経営戦略のセミナー・研修・出版物 https://tech-seminar.jp/taxonomy/term/385/all ja エコシステム&アライアンス・M&A戦略の構想・策定のポイント https://tech-seminar.jp/seminar/2019-08-26-%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BBM-A%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%83%B3%E3%83%BB%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 研究開発・技術部門が仕掛ける事業・成長戦略</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> エコシステム&amp;アライアンス・M&amp;A戦略の構想・策定のポイント</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~異業種やスタートアップとの連携により、事業レバレッジを行い圧倒的な競争力を得る~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/32522/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="/order/science-t.com/seminar?id=32522&date=2019-08-26&title=%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%26%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BBM%26A%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%83%B3%E3%83%BB%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、未来について考える手法である「シナリオプランニング」を活用して、未来のシナリオを複数構想し、市場・製品・事業ロードマップを策定するための方法を詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-08-26T10:30:00+09:00">2019年8月26日(月) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-08-26T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-08-26T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-08-26T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> AIやIoTといった新技術の登場やグローバル競争の激化により、製造業を取り巻く事業環境変化はますます厳しさを増しています。しかし、厳しく先の読めない事業環境変化の中であっても財務的成果を出し続けることが企業には求められています。エンジニアも開発だけしていてよい時代は終わり、そこへの貢献が強く求められてきます。<br />  事業環境変化を把握しつつも、行動しながら考え、社内・社外のリソースを活用していくダイナミックさが必要となっています。<br />  「エコシステム」や「オープン・イノベーション」というキーワードを頻繁に聞くようになっていますが、具体的にどのようにすれば自社の強みを活かした戦略・ビジネスモデルは構想・実行できるでしょうか。実際には相手先まかせであったり、社内の体制・スキル人材の不足などの理由から、成功確率が極めて低いのが実際でしょう。<br />  当セミナーでは、18年以上の大企業向け新規事業開発・R&amp;D戦略コンサルティングと工学系スタートアップ支援・投資の最前線の経験をもとに、アライアンス・M&amp;Aやエコシステムを活用した戦略発想・策定の成功のポイントを具体的に理解していただくことを目的とします。直近トレンドとなっている、事業会社とスタートアップ企業 (ベンチャー企業) との連携のポイントについてもご紹介します。</p> <ol> <li>生産財メーカーの戦略構想の基本 <ul> <li>高収益の生産材メーカーの事例からポイントを学ぶ</li> <li>エンジニアがビジネス知識としてまず押さえるマーケティングのポイント</li> <li>製品アーキテクチャとビジネスモデルを一緒に考える</li> <li>オープン&amp;クローズ戦略の2つの切り口 <ul> <li>製品アーキテクチャからみたオープン&amp;クローズ</li> <li>エンジニアリングチェーンからみたオープン&amp;クローズ</li> </ul></li> </ul></li> <li>エコシステム戦略とは <ul> <li>エコシステム戦略とは ~自社を軸にしたビジネス生態系をしかける~</li> <li>エコシステム構築のための3つのポイント</li> <li>エコシステムの成功事例・失敗事例 ~アマゾン、ミシュラン、アーム など~</li> <li>エコシステムレベルの競争戦略とは</li> </ul></li> <li>エコシステム戦略の策定の流れ <ul> <li>ステップ1.戦略検討の範囲の選択</li> <li>ステップ2.戦略仮説想定</li> <li>ステップ3.事業環境分析</li> <li>ステップ4.全体アーキテクチャ設計とビジネスモデル構想</li> <li>ステップ5.市場・技術・事業のロードマップの想定</li> <li>ステップ6.個別戦略の検討、実行計画の立案</li> </ul></li> <li>アライアンス・M&amp;Aとは <ul> <li>アライアンスとM&amp;Aとの違い</li> <li>アライアンス・M&amp;Aの体系 ~資本提携、業務提携~</li> <li>アライアンス・M&amp;A戦略発想のための様々な切り口</li> <li>アライアンス・M&amp;Aの成功のポイント ~競争力のある戦略構想、適切な契約設計、PMIにおける実行力~</li> </ul></li> <li>アライアンス・M&amp;Aの実践ステップ <ul> <li>ステップ1.アライアンス・M&amp;Aを活用した事業戦略の構想</li> <li>ステップ2.アライアンス・M&amp;A候補企業のソーシング</li> <li>ステップ3.デューデリジェンス (事業、技術、法務、財務) と事業戦略バリューアップ</li> <li>ステップ4.契約提携</li> <li>ステップ5.戦略実行 (<span class="caps">PMI</span>)</li> </ul></li> <li>事業会社とスタートアップとの連携を成功させるには <ul> <li>事業会社とスタートアップとの連携事例</li> <li>事業会社とスタートアップの違いを互いに理解し、シナジーを出す ~10のポイント~</li> <li>事業会社、スタートアップ、ベンチャーキャピタルの関係性 ~イノベーション・エコシステム~</li> <li>ソーシングにおけるスタートアップの評価視点</li> <li>事業会社とスタートアップの連携パターン</li> <li>カーブアウト・ベンチャーの成功のポイント</li> </ul></li> <li>参考資料 <ul> <li>コンソーシアムの仕掛け方</li> <li>海外M&amp;Aのポイント ~PMIにおける成功要因~</li> </ul></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p>東京大学協創プラットフォーム開発 株式会社 事業開発部 パートナー</p> <h4>略歴</h4> <ul> <li>1995年 東京大学 大学院工学系研究科材料学専攻修士課程修了</li> <li>1996年 東京大学先端科学技術研究センター 研究生</li> <li>1998年 米カーネギーメロン大学 技術政策学部修士課程修了</li> <li>1999年〜2010年 戦略系コンサルティング会社 コンサルタント</li> <li>2011年〜2018年3月 戦略系コンサルティング会社 取締役</li> <li>2018年4月~ 東京大学協創プラットフォーム開発 株式会社 事業開発部 部長</li> </ul> <h4>おもな専門分野・研究分野</h4> <ul> <li>生産財メーカーにおける事業・技術戦略策定・実行</li> <li>エンジニア向けビジネス教育、イノベーター育成</li> <li>工学分野における研究開発型スタートアップ支援、投資</li> </ul> <ul> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>5F 第1講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=32522&date=2019-08-26&title=%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%26%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BBM%26A%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%83%B3%E3%83%BB%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=32522&date=2019-08-26&title=%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%26%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BBM%26A%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%83%B3%E3%83%BB%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-07-22T19:33:54+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=32522&date=2019-08-26&title=%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%26%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BBM%26A%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%83%B3%E3%83%BB%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-07-22T19:33:54+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=32522&date=2019-08-26&title=%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%26%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BBM%26A%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%83%B3%E3%83%BB%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-07-22T19:33:54+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="/order/science-t.com/seminar?id=32522&date=2019-08-26&title=%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%26%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BBM%26A%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%83%B3%E3%83%BB%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT マーケティング 技術ロードマップ 研究開発 経営戦略 Fri, 07 Jun 2019 07:11:53 +0000 admin 32522 at https://tech-seminar.jp 長期的視点で高収益を実現するための「市場・製品・技術ロードマップ作成」 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-08-21-%E9%95%B7%E6%9C%9F%E7%9A%84%E8%A6%96%E7%82%B9%E3%81%A7%E9%AB%98%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%80%8D <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 長期的視点で高収益を実現するための「市場・製品・技術ロードマップ作成」</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/638" rel="tag" title="事業ロードマップ">事業ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/461" rel="tag" title="技術開発">技術開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/32559/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="/order/rdsc.co.jp/seminar?id=32559&date=2019-08-21&title=%E9%95%B7%E6%9C%9F%E7%9A%84%E8%A6%96%E7%82%B9%E3%81%A7%E9%AB%98%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%80%8D">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-08-21T10:30:00+09:00">2019年8月21日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-08-21T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-08-21T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-08-21T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>ロードマップ作成のための活動の全体体系</li> <li>実際のロードマップ作成に取り組む以前の必要要件</li> <li>ロードマップでカバーすべき項目</li> <li>実際ロードマップ作成の具体的方法</li> <li>ロードマップ作成成功のポイント</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 今、新興国の企業は日本企業の経営や技術を徹底して研究し、それまでリードしてきた日本企業を追い上げ、 既に多くの分野で日本企業を凌駕する状況が生まれています。日本企業が、欧米企業はもとより、このようなますます厳しくなる新興国の企業との競争に勝つためには、研究開発においても同じ土俵で研究開発を競うのではなく、これら競合企業に先んじて 革新的なテーマを継続的に創出し取り組むことが極めて重要になってきています。<br />  そのための有効な方法が、長期の視点を持ち、市場の行く末を今から想定し、周到な準備を行い、またその上で、同時に市場の動きをモニターしながら、タイムリーに計画を調整・変更することが必要となります。ロードマップ作成はまさにこのような活動を、体系的、組織的に行うための方法論です。<br />  本セミナーでは、どう体系的、組織的にロードマップ作成を行うかについて、市場を見る視点、製品アイデアを創出するための顧客価値の見つけ方など、実際のロードマップ作成の過程で重要になる考え方を紹介し、また実際の作成ワークシートなどを提示しながら、意味あるロードマップを作成するための具体的な方法を紹介していきます。