技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

リチウム空気二次電池の開発動向最前線

リチウム空気二次電池の開発動向最前線

~Li空気電池を中心とした次世代蓄電池の研究開発動向と実用化に向けた技術課題~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、リチウム空気二次電池の最新の開発動向と実用化に向けた課題と対策を解説いたします。
また、マテリアルズインフォマティクスを活用した電池材料探索の最近の研究動向についても解説いたします。

開催日

  • 2022年5月26日(木) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • リチウム空気電池に関心のある方
  • 高エネルギー密度蓄電デバイスの開発に携わる方
  • 次世代蓄電池の開発動向を把握したい方
  • マテリアルズインフォマティクス (MI) を用いた電池材料開発に関心のある方

修得知識

  • リチウム空気電池開発の最近の研究動向
  • リチウム空気電池の動作原理と課題
  • 次世代蓄電池開発動向の最近の研究動向
  • マテリアルズインフォマティクスを活用した電池材料探索の最近の研究動向

プログラム

 蓄電デバイスとして広く利用されているリチウムイオン電池は、既にその理論限界のエネルギー密度に迫っており、そのエネルギー密度は300 Wh/kg程度が限界と推測されている。そのため、リチウムイオン電池よりも高いエネルギー密度を可実現する次世代蓄電池に関する研究が近年盛んである。リチウム空気電池は、高い還元力を有する金属リチウムと、大気中の酸素を活物質として利用するため、リチウムイオン電池の2~5倍以上のエネルギー密度を実現することが可能であり、次世代蓄電池の最有力候補である。実際に、500 Wh/kgを超えるセルも既に実証されており、リチウム空気電池の有する高いエネルギー密度の潜在能力は非常に魅力的である。また、リチウム空気電池は、正極の多孔性カーボン電極、セパレータ、電解液、負極の金属リチウムを積層した単純な構造である点や、貴金属などを用いずに安価な材料で構成される点も次世代蓄電池として有望な理由として挙げられる。一方で、サイクル数、パワー密度は、現行のリチウムイオン電池に比べて低い性能にとどまっており、電池性能を向上させるための材料開発が急務である。
 本講演では、次世代蓄電池開発状況について紹介した上で、リチウム空気電池の二次電池化に向けた課題、および、その解決方策に関する取り組みついて概説する。

  1. 次世代蓄電池の開発動向
    1. 高エネルギー密度蓄電池の研究開発動向
    2. 実用的なセル設計の視点に基づいた評価の必要性
    3. 各次世代蓄電池の特徴と現状
  2. リチウム空気二次電池の研究開発動向:酸素正極
    1. リチウム空気二次電池の構成と動作原理
    2. リチウム空気二次電池酸素正極の課題とその解決方策
      1. Li2O2の溶解性
      2. 溶解性触媒
      3. Li2O2の電子伝導性
  3. リチウム空気二次電池の研究開発動向:金属リチウム負極
    1. 金属リチウム負極開発の歴史
    2. リチウム空気二次電池特有の課題とその解決方策
      1. 大気成分混入の影響
      2. 正極反応物とのクロスオーバーの影響
      3. 体積変化を緩和する3次元マトリックス材料
  4. マテリアルズインフォマティクス (MI) を活用した新規電池材料探索
    1. MIを活用した電池材料開発の現状と課題
    2. 「実験自動ロボット+機械学習」による電解質探索
    • 質疑応答

講師

  • 松田 翔一
    物質・材料研究機構 エネルギー環境材料研究拠点 二次電池材料グループ
    主任研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 マテリアルズインフォマティクスの中核をなす計算科学シミュレーション技術 オンライン
2022/7/14 リチウムイオン電池材料の開発方向性と安全性・寿命解析技術 オンライン
2022/7/20 マテリアルズインフォマティクスを実践するための基礎と応用技術・事例、最新動向 オンライン
2022/7/20 バッテリマネジメントシステム (BMS) の基礎と応用 オンライン
2022/7/21 リチウムイオン二次電池の特性評価、劣化・寿命診断 オンライン
2022/7/21 マテリアルズ・プロセスインフォマティクスの基礎とポリマー材料設計への応用 オンライン
2022/7/22 リチウムイオン蓄電池最適管理のための残量・劣化推定技術解説 オンライン
2022/7/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術の動向と課題、今後の展望 オンライン
2022/7/25 マテリアルズインフォマティクス概論 オンライン
2022/7/25 全固体電池のインピーダンス測定 オンライン
2022/7/28 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策 オンライン
2022/7/29 バッテリマネジメントとセルバランス技術 オンライン
2022/8/2 リチウム硫黄二次電池の材料開発とサイクル寿命の向上 オンライン
2022/8/4 R&D部門へのDX導入のための組織・体制作りと推進のポイント オンライン
2022/8/4 人工知能の技術を活用したマテリアルズインフォマティクスの基礎と導入方法 オンライン
2022/8/5 電気化学測定の解析技術とデータ解釈のポイント オンライン
2022/8/5 硫化物系固体電解質の量産技術 オンライン
2022/8/8 製造方法から考える次世代革新電池 オンライン
2022/8/9 研究開発部門でDXを活用するためのデータベース構築と運用の仕方 オンライン
2022/8/10 プロセスインフォマティクス実践のためのデータ解析と実験データマネジメントの進め方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/6/13 LiBメーカー主要7社 (CD-ROM版)
2022/6/13 LiBメーカー主要7社
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/7/30 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場 (書籍版 + CD版)
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望