技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

リチウムイオン電池の劣化状態の推定技術

リチウムイオン電池の劣化状態の推定技術

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2020年6月30日(火) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 リチウムイオン電池の残量と劣化状態推定アルゴリズム

(2020年6月30日 10:00〜14:45) ※途中、45分間の昼休憩を含みます

  1. イントロダクション
    1. 蓄電池の背景と動向
    2. リチウムイオン蓄電池の動作原理
  2. 蓄電池のモデル化
    1. 蓄電池の電気的特性、等価回路表現
    2. 蓄電池の温度特性
  3. 残量計
    1. カルマンフィルタを用いた高精度残量推定手法
    2. 劣化補正と温度補正
  4. 劣化状態の推定
    1. 蓄電池の劣化現象とモデル化
    2. 劣化の推定方法 (逐次最小法)
    3. 最近の動向
      • 機器組込み型
      • AI活用など
    • 質疑応答

第2部 リチウムイオン電池の劣化症状発現機構と劣化状態診断技術

(2020年6月30日 15:00〜17:00)

 回数劣リチウムイオン電池はこれからのET (エネルギー・環境) 革命で大きな役割を期待されています。その領域では車載電池、リユースバッテリーなど様々な形での用途が想定されます。劣化診断は主に車載電池のリユース時の残価値評価技術として期待されていますが、実はアグリゲーション時の運用経済性最適化に向けた応用の可能性があります。本講座ではこの新たな可能性について解説します。

  1. リチウムイオン電池の劣化のメカニズムと症状
    1. リチウムイオン電池の基礎事項
    2. 劣化のメカニズム
    3. 劣化の症状
  2. 既知の劣化診断手法
    1. 周波数領域に属する手法
    2. 時間領域に属する手法
  3. 当社の劣化診断・運用経済性最適化
    1. バッテリーアグリゲーション
    2. 重要なパラメータとモデル化
    3. 劣化診断による運用経済性最適化シミュレーション
    • 質疑応答

講師

  • 福井 正博
    立命館大学 理工学部 電子情報工学科
    教授
  • 有馬 理仁
    大和製罐 株式会社 技術管理部 エネルギーソリューション開発室
    主任

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/11/29 リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/8/26 リチウムイオン電池の製造プロセス&コスト総合技術 2016
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望