</p> <ol> <li>はじめに <ol> <li>ロードマップの一般定義</li> <li>本日のロードマップのイメージ</li> <li>“Roadmapping is more important than the roadmap.”</li> </ol></li> <li>なぜ今ロードマップなのか? <ol> <li>21世紀の日本の産業界の現実</li> <li>日本企業が行く道:長期的視点での戦略の展開</li> <li>先進企業はどうしているか? (東レ、トヨタ)</li> <li>ロードマップの意義</li> <li>長期の視点での展開に関する日本企業の現実 <ul> <li>「長期でテーマを考える余裕などはない」 (機械メーカー)</li> <li>「忙しく髪を振り乱して働いている人間が本来の仕事をしているとは限らない」 (日立)</li> <li>「火事場に乗り込み難題を解決するマネジャーは「いい仕事をした」と鼻高々かもしれませんが、Pの部分がいいかげんなままですから、また同じような事態を必ずくりかえします」 (マツダ)</li> </ul></li> <li>将来を見据えての施策が最終的に目前のとして結実する:「待ち伏せ」をする</li> </ol></li> <li>ロードマップとは? <ol> <li>「違いを作って、つなげる」ことで長期的利益を実現</li> <li>ロードマップの重要な注意点</li> <li>ロードマップの目的と要件</li> <li>長期的視野での目標の設定とテーマ・マネジメントへのインプット</li> <li>市場起点 <ul> <li>MPTモデル</li> <li>T1P1MP2T2モデル</li> <li>長期の市場の大きな流れに乗る</li> </ul></li> <li>関係者の意思・意図・英知の結集 <ul> <li>集団の英知の利用</li> <li>Boys! Be ambitious! Girls! Be ambitious!</li> <li>東レの炭素繊維の例</li> </ul></li> <li>事業ビジョン <ul> <li>googleの例</li> </ul></li> <li>過去のアンラーニング <ul> <li>既存の固定的思考が制約となる</li> <li>固定的思考の払拭:アンラーニング</li> <li>誰でも頭は固くなることを自覚する</li> </ul></li> <li>目標実現のための時間の確保と確実な実行</li> <li>目標達成に向けての英知と経営資源の結集</li> </ol></li> <li>ロードマップの作成プロセスの全体像 <ol> <li>市場を起点</li> <li>技術を起点としない</li> <li>公開技術ロードマップは参考に</li> <li>「自社の強みを活用してこんなテーマを展開しよう!」はあって良い</li> <li>仮説と検証のサイクルを回す:ステージゲートの活用</li> <li>事業ビジョンの議論</li> <li>過去のアンラーニング</li> <li>ロードマップ作成の全体プロセス</li> </ol></li> <li>ステップ1:事業ミッションの議論 <ol> <li>事業ビジョンと事業ミッションの関係</li> <li>事業ミッションがないと&#8230;</li> <li>ソニー/東レ/JINの事業ミッションの例</li> <li>事業ミッションの要件 (東レの炭素繊維の例)</li> </ol></li> <li>ステップ2:過去のアンラーニング <ol> <li>Out-of-the-box 思考とは</li> <li>過去のアンラーニングの手法:「ばかり」分析</li> <li>組織の不文律の存在</li> <li>メンバーに固定的思考を外そうとする姿勢醸成の儀式</li> </ol></li> <li>ステップ3:市場ロードマップの作成 <ol> <li>市場ロードマップの重要性</li> <li>市場ロードマップの良く見られる4つの問題点 <ul> <li>問題1:既存の延長線上で市場を見る</li> <li>問題2:通り一遍なマクロ環境分析</li> <li>問題3:既存の顧客しか見ていない</li> <li>問題4:顕在ニーズしか見ていない</li> </ul></li> <li>市場を見る視点の重要性と3つの軸『TAD』:時間軸、分野軸、深度軸それぞれを見る手法 <ul> <li>マクロ環境分析 (「4つの思考拡大法」含む)</li> <li>顧客の広義の市場全体に目を向ける</li> <li>顧客の製品のライフサイクル全体を見る</li> <li>研究者が市場との直接の接点を持つ</li> </ul></li> <li>日頃からの市場を理解する活動の重要性</li> <li>市場ロードマップの記述事項</li> </ol></li> <li>ステップ4:製品ロードマップの作成 <ol> <li>広い製品アイデア創出の視点の必要性と顧客価値拡大モデル <ul> <li>問題:市場ロードマップと製品ロードマップの遊離</li> <li>本問題の対処法としての顧客価値拡大モデル</li> </ul></li> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル-B2B製品の例) <ul> <li>Value: 顧客自身の製品・サービスの提供価値向上</li> <li>Anxiety: 顧客の懸念・面倒の払拭</li> <li>Cost: 顧客の『全体』コスト低減</li> <li>Empowerment :顧客社員の作業環境や能力の向上</li> <li>Society: 顧客の社会的価値向上</li> </ul></li> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル-B2C製品の例)</li> <li>市場ニーズの製品アイデアへの展開 <ul> <li>対象市場セグメントとは</li> <li>顧客価値とは</li> <li>製品とは</li> <li>製品の中核機能とその水準とは</li> </ul></li> <li>対象製品アイデアの評価・選択の方法 <ul> <li>製品アイデアの評価軸</li> <li>製品ロードマップ作成ワークシート</li> </ul></li> </ol></li> <li>ステップ5:技術ロードマップの作成 <ol> <li>技術ロードマップの記載事項 <ul> <li>「どんな技術が必要か?」:中核技術</li> <li>「中核技術」の「中核技術実現オプション」への展開</li> <li>Value Graphの利用</li> <li>対象「中核技術実現オプション」の評価・選択</li> <li>技術ロードマップ作成ワークシート</li> </ul></li> <li>「中核技術実現オプション」の時間軸上への展開の注意点 <ul> <li>市場イベント・トレンドドリブン</li> <li>意欲的な研究開発期間の設定と収益</li> </ul></li> <li>時間軸の再調整</li> <li>全社・事業単位での技術ロードマップの統合</li> </ol></li> <li>ロードマップ作成後のテーマ・マネジメント法</li> <li>コア技術とロードマップの関係</li> <li>成功するロードマップ作成プロジェクトの進め方の要点</li> <li>演習 <ul> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル) 使った製品ロードマップの作成に向けての製品アイデア創出</li> <li>20年度のトイレをテーマに</li> </ul></li> <li>最後に</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7739"><span itemprop="name">浪江 一公</span></a> 氏 <div>ベクター・コンサルティング 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%95%86%E5%B7%A5%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6">商工情報センター カメリアプラザ</a> <p>9F 第2研修室</p> <meta itemprop="name" content="商工情報センター カメリアプラザ" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5626-0021" /> <meta itemprop="url" content="http://www.kcf.or.jp/kameido/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="136-0071" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">江東区</span> <span itemprop="streetAddress">亀戸2-19-1</span> カメリアプラザ 9F </div> <a href="/node/2330"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都江東区亀戸2-19-1&amp;markers=東京都江東区亀戸2-19-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="商工情報センター カメリアプラザの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=32559&date=2019-08-21&title=%E9%95%B7%E6%9C%9F%E7%9A%84%E8%A6%96%E7%82%B9%E3%81%A7%E9%AB%98%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%80%8D">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="46278">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=32559&date=2019-08-21&title=%E9%95%B7%E6%9C%9F%E7%9A%84%E8%A6%96%E7%82%B9%E3%81%A7%E9%AB%98%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%80%8D" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-06-17T21:46:39+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引について</h3> <p>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。<br /> 案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。<br /> 複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。</p> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)</li> </ul></li> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="/order/rdsc.co.jp/seminar?id=32559&date=2019-08-21&title=%E9%95%B7%E6%9C%9F%E7%9A%84%E8%A6%96%E7%82%B9%E3%81%A7%E9%AB%98%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%80%8D">セミナーに申し込む</a></div> </div> </div> MOT マーケティング 事業ロードマップ 技術ロードマップ 技術開発 研究開発 経営戦略 Mon, 17 Jun 2019 12:46:39 +0000 admin 32559 at https://tech-seminar.jp 中堅製薬会社の生存戦略 ~ 取るべきビジネスモデルと狙うべきモダリティ戦略の考え方 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-07-29-%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5-%EF%BD%9E-%E5%8F%96%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%A8%E7%8B%99%E3%81%86%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 中堅製薬会社の生存戦略 ~ 取るべきビジネスモデルと狙うべきモダリティ戦略の考え方</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/32508/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="/order/science-t.com/seminar?id=32508&date=2019-07-29&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5+%EF%BD%9E+%E5%8F%96%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%A8%E7%8B%99%E3%81%86%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、中堅製薬会社特有の事情を新たな視点で考察し、その生存のための戦略と大方針、集中すべき研究テーマの方向性について解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-07-29T13:00:00+09:00">2019年7月29日(月) 13時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-07-29T13:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-07-29T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-07-29T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>中堅製薬会社を取り巻く現状と、新しい視点</li> <li>モデルとする企業、モデルとしないほうがいい企業</li> <li>中堅製薬業のリスク配分とは</li> <li>狙うべき創薬のターゲット</li> <li>各種決断のタイミングとは</li> <li>適応拡大という魔法」</li> <li>中堅製薬会社に求められる組織とは</li> <li>中堅製薬会社特有の事情を新たな視点で考察し、その生存のための戦略と大方針</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 製薬業界は今後も堅調な成長が期待される製造業であるものの、新薬創出と医療費削減への圧力、新しい技術の誕生という変化が訪れている。この状況下、中堅製薬会社は戦略を選択し集中せねばならない。本講座では、中堅製薬会社特有の事情を米国の中堅製薬会社を参考に新たな視点で考察し、その生存のための戦略と集中すべき妥当で有効なモダリティ戦略を議論する。