技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2013年版 キャパシタ市場・部材の実態と将来展望

2013年版 キャパシタ市場・部材の実態と将来展望

~次世代キャパシタ市場予測・関連技術 ・応用製品 / スマート・デバイス(III) Capacitor編~
2013年版 キャパシタ市場・部材の実態と将来展望の画像

ご案内

 環境保全、再生可能エネルギーなどをキーワードとしてキャパシタ(LiC、EDLC)の地位が一段と高まっています。太陽光発電、風力発電をはじめとして、リチウムイオン電池(LiB)や燃料電池など、地球温暖化対策に効果的な様々なエネルギーに関する新技術の開発が国際的にも相次いで発表されています。
 そうした中で、キャパシタが蓄電や回生用途などで幅広い分野で注目されています。携帯機器などのメモリーバックアップ用途のコイン型(超小型)キャパシタに加えて、各種交通システム、太陽光/風力発電、自動車などの様々な産業分野で「蓄エネルギー」として利用しようとの動きがでています。またLiC(リチウムイオンキャパシタ)と他の蓄電池を組み合わせた「スマートキャパシタ」の開発も進んでいます。
 当社では、LiCは2015年度に100億円を突破、電気二重層キャパシタ(EDLC)は、14年度に400億円を突破するものと予測します。
 本レポートでは、「蓄電デバイス」の一端を担っているキャパシタ(EDLC、LiC)について数量・金額、タイプ別に分類、同市場動向・予測、注目市場の動向と展望、構成部材の市場動向・予測、関連技術の動向と展望、関連メーカーの動向と展望などを、市場・事業動向などを踏まえながら、1冊(200頁)にまとめました。

目次

第Ⅰ章 キャパシタ市場の動向と展望

  • 1. 次世代キャパシタ市場の動向
    • (1) リチウムイオンキャパシタ(LiC)の概要と歴史
    • (2) リチウムイオンキャパシタの特徴と用途例
    • (3) リチウムイオンキャパシタの市場概況と動向(2008~20年度)
      • 世界市場推移予測/シェア(各数量・金額)
      • メーカー別出荷数量・金額推移・予測
      • 用途別出荷数量・金額推移・予測
  • 2. 電気二重層キャパシタ(EDLC)市場の動向
    • (1) 電気二重層キャパシタの概要と種類
    • (2) 電気二重層キャパシタの市場概況と動向(2008~20年度)
      • 世界市場推移・予測/世界シェア(各数量・金額)
      • 国内市場推移・予測/国内シェア(各数量・金額)
  • 3. 電気二重層キャパシタ実態調査集計資料
    • (1) 主要国内メーカー別出荷金額一覧(2011~15年度)
    • (2) 主要国内メーカー別出荷数量推移・予測
    • (3) 主要国内メーカー別出荷金額推移・予測
    • (4) タイプ別電気二重層キャパシタ市場推移・予測(全体)
      • タイプ別出荷数量推移・予測
      • 構成比率(数量)
      • タイプ別出荷金額推移・予測
      • タイプ別構成比率(金額)
    • (5) タイプ別電気二重層キャパシタ市場予測・シェア(個別)
      • 小型積層型電気二重層キャパシタ市場予測/シェア(数量・金額)
      • 大型積層型電気二重層キャパシタ市場予測/シェア(数量・金額)
      • 小型円筒型電気二重層キャパシタ市場予測/シェア(数量・金額)
      • 大型円筒型電気二重層キャパシタ市場予測/シェア(数量・金額)
    • (6) タイプ別メーカー別出荷数量推移・予測
      (小型積層型/大型積層型/小型円筒型/大型円筒型)
    • (7) タイプ別メーカー別出荷数量推移・予測
      (小型積層型/大型積層型/小型円筒型/大型円筒型)
    • (8) 容量別電気二重層キャパシタ出荷数量・金額推移予測
      • 容量別電気二重層キャパシタ出荷数量・金額推移・予測
    • (9) 電気二重層キャパシタ用途別世界市場予測(数量・金額)
      • 電気二重層キャパシタ用途別出荷数量・出荷金額推移予測

