技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

次世代情報通信5G市場に要求される材料技術

次世代情報通信5G市場に要求される材料技術

東京都 開催

開催日

  • 2020年2月14日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 20世紀末から今日までの材料技術の視点でとらえた情報通信分野の動向
  • 高分子材料に関わる電磁気分野の知識

プログラム

 情報通信分野の技術革新は急速に進んでいる。20世紀末から21世紀初めにADSLからFTTHへの転換が進み、固定系通信事業の戦いはほぼ終了、今情報通信事業の主戦場は移動体通信へ移ってきた。
 昨年確定された5Gの仕様では、6GHzを超えた高周波数帯域を使う、新しい無線通信方式が導入されるという。この新しい無線通信方式が導入されると情報通信分野のみならず、移動体通信、とりわけ自動車業界の技術にも影響が出る。
 今自動車業界では自動運転技術の開発が行われており、この技術分野では各種センサー技術と通信技術の融合が始まっている。通信技術でこれまでよりも高周波数帯が使用されると、過去に開発されたセンサー技術について、それに対応した材料技術の見直しが必要である。
 ところで高周波数領域に対応した材料のイノベーションが過去に起きていた。それは20世紀末に急成長したCPUの高周波数動作を実現する絶縁膜、LOW – k材料の開発である。その時のキーワードは材料の低誘電率制御だった。
 一方、20世紀末に拡大した光通信網では、材料の屈折率制御が課題となり、高分子材料では高屈折率化が求められた。ところで屈折率は誘電率と相関するパラメーターであり、高誘電率化技術が当時LOW – k材料開発と平行して開発されていたことになる。
 今、5Gでは高周波数対応のため高分子材料の低誘電率化が求められている。すなわち、情報通信分野で高分子材料を活用するためには、その誘電率を自在に制御する技術が重要である。本セミナーでは5Gをにらみ、情報通信と高分子材料について誘電率制御技術を整理して基礎から講演する。

  1. 情報通信市場における材料ニーズ
    1. 情報通信市場の歴史
    2. 情報通信技術と材料
    3. 5Gで何が変わるか
    4. 移動体通信技術と材料
    5. 事例
  2. 誘電体現象論
    1. 誘電体基礎論
    2. 誘電分極、誘電率及び誘電損失
    3. 電気粘性流体の事例
    4. 強誘電体、絶縁破壊、その他
  3. 高分子材料の誘電率
    1. 高分子材料概論
    2. プロセシングの電気特性へ与える影響
    3. 中間転写ベルトの電気特性
    4. 高分子材料の誘電率制御
    5. 事例
  4. まとめ

講師

会場

ちよだプラットフォームスクウェア
東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 20,000円(税別) / 22,000円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/3/2 高分子・ポリマー材料の合成、重合反応の基礎とそのプロセス及び工業化・実用化の総合知識 大阪府
2020/3/2 高分子難燃化・不燃化の基礎と難燃性評価およびその規制動向 大阪府
2020/3/2 初心者のためのプラスチックと射出成形入門 東京都
2020/3/3 5G/ローカル5Gの最新技術動向と6G (2030年) への展望 東京都
2020/3/3 ゲル化剤・増粘剤の基礎・特性・評価法 大阪府
2020/3/4 フィラーの分散・充填技術およびナノコンポジットの研究開発動向 大阪府
2020/3/4 発泡成形の基礎とトラブル対策 大阪府
2020/3/10 金属3Dプリンタによる造形技術とその評価および応用展開 東京都
2020/3/11 プラスチック・樹脂の耐薬品性およびケミカルストレスクラック発生のメカニズムと対策 東京都
2020/3/11 厄介な分散系を手懐けるコツ 京都府
2020/3/13 シリコーンの基礎・特性と設計・使用法の考え方・活かし方 東京都
2020/3/13 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都
2020/3/16 ポリマーブラシの調製と高密度化、応用 東京都
2020/3/16 廃プラスチックの最新リサイクル技術 東京都
2020/3/17 シルセスキオキサンの基礎知識から最新の応用展開まで 東京都
2020/3/17 ポリマーアロイ・ブレンドにおける相溶性・構造制御と高性能化 東京都
2020/3/18 ポリイミドの高機能化に向けた分子設計・材料設計 東京都
2020/3/19 5G & beyond 関連通信デバイスの分解・分析 東京都
2020/3/23 プラスチック/ゴム材料のトライボロジーの基礎と制御・評価 東京都
2020/3/24 5G / 5G beyond におけるMassive MIMOとビームフォーミング技術の基礎と開発動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書