</p> <ol> <li>中堅製薬会社のおかれた現状 <ol> <li>政策:新薬創出と医療費削減への圧力</li> <li>社会:少子高齢化</li> <li>技術:新技術・新潮流</li> <li>製薬業界の機会</li> <li>製薬業界の脅威</li> <li>製薬会社も、結局は製造業の1種である</li> </ol></li> <li>中堅製薬会社のビジネスモデル8種 <ol> <li>投資実績から読み解く製薬業界のビジネスモデル <ol> <li>キャピタルゲインを主とする成長ビジネスモデル</li> <li>インカムゲインを主とする成長ビジネスモデル</li> <li>製薬会社のビジネスモデルは8種以上ある</li> </ol></li> <li>外の中堅製薬会社にみる中堅製薬会社のビジネスモデル <ol> <li>日本の中堅製薬会社が参考とすべきは、米国の中堅製薬会社</li> <li>米国中堅製薬会社のビジネスモデルは主に3種に集約される</li> </ol></li> <li>中堅製薬会社のはたしている役割</li> <li>ニッチの王としての中堅製薬会社:現状を維持するか</li> <li>製造業としての中堅製薬会社:規模の経済に勝てるか</li> <li>新薬メーカーとしての中堅製薬会社:新薬を創出できるか</li> <li>まとめ</li> </ol></li> <li>とるべき生存戦略性とは <ol> <li>そもそも中堅製薬会社とは成功した〇〇企業である <ol> <li>スペシャリティファーマ:疾患領域</li> <li>スペシャリティファーマ:地域</li> <li>スペシャリティファーマ:モダリティ</li> </ol></li> <li>モデルとしたい企業、モデルとしないほうがいい企業</li> <li>中堅製薬業のリスク配分とは <ol> <li>First-in-class (<span class="caps">FIC</span>) 、Best-in-class (<span class="caps">BIC</span>) 、Rest-in-class (<span class="caps">RIC</span>)</li> <li>BIC≠「最も性能の高い薬」</li> <li>意図的に創出できるのはFIC</li> <li>FICを計画的に創出するには</li> </ol></li> <li>選択と集中</li> <li>とるべきモダリティ戦略とは <ol> <li>モダリティとは</li> <li>中堅製薬会社ビジネスモデルに合致したモダリティとは</li> <li>モダリティを外部から調達する</li> <li>御社にふさわしいのは既存の御社インフラを使えること</li> </ol></li> <li>まとめ</li> </ol></li> <li>方向性との全体整合性のまとめ <ol> <li>中堅製薬会社は大手製薬会社と生存戦略が異なる</li> <li>選択と集中によって、中堅は大手と共存できる</li> <li>大手製薬会社は中堅製薬会社を必要としている</li> <li>中堅製薬会社に求められる組織像とは</li> <li>まとめ</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答・名刺交換</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/12227"><span itemprop="name">中村 慎吾</span></a> 氏 <div>株式会社 Veritas In Silico</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E7%94%BA">ビジョンセンター浜松町</a> <p>6F Eルーム</p> <meta itemprop="name" content="ビジョンセンター浜松町" /> <meta itemprop="telephone" content="03-6262-3553" /> <meta itemprop="url" content="https://www.visioncenter.jp/hamamatsucho/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="105-0013" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">港区</span> <span itemprop="streetAddress">浜松町2-8-14</span> 浜松町TSビル 4階,5階,6階 (受付6階) </div> <a href="/node/26314"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都港区浜松町2-8-14&amp;markers=東京都港区浜松町2-8-14&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="ビジョンセンター浜松町の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=32508&date=2019-07-29&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5+%EF%BD%9E+%E5%8F%96%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%A8%E7%8B%99%E3%81%86%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="38000">38000円</span> (税別) / 41,040円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=32508&date=2019-07-29&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5+%EF%BD%9E+%E5%8F%96%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%A8%E7%8B%99%E3%81%86%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-06-07T14:31:14+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="20000">20000円</span> (税別) / 21,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=32508&date=2019-07-29&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5+%EF%BD%9E+%E5%8F%96%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%A8%E7%8B%99%E3%81%86%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-06-07T14:31:14+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="20000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="38000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/InStock" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=32508&date=2019-07-29&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5+%EF%BD%9E+%E5%8F%96%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%A8%E7%8B%99%E3%81%86%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-06-07T14:31:14+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div class="contact"><a href="/order/science-t.com/seminar?id=32508&date=2019-07-29&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5+%EF%BD%9E+%E5%8F%96%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%A8%E7%8B%99%E3%81%86%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9">セミナーに申し込む</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> 医薬品 研究開発 経営戦略 Fri, 07 Jun 2019 05:31:14 +0000 admin 32508 at https://tech-seminar.jp 事業計画と投資の経済性分析 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-07-11-%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%80%A7%E5%88%86%E6%9E%90 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 企業の見方 基礎シリーズ続編</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 事業計画と投資の経済性分析</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> <span class="option">PC実習付き</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/1018" rel="tag" title="ROI">ROI</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1889" rel="tag" title="事業戦略">事業戦略</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/139" rel="tag" title="事業計画">事業計画</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/6" rel="tag" title="Microsoft Excel">Microsoft Excel</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/31780/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31780&date=2019-07-11&title=%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%80%A7%E5%88%86%E6%9E%90">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/31780/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field"> <p>関連セミナーとのセット受講で受講料が割引になります。<br /> <a href="/node/31781">2019年6月20日,27日, 7月11日「企業の見方 基礎シリーズ 3日間パック」</a><br /> 通常受講料 : 59,400円(税込) → 全2コース申込 割引受講料 58,320円(税込)</p></div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-07-11T09:30:00+09:00">2019年7月11日(木) 9時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-07-11T09:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-07-11T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-07-11T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>設備投資やM&amp;Aなど事業計画の企画担当者</li> <li>起業をしようとする方</li> <li>不動産投資など計画されている方、また相談に応じている方</li> <li>中堅事業経営者・経営者と頻繁に面談している方 (FPや地銀などの営業担当)</li> <li>審査や信用調査部門の方 (メガバンク・地銀など金融機関や事業会社)</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> このセミナーでは、企業の最重要戦略である事業計画の作成とその経済性評価を学びます。設備投資やM&amp;Aなどの事業投資計画は、企業の意思決定の中でも最重要な課題です。設備投資やM&amp;Aが成功すれば企業は大躍進しますし、また失敗すれば命取りにもなりかねません。事業計画は企業が実施する設備投資の設計図です。<br />  ケーススタディにより、事業計画を実際に作成できる能力を育成します。教材、講師の解説は平易でわかりやすいので、初めて企業の見方を学ばれる方でも、自然と力量がついていきます。また、事前学習により、講習の成果を十分に上げることができます。</p> <ol> <li>事業計画 (設備投資など) と経済性評価の基礎を知る <ul> <li>DCFの基礎を理解する</li> <li>事業計画 (設備投資計画など) の経済性評価の三方法を知る <ul> <li>回収期間法</li> <li>会計的投資利益率法 (ROI法)</li> <li>現在価値法 (NPV法、IRR法)</li> </ul></li> </ul></li> <li>事業計画 (設備投資計画) 3表 (P/L、C/F、B/S) の作成方法を理解する</li> <li>Excel演習 <ul> <li>設備投資の採算計算</li> <li>事業計画の作成</li> </ul></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/30463"><span itemprop="name">久保田 政純</span></a> 氏 <div>株式会社 カクタスインベスト</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE">シグマベイスキャピタル 株式会社</a> <meta itemprop="name" content="シグマベイスキャピタル 株式会社" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="103-0025" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">中央区</span> <span itemprop="streetAddress">新川1-3-10</span> 旭ビルディング5階 </div> <a href="/node/27652"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都中央区新川1-3-10&amp;markers=東京都中央区新川1-3-10&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="シグマベイスキャピタル 株式会社の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/sigmabase.co.jp">シグマベイスキャピタル 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=31780&date=2019-07-11&title=%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%80%A7%E5%88%86%E6%9E%90">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="25000">25000円</span> (税別) / 27,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/sigmabase.co.jp/seminar?id=31780&date=2019-07-11&title=%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%80%A7%E5%88%86%E6%9E%90" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-03T11:23:30+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/sigmabase.co.jp/seminar?id=31780&date=2019-07-11&title=%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%80%A7%E5%88%86%E6%9E%90" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-03T11:23:30+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="25000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/sigmabase.co.jp/seminar?id=31780&date=2019-07-11&title=%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%80%A7%E5%88%86%E6%9E%90" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-03T11:23:30+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>FP資格をお持ちの方へ</h3> <p><span class="caps">AFP</span>/CFPの方は、本講座の受講により、FP継続教育単位が取得できます。