技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

バッテリマネジメントとセルバランス技術

Zoomを使ったライブ配信セミナー

バッテリマネジメントとセルバランス技術

~バッテリを長期に渡り安全に使用するために各セルを適切に管理する~
オンライン 開催

開催日

  • 2020年8月28日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • バッテリマネジメントに関する基礎知識
  • セルバランスに関する基礎知識

プログラム

 再生エネルギーや電動車両の普及に伴いリチウムイオン二次電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電源の利用が急速に拡大している。用途に応じて複数の蓄電セルを直列に接続しバッテリを構成して使用するが、バッテリを長期に渡り安全に使用するためには各セルを適切に管理する必要がある。
 そのためにはバッテリマネジメント技術が必要不可欠であり、その中でも特に重要となるのがセルバランス技術である。蓄電システムでは各セルの固体差に起因してセル電圧にアンバランスが生じるが、これはセルの過充電や過放電のみならず蓄電システム全体としての早期劣化や利用可能エネルギーの低下といった各種の悪影響を及ぼす。このアンバランスを解消するのがセルバランス技術であり、近年では蓄電源の利用拡大に伴い盛んな研究開発が行われている。
 本セミナーではバッテリマネジメントならびにセルバランス技術について解説する。

  1. 背景
    1. 蓄電池の用途拡大に伴う課題
    2. リチウムイオン電池と電気二重層キャパシタの特性
  2. バッテリを使用する際の課題
    1. 過充電と過放電
    2. 過大電流
    3. 温度管理
    4. セルアンバランス
    5. 充電状態推定
  3. バッテリマネジメントシステムの役割
    1. 充電制御 (定電流-定電圧充電)
    2. 電圧監視
    3. 電流・電圧保護
      • 過大電流
      • 過充電・過放電
    4. 温度管理
    5. 充電状態推定
  4. バッテリマネジメントシステムの構成
  5. セルバランスの概念
    1. 受動方式 (損失型)
    2. 能動方式 (非損失型)
  6. 受動方式のセルバランス回路
  7. 能動方式のセルバランス回路
    1. DC-DCコンバータの基礎
      • チョッパ
      • フライバックコンバータ
      • スイッチトキャパシタコンバータ
    2. 隣接セル間バランス
    3. ストリング-セル間バランス
    4. セル選択方式 (ストリング-セル間)
    5. セル選択方式 (中間貯蔵方式)
  8. まとめ
    1. 各種セルバランス方式の長所と短所、用途
    2. 大規模システムにおけるバランス回路
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 鵜野 将年
    茨城大学 工学部 電気電子工学科
    准教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,700円 (税別) / 46,970円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

Zoomを使ったライブ配信対応セミナーの留意点

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • 開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  • セミナー資料は印刷物を開催日までに発送予定でございます。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,700円(税別) / 46,970円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/1/21 リチウムイオン電池産業分析 オンライン
2021/1/25 鉛蓄電池の劣化メカニズムとバッテリマネジメント オンライン
2021/1/27 蓄電池材料の電気化学インピーダンス測定 入門 オンライン
2021/1/28 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術 オンライン
2021/1/29 機械系技術者のためのパワエレ基礎養成講座 オンライン
2021/2/2 DC/DCコンバータの徹底理解講座 (LLCコンバータとDABコンバータ) オンライン
2021/2/5 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2021/2/15 リチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定アルゴリズム解説 オンライン
2021/2/16 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 オンライン
2021/2/18 つくりながら学ぶDC-DCコンバータ 神奈川県 会場
2021/2/18 リチウムイオン電池のリサイクル動向と資源循環技術 オンライン
2021/2/18 全固体リチウム二次電池の開発動向と実用化への課題 オンライン
2021/2/22 リチウムイオン電池の劣化メカニズムと劣化診断技術 オンライン
2021/2/24 リチウムイオン電池の劣化診断技術 オンライン
2021/2/25 リチウムイオン電池の劣化診断技術 オンライン
2021/2/25 成長が期待される「卒FIT」関連ビジネスモデルと市場予測、国内再エネ市場の長期展望について オンライン
2021/2/26 基礎パワエレ制御の速習法 オンライン
2021/2/26 グラフェンの特性、蓄電池、電気二重層キャパシタへの応用の可能性 オンライン
2021/2/26 リチウムイオン電池&全固体二次電池の電極設計において考慮・把握すべき反応現象・機構の本質的理解 オンライン
2021/3/2 全固体リチウムイオン電池のメリット・デメリット 比較解説 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/29 リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/3/22 2019年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2019/3/22 2020年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望