用*の最新事例集 (キャパシタフォーラム編) の紹介 *; 電気二重層キャパシタ (EDLC) 、LIC、キャパシタハイブリッド鉛蓄電池
    1. 自動車、建設機械、フォークリフト、電車
    2. 電力/電源システム、事務機、住宅設備
  2. 応用事例における性能仕様等の特徴
    1. 最大出力/電圧、最大容量
    2. 出力密度、出力/容量比、サイクル寿命目標等
  3. EDLCとLi-Ion蓄電池の応用場面想定の寿命特性
    1. Li-Ion蓄電池の寿命モデリングについて
    2. EDLCの寿命モデリングについて
  4. 長寿命用途例HEV/EVバスへのEDLC、Li-Ion応用の可能性に関する比較検討
    1. HEV、PHEV、EV用途に対するEDLC、Li-Ion蓄電池の得失比較
    2. Li-Ion蓄電池とEDLCとの応用住み分け、Combined ESS化等の可能性
    • 質疑応答

第3部 大容量リチウムイオンキャパシタの概要とその応用 (車載、移動体への応用展開)

(2015年9月15日 13:40〜14:40)

 大容量リチウムイオンキャパシタに関し、その原理、特徴、特性の概要を解説し、それらの特徴を 活かした応用展開、特に車載・移動体への応用の可能性を解説する。

  1. リチウムイオンキャパシタの原理と特徴
  2. リチウムプレドープ技術
  3. リチウムイオンキャパシタの特性
    1. 放電負荷特性
    2. 自己放電特性
    3. 信頼性、充放電サイクル特性
  4. リチウムイオンキャパシタの信頼性・安全性向上のポイント
    1. リチウムイオン2次電池との安全モデル比較
    2. 各種安全性試験結果
  5. リチウムイオンキャパシタの応用展開
    1. 省エネ関連用途
    2. 分散型エネルギーシステム
    3. 自然エネルギー蓄電デバイス
    4. 車載、移動体への応用展開
  6. 今後の展望
    • 質疑応答

第4部 自動車用電気二重層キャパシタ, リチウムイオンキャパシタの性能試験

(2015年9月15日 14:50〜15:50)

  1. 電動車両用蓄電デバイスと求仕様
    1. 駆動システムと要求仕様
      • BEV
      • HEV
      • PHEV
      • マイクロHEV
      • アイドリングストップ車
    2. 各デバイスの得失の概要
      • Liイオン電池
      • NiMH電池
      • EDLC
      • リチウムイオンキャパシタ
    3. 評価項目の概要
  2. EDLCの性能試験
    1. 静電容量と内部抵抗
      • 定義 ・表記方法 ・試験方法
    2. 自己放電特性
      • 定義 ・表記方法 ・試験方法
    3. 定格電圧
      • 定義 ・環境温度と供試体温度
    4. 寿命試験法
    5. 出力・出力密度
      • 定義 ・表記方法 ・試験方法
  3. リチウムイオンキャパシタの追加要件
    • 温度依存性の確認
    • エネルギー効率
    • 質疑応答

第5部 ワイヤレス給電と電気二重層キャパシタとの連携の可能性

(2015年9月15日 16:00〜17:00)

  1. ワイヤレス給電システムの現状
    1. ワイヤレス給電とは
    2. EVへのワイヤレス給電
    3. 電気バスでのワイヤレス給電実証試験
  2. ワイヤレス給電の課題
    1. 電磁波の課題
    2. 異物の侵入への課題
    3. 標準化の課題
    4. 道路上設置の課題
    5. 正着性の課題
  3. ワイヤレス給電と電気二重層キャパシタ
    1. キャパシタへのワイヤレス給電の実例
    2. 今後の方向性~走行中給電~での連携の可能性
    3. 市場性
    • 質疑応答

講師

  • 西野 敦
    西野技術士事務所
    所長
  • 佐々木 正和
    元・UDトラックス 株式会社
    開発顧問
  • 青木 良康
    青木エナジーコンサルティング
    代表
  • 清水 健一
    (独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門
    客員研究員
  • 高橋 俊輔
    早稲田大学 環境総合研究センター
    客員上級研究員

会場

株式会社 技術情報協会

セミナールーム

東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/24 車載半導体・電子部品の品質保証 5時間集中講座 東京都
2019/9/25 自動車部品 (内燃機関系) メーカーが持つべき思考、成長戦略の構築とその実行 東京都
2019/9/25 車載電子製品・部品における放熱・耐熱技術と将来動向 東京都
2019/9/27 自動車用パワーエレクトロニクス技術 東京都
2019/9/27 高齢ドライバ時代における運転支援システム開発 東京都
2019/9/27 基礎から学ぶ内燃機関の高効率化・電動化対応技術の理論と実際 東京都
2019/10/4 LiDARにおける展望、市場動向と自動車の周辺認識技術 東京都
2019/10/4 ドライバ状態モニタリング / センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2019/10/8 自動車用エンプラ・スーパーエンプラの技術動向と応用展開 大阪府
2019/10/17 個別半導体車載認定規格: AEC-Q101, AQG324, JEITA ED-4711を中心とした信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/10/18 駆動系潤滑油・添加剤の基礎と実用技術 東京都
2019/10/23 誘導モータの基礎と応用の実際 東京都
2019/10/24 廃熱 (排熱) で発電、冷却が可能な廃熱回生熱音響デバイスの基礎 東京都
2019/10/28 バッテリマネジメントとセルバランス技術 東京都
2019/10/28 レーザー照明・ディスプレイの技術と応用・市場展望 東京都
2019/10/29 ヘッドアップディスプレイの最適情報提示と視覚特性 東京都
2019/10/30 防曇、防汚技術と自動車部材への応用 東京都
2019/10/30 LiDARの最前線セミナー 東京都
2019/10/30 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/10/31 自動車用パワートレーンの省燃費、電動化の最新技術と規制動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2015/6/26 2015年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/11/21 2015年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)