<br /> お申し込みフォームにお持ちの資格 (AFP資格/CFP資格) をご入力ください。</p> <h3>割引料金のご案内</h3> <ul> <li>団体受講割引<br /> 法人のお客様からのお申し込みで、同一法人より2名以上同時参加される場合、1名あたり受講料を10%割引とさせて頂きます。<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 25,000円(税別) / 27,000円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> </ul> <h3>全2コース申込セット受講料について</h3> <ul> <li>通常受講料 : 59,400円(税込) → 全2コース申込 割引受講料 58,320円(税込)</li> <li>通常受講料 : 55,000円(税別) → 全2コース申込 割引受講料 54,000円(税別)</li> </ul> <h4>2日間コースのお申込み</h4> <ul> <li><a href="/node/31781">2019年6月20日,27日, 7月11日「企業の見方 基礎シリーズ 3日間パック」</a></li> </ul> <h4>割引対象セミナー</h4> <ul> <li><a href="/node/31779">2019年6月20,27日 企業の見方 基礎シリーズ「キャッシュフローとB/S分析」「収益性分析」編</a> <ul> <li>受講料 : 30,000円(税別) / 32,400円(税込)</li> </ul></li> <li><a href="/node/31780">2019年7月11日 企業の見方 基礎シリーズ続編「事業計画と投資の経済性分析」</a> <ul> <li>受講料 : 25,000円(税別) / 27,000円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31780&date=2019-07-11&title=%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%A8%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%80%A7%E5%88%86%E6%9E%90">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> ROI 事業戦略 事業計画 経営戦略 Microsoft Excel Wed, 03 Apr 2019 02:14:06 +0000 admin 31780 at https://tech-seminar.jp 技術戦略ロードマップの作成・利用における実践的ないくつかのポイント https://tech-seminar.jp/seminar/2019-06-28-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 技術戦略ロードマップの作成・利用における実践的ないくつかのポイント</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~形骸化しがちなマネージメントを実運用するための視線を持とう~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/31958/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31958&date=2019-06-28&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/31958/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーは、技術戦略ロードマップを効果的に活用するためのポイントを実例を交えて解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-06-28T10:30:00+09:00">2019年6月28日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-06-28T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-06-28T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-06-28T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>中長期的な研究開発戦略を推進することが求められる企業の経営者、マネージャー</li> <li>研究開発部門、企画部門、知財部門、標準化担当部署のリーダー/担当者</li> <li>研究開発ナショナルプロジェクトに参画する企業のマネージャー/担当者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>技術ロードマップの基礎知識</li> <li>自社・自部署の推進するプロジェクト全体像</li> <li>自プロジェクトと他社・他部署のプロジェクトの相対的な関係について俯瞰的な視点で議論できる情報</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> ロードマップ作成の教科書的な情報には、多くの方がこれまでに触れてきたと思う。しかし、実際の運用では思ったようには行かない。教科書的に説明されているロードマップの姿が理想的すぎて、現実の場面にそぐわないのである。<br />  ロードマップによる社内・部内マネージメントが期待通りに運用できないときに確認すべきポイントを断片的ではあるが紹介する。加えて、技術開発と並行しながら社会情勢を把握するとともに、標準化や規制などの社会システムとの関係もロードマップに取り入れていくべきである。技術者には、直接なじみの少ない政策的情報源なども紹介する。<br />  こうした豆知識が、実践的な場面において期待以上の効果を発揮するであろう。体系だった講座構成をあきらめ、より多くのポイントや実例を紹介する実践講座と捉えていただきたい。</p> <ol> <li>技術ロードマップの概要 <ol> <li>プロジェクトを技術ロードマップに落とし込む <ul> <li>ロードマップは事業計画書そのもの</li> </ul></li> <li>ロードマップマネジメントの一般的手順 <ul> <li>ステージゲート方式</li> </ul></li> <li>目的別の使い分け <ul> <li>意思疎通範囲の明確化</li> <li>戦略型ロードマップ</li> <li>広報型ロードマップ</li> <li>戦術型ロードマップ</li> </ul></li> </ol></li> <li>ロードマップは意思疎通ツールであるという意識共有 <ol> <li>情報共有のプラットフォーム <ul> <li>ロードマップの役割</li> <li>ロードマップ利用者の立場で作成</li> <li>顧客価値に結び付ける</li> </ul></li> <li>ポートフォリオは差別化のために <ul> <li>ポートフォリオの軸の例</li> </ul></li> <li>エントリーマーケットの探索 <ul> <li>エントリーマーケットの役割</li> </ul></li> <li>プロジェクト撤退の意思決定・説得材料として重要</li> </ol></li> <li>ロードマップ利用に伴うデメリットの回避 <ol> <li>公的ロードマップをどう捉えるか <ul> <li>経済産業省技術戦略マップについて</li> <li>欧州や米国の例との比較</li> </ul></li> <li>他社のロードマップを推定しようとする視点を持つ <ul> <li>フレームワーク</li> </ul></li> <li>社会システムとの整合性は考慮されているか <ul> <li>ロードマップとリスク管理は対で考える</li> </ul></li> </ol></li> <li>規制適正化や標準化戦略をロードマップに組み込むための参考実例 <ol> <li>熱交換型換気扇の例 <ul> <li>発明、特許化、業界標準、JIS化の時系列</li> <li>社会システムによる普及のバックアップ効果</li> <li>規格の付属書を戦略的に利用</li> </ul></li> <li>太陽光発電の例 <ul> <li>規制適正化によって市場化が可能になった事例</li> <li>事業者、消費者のそれぞれの視点から見た規制適正化の必要性</li> </ul></li> <li>政府機関の行動原理を理解しておこう <ul> <li>経済産業省における政策選定プロセスの例</li> <li>規制適正化プロセスの課題 (政策側、企業側)</li> </ul></li> </ol></li> <li>オープンイノベーションへの応用 <ol> <li>共同研究に向く研究者の見分け方 <ul> <li>公的研究機関の実情</li> <li>共同研究に向く研究者の見分け方</li> </ul></li> <li>忍耐力を利用するシナリオを探せ <ul> <li>忍耐力を利用するシナリオを探せ</li> <li>自前主義を好循環させる工夫を考えよ</li> </ul></li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%B1%9F%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">江東区文化センター</a> <p>3F 第2研修室</p> <meta itemprop="name" content="江東区文化センター" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3644-8111" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="135-0016" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">江東区</span> <span itemprop="streetAddress">東陽四丁目11-3</span> </div> <a href="/node/19435"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都江東区東陽四丁目11-3&amp;markers=東京都江東区東陽四丁目11-3&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="江東区文化センターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=31958&date=2019-06-28&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="46278">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=31958&date=2019-06-28&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-21T19:31:17+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引について</h3> <p>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。<br /> 案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。<br /> 複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。</p> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)</li> </ul></li> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31958&date=2019-06-28&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> MOT 技術ロードマップ 研究開発 経営戦略 Sun, 21 Apr 2019 10:31:17 +0000 admin 31958 at https://tech-seminar.jp 研究開発・技術部門が行うシナリオプランニングを活用した「勝てる」ロードマップの策定・実行の具体的な手法 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-06-21-%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E5%8B%9D%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%83%BB%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%89%8B%E6%B3%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 研究開発・技術部門が行うシナリオプランニングを活用した「勝てる」ロードマップの策定・実行の具体的な手法</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~将来の不確実性をとらえ、自社の強みを活かしたエコシステムを仕掛けて高収益・高利益を実現するために~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/31794/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31794&date=2019-06-21&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E5%8B%9D%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%83%BB%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%89%8B%E6%B3%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/31794/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、未来について考える手法である「シナリオプランニング」を活用して、未来のシナリオを複数構想し、市場・製品・事業ロードマップを策定するための方法を詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-06-21T10:30:00+09:00">2019年6月21日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-06-21T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-06-21T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-06-21T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 今、競合他社に先行してイノベーティブな製品・事業を継続的に創出しつづけることが必須なってきています。