技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ブロックチェーンの基礎とビジネスモデル及び特許化の要点

ブロックチェーンの基礎とビジネスモデル及び特許化の要点

~IoT社会での新ビジネス創出の肝 / インターネットを超える次のIT革命の波に備えて~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2019年1月28日(月) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 知財 (特許) に関わる業務の担当者
  • 本格的にブロックチェーン・AI・IoT分野に参入しようとする企業の技術者・知財部・マネージャー

修得知識

  • ブロックチェーン・AI・IoT技術の基本的知識
  • ブロックチェーン・AI・IoT技術を用いた最先端プロジェクト・新ビジネスの現状・動向
  • ブロックチェーン・AI・IoT時代に有効な特許の取得・使用方法

プログラム

 現在中国や米国等においてブロックチェーンは、OSI参照モデル提言直前の黎明期インターネットと同段階にあるとされ、インターネットを超える新ビジネス創出技術としてその実用化・標準化が大いに進展している。これに対し日本でも将来を見据えるべき特許については、ブロックチェーン技術・ビジネスのアイデアをいち早く権利化すべきである。
 本セミナーでは、ブロックチェーンの基礎からそのレイヤモデル、スマートコントラクトや、最先端プロジェクト・ビジネスをご説明し、特許の実例をご紹介する。さらにブロックチェーンに係る特許の取得・行使について考察を行い、特許の新たな使い方をご提案する。

  1. ブロックチェーンの現状と動向
    1. ブロックチェーンの基本的構造・仕組み
      - ブロックチェーン:複製不可能性をデジタル化する技術 –
    2. スマートコントラクト:自律性をデジタル化する技術
    3. ブロックチェーンのレイヤモデル:BC-Layers 1.0, 2.0, 2.5, 3.0, 3.5
    4. ブロックチェーンで実現する分散型AI・IoTシステム
    5. 最先端プロジェクト:ブロックチェーンとAIの相乗効果
  2. ブロックチェーンによって創出される技術・ビジネスと特許
    1. Blockchain as a Service (BaaS)
    2. 新ビジネスモデル,ビジネスデータ管理
    3. データ・エコノミ:AIの爆発的普及を見据えたデータ流通ビジネス
    4. 大容量データの時系列管理:人生・人類史の管理も可能?!
    5. マシン・エコノミ:計算資源流通ビジネス
    6. フィンテックビジネス
    7. ブロックチェーン技術・ビジネスにおける課題解決
  3. ブロックチェーン・AI・IoT特許の取得・行使
    1. 複数主体 (権利一体の原則) の問題
    2. 域外適用 (属地主義) の問題
    3. 間接侵害の問題
    4. ブロックチェーン・AI・IoTの特許権侵害は発見容易?!
    5. ブロックチェーン・AI・IoT特許の新たな使い方
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 辰巳 富彦
    早原特許技術事務所
    パートナー弁理士

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第3講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/18 共同研究・開発契約の実務とトラブル対応 オンライン
2020/8/25 パテントマップを活用した新規R&Dテーマの発掘方法 オンライン
2020/8/26 技術者が知っておくべき他社特許対策と自社特許強化への考え方 オンライン
2020/8/27 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント オンライン
2020/8/27 欧州に学ぶライフサイエンスの個人情報保護とサイバーセキュリティ 東京都
2020/9/3 体外診断薬の主要国及び国内での競争力のある特許戦略 オンライン
2020/9/8 経営、事業戦略に貢献する知的財産の価値評価と活用の仕方 オンライン
2020/9/15 化学分野における実践的特許調査と研究開発への応用 オンライン
2020/9/16 証拠収集手続きおよび営業秘密保護の最新実務と査証制度の活用法 オンライン
2020/9/18 目的によって読み方を変えよう / 特許請求の範囲、しっかり読めますか? オンライン
2020/9/18 メーカーにおけるAI・IoTに関するデータ利活用の法務の最新事情 東京都
2020/9/23 工場の改善とIoTによる設備自動化ライン構築の基本 オンライン
2020/9/23 研究開発部門等を対象としたパテントマップの基礎講座 オンライン
2020/9/28 特許実務の理解と、他社特許分析、自社の研究開発・特許出願への活かし方 オンライン
2020/9/28 共同研究・共同開発契約の実務およびトラブル事例と対策 オンライン
2020/9/30 サブ原理85種の40の発明原理など最新教材で学ぶTRIZ実践 オンライン
2020/10/7 経営層・事業部門への知的財産の貢献度評価と効果的な報告の仕方 オンライン
2020/10/13 ロボットによる自動化ライン構築のポイントと効果の最大化 オンライン
2020/10/15 バイオ医薬品をより長く強く保護するための特許戦略 オンライン
2020/10/16 進歩性の意味、本当に理解できていますか? オンライン

関連する出版物

発行年月
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書