技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

微細藻類による有用物質生産とバイオリアクターの設計

微細藻類による有用物質生産とバイオリアクターの設計

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、微細藻類とバイオリアクターについて取り上げ、微細藻類による炭化水素の生産プロセス・抽出技術・課題と、ガス交換速度や反応効率に優れ、低コスト化が可能なバイオリアクターについて詳解いたします。

開催日

  • 2022年2月4日(金) 10時30分 17時00分

プログラム

第1部. 械微細藻類の新大量培養システムの研究開発

(2022年2月4日 10:30〜12:00)

第2部. 微細藻類による炭化水素生産の現状と課題

(2022年2月4日 12:45〜14:45)

 微細藻類は高等植物の10倍以上のCO2固定能力を有しており、工場の煙道ガス中のCO2排出を削減しながらバイオ燃料を生産できるシステムの構築が可能である。また、微細藻類は単位面積あたりの光合成能力に優れているので、他の植物に比して小面積でのエネルギー収穫が可能である。
 本講演では微細藻類の特徴にふれ、炭化水素生産の過程・栽培装置・抽出に関する研究をご紹介いたします。また、アメリカの生産事例を紹介する。

  1. 微細藻類
    1. 微細藻類とは
    2. 微細藻類の特徴
    3. 微細藻類によるCO2固定
  2. 微細藻類による炭化水素生産
    1. 微細藻類による炭化水素の生産過程
    2. 微細藻類の栽培装置
    3. 微細藻類の抽出技術
    4. 微細藻類の生産に関する課題
  3. アメリカにおける微細藻類の生産に関する研究と生産工場の紹介
    • 質疑応答

第3部. 微細藻類の高効率バイオリアクターの条件とその設計

(2022年2月4日 15:00〜17:00)

 微細藻類の大量培養では、設備費用や光源のエネルギーコストの面から、屋外開放型のバイオリアクターの研究が多い。一方、密閉型で人工光源のバイオリアクターは、高密度の培養ができるので発電所に隣接できカーボンリサイクルプロセスに適している。従来、光ファイバーや疎水性中空糸膜などを使用していたので高コストであった。
 本講演では、ガス交換速度が大きく、反応効率が高く、反応条件の調整が容易で、連続反応が可能で、構造が簡単で、建設費が低廉で据付面積が小さい濡壁塔型バイオリアクターと、それを利用した再生可能エネルギーカーボンリサイクルシステムについて述べる。

  1. 微細藻類の特徴
  2. 微細藻類の光合成能力の測定
  3. レースウエイ型培養槽の最適設計
  4. 側面出光型光ファイバ培養槽の最適設計
  5. LED照射濡壁塔塔型培養槽の最適設計
  6. LED照射濡壁塔塔型培養槽を利用した再生可能エネルギーカーボンリサイクルシステム
    • 質疑応答

講師

  • 都筑 幹夫
    東京薬科大学
    名誉教授
  • 内ヶ崎 万蔵
    日本大学 生物資源科学部 生物環境工学科
    准教授
  • 濱崎 彰弘
    NPO法人 兵庫県技術士会 バイオマス利活用業務グループ
    理事, 代表幹事

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。