技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

最新 患者クレーム対応術

不当要求から病院・職員を守れ!

最新 患者クレーム対応術

~対応マニュアルとチェックリスト~
東京都 開催

開催日

  • 2014年3月28日(金) 14時00分 17時00分

プログラム

こんな時どうする
実例:

  • 死亡退院した患者の家族が「医療過誤があったのではないか。」と疑って、執拗に医師との面会を求める。医事課長が窓口となって対応すると、1回2時間以上の電話が毎日かかってくるように。さらに、突然来院して受付で大声を出すなどしたほか、保健所、厚労省、警察、マスコミなどに「医療過誤で家族が殺された」などと申し立て、病院には問い合わせが殺到。
  • 夜間救急外来で泥酔患者が大暴れ。
  • 認知症患者が看護師の手を叩くなど暴行。
  • 身寄りのない独居老人が救急搬送されて入院。病状は軽快して退院可能となり、行政とも協力して転院・退院を模索するが、患者は退院を拒否して長期にわたり入院を継続し、病院経営上の問題となっている。

 医療機関関連の法律問題を専門的に扱う棚瀬 慎治弁護士 (杏林大学割り箸事件弁護人) を緊急招聘し、医療機関で実際に発生した実例をもとに、具体的なクレーム解決術の極意を伝授するとともに、同弁護士のお薦めする不当要求対応マニュアルをご紹介し、院内チェックリストも配布します。
 また、近時、医療機関において特に問題となっている法律問題などもご紹介します。

  1. クレームの実態
  2. 不当要求の背景
    1. Monster Patient報道等
    2. 不当要求が増えた背景
      • 医療バッシング報道
      • 権利意識の向上
      • 医療者の受容
    3. 病院を無法地帯にしてはならない!
  3. 不当要求の実例
  4. 不当要求の実例の顛末
  5. 不当要求対応の基本
  6. 不当要求対応マニュアル
    • クレームの受付
    • 応対
    • 関係機関との連携 等
  7. 診療拒否・強制退院の可否
  8. 医療事故のクレーム対応
  9. 医療事故発生時の対応の分類
  10. 最近のトピック
  11. 今後の展望と対策
  12. 質疑応答・名刺交換

講師

会場

SSK セミナールーム
東京都 港区 西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F
SSK セミナールームの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 31,500円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 26,250円 (税込)

割引特典について

  • 複数名同時受講割引
    • 同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 25,000円(税別) / 26,250円(税込) で受講いただけます。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/9/27 2014年改定の方向性と病床機能情報の報告のあり方について
2013/9/3 クラウド時代の医療ICTの最先端
2013/8/31 診療関連死の全例届出と院内調査の実施義務付けへの対処要領
2013/8/24 事務部が主導する攻めるローコストオペレーション
2013/7/27 建て替え・移転・新築計画の実現
2013/7/12 「事務総合職」育成プログラム
2013/6/5 国際基準「JCI認証」取得の実際と検証
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/16 突合・縦覧点検で減点が激増
2013/4/26 新米管理者としてマネジメントの原理を知ることで不安解消しよう
2013/3/23 建て替え・移転・新築計画を決断し資金調達、業者選定から起工式まで
2013/2/16 心に響く対応で確実にファンを創る!クレーム対策術
2013/2/14 テロリスト化するクレーマーへの対処術(企業編)
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2012/12/3 在宅医療を実現するための病院の役割とICTの活用等在宅医療支援事業の全容
2012/11/27 優良病院がやっている「正しい組織の仕組みづくり」
2012/7/31 診療記録を見直す!!
2012/4/20 テロリスト化する院内クレーマーへの対処術
2012/3/24 高機能急性期病院にとっての2012年度診療報酬改定の影響と対策