そのためには中長期の視点を持ち、市場の未来像を想定し、バックキャストして周到な準備を今からスタートすることが必要です。ロードマップはこの活動をするためのシナリオです。そこでは同時に市場変化をモニタリングし、タイムリーな計画のローリングが必要となります。この活動にエンジニアだけでなく、関係部署メンバーが参画し、一緒に検討することで、今後の取りくみへの参画を促すことも期待できます。<br />  本セミナーでは、18年以上の新規事業開発・R&amp;D戦略コンサルティングと技術系スタートアップ支援・投資の最前線の経験をもとに、中長期に新事業を創出していくためのロードマップ策定・実行の具体的な手法を紹介します。不確実の高い状況でも柔軟に対応していくためにシナリオプランニングをとりいれたロードマップ作りも特徴です。<br />  さらに昨今トレンドとなっている事業会社とスタートアップ連携のポイントについても紹介します。社内での新規事業開発がなかなか上手くいかない中、新しい手法として、社外のスタートアップへの投資・連携に可能性を見いだしている企業が増えています。スタートアップを「社外で行う新規事業開発プロジェクト」とみて、うまく活用することで競争力を上げていくためのポイントを紹介します。</p> <ol> <li>IoT時代に事業成果を生み出すロードマップとは <ul> <li>生産財にメーカーの戦略策定の基本</li> <li>高収益B2B企業の事例から戦略構想のポイントを学ぶ</li> <li>エンジニアの行うマーケティングとは、研究開発部門のマーケティングとは</li> <li>事業環境は現状の延長線上にはない</li> <li>未来起点で当面の取り組み課題を考える</li> <li>「技術」だけのロードマップでなく、「市場 &#8211; エコシステム &#8211; 製品 &#8211; 技術」ロードマップを考える</li> <li>ロードマップの社内運用ルールの検討</li> </ul></li> <li>シナリオプランニングとは <ul> <li>シナリオプランニングの事例</li> <li>未来は読めないが、未来への感度を高める</li> <li>シナリオプランニングによる未来起点での戦略構想とは</li> <li>未来シナリオを複数想定し、どのシナリオでも勝つための戦略を考える</li> <li>シナリオプランニングにより組織・メンバーの柔軟性を高める</li> <li>シナリオプラニングの3つメリット</li> </ul></li> <li>シナリオプランニングを活用した「勝てる」ロードマップ策定の具体的なステップ <ul> <li>「記入例」に学ぶシナリオプランニングの基本的な流れ</li> <li>ステップ1.環境変動要因の抽出</li> <li>ステップ2.変動要因別のインパクト分析</li> <li>ステップ3.不確実性分析</li> <li>ステップ4.シナリオ構想</li> <li>ステップ5.ロードマップ策定</li> <li>ロードマップ策定のワークショップの効果的な進め方</li> </ul></li> <li>大企業とスタートアップとの連携のポイント <ul> <li>スタートアップを「社外で行う新規事業開発プロジェクト」として活用する</li> <li>リスクマネーを活用した「イノベーション・エコシステム」とは</li> <li>大企業、スタートアップ、ベンチャーキャピタルの関係性</li> <li>大企業とスタートアップの違いを認識する</li> <li>大企業とスタートアップとの連携の10のポイント</li> <li>カーブアウトのメリット</li> </ul></li> <ul> <li>参考資料 <ul> <li>事業成果を生み出すエンジニアになるためにマインドセットとは</li> <li>マーケットリサーチ手法 (2次情報、1次情報)</li> </ul></li> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p>東京大学協創プラットフォーム開発 株式会社 事業開発部 部長</p> <h4>略歴</h4> <ul> <li>1995年 東京大学 大学院工学系研究科材料学専攻修士課程修了</li> <li>1996年 東京大学先端科学技術研究センター 研究生</li> <li>1998年 米カーネギーメロン大学 技術政策学部修士課程修了</li> <li>1999年〜2010年 戦略系コンサルティング会社 コンサルタント</li> <li>2011年〜2018年3月 戦略系コンサルティング会社 取締役</li> <li>2018年4月~ 東京大学協創プラットフォーム開発 株式会社 事業開発部 部長</li> </ul> <h4>おもな専門分野・研究分野</h4> <ul> <li>生産財メーカーにおける事業・技術戦略策定・実行</li> <li>エンジニア向けビジネス教育、イノベーター育成</li> <li>工学分野における研究開発型スタートアップ支援、投資</li> </ul> <ul> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>4F 研修室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=31794&date=2019-06-21&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E5%8B%9D%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%83%BB%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%89%8B%E6%B3%95">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=31794&date=2019-06-21&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E5%8B%9D%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%83%BB%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%89%8B%E6%B3%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-03T13:51:35+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=31794&date=2019-06-21&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E5%8B%9D%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%83%BB%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%89%8B%E6%B3%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-03T13:51:35+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=31794&date=2019-06-21&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E5%8B%9D%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%83%BB%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%89%8B%E6%B3%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-03T13:51:35+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31794&date=2019-06-21&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E5%8B%9D%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%83%BB%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%89%8B%E6%B3%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT マーケティング 技術ロードマップ 研究開発 経営戦略 Wed, 03 Apr 2019 04:51:35 +0000 admin 31794 at https://tech-seminar.jp オーファンドラッグで利益を上げる医薬品の開発・事業モデルの構築 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-05-10-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%9B%8A%E3%82%92%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> オーファンドラッグで利益を上げる医薬品の開発・事業モデルの構築</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/31384/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31384&date=2019-05-10&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%9B%8A%E3%82%92%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/31384/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーではオーファンドラッグを出発点とした適応拡大の成功策を詳解いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-05-10T10:00:00+09:00">2019年5月10日(金) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-05-10T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-05-10T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-05-10T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. 海外のオーファンドラッグ・カンパニー:各社パイプラインと事業予測</h4> <p>(2019年5月10日 10:00〜12:00)</p> <p> 海外には、希少疾患薬の開発と販売にフォーカスしたいわゆる「オーファンドラッグ・カンパニー」が多く存在する。それらのファーマやバイオテックはM&amp;Aや他社品目の戦略的導入を繰り返すとともに、オーファンドラック・カンパニーの事業開発幹部が独立して新たなオーファンドラック・カンパニーを設立するなどしてビジネスを拡大してきた。<br />  本講座では演者が身近に見てきた事例も含め、海外で誕生した比較的新しいオーファンドラッグ・カンパニーについて、その事業戦略や各社パイプラインと事業予測、各社の国内提携の可能性などについて紹介をしたい。</p> <ul> <li>M&amp;Aを繰り返す海外のオーファンドラック・カンパニー</li> <li>オーファンドラック・カンパニーは、同一品目をテリトリーを分けて販売</li> <li>国内に進出した海外オーファンドラッグ・カンパニーの事例</li> <li>最近設立された海外のオーファンドラッグ・カンパニー</li> <li>国内パートナーが必要なオーファンドラッグ</li> <li>希少疾病における核酸医薬の開発品目</li> <li>質疑応答</li> </ul> <h4>第2部. 適応追加を見据えたオーファンドラッグの開発マネジメント</h4> <p>(2019年5月10日 12:45〜14:45)</p> <p> 高い薬価がつく適応症から開発するという考え方が製薬企業では一般的である。高い薬価という考え方を優先すれば、オーファンドラッグとして開発していき、その後に適応拡大していくという考え方である。もちろん、開発の難度が低く承認をとりやすい適応症から開発するという考え方もあるが、薬価の高低で開発順位を決めることも一つの考えである。<br />  最近の例で、患者数が少ないオーファンの癌種で最初に効能を取得して高い薬価を取得したがん免疫療法薬があった。高い薬価でも患者数が少ないために売上高はさほどのものではないと予想されていた。その後、その薬剤は、患者数が相対的に多いがん種の適応が追加で承認された。薬価はこれまで通りであったため、大きな売上額に膨らみ、保険財政を一剤で食いつぶすのではないかという懸念さえ社会的に議論されることになった。その結果、通例のやり方に沿わない形で、薬価が半分に減額された。<br />  追加した適応による売り上げ増を考慮され、いずれ薬価が下げられることを予想しておくのは製薬企業では通常であるが、次の薬価改訂時期までは高い薬価で流通していたのがこれまでの通例であった。しかし、この事例では、その額が余りにも大きく、次回薬価改訂時期まで待てないということで薬価引き下げを審議されたのである。しかも、二年に1回という薬価改訂頻度のルールさえ変わり、毎年の薬価改定の道を開くきっかけにもなった。<br />  このがん免疫療法薬の例を鑑みると、「適応拡大を見据えたオーファンドラッグの開発マネジメント」は従来の考え方では通用しなくなってきている可能性が高く、新たな開発戦略の構築が急務となっていることが読み取れる。</p> <ol> <li>オーファンドラッグの開発にあたっての国の支援 <ul> <li>優先審査</li> <li>申請手数料の減額</li> <li>再審査期間の延長</li> <li>助成金の交付</li> <li>税制措置上の優遇措置</li> </ul></li> <li>後発品の参入がなく、粛々と効能追加および剤型追加をおこなって成功しているオーファンドラッグの紹介</li> <li>ドラッグ・リポジショニングという考え方</li> <li>オーファンドラッグにおける効能追加と知財</li> <li>オーファンドラッグにおける効能追加と薬価</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部. 元審査官からみた希少疾病用医薬品における指定申請及び承認申請 (適応拡大を含む) の留意点</h4> <p>(2019年5月10日 15:00〜17:00)</p> <p> 希少疾病用医薬品として、指定されるためには、3つの要件を満たした上で、指定申請を行う必要がある。その際の留意点について、過去に指定された品目を基に、説明する。また、希少疾病用医薬品の承認申請時の留意点、照会事項対応等について、過去の審査事例等を踏まえて、説明する。