技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

遮音・吸音のメカニズムと評価手法および材料開発への指針

遮音・吸音のメカニズムと評価手法および材料開発への指針

東京都 開催

概要

本セミナーでは吸音・遮音の発現メカニズムを分かりやすく解説し、吸音・遮音材料を的確に選定、利用するためのポイントを詳解いたします。

開催日

  • 2017年1月31日(火) 12時30分 16時30分

プログラム

 防音という言葉がよく使われるが、その範疇で機能する材料が吸音・遮音材料である。どんな材料でも剛体でない限り、音波の入射に対して吸音性および遮音性を持つもので、各種の材料を吸音材料、遮音材料として有効に機能させるためにはそれらのメカニズムを理解することが重要である。特に最近の環境問題との関わりから両者の機能を兼ね備えた軽い材料が多く使われるようになってきており、自動車用の内装材ではその傾向が顕著である。
 そこで本講習会では吸音・遮音の発現メカニズムをしっかり把握し、材料を的確に用いるための勘どころについて講義を行う。また各種の多孔質材料に着目し、その吸音・遮音性の発現メカニズムを捉え、性能の高い吸音・遮音材料の設計・開発指針を与える。材料の使い方・選定法、材料設計のポイントなどについて、物理的イメージを大切にし、講義を行うものである。

  1. 音・振動の基礎
    1. 音源
    2. 媒質の働き
      1. 音の波動
      2. 固体中の波動
    3. 有限空間における音波
      1. 1次元空間
      2. 3次元空間
    4. 有限固体中における弾性波
      1. 棒の縦振動
      2. 棒の曲げ振動
      3. 板の曲げ振動
    5. 音・振動の物理的表現
  2. 音・振動の防止対策の基礎
    1. 防止法の形態
    2. 音の反射・吸収・透過
    3. 音の遮断
      1. 無限平板による遮音
      2. コインシデンス現象
      3. 垂直入射・統計入射透過損失
      4. 無限平板の質量則
      5. 有限平板による遮音特性
      6. コインシデンスの制御
      7. 積層構造体による遮音
      8. 遮音上の欠損
      9. 自動車用内装材 etc.
    4. 音の吸収
      1. 吸音率
      2. 吸音構造の種類と特性
      3. 音の反射・吸収・透過の波動的取り扱い
      4. 有限厚さの材料に関わる反射及び減衰
      5. 吸音率の測定
      6. 垂直入射・統計入射吸音率
      7. 音響試験
      8. 吸音理論 etc.
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。