技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望

車載用LiB・リチウムイオン二次電池市場実態/予測・関連部材

2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望

~スマートバッテリー ~ Lithium-ion Battery編~

ご案内

 新型コロナの感染が拡大していますが、国内では2050年までに販売する自動車すべてをハイブリッド車(HV)含む電動自動車に代わっていきます。2016年正式発表された「パリ協定」を契機に世界各国で電気自動車(EV)、HV、プラグインハイブリッド(PHV)といった環境対応車へのシフト強まっています。フランスは2040年、オランダとノルウェーは25年までにガソリン車とディーゼル車を販売禁止にする方針です。ドイツも20年までにガソリン車を販売禁止を目指します。EV世界市場でシェア約5割、EVバス・トラック世界市場で約9割を占める中国も、ガソリン車の販売を禁止する見込みです。
 こうしたなかで、注目を浴びているのが車載用リチウムイオン電池(LiB)です。自動車メーカー各社の環境対応車の生産拡大と車載用LiB用の低コスト化が相まって、今後は急激に需要が拡大していくと見られます。車載用二次電池では、主に鉛蓄電池、ニッケル水素電池(Ni-MH)、それにLiBがバッテリーとして使用されています。LiBは蓄電池の中で最も高性能で、エネルギー密度で鉛電池の約4倍、Ni-MHの約2倍です。このため、特に高いエネルギー密度が必要とされるEV用バッテリーには不可欠です。以前はLiBのコストが高かったことから搭載容量に限界があったのが現実でした。

目次

第Ⅰ章 車載用リチウムイオン電池の動向と展望

  • 1. 車載用リチウムイオン電池の動向と実態 (~2030年度)
    • (1) 車載用リチウムイオン電池の背景と動向
    • (2) 車載用リチウムイオン電池市場の業界図
    • (3) 車載用リチウムイオン電池メーカーと供給先
  • 2. 車載用リチウムイオン電池市場推移予測 (数量・容量・金額)
    • (1) 車載用リチウムイオン電池世界市場推移予測/シェア
    • (2) 車種別車載用リチウムイオン電池世界市場推移・予測
  • 3. 自動車・環境対応車世界市場規模推移予測
  • 4. 車載用リチウムイオン電池部材市場推移予測/シェア
    • (1) 車載用リチウムイオン電池部材別市場推移・予測
    • (2) 車種別車載用リチウムイオン電池部材市場推移・予測
  • 5. 車載用リチウムイオン電池メーカーの動向と展望
    ※ 市場動向等により一部内容が変更される場合があります。

第Ⅱ章 リチウムイオン電池市場の動向と展望

  • 1. リチウムイオン電池 (LiB) の背景と動向
  • 2. リチウムイオン電池関連の注目動向
  • 3. リチウムイオン電池市場の動向と実態 (2019年〜2020年度)
    • (1) リチウムイオン電池の市場概況と動向
    • (2) リチウムイオン電池のタイプと区分
    • (3) リチウムイオン電池業界構造 (世界)
      • リチウムイオン電池世界市場推移・予測/地域別出荷量・金額
    • (4) 用途別リチウムイオン電池世界市場推移予測/シェア
      • 用途別リチウムイオン電池世界市場予測 (数量容量金額・単価)
        (民生用/産業用/住宅用/電力貯蔵世界市場予測/シェア)
  • 4. 民生用リチウムイオン電池調査集計 (2010~22年度)
    ※ 調査項目:民生用LiB市場、シェア、メーカー別、4タイプ別
    • (1) メーカー別民生用リチウムイオン電池出荷数量・金額一覧
    • (2) メーカー別民生用リチウムイオン電池出荷数量推移・予測
    • (3) メーカー別民生用リチウムイオン電池出荷金額推移・予測
    • (4) タイプ別民生用リチウムイオン電池市場推移・予測 (全体)
    • (5) タイプ別民生用リチウムイオン電池市場推移・予測 (個別)
    • (6) タイプ別民生用リチウムイオン電池メーカー別出荷数量・予測
    • (7) タイプ別民生用リチウムイオン電池メーカー別出荷金額・予測
      ※ 以上、タイプ型: 角型/円筒型/ポリマー型/マイクロ型
      • 参考: リチウムイオン電池関連統計 (経済産業省・財務省)

第Ⅲ章 リチウムイオン電池応用市場の動向と展望

  • 1. リチウムイオン電池応用市場の動向と実態
    • (1) リチウムイオン電池主要応用市場概況と動向
    • (2) 民生機器向けリチウムイオン電池市場推移・予測
  • 2. 民生用リチウムイオン電池応用市場の動向と展望
    ※調査項目: 市場動向、製品市場 (~25年度) ・シェア、関連動向
    • (1) スマートフォン市場の動向と展望
    • (2) タブレット端末市場の動向と展望
    • (3) ノートブック市場の動向と展望
    • (4) 電動自転車・電動バイク市場の動向と展望
    • (5) ウエラブル機器市場の動向と展望
  • 3. 産業・業務用リチウムイオン電池応用市場の動向と展望
    • (1) 家庭用蓄電池市場の動向と展望
    • (2) 産業・業務用ドローン市場の動向と展望
    • (3) 民生・業務用ロボット市場の動向と展望
    • (4) 産業車両 (フォークリフト) 市場の動向と展望
    • (5) 蓄電池システム市場の動向と展望