</p> <ol> <li>希少疾病用医薬品の指定申請 <ol> <li>指定要件</li> <li>指定申請の流れ</li> <li>指定品目を踏まえた留意点</li> </ol></li> <li>希少疾病用医薬品の承認申請 <ol> <li>新医薬品の審査の流れ</li> <li>規制対応時の留意点</li> <li>希少疾病用医薬品の照会事項例</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/31383"><span itemprop="name">原 光信</span></a> 氏 <div>合同会社ファーマBDL </div> <div>CSO (Chief Science Officer)</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/15244"><span itemprop="name">谷口 公嗣</span></a> 氏 <div>株式会社 アサヒ・シーアンドアイ </div> <div>常務執行役員</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/5391"><span itemprop="name">浅田 隆太</span></a> 氏 <div>国立大学法人 岐阜大学医学部附属病院 先端医療・臨床研究センター </div> <div>准教授 / 副センター長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=31384&date=2019-05-10&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%9B%8A%E3%82%92%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="60000">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=31384&date=2019-05-10&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%9B%8A%E3%82%92%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-03-03T23:56:33+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="55000">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=31384&date=2019-05-10&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%9B%8A%E3%82%92%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-03-03T23:56:33+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=31384&date=2019-05-10&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%9B%8A%E3%82%92%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-03-03T23:56:33+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h4>複数名同時受講割引について</h4> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31384&date=2019-05-10&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%A7%E5%88%A9%E7%9B%8A%E3%82%92%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> 医薬品 経営戦略 Sun, 03 Mar 2019 14:56:33 +0000 admin 31384 at https://tech-seminar.jp 技術マーケティングと潜在ニーズ、新事業テーマの発掘 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-05-09-%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E6%BD%9C%E5%9C%A8%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E6%96%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%8E%98 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> BtoB企業における</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 技術マーケティングと潜在ニーズ、新事業テーマの発掘</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~自社保有技術と顧客ニーズを繋げる仕組みをどのように作り上げるか~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1725" rel="tag" title="新規事業計画">新規事業計画</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/31463/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31463&date=2019-05-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E6%BD%9C%E5%9C%A8%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E6%96%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%8E%98">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/31463/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-05-09T10:00:00+09:00">2019年5月9日(木) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-05-09T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-05-09T18:00:00+09:00">18時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-05-09T18:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. BtoB企業における技術マーケティング戦略の進め方</h4> <p>(2019年5月9日 10:00〜13:00)</p> <ol> <li>技術開発が儲けにつながらないのはなぜか? <ol> <li>日本の製造業の問題・課題と生かすべき強みとは何か</li> <li>技術をビジネスの儲けに変える日本企業の強みとは</li> <li>日本の製造業の成功要因</li> </ol></li> <li>技術マーケティング戦略の基本コンセプト</li> <li>仮説企画検証によるリーンな <ol> <li>技術開発や新事業開発で“成功する人”“失敗する人”</li> <li>仮説企画検証型の「リーンスタートアップ」での企画開発</li> <li>技術マーケティング戦略における仮説企画検証とは</li> </ol></li> <li>技術マーケティング戦略企画の重要性</li> <li>技術マーケティング戦略仮説構想のための3つのツール</li> <li>技術マーケティング戦略の進め方 <ol> <li>ステップ1:戦略仮説とプロジェクトの与件設定</li> <li>ステップ2:マクロトレンド分析、4階層分析</li> <li>ステップ3:技術・スキル拡張軸の設定</li> <li>ステップ4:顧客ベネフィット拡張軸の設定</li> <li>ステップ5:事業ドメインマップの作成</li> <li>ステップ6:有望市場調査とターゲット市場の絞り込み</li> <li>ステップ7:ターゲット市場の調査分析</li> <li>ステップ8:ターゲット顧客への提案、コミュニケーションの実施</li> <li>ステップ9:競合ベンチマーキング分析</li> <li>ステップ10:あるべき姿の構想と成功要因分析</li> <li>ステップ11:「技術マーケティング戦略構想書」の作成</li> </ol></li> <li>技術マーケティング戦略モデル <ol> <li>技術マーケティング戦略を支える重要な2つの個別戦略とは</li> <li>技術マーケティング戦略を成功させる人材の選び方、組織の作り方</li> <li>成功に導くブレークスループロジェクトの進め方</li> </ol></li> </ol> <h4>第2部. 技術マーケティングによる新規開発テーマの発掘と人材育成</h4> <p>(2019年5月9日 13:45〜15:00)</p> <ol> <li>自社の「目指すべき将来の姿・ビジョン」に沿ったシナリオ</li> <li>当社グループの長期ビジョンと技術企画、マーケティング、人材育成の紹介</li> <li>社風への調和と新たな変革を意識した独自の研究テーマの策定と評価法</li> <li>期初想定ステージゲートの合理性を常に評価するステージゲート</li> <li>「ステージ0」テーマの提案を活性化する仕組み創りと仕掛け</li> <li>必ず見込み違いありと認識した上で健全な軌道修正</li> <li>テーマを始める勇気と止める勇気:研究投資は必ず成果として残す</li> <li>将来の発展市場が多様化した解決プロセスを有するとの認識</li> <li>企画とは「Wants」を「Needs」に「Seeding (翻訳) 」すること</li> <li>既存のシーズを切っ掛けとして活用する「エリアマーケティング」の勧め</li> <li>オープンイノベーション型テーマ発掘・展開の実践</li> <li>ミドル層の人材育成がもっとも有効:ミドルアップ・ダウン方式</li> <li>各社独自の「らしさ」を反映させたテーマ創出と人材育成</li> </ol> <h4>第3部. 顧客の潜在ニーズを発見するオープンイノベーション施設の作り方、運営の仕方</h4> <p>~ スリーエム ジャパン・カスタマーテクニカルセンターによる提携先の発掘~</p> <p>(2019年5月9日 15:15〜16:30)</p> <p>イノベーション戦略モデルには、三つのモデルがあり、自社がどのモデルであるかを理解し、 オープンイノベーションに取り組むことが重要である。 </p> <ul> <li>1.ニーズ探求派…顧客が要求している製品を一番早く市場に出し、マーケットをとる</li> </ul> <ul> <li>2. 市場観察派…開発された市場に、先行品を上回る機能を付与しマーケットをとる</li> <li>3. 技術主導派…自社のすぐれた技術を活用し、顧客の思いもつかない製品を生み出す</li> </ul> <p>スリーエム社は、3.の技術主導派である。自社の技術を活用し新製品を作るビジネスモデルである。 カスタマーテクニカルセンター (基盤技術展示場) を通して顧客へ3Mシーズを紹介し、顧客のニーズとの 出会いを実現するという考え方が導入されている。 展示場を訪問した顧客が基盤技術に興味を示す姿を見ることで、顧客価値を見出し、新規のビジネス創出に大きく貢献している施設となっている。講演では運営のKnow &#8211; How も紹介する。</p> <ol> <li>イノベーション戦略とオープンイノベーション</li> <li>イノベーションを起こすには</li> <li>イノベーションを起こすリーダーに必要なEI (感情知性)</li> <li>スリーエム社のオープンイノベーションと企業文化</li> <li>社内オープンイノベーション (基盤技術の共有化)</li> <li>社外オープンイノベーション (基盤技術展示場)</li> <li>カスタマーテクニカルセンター開設とビジネスモデル</li> <li>カスタマーテクニカルセンターの運営</li> <li>カスタマーテクニカルセンター利用アンケート結果 (顧客と社員)</li> <li>スリーエム社と他社の展示場比較考察</li> </ol> <h4>第4部. 学会・展示会を活用した ニーズ発掘と新規事業へのつなげ方</h4> <p>(2019年5月9日 16:45〜18:00)</p> <p> 製造業においては、刷新的な技術の確立によって常に新商品を創出し、企業の経営を継続的に安定させることが求められています。しかし、昨今では市場要求が短期間に変化し、既存商品ですら商品寿命が読みづらくなっています。ましてや、異業種の未踏市場では、確度のある情報収集が必要不可欠です。このため、新商品のターゲティングが今まで以上に困難になり、しかも要求特性の厳しさなどから開発が長期化しており、開発投資に見合った大きな成果を挙げることが難しい状況になっています。 この対策として、基礎研究の最中であっても常に市場動向を把握することが重要で、さらには、開発中盤の試験品試作段階でも学会や展示会を活用して新商品を世に問いただしてみる必要があります。展示会を有効活用することで、ターゲットとなる新商品のみならず、自社のシーズ開発へつながるケースも見られます。<br />  本講演では、一方的な講演ではなく、時間のゆるす限り皆様の課題と向き合いたいと考えています。</p> <ol> <li>当社概要のご紹介</li> <li>自己紹介と体験談</li> <li>社内の仕組み (ミッション+組織+運用ルール) 作り</li> <li>研究開発活動とマーケティング活動</li> <li>ステージゲート法による研究開発の進捗管理</li> <li>新商品のプロモート活動</li> <li>学会・展示会の有効活用</li> <li>学会・展示会出展後の対応</li> <li>展示会から生まれるニーズ発掘</li> <li>新商品開拓事例紹介</li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/20237"><span itemprop="name">高橋 透</span></a> 氏 <div>株式会社ニューチャーネットワークス</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/16185"><span itemprop="name">中野 達也</span></a> 氏 <div>株式会社 ダイセル 研究開発本部 先端材料企画部 </div> <div>主幹 理事</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/13916"><span itemprop="name">古藤 健二郎</span></a> 氏 <div>元 住友スリーエム株式会社 カスタマーテクニカルセンター</div> <div>センター長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/13106"><span itemprop="name">外谷 栄一</span></a> 氏 <div>阿波製紙 株式会社 研究開発部</div> <div>執行役員 研究開発部長</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=31463&date=2019-05-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E6%BD%9C%E5%9C%A8%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E6%96%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%8E%98">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="60000">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=31463&date=2019-05-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E6%BD%9C%E5%9C%A8%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E6%96%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%8E%98" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-03-17T15:05:39+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="55000">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=31463&date=2019-05-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E6%BD%9C%E5%9C%A8%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E6%96%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%8E%98" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-03-17T15:05:39+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=31463&date=2019-05-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E6%BD%9C%E5%9C%A8%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E6%96%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%8E%98" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-03-17T15:05:39+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31463&date=2019-05-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E6%BD%9C%E5%9C%A8%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E6%96%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%8E%98">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> MOT