技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

造船産業発展に向けた施策と各社の展開

国土交通省/三菱重工業/川崎重工業/ジャパンマリンユナイテッド

造船産業発展に向けた施策と各社の展開

東京都 開催

開催日

  • 2014年12月19日(金) 13時00分 17時30分

プログラム

1. 我が国造船業の持続的な発展および新市場獲得に向けて

(2014年12月19日 13:00〜14:00)

世界及び我が国の造船業の概況を解説した上で、国際基準と国際競争力の強化、人材確保・育成、新市場の開拓・シェア拡大に向けた産官学連携による取り組みや国土交通省の施策等について紹介する。
  1. 世界及び我が国造船業の概況
  2. 国際基準づくりと技術開発の推進等による競争力強化に向けた取り組み
  3. 人材確保・育成に向けた取り組み
  4. 新エネルギー輸送や海洋資源開発関連等の新市場の獲得に向けた取り組み
  5. 質疑応答/名刺交換

2. LNG船の最新技術開発動向

(2014年12月19日 14:10〜15:10)

三菱重工業 (株) は1983年に播州丸を引渡して以来30年間以上LNG船を建造し続け、常に技術の最先端を牽引し、安定的かつ経済的な天然ガスの海上輸送に貢献してきた。近年、LNGの需要増、環境規制の強化、シェールガス革命そしてパナマ運河拡張による海上輸送ルートの多様化を背景に、技術革新が急激に加速しており、技術動向を紹介すると共に三菱重工業 (株) が開発した最新鋭のLNG船を紹介する。
  1. 三菱LNG船の開発と建造実績
  2. 新世代LNG船「さやえんどう」
  3. LNG船の環境技術
  4. 三菱最新鋭LNG船
  5. 今後の技術動向
  6. 質疑応答/名刺交換

3. 川崎重工におけるLNG船事業と今後の展開

(2014年12月19日 15:20〜16:20)

川崎重工業 (株) (「KHI」) は、1981年にLNG運搬船を初めて建造して以来、MOSS型タンクを備えた大型LNG船を中心として30年以上に亘ってLNG船を建造してきた実績を有し、その蓄積のもとに、常に高い性能と品質を有するLNG船建造を続けている。その過程を振り返るとともに、これからのLNG船に向けたKHIの取り組みを紹介する。
  1. KHIの概要
  2. KHIにおけるこれまでのLNG船建造の概要
  3. 現状と今後の取り組み
    1. LNG船に求められるもの
    2. KHIの最新鋭LNG船
    3. 今後の技術開発
  4. 質疑応答/名刺交換

4. LNG船事業の現状と今後の展開

(2014年12月19日 16:30〜17:30)

ジャパン マリンユナイテッド (株) (「JMU」) は、LNG船分野において、SPB方式とメンブレン方式の両LNG貨物格納システム技術を併せ持つユニークな造船所である。その特色を生かして、今般、米国シェールガス由来LNGの日本への輸送に投入される大型LNG船を受注した。LNG船分野に再進出しようとしているJMUの現状と今後の取組みについて解説する。
  1. JMUのLNG船カーゴコンテインメントシステム
    1. JMUの生い立ちとカーゴコンテインメントシステム (SPB/メンブレン)
    2. LNG船建造実績
  2. SPB技術とLNG船への適用
    1. SPB技術とは
    2. LNG船への適用
  3. 現状と今後の取り組み
    1. 米国シェールガス由来LNG輸送プロジェクト向けSPB方式LNG船
    2. 今後の取組
  4. 質疑応答/名刺交換

講師

  • 今井 新 (国土交通省)
    国土交通省 海事局 船舶産業課
    課長補佐
  • 津村 健司
    三菱重工業 (株) 交通・輸送ドメイン 船舶・海洋事業部 船海エンジニアリング部
    カスタマーソリューションG グループ長
  • 野崎 拓海
    川崎重工業 (株) 船舶海洋カンパニー 技術本部 基本設計部
    基本計画第二課長
  • 島田 幸尚
    ジャパンマリンユナイテッド (株) 商船事業本部
    営業部 液化ガス船・特殊船グループ長

会場

コンベンションホール AP浜松町
東京都 港区 芝公園2-4-1 芝パークビルB館地下1F
コンベンションホール AP浜松町の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 25,000円 (税別) / 27,000円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2014/11/21 マサチューセッツ工科大学〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/11/21 マサチューセッツ工科大学〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/20 防虫剤・殺虫剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/20 防虫剤・殺虫剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/5 給湯器 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/5 給湯器 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/1 ブレーカー(遮断器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/1 ブレーカー(遮断器) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/11/20 シンチレーション検出器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/20 シンチレーション検出器 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/5 電子レンジ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/5 電子レンジ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/5 両面接着テープ(シート) 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/5 両面接着テープ(シート) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/25 水処理膜 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/25 水処理膜 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書
2013/6/20 衛生用紙 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/20 衛生用紙 技術開発実態分析調査報告書