技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

xEV用モータの技術トレンド

xEV用モータの技術トレンド

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、電動車に使われるモータを取り上げ、車載モータの基本技術、高性能化、小型化・高出力化等の技術動向に基づき、それらの技術を解説いたします。

開催日

  • 2021年9月6日(月) 10時30分 16時30分

プログラム

 地球温暖化対策として世界的にエンジン車の販売禁止が検討され、近い将来、電動車のみが販売できるようになるように伝えられている。さらに、わが国でもエンジン車の販売禁止などが取りざたされている。それに伴い、電動車 (xEV) の研究開発が活性化している。電動車のキーコンポーネントは、モータ、パワーコントロールユニット (PCU) 、バッテリである。このうち、モータの性能は車の性能に直接影響する。すなわち、モータはすべての電動車xEVのキー技術である。
 そこで、本セミナーでは、電動車に使われるモータについて、基本技術、高性能化、小型化・高出力化等の技術動向に基づき、それらの技術を解説する。xEVに関連した研究開発に携わる技術者にとって一つの指針となるようなセミナーにすることを目標にしている。

  1. モータの基本
    1. モータの進化
    2. モータの原理
    3. トルクと出力
    4. 交流モータ
    5. モータの構成
    6. 電圧源による電流の制御
  2. xEVの駆動
    1. 自動車を取り巻く環境
    2. xEVの構成と分類
    3. 各種xEVのパワートレーン
  3. 自動車用モータとは
    1. 産業用、家電用モータとの違い
    2. 自動車用モータのトルク特性
    3. モータの制御
    4. 冷却
    5. 絶縁と信頼性
  4. トヨタのモータ
    1. トヨタのモータの変遷
    2. 巻線
    3. 冷却
  5. ホンダのモータ
    1. ホンダのハイブリッドシステム
    2. 1モータ (i-DCD)
    3. 2モータ (i-MMD)
    4. 3モータ (SH-AWD)
  6. 日産のモータ
    1. 初代LEAF
    2. 2代目LEAF
    3. 3代目LEAF
    4. e-power
  7. その他メーカのモータ
    1. テスラ
    2. 誘導モータ
    3. 48V採用車
  8. 今後の方向性
    1. 高速化
    2. 高電圧化
    3. 48V
    4. 誘導モータ
    5. WBGデバイス

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,364円 (税別) / 51,000円 (税込)
複数名
: 23,182円 (税別) / 25,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

S&T出版からの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、4名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、3名様受講料 + 3名様を超える人数 × 20,000円(税込)でご受講いただけます。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 41,727円(税別) / 45,900円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,364円(税別) / 51,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 66,364円(税別) / 73,000円(税込)
    • 4名様でお申し込みの場合 : 4名で 84,545円(税別) / 93,000円(税込)
    • 5名様でお申し込みの場合 : 5名で 102,727円(税別) / 113,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,364円(税別) / 51,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,728円(税別) / 102,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 139,092円(税別) / 153,000円(税込)
    • 4名様でお申し込みの場合 : 4名で 185,456円(税別) / 204,000円(税込)
    • 5名様でお申し込みの場合 : 5名で 231,820円(税別) / 255,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/9/28 モータ制御 回転数制御からベクトル制御の入門まで オンライン
2021/9/28 次世代自動車 (HEV・PHEV・EV・FCEV) において期待される高機能・高性能プラスチックと成形加工法 オンライン
2021/9/28 振動・騒音を低減する材料技術とその予測技術 オンライン
2021/9/28 最新車載電子機器の分解から紐解く部品の方向性と今後の展望 オンライン
2021/9/29 自動車用駆動系・エンジンオイルの基礎と実際 オンライン
2021/9/30 自動車の電動化に向けた、シリコン、SiC・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2021/9/30 人工皮革・合成皮革の入門講座 オンライン
2021/10/4 自動運転システムの安全設計&安全性評価方法 オンライン
2021/10/4 テスラの事業戦略から見るxEV (電動車) 市場の競争環境と部品取引構造の変化 オンライン
2021/10/6 次世代エネルギー・空飛ぶクルマに役立つCFRP入門 オンライン
2021/10/7 車載HMIの最前線 オンライン
2021/10/7 HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術 オンライン
2021/10/12 メカトロニクスの要素技術と今後の技術動向 オンライン
2021/10/12 急速充電・非接触充電・走行中給電 オンライン
2021/10/13 電動化のためのモータ/パワーモジュールの部分放電と絶縁評価技術 オンライン
2021/10/14 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 オンライン
2021/10/15 xEV・ADAS関連部品の市場と取引構造 オンライン
2021/10/15 2021年 自動車照明市場の最新動向・新技術トレンド オンライン
2021/10/18 自動車のカーボンニュートラル化 (脱炭素化) と電動化、及びCASEやMaaSの今後の動向 オンライン
2021/10/18 カルマンフィルタを用いた移動物体の状態推定と追跡技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/4/1 車載用LIBの急速充電性能・耐久性と市場
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望