マーケティング 新規事業計画 経営戦略 Sun, 17 Mar 2019 06:03:34 +0000 admin 31463 at https://tech-seminar.jp 市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスと成功のポイント https://tech-seminar.jp/seminar/2019-04-26-%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 競合・競争に勝つ</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスと成功のポイント</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~単なる資料ではなくプロセスを重視したロードマップ作成を体系的、組織的に行うために~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/638" rel="tag" title="事業ロードマップ">事業ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/461" rel="tag" title="技術開発">技術開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/31423/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31423&date=2019-04-26&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/31423/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-04-26T10:30:00+09:00">2019年4月26日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-04-26T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-04-26T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-04-26T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>ロードマップ作成のための活動の全体体系</li> <li>実際のロードマップ作成に取り組む以前の必要要件</li> <li>ロードマップでカバーすべき項目</li> <li>実際ロードマップ作成の具体的方法</li> <li>ロードマップ作成成功のポイント</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 今、新興国の企業は日本企業の経営や技術を徹底して研究し、それまでリードしてきた日本企業を追い上げ、 既に多くの分野で日本企業を凌駕する状況が生まれています。 日本企業が、欧米企業はもとより、このようなますます厳しくなる新興国の企業との競争に勝つためには、研究開発においても同じ土俵で研究開発を競うのではなく、これら競合企業に先んじて 革新的なテーマを継続的に創出し取り組むことが極めて重要になってきています。<br />  そのための有効な方法が、長期の視点を持ち、市場の行く末を今から想定し、周到な準備を行い、またその上で、同時に市場の動きをモニターしながら、タイムリーに計画を調整・変更することが必要となります。ロードマップ作成はまさにこのような活動を、体系的組織的に行うための方法論です。<br />  本セミナーでは、どう体系的、組織的にロードマップ作成を行うか について、市場を見る視点、製品アイデアを創出するための顧客価値の見つけ方など、実際のロードマップ作成の過程で重要になる考え方を紹介し、また実際の作成ワークシートなどを提示しながら、意味あるロードマップを作成するための具体的な方法を議論をしていきます。今回ロードマップ作成において、もっとも重要な部分である製品ロードマップについては、演習により、理解を深めていただきます。</p> <ol> <li>はじめに<br /> “Roadmapping is more important than roadmaps.”</li> <li>なぜ今ロードマップなのか? <ol> <li>21世紀の日本の産業界の現実</li> <li>日本企業が行く道</li> <li>先進企業はどうしているか? (東レ、トヨタ)</li> <li>ロードマップの意義</li> <li>日本企業の現実 <ul> <li>「長期でテーマを考える余裕などはない」 (機械メーカー)</li> <li>「忙しく髪を振り乱して働いている人間が本来の仕事をしているとは限らない」 (日立)</li> <li>「火事場に乗り込み難題を解決するマネジャーは「いい仕事をした」と鼻高々かもしれませんが、 Pの部分がいいかげんなままですから、また同じような事態を必ずくりかえします。 」 (マツダ)</li> </ul></li> <li>将来を見据えての施策が最終的に目前の収益として結実する</li> </ol></li> <li>ロードマップとは? <ol> <li>「違いを作って、つなげる」ことで長期的利益を実現</li> <li>ロードマップの重要な注意点</li> <li>ロードマップの目的と要件</li> <li>長期的視野での目標の設定とテーマ・マネジメントへのインプット</li> <li>市場起点 <ul> <li>MPTモデル</li> <li>T1P1MP2T2モデル</li> <li>長期の市場の大きな流れに乗る</li> </ul></li> <li>関係者の意思・意図・英知の結集 <ul> <li>集団の英知の利用</li> <li>Boys! Be ambitious! Girls! Be ambitious!</li> <li>東レの炭素繊維の例</li> </ul></li> <li>事業ビジョン <ul> <li>Googleの例</li> </ul></li> <li>過去のアンラーニング <ul> <li>既存の固定的思考が制約となる</li> <li>固定的思考の払拭:アンラーニング</li> <li>日本企業は発散思考が苦手</li> </ul></li> <li>目標実現のための時間の確保と確実な実行</li> <li>目標達成に向けての英知と経営資源の結集</li> </ol></li> <li>ロードマップの作成プロセスの全体像 <ol> <li>市場を起点とする</li> <li>技術を起点としない</li> <li>公開技術ロードマップは参考に</li> <li>「自社の強みを活用してこんなテーマを展開しよう!」はあって良い</li> <li>仮説と検証のサイクルを回すことの重要性</li> <li>事業ビジョンの議論</li> <li>過去のアンラーニング</li> <li>ロードマップ作成の全体プロセス</li> </ol></li> <li>ステップ1:事業ミッションの議論 <ol> <li>事業ビジョンと事業ミッションの関係</li> <li>事業ミッションがないと&#8230;</li> <li>東レ/JINの事業ミッションの例</li> <li>事業ミッションの要件 (東レの炭素繊維)</li> </ol></li> <li>ステップ2:過去のアンラーニング <ol> <li>Out &#8211; of &#8211; the &#8211; box思考</li> <li>過去のアンラーニングの手法:「ばかり」分析</li> <li>組織の不文律の存在</li> <li>メンバーに固定的思考を外そうとする姿勢醸成の儀式</li> </ol></li> <li>ステップ3:市場ロードマップの作成 <ol> <li>市場ロードマップの重要性</li> <li>市場ロードマップの良く見られる4つの問題点 <ul> <li>問題1:既存の延長線上で市場を見る</li> <li>問題2:通り一遍なマクロ環境分析</li> <li>問題3:既存の顧客しか見ていない</li> <li>問題4:顕在ニーズしか見ていない</li> </ul></li> <li>市場を見る視点の重要性と3つの軸『TAD』 時間軸、分野軸、深度軸それぞれを見る手法 <ul> <li>マクロ環境分析</li> <li>顧客の講義の市場全体に目を向ける</li> <li>顧客の製品のライフサイクル全体を見る</li> <li>市場と直接の接点を持つ</li> </ul></li> <li>日頃からの市場を理解する活動の重要性</li> <li>市場ロードマップの記述事項</li> </ol></li> <li>ステップ4:製品ロードマップの作成 <ol> <li>広い製品アイデア創出の視点の必要性と顧客価値 拡大モデル <ul> <li>問題:市場ロードマップと製品ロードマップの遊離</li> <li>本問題の対処法としての顧客価値拡大モデル</li> </ul></li> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル &#8211; B2B製品の例) <ul> <li>Value : 顧客自身の製品・サービスの提供価値向上</li> <li>Anxiety : 顧客の懸念・面倒の払拭</li> <li>Cost : 顧客の『全体』コスト低減</li> <li>Empowerment : 顧客社員の作業環境や能力の向上</li> <li>Society : 顧客の社会的価値向上</li> </ul></li> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル &#8211; B2C製品の例)</li> <li>新市場ニーズ・既存市場ニーズの製品アイデアへの展開 <ul> <li>対象市場セグメントとは</li> <li>顧客価値とは</li> <li>製品とは</li> <li>製品の中核機能とその水準とは</li> </ul></li> <li>対象製品アイデアの評価・選択の方法 <ul> <li>製品アイデアの評価軸</li> <li>製品ロードマップ作成ワークシート</li> </ul></li> </ol></li> <li>ステップ5:技術ロードマップの作成 <ol> <li>技術ロードマップの記載事項 <ul> <li>「どんな技術が必要か?」:中核技術</li> <li>「中核技術」の「中核技術実現オプション」への展開</li> <li>Value Graphの利用</li> <li>対象「中核技術実現オプション」の評価・選択</li> <li>技術ロードマップ作成ワークシート</li> </ul></li> <li>「中核技術実現オプション」の時間軸上への展開の注意点 <ul> <li>市場イベント・トレンドドリブン</li> <li>意欲的な開発期間の設定と収益</li> </ul></li> <li>時間軸の再調整</li> <li>全社・事業単位での技術ロードマップの統合</li> </ol></li> <li>ロードマップ作成後のテーマ・マネジメント法</li> <li>コア技術とロードマップの関係</li> <li>成功するロードマップ作成プロジェクトの進め方の要点</li> <li>演習 <ul> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル) 使った、製品ロードマップの作成に向けての製品アイデア創出</li> <li>20年後のトイレをテーマに</li> </ul></li> <li>最後に</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7739"><span itemprop="name">浪江 一公</span></a> 氏 <div>ベクター・コンサルティング 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A%E9%A4%A8">連合会館</a> <p>5F 502会議室</p> <meta itemprop="name" content="連合会館" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3253-1771" /> <meta itemprop="url" content="http://rengokaikan.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="101-0062" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">千代田区</span> <span itemprop="streetAddress">神田駿河台三丁目2-11</span> </div> <a href="/node/1730"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都千代田区神田駿河台三丁目2-11&amp;markers=東京都千代田区神田駿河台三丁目2-11&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="連合会館の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=31423&date=2019-04-26&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=31423&date=2019-04-26&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-03-07T13:19:04+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=31423&date=2019-04-26&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-03-07T13:19:04+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=31423&date=2019-04-26&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-03-07T13:19:04+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31423&date=2019-04-26&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT マーケティング 事業ロードマップ 技術ロードマップ 技術開発 研究開発 経営戦略 Thu, 07 Mar 2019 04:07:51 +0000 admin 31423 at https://tech-seminar.jp R&D部門が先導・主導する研究開発マネジメントの基礎、全体像とその活動 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-04-24-R-D%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E5%85%88%E5%B0%8E%E3%83%BB%E4%B8%BB%E5%B0%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 