技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

「未来予測2013-2025」自動車産業これからの10年

「未来予測2013-2025」自動車産業これからの10年

~エネルギー転換とクラウドで生まれ変わるモビリティ~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2012年7月19日(木) 13時00分 17時00分

プログラム

 韓国メーカーの台頭、新興国市場の急成長、電気自動車 (EV) 普及の本格化、スマートカーの具体化など、最近業界の将来動向に係る大きな動きが続いている。これらの変化の根底にあるのは、「サスティナビリティ」や「クラウド」といったメガトレンドである。各国がEVに力を入れているのは「エコ」のためではない。新興国メーカーの台頭は他業界でも既に同じことが起こっており、“歴史の必然“である。「いい車を・安く・大量に生産する」という従来型のビジネスモデルは明らかに限界を迎えている。
 日本の自動車メーカーはこれからどこに向かうのか。エネルギーの将来シナリオと併せる形で、自動車産業のこれから10年を予測する。

  1. 今後10年を予測する前提となる3つの「メガトレンド」
  2. 世界市場の多極化、「グローバル」から「マルチナショナル」へ
  3. “ガラパゴス化“する日本のハイブリッド
  4. 自動車から「モビリティ」へ ~広がる事業領域と可能性
  5. 「スマートカー」 ~自動車ビジネスは「サービス」へ向かう
  6. 「自動車サービス産業」 ~物販からライフタイム・ビジネスへ
  7. 質疑応答/名刺交換

講師

  • 田中 栄
    (株)アクアビット
    代表取締役 / チーフ・ビジネスプランナー

会場

SSK セミナールーム
東京都 港区 西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F
SSK セミナールームの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 31,500円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,000円 (税込)

割引特典について

  • 複数名同時受講割引
    • 同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 21,000円(税込) で受講いただけます。

セミナー + レポートセット

セミナー+レポートセットをお申込みの場合、セミナーを無料ご招待致します。
「未来予測レポート2013-2025 自動車編」
発行:日経BPコンサルティング 2012年6月29日発刊
レポート定価:210,000円 (税込)

セット内容
  • レポート (専用4穴バインダー式A4変型判、約260ページ)
  • 未来年表 (A0版 841mm×1189mm)
  • 図表データ集 (CD-ROM) レポート掲載データ、未来年表 全データを収録
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/1/25 最新車載電子機器の分解から紐解く部品の方向性と今後の展望 オンライン
2021/1/26 自動車産業における樹脂材料・高分子複合材料の "これから" を考える オンライン
2021/1/26 自動車用CFRP・CFRTPの最新技術動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト オンライン
2021/1/27 車載用ミリ波レーダ技術の基礎と応用 オンライン
2021/1/28 急速無線給電と電気自動車での実用化 オンライン
2021/2/2 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 オンライン
2021/2/3 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 オンライン
2021/2/4 中国自動車産業の現状、将来予測、日本企業としての対応のポイント オンライン
2021/2/5 イメージセンサ・カメラの技術動向と自動運転、IoTセンサへの展望 オンライン
2021/2/9 自動車室内の快適性を向上させるスマートウィンドウ技術の最新動向 オンライン
2021/2/10 ミリ波レーダによる生体情報センシング技術と車室内モニタリング技術 オンライン
2021/2/15 車載用ステレオカメラの基礎と衝突回避、自動運転への適用と今後の課題 オンライン
2021/2/16 座りの人間工学からみた自動車用シートの基礎知識 オンライン
2021/2/18 自動運転時代に向けた自動車HMIの要求特性、対策と展望 オンライン
2021/2/18 自動車用接着剤、封止材の最新動向と設計技術 オンライン
2021/2/18 リチウムイオン電池のリサイクル動向と資源循環技術 オンライン
2021/2/24 車載用ミリ波レーダ技術の基礎と最新動向 オンライン
2021/2/25 CFRTPの高速成形技術と部材応用 オンライン
2021/2/25 自動車振動騒音のメカニズムと防音材料の性能予測および設計 オンライン
2021/2/26 自動車を取り巻く規制と熱マネジメント・空調システムの技術動向と展望 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書