技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車プラットフォーム統一の基礎と部品共通化・標準化の変遷および展望

自動車プラットフォーム統一の基礎と部品共通化・標準化の変遷および展望

~トヨタとVWグループの比較分析に読みとる二つの象徴的動き~
東京都 開催

開催日

  • 2017年12月18日(月) 13時00分 16時00分

修得知識

  • 1990年代後半からプラットフォームの標準化がどう変化してきたのか
  • VWグループとトヨタとでいかなる違いがあるのか

プログラム

 多様で変化する市場への適合、製品の多様化、変更に伴うコストアップの抑制、これら双方に優れた製品の標準化アプローチの模索が、1990年代中頃から自動車企業間競争の1主要課題となっている。
 本講演では自動車プラットフォーム戦略の概要と、対照的な動きを見せるVWグループとトヨタを取り上げ、両者のアプローチから自動車企業による製品設計の展開について考察する。

  1. はじめに 自動車企業と製品モジュール化・プラットフォーム統一
  2. 分析方法
    1. プラットフォームの統一性を把握するための視点
    2. プラットフォームの統一性の指標
  3. プラットフォーム統一以前における製品の統一性と企業業績 (1980年代~1990年代前半)
    1. 製品の統一性
    2. 企業業績の変化がもたらす課題とそれへの対応計画
  4. 諸モデル間プラットフォーム統一性 (1990年代後半~2000年代)
    1. プラットフォームあたりモデル数
      1. VWグループの場合
      2. トヨタの場合
    2. 当該プラットフォーム適用モデルのサイズのばらつき
      1. VWグループの場合
      2. トヨタの場合
    3. 諸モデル間プラットフォーム統一性に関する小括
  5. 諸地域間プラットフォーム統一性 (1990年代後半~2000年代)
    1. 当該プラットフォーム地域別サイズのばらつき
      1. VWグループの場合
      2. トヨタの場合
    2. 諸地域間プラットフォーム統一性に関する小括
  6. 諸時点間プラットフォーム統一性 (1990年代後半~2000年代)
    1. 当該プラットフォームの適用期間
      1. VWグループの場合
      2. トヨタの場合
    2. 当該プラットフォームの時期によるサイズ変更度
      1. VWグループの場合
      2. トヨタの場合
    3. 諸時点間プラットフォーム統一性に関する小括
    4. 年代の標準化とそれ以前の標準化との関係 (2010年~)
  7. おわりに、自動車企業による製品設計の展望
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 宇山 通
    九州産業大学 経営学部
    准教授

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第2講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/22 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2019/2/25 自動車用遮音・吸音材料の設計、適用方法と車室内の防音設計 東京都
2019/2/25 自動車用CFRP・CFRTPの最新動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト 東京都
2019/2/26 自動運転の現状および完全自動運転を可能にする技術動向と応用展開 東京都
2019/2/26 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/2/28 熱可塑性CFRPプリプレグの作製、成形加工と耐久性向上 東京都
2019/3/4 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 大阪府
2019/3/6 コネクテッドカーの展望と求められるセキュリティ対策 東京都
2019/3/6 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/3/7 自動車触媒のナノ粒子材料と物性、評価法の基礎 東京都
2019/3/8 車載用パワー半導体のパッケージ技術 東京都
2019/3/12 車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 東京都
2019/3/13 自動車室内の熱マネジメント技術と快適性向上 東京都
2019/3/14 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 東京都
2019/3/19 誘導モータの技術と実用動向 東京都
2019/3/19 車載カメラを用いた画像認識技術及び制御技術 東京都
2019/3/19 車載カメラ、ディスプレイの技術・市場動向 東京都
2019/3/22 48Vシステムの技術・サプライヤーの最新動向 東京都
2019/3/28 ヘッドアップディスプレイにおけるドライバの安全性評価と視覚情報制御 東京都
2019/4/4 パワーデバイス用基板の高熱伝導化と実装、パッケージ技術 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/30 五感で捉える自動車内装・室内空間の快適化技術大全