技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

最新 リフローカメラモジュール技術

最新 リフローカメラモジュール技術

~低コストでありながら高性能~
最新 リフローカメラモジュール技術の画像

ご案内

『キャスティング方式モノリシック・レンズ』による次世代カメラモジュールの実現 (メインカメラのために)

目次

第1章 リフローカメラモジュールの低コスト化・高性能化の基礎 ~リフロー実装の実現に向けて~

  • 1 はじめに
  • 2 カメラモジュールをリフロー実装するための基礎知識
  • 3 カメラモジュール・イメージセンサの市場動向
  • 4 携帯電話用カメラモジュールのリフロー化の必要性と課題
    • 4.1 携帯電話からみたリフロー化の必要性
    • 4.2 カメラモジュールの製造技術からみたリフロー化の必要性
    • 4.3 カメラモジュールのトレンドからみたリフロー化の必要性と課題
      • 微細セルで必要となるセンサーとレンズの特性
      • 低背カメラモジュールで性能を確保するためのレンズ特性
  • 5 リフローカメラモジュール / 耐熱レンズの技術動向
    • 5.1 リフローカメラモジュールの分類
    • 5.2 耐熱性レンズの分類
  • 6 リフローカメラモジュールの低コスト・高性能を実現する技術
    • 6.1 各種リフローレンズの材料比較
    • 6.2 各種リフローレンズの機能・性能比較
    • 6.3 多機能リフローカメラモジュールの可能性
  • 7 リフローカメラモジュールの市場動向と汎用化の必要性

第2章 リフローレンズの設計と重要特許

  • 1 レンズの特性
    • 1.1 レンズの種類
    • 1.2 近軸量
      • 主点
      • 焦点距離
    • 1.3 収差
      • 球面収差
      • コマ収差
      • 非点収差と像面湾曲
      • 歪曲収差
    • 1.4 色収差
      • 波長と屈折率
      • 軸上色収差
      • 倍率色収差
      • 屈折率と分散
  • 2 リフロー対応レンズの材料
    • 2.1 ガラス
    • 2.2 樹脂
  • 3 リフロー対応レンズの種類
    • 3.1 ガラス成型
    • 3.2 樹脂成型
    • 3.3 ハイブリッド型
    • 3.4 組み合わせレンズ
  • 4 リフロー対応レンズの設計
    • 4.1 低背化への対応
    • 4.2 薄型レンズの設計の考え方
    • 4.3 極薄レンズの設計手法の考察
    • 4.4 薄型レンズ設計例
  • 5 リフロー関連特許とサプライチェーン
    • 5.1 リフロー対応レンズ特許
    • 5.2 参考レンズ特許
    • 5.3 リフローレンズのサプライチェーン

第3章 リフロー対応モノリシックレンズの製法・特長

  • 1 AJIの提案するWLCMのビジネスモデル
  • 2 モノリシック樹脂を使ったキャスティングWLOプロセスおよび装置の概要
    • 2.1 金型製作
    • 2.2 レンズWafer製作
    • 2.3 積層
    • 2.4 切断
    • 2.5 個片レンズ実装
  • 3 高耐熱性光学樹脂の種類と特長
  • 4 モノリシック樹脂の耐環境試験
  • 5 実際のレンズ製品
    • 5.1 PV値
    • 5.2 TTV
    • 5.3 反射防止膜
    • 5.4 レンズサンプル
    • 5.5 コスト
    • 5.6 その他の新技法
  • 6 モノリシック樹脂の強みが生かせる各種アプリケーション

執筆者

  • 第1章 : (株)東芝 中條 博則 氏
  • 第2章 : オプト・プレシジョン 代表 笹谷 俊博 氏
  • 第3章 : AJI株式会社 代表取締役社長 吉田 邦夫 氏

中條 博則

共創企画

代表

笹谷 俊博

オプト・プレシジョン

代表

吉田 邦夫

AJI株式会社

代表取締役社長

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 100ページ

ISBNコード

ISBN978-4-88657-656-9

発行年月

2010年11月

販売元

tech-seminar.jp

価格

38,000円 (税別) / 41,800円 (税込)

関連する出版物

発行年月
2018/7/12 スマートウィンドウの基礎と応用
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/23 偏光・複屈折の基礎と正しい測定・評価方法およびその実例
2013/10/29 高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)
2012/12/5 スマートフォン(多機能携帯電話、タブレット端末を含む) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/12/5 スマートフォン(多機能携帯電話、タブレット端末を含む) 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
2012/1/15 光学フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/1/20 コンタクトレンズ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/2/25 オリンパスとニコン分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/2/25 オリンパスとニコン分析 技術開発実態分析調査報告書