技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

機能安全開発コスト半減に向けた方策・工夫を学ぶ

機能安全開発コスト半減に向けた方策・工夫を学ぶ

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、自動運転システム開発でも必須となる機能安全のポイントについて基礎から解説し、機能安全規格への適合についての講師の実務経験も踏まえた事例、実践的な対応方法について詳解いたします。
また、機能安全開発の効率化とコスト削減の具体的事例を紹介いたします。

開催日

  • 2021年6月16日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • これから機能安全開発を始められる方
  • 機能安全開発コストを削減したい方
  • 機能安全について基礎を学びたい方

修得知識

  • 機能安全のポイント
  • 機能安全規格への適合性
  • 機能安全開発の効率化とコスト削減の事例

プログラム

 1998年に登場した機能安全は、自動車の機能安全規格ISO 26262の普及を後押しに、鉄道、航空機、医療機器、産業機械、建設機械、農業機械、サービスロボット、ガス機器、電動自転車、電動工具、舞台装置など、あらゆる製品分野にも普及・浸透し、機能安全開発されていることが当たり前の状態となりつつあります。さらに、自動運転など複雑化するシステムにおいても、機能安全開発は欠かすことができません。
 機能安全開発プロセスは浸透する一方、従来開発と比較し、開発コストが増大し、経営上の大きな課題となっております。当社では、2006年より開始した機能安全開発の豊富な経験を踏まえて、2012年以降は開発効率化について、さまざまな工夫を凝らしながら取り組んでまいりました。
 本セミナーでは、機能安全開発コスト半減を目指して、開発スタイルの大改革から小さな工夫まで、さまざまなコスト削減方策を、事例を交えて多数紹介します。
 受講対象として、“これから機能安全開発を始められる方”“機能安全開発コストを削減したい方”“機能安全について基礎を学びたい方”などを想定しています。自動運転システム開発でも必須となる機能安全のポイントについて、基礎から学び、機能安全規格への適合についての講師の実務経験も踏まえた事例の解説から、実践的な対応方法の習得ができます。また、機能安全開発の効率化とコスト削減の具体的事例を学ぶことができます。

  1. 機能安全の概要~身近な危険事例から~
    1. 機能安全誕生の背景
    2. 機能安全の概要
    3. 従来の安全設計
    4. 従来開発と機能安全開発の違い
  2. 機能安全で要求される安全設計のポイント
    1. ハザード分析&リスク評価 (H&R) と安全分析
    2. ハードウェアに対する故障診断手法
    3. ハードウェアメトリクス評価
    4. ソフトウェアに対する故障診断手法
  3. 機能安全で要求される安全プロセスのポイント
    1. 機能安全で要求されるプロセスとは
    2. トレーサビリティ管理とは
    3. 安全性論証に必要な文書化の方法
  4. 開発の効率化およびコスト削減への方策
    1. 機能安全開発コスト増大の多種多様な原因
    2. 設計・検証の効率化
    3. プロセス、文書の効率化
    4. トレーサビリティ管理の効率化
    5. 開発スタイルの効率化
    6. その他の開発効率化への取り組み

講師

  • 森川 聡久
    株式会社ヴィッツ 機能安全開発部
    取締役 / 部長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 51,700円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/19 振動・騒音を低減する材料技術とその予測技術 オンライン
2022/8/19 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウム、コバルト、ニッケル等のレアメタルと希ガスの今後の見通し オンライン
2022/8/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 オンライン
2022/8/26 燃料電池・EV商用車とインフラの最新動向 オンライン
2022/8/30 自動車分野におけるプラスチックの動向およびリサイクルの動き オンライン
2022/8/30 自動車室内の快適性を向上させるスマートウィンドウ技術の最新動向 オンライン
2022/8/31 磁気センサの技術開発と設計手法 オンライン
2022/9/1 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2022/9/1 ミリ波レーダ技術と自動車への応用 オンライン
2022/9/6 e-Axleの技術と市場展望 オンライン
2022/9/6 自動車室内VOC、においの規制動向とその分析 オンライン
2022/9/14 BEV・HEV用PCUとモータの冷却・放熱技術 東京都 会場
2022/9/15 パワーコンバータ用インダクタ/トランスの最新技術とその設計法 オンライン
2022/9/20 車載用電池市場における事業競争力と技術動向 オンライン
2022/9/22 LiDARを用いた自己位置推定の基礎と高度自己位置推定システム オンライン
2022/9/22 人工皮革・合成皮革の入門講座 オンライン
2022/9/27 車載電子機器の放熱性を確保するための各種熱設計と封止技術 オンライン
2022/9/28 自動車の脱炭素化に向けた水素&eFuelの活用の可能性と課題 オンライン
2022/9/29 EV (電動化) の今後の動向とイーアクスルや、 EV用電池等の主要製品の今後の展望 オンライン
2022/10/3 自動車の電動化動向とLIB (リチウムイオン電池) 、関連部材の事業動向および日本の課題 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望