技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

熱音響現象の入門

熱音響現象の入門

~熱と音で冷凍、熱と音で発電~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年10月4日(月) 13時00分 16時00分

受講対象者

  • 廃熱回生に関心のある方
  • 廃熱で発電・廃熱で冷凍が可能な技術に関心のある方
  • 熱音響現象に関して知りたい方

プログラム

 工場、自動車、船舶などが使用している燃料由来のエネルギーの半分以上は排熱として未利用のまま捨てられています。これらの捨てている熱を「熱音響デバイス」を用いて回収し、電力や冷却・加熱に再利用する研究を行っています。熱音響現象を利用すると「熱入力から音波を介して仕事を取り出す熱機関」や「音波を入力することで熱を汲み上げるヒートポンプ (冷却・加熱) 」を実現することができます。そのため、これまでのデバイスには無い以下の特徴を持っています。

  • 熱と仕事のエネルギー変換を行う際にピストンやタービン等の機械部品を必要としないため、本質的にメンテナンスフリーです。
  • 工場排熱、自動車排熱、太陽光熱等、多様な熱源を利用したヒートポンプ (冷却・加熱) や発電システムを実現可能です。
  • 本質的には可逆サイクルであるため、高いエネルギ変換効率 (先行研究では30%以上) を有しています。
  • 可動部を有することなく、非温暖化ガスを用いたヒートポンプ (冷却・加熱) を実現可能です。
  1. 熱音響現象の概要
    1. 背景
    2. 熱音響現象の歴史
    3. 進行波型熱音響機関
    4. 熱音響デバイスの紹介
  2. 熱音響現象とは
    1. 熱音響デバイスの構造
    2. 管内音波
    3. 進行波型 定在波型
    4. 仕事流 熱流
    5. Rottの方程式
    6. Two – sensor法
  3. 様々な熱音響機関
    1. 熱音響機関
    2. 熱音響冷凍機・ヒーター
    3. 熱音響発電機
    4. 多段熱音響デバイス
  4. 簡単な進行波型熱音響機関の試作
    1. 蓄熱器
    2. ループ型、枝付きループ型
    3. 導波管
  5. 熱音響機関の課題
    1. 蓄熱器の流路、材質
    2. リニア発電機
    3. 熱交換器と入熱方法

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 41,000円 (税別) / 45,100円 (税込)
1口
: 59,727円 (税別) / 65,700円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。