技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

摩擦振動の基礎と振動・異音の発生メカニズムおよびその対策

摩擦振動の基礎と振動・異音の発生メカニズムおよびその対策

東京都 開催

概要

本セミナーでは、摩擦と振動の基礎理論から解説し、摩擦振動の発生メカニズムについて習得していただきます。
また、振動と異音の対策について、各種理論に基づき詳解いたします。

開催日

  • 2017年9月20日(水) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 摩擦の基礎理論 (トライボロジー) のポイント
  • 振動の基礎理論 (機械振動学) のポイント
  • 摩擦振動の問題に直面したときに着眼すべきポイント

プログラム

 なめらかに作動することを想定して設計された摺動部に摩擦振動が発生すると、運動が間欠的になり、機械の主たる機能が著しく損なわれる場合があります。あるいは、摩擦振動が機械の性能を低下させるほど激しくなくとも、摩擦振動に起因する異音の発生が機械の商品価値を低下させる場合もあります。
 本セミナーでは、「摩擦の基礎理論」と「振動の基礎理論」のポイントを短時間で解説したのち、「摩擦振動の発生メカニズム」の理論的なのフレームワークを解説します。以上を踏まえて、「振動と異音の対策」では、先進的な制振手法の研究紹介を含めながら、摩擦振動の問題に直面したときに着眼すべきポイントを解説します。

  1. 摩擦の基礎理論
    1. 表面の形状と接触
    2. 静摩擦と動摩擦
    3. 摩擦の法則
    4. 潤滑の形態と摩擦係数
  2. 振動の基礎理論
    1. 持続する振動 (単振動)
    2. 流体摩擦による振動の減衰
    3. 固体摩擦による振動の減衰
    4. 成長する振動 (自励振動)
  3. 摩擦振動のメカニズム
    1. 静摩擦と動摩擦の差により生じる摩擦振動
    2. 動摩擦力の速度弱化により生じる摩擦振動
    3. モード結合不安定性により生じる摩擦振動
    4. その他 (弾性体の接触界面のダイナミクスなど)
  4. 振動と異音の対策
    1. パッシブ制振理論に基づく設計
    2. アクティブ制振理論に基づく設計
    3. 先進的な制振手法
    • 質疑応答

会場

江東区産業会館

第1会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。