技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

目的によって読み方を変えよう 特許請求の範囲、しっかり読めますか?

知ってるつもりの特許シリーズ (1)

目的によって読み方を変えよう 特許請求の範囲、しっかり読めますか?

東京都 開催

概要

本セミナーでは、特許で他社参入を抑制する方法、先行企業の特許が既に存在していても戦う方法について、特許戦略業務15年のベテラン講師がわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2019年8月28日(水) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 技術者、研究者、初級知財部員

プログラム

 研究者・技術者の皆さんは特許請求の範囲をしっかり読めていますか? 多くの方は「もちろん、日本語ですから読めているに決まっていますよ」と答えると思います。日々の業務で特許を読み込んでいるでしょうし、それで今まで何ら問題はなかったはずですから。
「特許請求の範囲の読み方」は、技術者・研究者と特許庁の審査官、審判官や裁判所の裁判官とは大きく異なります。技術者・研究者は特許請求の範囲を当然読めていると思いがちですが、不十分なことがあります。そのため、技術者・研究者とベテラン知財部員 (特許庁の審査官、審判官や裁判所の裁判官の立場で読む「技術」を持っている) との会話は、 (技術者・研究者は気がつかない間に) 話がすれ違い、スムーズな知財活動ができていないことがあります。
 本講座では、技術者・研究者ならびに初級知的財産部員向けに、特許庁の審査官、審判官や裁判所の裁判官の立場で読む「技術」を講義します。この「技術」を習得することで、法律文である特許から技術情報が確実に簡単に読み取れるようになります。特許取得や他社特許の回避設計が容易になりスムーズな知財活動ができるようになるのです。

  1. 調査目的 ~目的別に立場を変えた目線で読もう!~
    1. 製品の侵害調査
    2. 特許出願前の特許性調査
    3. 他社特許無効化のための無効性調査
  2. 侵害調査 ~裁判官目線で読むという新たな認識が必要です~
    1. 裁判所目線
    2. 裁判所の裁判官が、特許侵害訴訟で読む目線
  3. 特許要件調査 ~審査官・審判官目線で読むという新たな認識が必要です~
    1. 審査官・審判官目線 (新規性・準公知・ダブルパテント)
  4. 構成要件と発明特定事項 ~法律文書として読む方法論~
    1. 分説とは
    2. 特許要件論と侵害論に共通する対比の方法
  5. 具体例で対比してみよう!
    1. 侵害調査
      1. 他社特許のクレームの読み方
      2. イ号製品 (物件) を文章として表現・対比してみよう
    2. 特許要件調査
      1. 本願発明の要旨認定をしてみよう
      2. ダブルパテント防止規定の場合
      3. 新規性・準公知の場合
    • 質疑応答

講師

  • 鷲尾 裕之
    プラスチックコンパウンドコンサルタント

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第1グループ活動室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/19 特許情報を活用するための情報収集のポイントと情報の視覚化、データベース化 東京都
2019/7/23 研究開発部門等を対象としたパテントマップの基礎講座 東京都
2019/7/29 先発メーカー・競合他社の特許分析の仕方と弱みの見つけ方 東京都
2019/8/5 IPランドスケープの取り組み事例と知財体制の構築 東京都
2019/8/8 バイオ医薬品をより長く強く保護するための特許戦略 東京都
2019/8/8 IPランドスケープにおけるパテントマップの作成・活用と事業・知財・研究開発戦略の実践方法 東京都
2019/8/20 新規細胞およびその作製・培養関連技術に関する特許戦略 東京都
2019/8/21 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント 東京都
2019/8/29 若手知財部員のための発明のヒヤリング技術とまとめ方 東京都
2019/9/9 新規性・進歩性の判断と拒絶理由通知の対処方法 東京都
2019/9/10 知財部門とR&D・事業部門との連携の取り方、仕組み作り 東京都
2019/9/13 次世代抗体技術の特許戦略 東京都
2019/9/17 化学・材料系の特許出願の考え方、明細書の読み方・書き方、トラブル対応 東京都
2019/9/17 人工知能による特許情報・技術文献調査 東京都
2019/9/25 拒絶理由の8割はコレ 進歩性の意味、本当に理解できていますか? 東京都
2019/10/24 特許調査・分析、自分でちゃんとできますか? 東京都
2019/11/21 特許戦略、分かっていますか? 特許の力、活かせていますか? 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/20 油圧機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)