技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術とビジネスチャンス

EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術とビジネスチャンス

東京都 開催

開催日

  • 2019年11月20日(水) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 電気自動車 (EV) の世界市場の動向
  • EV用リチウムイオン電池のリユース/リサイクル技術
  • ビジネス環境の変化

プログラム

 2018年の電気自動車 (Electric vehicles) 保有台数は世界で500万台を超えた。中国が世界一の電気自動車市場を抱え、欧米がこれに続いている。この状況に対応してEV用リチウムイオン電池の需要も拡大している。今後、膨大な量の中古EV用リチウムイオン電池の発生が予想されるが、そのリユース/リサイクル技術の開発、そしてビジネスモデルの構築が重要な課題となる。

  1. 電気自動車 (EV) の市場動向
    1. 世界市場の動向
      • 中国市場の動向
      • 欧米市場の動向
      • 日本市場の動向
      • その他の地域における動向
    2. 地球環境問題との関係
      • 地球環境へのインパクト
      • 法整備の状況
  2. EV用リチウムイオン電池のリユース/リサイクル技術
    1. リチウムイオン電池の構成
      • 構成
      • 原材料の供給
    2. リユース技術
      • 国内におけるリユースの取り組み
      • 山口県におけるリユース実証試験
    3. リサイクル技術
      • 廃電池のリサイクル技術の現状と課題
  3. ビジネス環境の変化
    1. リサイクル/リユースビジネスの可能性
      • リチウムイオン電池単体に関するビジネス
    2. ビジネスの複合化
      • 単体ビジネスから住宅・コミュニティとの連携へ
    3. 世界市場との連携
      • 世界規模の循環システム構築

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/12/4 リチウムイオン電池の劣化診断技術 東京都
2019/12/5 リチウム電池輸送の基礎と規制改正動向 東京都
2019/12/5 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都
2019/12/9 リチウムイオン電池における材料シミュレーションによる電池材料の機能解析とマテリアルズ・インフォマティクスへの展開 愛知県
2019/12/10 リチウムイオン電池のリスク&ハザード回避と安全性試験規格 東京都
2019/12/10 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2019/12/11 全固体電池の開発動向と実用化への道のり 東京都
2019/12/12 車載用電池ビジネスで何が起きてるのか、全固体電池は何をもたらすのか 愛知県
2019/12/23 自動車に関わる規制動向と電動化の展望、および車両の軽量化への技術動向 東京都
2019/12/24 EV・HEV用パワーコントロールユニット (PCU) と車載モータの冷却・放熱技術 東京都
2020/1/10 全固体電池の充放電特性や電極-電解質界面の分析・評価・解析 東京都
2020/1/14 ミリ波透過材料の設計法とその評価 東京都
2020/1/23 基礎からわかる全固体二次電池 東京都
2020/1/23 ワイヤレス給電の実用化に向けた現状の課題と最新動向 東京都
2020/1/27 バッテリマネジメント及びセルバランス技術の基礎と応用 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/8/26 リチウムイオン電池の製造プロセス&コスト総合技術 2016
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2015/8/21 2015年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望