技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

空飛ぶクルマ (e-VTOL) の技術とビジネス

空飛ぶクルマ (e-VTOL) の技術とビジネス

~多方面から見たe-VTOL最新動向とその未来~
東京都 開催 会場・オンライン 開催

開催日

  • 2023年6月5日(月) 13時00分 15時00分

プログラム

 昨今の電動モビリティが注目される背景は、地球の環境変動対策としての温暖化ガス排出の削減に寄与することを期待してのことである。加えて温暖化ガス (二酸化炭素) の排出削減の対象は化石燃料を使用することにより排出される二酸化炭素であることに注意する必要がある。
 地上を走るモビリティは電動化、ハイブリッド化により化石燃料によって生み出された運動エネルギーを回収 (回生) することによって移動に必要なエネルギーを大きく削減できる。一方もともと位置エネルギーと運動エネルギーの交換が高効率で行われる航空機は移動のエネルギー削減には大きく寄与できない。
 その中で航空機の電動化の意義と効果を考えるとともに、社会的ニーズとしての「空飛ぶクルマ」実現に向けて「e-VTOL」という技術、プロダクト、と普及に向けてのビジネスモデルの展望を解説する。

  1. 講演者の略歴と技術的背景
    • 講演者の略歴と今までにかかわったテクノロジーについてのご紹介
  2. 「e-Mobility」の拡大背景とその役割
    • 温暖化ガス排出削減 (化石エネルギーの使用削減) と人の自由な移動の両立を目指す次の「産業革命」としての移動の電動化トレンドについて
  3. 「e-VTOL」の技術的背景
    • 航空機における電動化の意義と電動推進技術革新についての解説とそれに伴い生まれてきた多様な「航空機」コンセプトと新技術解説
  4. 空飛ぶ文明における「e-VTOL」の将来展望
    • 果てしない人間の欲求と技術革新と安全安心低コストを両立させるビジネスモデルを引っ張るリーダー企業は?
  5. まとめ
    • サスティナビリティという地球規模の最大トレンドを実現するための多様なテクノロジーと「e-VTOL」のリーダー企業となるために。
  6. 質疑応答/名刺交換

講師

  • 松田 篤志
    有限会社エーエムクリエーション
    取締役社長

会場

SSK セミナールーム
東京都 港区 西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F
SSK セミナールームの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,364円 (税別) / 33,400円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、2名様以降 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,364円(税別) / 33,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 55,364円(税別) / 60,900円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 80,364円(税別) / 88,400円(税込)

会場受講 / ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

会場受講、ライブ配信、アーカイブ配信のいずれかをご選択いただけます。

会場受講をご希望の場合

  • ライブ配信、アーカイブ配信のサービスは受けられません。
  • 翌営業日までに、請求書、受講票、会場までの地図を発送させていただきます。

ライブ配信をご希望の場合

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前日に、お申込み時のメールアドレスへ、各セミナー担当者より受講方法のご案内と配布可能な講演資料のデータをお送り致します。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

アーカイブ配信をご希望の場合

  • ビデオ会議ツール「Vimeo」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 のご確認をお願いいたします。
  • 開催日より3〜5日以降に配信致します。
  • お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
    配付可能な講演資料も合わせて送付致します。
    ※アーカイブ配信の配信予定日や講演資料の送付方法はセミナーによって異なります。
  • 動画の公開期間は公開日より2週間となります。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • 質疑応答は原則として収録録画からカットされます。
  • 参加者名簿は配付致しません。あらかじめご了承下さい。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2022/6/30 自動運転車に向けた電子機器・部品の開発と制御技術
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用