技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車排出ガス規制の国内外の動向と試験法、排出ガス浄化処理技術

自動車排出ガス規制の国内外の動向と試験法、排出ガス浄化処理技術

愛知県 開催

開催日

  • 2017年12月15日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 排ガス試験法に関する基本的な考え方
  • 試験法が決められた背景
  • 試験法に導入されている計測手法の計測原理
  • 排ガス浄化処理技術の最新技術
  • 昨今の排ガス不正問題や、RDE試験の研究事例

プログラム

 排出ガス規制が年々厳しくなる中、VW問題などを背景として、RDE (Real Driving Emission) 規制など、これまでにない規制や試験法の動きが出始めています。
 本講演では、これまでの排出ガス試験法を振り返るとともに、RDE試験も含めた次期の規制について概説し、排出ガス計測の原理も含めた解説します。
 また最新の排出ガス浄化処理技術についても紹介します。

  1. 自動車排出ガスに起因する環境問題
  2. 自動車排出ガス規制の変遷
    1. 乗用車の燃費・排出ガス試験法
    2. 重量車の燃費・排出ガス試験法
    3. RDE規制
    4. 排出ガス不正問題
  3. 排出ガス試験に使用される計測手法
    1. 排気成分中ガス濃度計測
    2. PM・PN計測
    3. 排出ガス流量計測
  4. 実路走行時の排出ガス計測、走行抵抗計測研究事例
    1. 排出ガス流量計測
    2. 道路勾配計測
    3. 車両にかかる走行抵抗計測
    4. エコドライブ時の実路走行時排出ガス傾向
    5. 最新ディーゼル乗用車の排出ガス計測
  5. 最新の排出ガス浄化処理技術
    1. 排出ガス浄化処理技術の歴史
    2. 最新の排出ガス浄化処理技術
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 佐藤 進
    東京工業大学 工学院 システム制御系
    准教授

会場

愛知県産業労働センター ウインクあいち

12F 1209

愛知県 名古屋市中村区 名駅4丁目4-38
愛知県産業労働センター ウインクあいちの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/25 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2018/10/25 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 東京都
2018/10/26 自動車用センサ技術のすべて 東京都
2018/10/29 EVシフトに伴う自動車および電池業界の動向と課題 東京都
2018/10/30 自動運転実用化に向けたドライバモニタリング技術と車載HMI開発 東京都
2018/10/31 ディーゼル排気規制と触媒システムの開発動向、SCRの低排気温度対応技術 東京都
2018/11/1 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2018/11/5 EVが伸びるのか? 内燃機関が生き延びるのか? 近未来の自動車用動力源とは? 東京都
2018/11/6 自動車室内騒音の発生メカニズムと軽量防音材の開発 東京都
2018/11/8 自動車用パワートレーンの省燃費、電動化の最新技術と規制動向 大阪府
2018/11/9 自動車排気ガス規制の動向、浄化触媒の貴金属使用料低減と劣化対策 東京都
2018/11/12 次世代自動車における空調システム・熱マネジメントへの要求と改善 東京都
2018/11/12 空飛ぶ車の実用化と求められる新材料、新技術 東京都
2018/11/15 自動車パワートレーンの電動化 (48V,PHEV,EV等) 技術、省燃費技術、環境規制の現状と今後の動向 東京都
2018/11/15 マルチマテリアル化の動向と適用技術 東京都
2018/11/16 自動車・マルチマテリアルにおける接着・接着剤技術 東京都
2018/11/20 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2018/11/21 自動運転本格化に向けた車載カメラの開発・市場動向と将来展望 東京都
2018/11/26 技術・特許情報、環境規制から読み解くEVシフト・モビリティ化動向とこれからの知財戦略の在り方 東京都
2018/11/26 自動車電動化の舵を取る環境規制と電池産業への波及、車載用電池の技術開発・特許動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/28 排煙脱硫・脱硝技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/28 排煙脱硫・脱硝技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/30 五感で捉える自動車内装・室内空間の快適化技術大全