技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

クリーン社会を創り出す光触媒技術による抗菌・抗ウイルスの研究・開発動向と実用化

クリーン社会を創り出す光触媒技術による抗菌・抗ウイルスの研究・開発動向と実用化

~病院・空港での実証試験、新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) の不活化、変異株と未知のウイルスに対する効果、実用化のアプローチ法、コーティング液と現場施工実例~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、セルフクリーニング、空気浄化・脱臭、抗菌・抗ウイルス、人工光合成・水素製造など、クリーン社会を創り出すのに期待の光触媒材料技術を取り上げ、光触媒技術の機能や効果などの基礎から、昨今のコロナ禍で技術進展に更なる注目を集める抗菌・抗ウイルスへ向けた研究・開発の取組みを紹介いたします。

開催日

  • 2021年9月27日(月) 10時00分 15時20分

修得知識

  • 光触媒の基本原理、どんな物質が使われているか、どんな反応を起こすことができるか
  • 光触媒研究開発の歴史:本多藤嶋効果、環境浄化用途、超親水化反応、人工光合成など
  • 実用化の事例:セルフクリーニング、空気浄化・脱臭、抗菌・抗ウイルスなど
  • 最新の可視光型光触媒の作動原理、構造など
  • 光触媒による抗菌・抗ウイルスの効果の評価方法
  • 病院や空港での実証試験
  • 光触媒の原理
  • 光触媒コーティング液の使用方法
  • 抗菌・抗ウイルス技術に関する知識

プログラム

第1部 光触媒の原理、研究開発の歴史、実用化の事例

(2021年9月27日 10:30〜12:00)

 光触媒は日本人が発明した技術で、我が国の光触媒研究開発の国際競争力は高い。本項では、光触媒の原理、研究開発の歴史、実用化の事例について基本的こと、ならびに、人工光合成研究の最新動向を解説する。次項の抗菌抗ウイルス光触媒の理解のための導入項となる。

  1. 光触媒の基本原理
  2. 様々な光触媒反応
  3. 応用事例 (外装用途)
  4. 光の波長・強度の要件
  5. 光触媒開発の歴史と今後の課題
  6. 人工光合成の最新研究例・光触媒に使われる物質
    • 質疑応答

第2部 可視光応答型光触媒による抗菌・抗ウイルス

(2021年9月27日 11:10〜12:10)

 感染症拡大のリスクが広まる中、公共施設や病院などの人が多く集まる施設における抗菌・抗ウイルス技術に関心が高まっている。近年、高活性な可視光型光触媒が開発され、安全・安心空間を提供できる抗菌・抗ウイルス部材として実用化されつつある。
 本講演において、可視光型光触媒とその抗菌・抗ウイルス効果について解説し、空港や病院での実証試験や最新の応用事例について紹介する。

  1. Cu (II) /TiO2 可視光応答型光触媒
  2. Cu (I) 種の暗所での抗菌・抗ウイルス効果
  3. CuxO/TiO2 室内環境 (暗所&可視光) での持続的抗ウイルス効果
  4. 病院・空港での実証試験
    • 質疑応答

第3部 光触媒によるエアロゾル中のウイルス不活性化とその機序の解明

(2021年9月27日 13:10〜14:10)

 現在、新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) の世界的蔓延は「感染症パニック」という言葉に代表されるように、生命と社会・経済に大きな打撃を与え続けている。社会的脅威であるSARS-CoV-2を克服することは現代社会における重要な課題であり、SARS-CoV-2と共生するWithコロナの社会を実現していく上で、SARS-CoV-2の不活化に有効な技術を正確に検証していくことが強く求められている。
 我々は世界で初めて、光触媒技術で、空気中に浮遊するSARS-CoV-2の感染性を検出限界以下まで消失させることを実証した。さらに、光触媒が発生する活性酸素がウイルス粒子表面のSタンパク質等の分解、ウイルスメンブランの破壊やウイルスRNAを損傷した可能性が一因であることを初めて示した。
 本講演では、ウイルス学者の視点からSARS-CoV-2の現状を説明すると同時に、我々の最近の光触媒の成果を紹介し、ポストコロナの社会を実現するための安全・安心なクリーン空間の構築における光触媒の役割を概説したい。

  1. 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) とは?
  2. SARS-CoV-2の起源
  3. SARS-CoV-2の感染性と不活化方法
  4. 新型コロナウイルス感染症 (COVID19) の現行の治療法
  5. COVID19の現行の予防法
  6. 光触媒によるSARS-CoV-2の不活化
    1. 液体中の不活化
    2. エアゾール中の不活化
    3. 不活化のメカニズム
  7. 光触媒の変異株と未知のウイルスに対する効果
  8. 光触媒によるSARS-CoV-2の不活化と他の不活化方法との比較
  9. 光触媒によるSARS-CoV-2の不活化とワクチンとの比較
  10. ポストコロナの社会の構築のための光触媒と他の不活化法との組み合わせ
  11. 光触媒の今後の応用展開
  12. まとめ
    • 質疑応答

第4部 可視光応答型光触媒コーティング液の開発と、抗菌・抗ウイルスを中心とした加工・応用

(2021年9月27日 14:20〜15:20)

 本講演では、最近注目されている、光触媒を利用した抗菌・抗ウイルス機能をさまざまな物の表面に付与する技術について解説します。屋内の微弱な光でも反応する可視光応答型光触媒の実際の開発事例をもとに、光触媒に使われる素材、効果を発揮する仕組みなど、具体的な素材を挙げてご紹介します。また、工業製品として実用化するための工学的なアプローチの方法、コーティングの方法や現場施工の実例まで、実例を元に製品化の実際を学べる機会にいたします。

  1. 光触媒とは
    1. 身近な光触媒技術
    2. 光触媒の歴史・市場
    3. 光触媒材料・反応の仕組み
  2. 光触媒コーティング液の実用化
    1. 酸化チタンの微粒子化
    2. バインダーの選定
    3. 可視光応答性の付与
    4. 分解力・抗菌・抗ウイルス力の評価
  3. 光触媒を利用した抗菌・抗ウイルス技術
    1. 細菌とウイルス
    2. 抗菌・抗ウイルスとは
    3. 効果試験の例
  4. 光触媒製品の実用例
    1. 表面への塗布加工の実際
    2. 現場施工の実際
    • 質疑応答

講師

  • 宮内 雅浩
    東京工業大学 大学院 理工学研究科 材料工学専攻
    准教授
  • 宮内 雅浩
    東京工業大学 大学院 理工学研究科 材料工学専攻
    准教授
  • 間 陽子
    東京大学 大学院 農学生命科学研究科 地球規模感染症制御学講座
    特任教授
  • 井上 友博
    信越化学工業 株式会社 塩ビ・高分子材料研究所 開発部
    主任研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。