第Ⅳ章 リチウムイオン電池部材市場の動向と展望

※調査集計項目: 出荷数量・金額 (2010年〜2030年度)

  • 1. リチウムイオン電池用部材の動向と実態
    • (1) 次世代リチウムイオン電池関連部材の動向
    • (2) 次世代リチウムイオン電池メーカーの動向
    • (3) リチウムイオン電池用部材概要と動向
      • リチウムイオン電池用部材世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (4) リチウムイオン電池用部材の供給関係
      • リチウムイオン電池用部材世界市場推移・予測/構成比率
  • 2. リチウムイオン電池正極材の動向と展望
    • (1) リチウムイオン電池正極材の動向と実態
      • リチウムイオン電池正極材世界市場推移・予測/シェア金額
  • 3. リチウムイオン電池負極材の動向と展望
    • (1) リチウムイオン電池負極材の動向と実態
      • リチウムイオン電池負極材世界市場推移・予測/シェア金額
  • 4. リチウムイオン電池電解液の動向と展望
    • (1) リチウムイオン電池電解液の動向と実態
      • リチウムイオン電池電解液世界市場・予測/シェア金額
  • 5. リチウムイオン電池セパレータの動向と展望
    • (1) リチウムイオン電池セパレータの動向と実態
      • リチウムイオン電池セパレータ市場推移・予測/シェア金額
  • 6. リチウムイオン電池バインダー・接着剤の動向と展望
    • (1) リチウムイオン電池バインダー・接着剤の動向と実態
    • (2) リチウムイオン電池バインダー世界市場推移・予測/シェア

第Ⅴ章 リチウムイオン電池部材メーカーの動向

※調査項目: 企業概要、出荷金額 (18~22年度) 、関連動向

  • 1. リチウムイオン電池正極材関連メーカーの動向と展望
    • 住友金属鉱山 株式会社
    • 日亜化学工業 株式会社
    • 日本化学工業 株式会社
    • その他
  • 2. リチウムイオン電池負極材関連メーカーの動向と展望
    • 東海カーボン 株式会社
    • 東レ 株式会社
    • 日立化成 株式会社
    • 三菱ケミカル 株式会社
    • その他
  • 3. リチウムイオン電池電解液関連メーカーの動向と展望
    • 宇部興産 株式会社
    • セントラル硝子 株式会社
    • 三菱ケミカル 株式会社
    • その他
  • 4. リチウムイオン電池セパレータメーカーの動向と展望
    • 旭化成 株式会社
    • 宇部興産 株式会社
    • 住友化学 株式会社
    • 帝人 株式会社
    • 東レ 株式会社

第Ⅵ章 リチウムイオン電池メーカーの動向と展望

※調査項目: 会社概要、販売数量・金額 (18~22年度) ・関連動向

  • 1. リチウムイオン電池国内メーカー・企業の動向と展望
    • 株式会社 IHI
    • エリーパワー 株式会社
    • 株式会社 GSユアサ
    • 株式会社 東 芝インフラシステムズ 株式会社
    • パナソニック 株式会社
    • マクセル 株式会社
    • 株式会社 村田製作所
    • その他メーカー
  • 2. リチウムイオン電池海外メーカーの動向と展望
    • Amperex Technology
    • SK innovation
    • LG Cheml
    • Samsung SDI
    • Tijirin Lishen Battery
    • BYD

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5/A4判 並製本 220ページ

発行年月

2020年8月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 90,000円(税別)
印刷版 + プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 110,000円(税別)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/14 リチウムイオン電池材料の開発方向性と安全性・寿命解析技術 オンライン
2022/7/20 バッテリマネジメントシステム (BMS) の基礎と応用 オンライン
2022/7/21 リチウムイオン二次電池の特性評価、劣化・寿命診断 オンライン
2022/7/22 リチウムイオン蓄電池最適管理のための残量・劣化推定技術解説 オンライン
2022/7/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術の動向と課題、今後の展望 オンライン
2022/7/25 全固体電池のインピーダンス測定 オンライン
2022/7/28 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策 オンライン
2022/7/29 バッテリマネジメントとセルバランス技術 オンライン
2022/8/2 リチウム硫黄二次電池の材料開発とサイクル寿命の向上 オンライン
2022/8/5 電気化学測定の解析技術とデータ解釈のポイント オンライン
2022/8/5 硫化物系固体電解質の量産技術 オンライン
2022/8/8 製造方法から考える次世代革新電池 オンライン
2022/8/10 固体高分子電解質の基礎と応用 オンライン
2022/8/19 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウム、コバルト、ニッケル等のレアメタルと希ガスの今後の見通し オンライン
2022/8/23 リチウムイオン電池のリユース・リサイクル動向と今後の展望 オンライン
2022/8/24 鉛蓄電池の劣化メカニズムとバッテリマネジメント オンライン
2022/8/24 固体イオニクス入門 オンライン
2022/8/26 リチウムイオン二次電池/全固体電池の試作・安全性試験・解析とシミュレーション技術 オンライン
2022/8/29 車載用電池のリユース/リサイクル技術と事業戦略 オンライン
2022/8/30 全固体二次電池の研究開発動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/6/13 LiBメーカー主要7社 (CD-ROM版)
2022/6/13 LiBメーカー主要7社
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場 (書籍版 + CD版)
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望