技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

サプライヤーのためのISO26262対応ポイント解説

サプライヤーのためのISO26262対応ポイント解説

~認証取得経験と豊富なISO 26262開発経験から具体的に学ぶグローバル基準への対応ノウハウ~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、ISO26262を基礎から解説し、ISO26262対応を進める上での勘所や注意点についても事例を交えて説明いたします。

開催日

  • 2015年8月25日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 車載システムの技術者、設計者、品質担当者
    • 安全設計を規格に沿って点検しておきたい技術
  • ISO 26262の導入を検討されている方
  • 機能安全・ISO26262の基礎を学びたい方

プログラム

 近年、自動車の機能安全規格ISO26262への適合が、国内外において必須となりつつあります。多くの企業が対応を進めておりますが、ISO26262の具体的な正しい解釈がわからない、開発コスト増加への対策ができていない、など課題が多いです。
 本セミナーでは、弊社のこれまでの機能安全認証取得と機能安全対応支援経験を踏まえて、ISO26262の概要、必要要件、必要性、対応事例について解説します。ISO26262に対応するためにしなければならないこと、ISO26262に対応した技術面の対応方法、ISO26262に対応した開発プロセスなどについて、認証取得の失敗事例を踏まえて詳細に説明します。

  1. 機能安全とは? ~身近な危険事例から~
    1. 身近な危険事例
    2. 機能安全対応の動向
    3. 従来の開発との違い
    4. 重視されているポイント
  2. ISO26262の概要~規格書の歩き方、その哲学~
    1. ISO26262の概要
    2. 安全ゴールとは
    3. 安全方策
    4. 安全ケース
  3. 安全設計に関する対応事例
    1. 技術安全コンセプトの構築
    2. ASILと安全策
    3. ソフトウェアの安全策
    4. 【演習】安全分析
  4. 安全プロセスに関する対応事例
    1. 機能安全で要求されるプロセスとは
    2. 機能安全で要求される文書化
    3. 【演習】機能安全で要求される文書化
    4. 機能安全で要求されるトレーサビリティ管理
    5. 【演習】トレーサビリティ管理
  5. ASILの主な違いとASIL分解
    1. ASILの主な違い
    2. ASIL分解
  6. これから機能安全を取り組む際の注意点

講師

  • 森川 聡久
    株式会社ヴィッツ 機能安全開発部
    取締役 / 部長

会場

株式会社オーム社 オームセミナー室
東京都 千代田区 神田錦町3-1
株式会社オーム社 オームセミナー室の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 50,760円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/19 振動・騒音を低減する材料技術とその予測技術 オンライン
2022/8/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 オンライン
2022/8/26 燃料電池・EV商用車とインフラの最新動向 オンライン
2022/8/30 自動車分野におけるプラスチックの動向およびリサイクルの動き オンライン
2022/8/30 自動車室内の快適性を向上させるスマートウィンドウ技術の最新動向 オンライン
2022/9/1 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2022/9/1 ミリ波レーダ技術と自動車への応用 オンライン
2022/9/6 自動車室内VOC、においの規制動向とその分析 オンライン
2022/9/6 e-Axleの技術と市場展望 オンライン
2022/9/14 BEV・HEV用PCUとモータの冷却・放熱技術 東京都 会場
2022/9/15 パワーコンバータ用インダクタ/トランスの最新技術とその設計法 オンライン
2022/9/20 車載用電池市場における事業競争力と技術動向 オンライン
2022/9/22 LiDARを用いた自己位置推定の基礎と高度自己位置推定システム オンライン
2022/9/22 人工皮革・合成皮革の入門講座 オンライン
2022/9/27 車載電子機器の放熱性を確保するための各種熱設計と封止技術 オンライン
2022/9/28 自動車の脱炭素化に向けた水素&eFuelの活用の可能性と課題 オンライン
2022/9/29 EV (電動化) の今後の動向とイーアクスルや、 EV用電池等の主要製品の今後の展望 オンライン
2022/10/3 自動車の電動化動向とLIB (リチウムイオン電池) 、関連部材の事業動向および日本の課題 オンライン
2022/10/17 自動運転、AI搭載システムの安全設計と安全性論証技術 オンライン
2022/10/21 EV化により留意したい騒音と対策技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016