技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

抗菌技術の基礎と抗菌加工製品の動向

抗菌技術の基礎と抗菌加工製品の動向

~抗菌剤の種類・特性・選び方から抗菌製品の試験方法・表示・規制まで~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、微生物の基礎知識について確認したうえで、抗菌剤の種類、特徴、安全性について紹介し、選び方のポイントを解説いたします。

開催日

  • 2018年1月19日(金) 12時30分 16時30分

プログラム

 抗菌加工製品は日本の文化を背景に日本で開発された製品であり、日本では既に市場に定着しているが、現在ではアジア地区、欧米等海外でも普及しつつある。本講座の趣旨は抗菌剤、抗菌加工製品に関する基礎的な技術について理解して頂くと共に抗菌市場の現状と今後の動向について考察することである。
 まず抗菌の意味と効果を確認すると共に抗菌加工製品の歴史と市場の現状を説明する。また、微生物の基礎知識について確認したうえで、抗菌剤の種類、特徴、安全性について紹介し、選び方のポイントを解説する。次いで抗菌加工製品の製造プロセスとその品質管理法について述べ、その抗菌性評価試験法について解説する。また抗菌加工製品の認証制度について紹介し、認証の基準となる抗菌持続性試験や抗菌剤の安全性基準について説明する。さらに抗菌に関連する国内外の規制について解説し、最後に抗菌市場の将来を踏まえた課題について述べる。
 これから抗菌剤、抗菌加工製品の開発に取り組む方にとっては、現状製品の種類、特徴を理解した上でその品質管理、課題等のポイントが把握できる。既に抗菌剤や抗菌加工製品を取り扱われている人にとっては今後の市場動向を把握し必要な対応が理解できる。

  1. 抗菌、抗菌 (加工) 製品とは何か?
  2. 抗菌の意味と必要性
    (参考) 微生物の分類、微生物の構造、細菌の分類
  3. 日本における抗菌加工製品の歴史
  4. 抗菌加工製品市場の現状
  5. 抗菌剤の種類、特徴、作用メカニズム
  6. 抗菌剤の抗菌性試験法
  7. 抗菌剤の安全性基準
  8. 抗菌剤の選び方
  9. 抗菌加工製品の製造プロセスと品質管理
  10. 抗菌加工製品の抗菌性試験方法
  11. 抗菌加工製品の安全榮基準
  12. 抗菌加工製品の認証制度とSIAAの活動
  13. 抗菌加工製品の表示と規制
  14. 抗菌加工製品の課題と将来
    • 質疑応答

講師

  • 藤本 嘉明
    一般社団法人 抗菌製品技術協議会
    理事

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

関連する出版物

関連する出版物がありません。