第Ⅱ章 キャパシタ関連市場の動向と展望[

  • 1. キャパシタ関連市場の概況と展望
    • (1) キャパシタ関連市場概況と動向
    • (2) キャパシタ関連市場推移・予測(~20年度)/構成比率
  • 2. キャパシタ関連市場別の動向と展望
    ※調査項目:製品市場動向、製品シェア、製品・生産動向等
    • (1) スマートフォン市場の動向と展望
    • (2) タブレット端末市場の動向と展望
    • (3) 携帯電話市場の動向と展望
    • (4) ノートブック市場の動向と展望
    • (6) デジタルカメラ市場の動向と展望
    • (7) 複写機・複合機市場の動向と展望
    • (8) 環境対応車市場の動向と展望
    • (9) 産業車両(フォークリフト)市場の動向と展望
    • (10) 産業用ロボット市場の動向と展望
    • (11) 無停電電源・瞬低補償装置市場の動向と展望
    • (12) 再生可能エネルギー市場の動向と展望
      • 用途別キャパシタ世界市場推移・予測(全体)

以上、世界/国内市場推移予測、シェア(グラフ)

第Ⅲ章 キャパシタ部材市場の動向と展望

  • 1. 電気二重層キャパシタ部材の動向と展望
    • (1) 電気二重層キャパシタ構成部材の動向と実態
    • (2) 電気二重層キャパシタ部材世界市場推移予測(~20年度)/シェア
      • ① 電気二重層キャパシタ部材世界市場推移予測/比率推移
      • ② 電気二重層キャパシタ電極材世界市場推移予測/シェア
      • ③ 電気二重層キャパシタ電解液世界市場推移予測/シェア
      • ④ 電気二重層キャパシタセパレータ世界市場予測/シェア
  • 2. 電気二重層キャパシタ部材メーカー出荷金額推移予測
    • 電極材メーカー
    • 電解液メーカー
    • セパレータメーカー
  • 3. 電気二重層キャパシタ電極材メーカーの動向と展望
    ※調査項目:企業概要、販売金額、事業・開発・生産動向等
    • (1) エア・ウォーター(株)
    • (2) (株)MCエバテック
    • (3) クラレケミカル(株)
    • (4) 昭和電工(株)
    • (5) 日本バルカー工業(株)
    • (6) 日立造船(株)
  • 4. 電気二重層キャパシタ電解液メーカーの動向と展望
    • (1) 広栄化学工業(株)
    • (2) 三洋化成工業(株)
    • (3) 東洋合成工業(株)
    • (4) 日本カーリット(株)
  • 5. 電気二重層キャパシタセパレータメーカーの動向と展望
    • (1) デュポン帝人アドバンスドペーパー(株)
    • (2) ニッポン高度紙工業(株)
    • (3) 日本板硝子(株)
    • (4) 日本ゴア(株)

第Ⅳ章 キャパシタ関連技術の動向と展望

  • 1. キャパシタ関連技術の動向と展望
    • 電気エネルギーの供給
    • 電気エネルギー供給の課題
    • 蓄電デバイスの特性・性能
    • 蓄電の原理と蓄電デバイス
  • 2. EDLC特性・性能関連技術の動向
    • 電気二重層キャパシタ(EDLC)の原理
    • EDLCのタイプと形状
    • EDLCに関する電気特性
    • EDLCの基本特性と等価回路
    • EDLC基本特性の依存性
    • 蓄電デバイスの通電性能
    • 蓄電デバイスの熱発生/EDCLの放電性能
  • 3. EDLC保守・安全性関連技術の動向
    • EDLCセルの劣化
    • EDLCの寿命と状態検知
    • EDLCの保守について
    • EDLCにおける安全性
    • EDLCの回路故障
  • 4. リチウムイオンキャパシタ関連技術の動向

第Ⅴ章 キャパシタ関連メーカーの動向と展望

  • 1. 主要国内EDLCメーカーの動向と展望(2011~15年度)
    ※調査項目:企業概要、出荷数量・金額、事業・生産動向 等
    • (1) NECトーキン(株)
    • (2) エルナー(株)
    • (3) (株)指月電機製作所
    • (4) セイコーインスツル(株)
    • (5) ニチコン(株)
    • (6) 日清紡HD(株)
    • (7) 日本ケミコン(株)
    • (8) パナソニック(株) デバイス社
    • (9) (株)パワーシステム
    • (10) (株)明電舎
    • (11) ルビコン(株))
  • 2. 主要国内LiCメーカーの動向と展望(2011~15年度)
    • (1) 旭化成FDKエナジーデバイス(株)
    • (2) アドバンスト・キャパシタ・テクノロジーズ(株)
    • (3) NECトーキン(株)
    • (4) JMエナジー(株)
    • (5) 新神戸電機(株)
    • (6) 太陽誘電エナジーデバイス(株)
  • 【参考】キャパシタ国内関連メーカーの戦略(概要)

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 200ページ

発行年月

2013年4月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 75,600円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 95,000円(税別)
印刷版 + プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 110,000円(税別)
コンテンツCD (1章単位・PDF) 25,000円(税別)

関連する出版物

発行年月
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望