「価値づくり」を成功させ収益を継続的に拡大するために</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> R&amp;D部門が先導・主導する研究開発マネジメントの基礎、全体像とその活動</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~市場起点、コア技術戦略、オープンイノベーションによる三位一体の研究開発~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/46" rel="tag" title="イノベーション">イノベーション</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/31422/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31422&date=2019-04-24&title=R%26D%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E5%85%88%E5%B0%8E%E3%83%BB%E4%B8%BB%E5%B0%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/31422/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-04-24T10:30:00+09:00">2019年4月24日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-04-24T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-04-24T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-04-24T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>研究開発部門、研究企画、技術企画、経営企画、商品企画などの部門の方</li> <li>研究開発組織の変革に関心のある方</li> <li>コア技術戦略の実行を検討中の方</li> <li>オープン・イノベーションの担当者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>価値づくりを実現するための具体的な活動</li> <li>ものづくりの問題点</li> <li>研究開発担当者に求められる市場起点の具体的活動</li> <li>コア技術の理解とその設定法・強化法</li> <li>オープン・イノベーションの成功に向けた施策</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 日本企業は、過去20年間停滞を経験してきました。一方で、海外企業に目を向けると、この20年間で、多くの新興国企業が成長し、欧米の優良企業は本質的な経営変革を実行し、数多くのベンチャー企業が生まれ成功してきました。私は、日本企業の停滞の原因は、誤解を恐れずに言えば、「ものづくり」への強い固執にあると考えています。多くの場合、「ものづくり」とは、市場価値が低下しつつある自己の従来の強みへの拘泥であり、自己の「視野狭窄」を生み 出してきているからです。<br />  企業は、その本質において、「顧客が享受する価値に対して支払う対価」を源泉に存続しています。したがって、企業が目を向けるべきは、直接的に、顧客が享受する「価値」です。企業にとってこの「価値」を継続的に創出すること、すなわち「価値づくり」が、その本来的使命であるはずです。そして、研究開発部門は、この「価値づくり」において先導的・主導的な役割を担わなければなりません。<br />  この「価値づくり」を成功させ収益を継続的に拡大するためには、研究開発部門における「市場起点の思考と活動」、「コア技術戦略の実行」そして「オープン・イノベーションの徹底」の3つの戦略イニシャティブを有機的・相乗効果的に三位一体で組み合わせ、そしてそれらを強力に展開することが重要です。<br />  本セミナーでは、以上のような「価値づくり」に向けての三位一体の研究開発の必要性の背景と、その構造と内容を紹介した後、具体的にどのような活動を行うことが必要なのかを、様々な事例を交えながら説明をしていきます。</p> <ol> <li>はじめに <ul> <li>日本企業の大きな問題点:ものづくり経営?</li> <li>米国企業の『価値づくり』の追求 (GEの例)</li> <li>日立の研究開発体制の改革:『価値づくり』へ</li> </ul></li> <li>なぜ『価値づくり』なのか <ul> <li>『価値づくり』の定義</li> <li>「価値づくりへの脱皮」が求められる6つの大きな背景 <ul> <li>顧客は享受する価値に対し対価を支払う</li> <li>顧客は常に充足されない潜在ニーズを持つ (アマゾンのドローン活用例)</li> <li>常に『非顧客』が存在する</li> <li>新興国企業の台頭による既存価値追求競争の限界 (韓国化粧品企業などの例)</li> <li>従来の「ものづくり」の発想では発展・成長はない</li> <li>『価値づくり』の前提のオープンイノベーションが格段に容易に</li> </ul></li> </ul></li> <li>日本企業の大きな問題点:「ものづくり」への固執 <ul> <li>「ものづくり」の関心領域:製品や技術</li> <li>台湾・中国の金型技術力の向上の例</li> <li>「a solution without a problem (問題のない解決策) 」</li> <li>『価値づくり』の視野 vs. 『ものづくり』の視野</li> </ul></li> <li>『価値づくり』への『三位一体型』研究開発マネジメントとは <ul> <li>『価値づくり』は継続的な収益拡大を実現する</li> <li>『価値づくり』のための三位一体の研究開発とは</li> <li>「市場起点の思考と活動」が必要とされる理由</li> <li>「オープンイノベーションの徹底」が必要とされる理由</li> <li>「コア技術戦略の追求」が必要とされる理由</li> <li>『価値づくり』のための三位一体の研究戦略の全体像</li> </ul></li> <li>『価値づくり』の視点を持つ <ul> <li>『価値づくり』における研究開発部門の役割 (日立製作所、三菱ケミカル、富士フイルムの例)</li> <li>『価値づくり』の研究開発部門における現状</li> <li>顧客がどのような点に価値を認識するかの理解の必要性</li> <li>顧客は自社のQCDだけで買うのでは決してない</li> <li>『価値づくり』の拡大の視点: VACESモデル (日本触媒、シマノ、帝人、GE、東洋電機、3M、テトラパック、コマツ等の例)</li> </ul></li> <li>市場起点の思考と活動 <ul> <li>「市場起点の思考と活動」の位置付</li> <li>革新的テーマ創出のメカニズム</li> <li>スパークの原料の「市場知識」の強化活動</li> <li>なぜ『顧客』起点ではなく、『市場』起点なのか</li> <li>「市場起点の思考と活動」の企業事例 (本田宗一郎、花王、資生堂の例など)</li> <li>研究者は蛸壺から出でよ!</li> <li>市場・顧客を理解する3軸、TADとそのための具体的活動 (島津製作所、シマノ、IBMの20%ルール等の他)</li> <li>研究開発部門の市場起点の思考と活動のための具体的方策 (マーケティング強化、ステージゲートプロセスの導入等)</li> </ul></li> <li>コア技術戦略の追求 <ul> <li>「コア技術戦略の追求」の位置付 <ul> <li>自社の存在価値の発揮のない展開では早晩他社に負ける</li> <li>スパークの原料の「技術知識」の強化策として</li> </ul></li> <li>コア技術戦略とは</li> <li>コア技術設定の企業事例 (3M、クレハ、富士フイルム、東レ等)</li> <li>コア技術は戦略思考・未来志向で設定する</li> <li>コア技術の選定軸</li> <li>コア技術の選定軸と三位一体モデルとの関係</li> <li>コア技術による「市場起点の思考と活動」の促進 (日立、キヤノンの例)</li> <li>「市場起点の思考と活動」による新たなコア技術の発見</li> <li>コア技術の設定プロセス</li> <li>コア技術設定上の注意点</li> </ul></li> <li>「オープンイノベーションの徹底」 <ul> <li>「オープンイノベーションの徹底の」の位置付</li> <li>オープンイノベーションとは</li> <li>オープンイノベーションが必要とされる背景</li> <li>オープンイノベーションの多様性とその類型 <ul> <li>類型 (1) :何を大きな目的として</li> <li>類型 (2) :イノベーションの発生の場は</li> <li>類型 (3) :具体的に何を求めて</li> <li>類型 (4) :誰と</li> <li>類型 (5) :どのような関係性の下</li> <li>類型 (6) :どのように実現</li> </ul></li> <li>他の要素との相乗効果 <ul> <li>市場起点の思考と活動によるオープンイノベーション対象者の発見</li> <li>市場思考の思考・活動による市場理解の視野の拡大 (IHIの例)</li> <li>コア技術によるオープンイノベーション機会増大 (富士フイルムの例)</li> <li>オープンイノベーションにおけるコア技術による収益確保</li> <li>オープンイノベーションによるコア技術の強化と補完 (コンチネンタル、オリンパスの例)</li> </ul></li> <li>外部パートナー探索2つの方向性</li> <li>自社が個別に外部を探す (P&amp;G、コニカミノルタ、ソフトバンク、ナインシグマ、エルゼビア等)</li> <li>外部に積極的に探される <ul> <li>自社保有技術の開示・発信法 (富士フイルム、GE、3M、ホンダ等)</li> </ul></li> <li>オープンイノベーション実現の阻害要因 <ul> <li>取引コスト</li> <li>心理的抵抗</li> </ul></li> <li>オープンイノベーションの成功に向けて打つべき10の施策</li> </ul></li> <li>最後に</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7739"><span itemprop="name">浪江 一公</span></a> 氏 <div>ベクター・コンサルティング 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%94%B0%E7%94%BA">ビジョンセンター田町</a> <p>4F 405</p> <meta itemprop="name" content="ビジョンセンター田町" /> <meta itemprop="telephone" content="03-6262-3553" /> <meta itemprop="url" content="https://www.visioncenter.jp/tamachi/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="105-0014" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">港区</span> <span itemprop="streetAddress">芝5-31-19</span> オーエックス田町ビル4階 </div> <a href="/node/25490"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都港区芝5-31-19&amp;markers=東京都港区芝5-31-19&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="ビジョンセンター田町の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=31422&date=2019-04-24&title=R%26D%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E5%85%88%E5%B0%8E%E3%83%BB%E4%B8%BB%E5%B0%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=31422&date=2019-04-24&title=R%26D%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E5%85%88%E5%B0%8E%E3%83%BB%E4%B8%BB%E5%B0%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-12T17:46:22+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=31422&date=2019-04-24&title=R%26D%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E5%85%88%E5%B0%8E%E3%83%BB%E4%B8%BB%E5%B0%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-12T17:46:22+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=31422&date=2019-04-24&title=R%26D%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E5%85%88%E5%B0%8E%E3%83%BB%E4%B8%BB%E5%B0%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-12T17:46:22+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31422&date=2019-04-24&title=R%26D%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E5%85%88%E5%B0%8E%E3%83%BB%E4%B8%BB%E5%B0%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT イノベーション 研究開発 経営戦略 Thu, 07 Mar 2019 02:47:17 +0000 admin 31422 at https://tech-seminar.jp 企業の見方シリーズ「定性評価」編 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-04-24-%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E8%A6%8B%E6%96%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%8C%E5%AE%9A%E6%80%A7%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%8D%E7%B7%A8 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 企業の見方シリーズ「定性評価」編</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~経営者と事業戦略・業界事情~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/638" rel="tag" title="事業ロードマップ">事業ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1889" rel="tag" title="事業戦略">事業戦略</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/139" rel="tag" title="事業計画">事業計画</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1725" rel="tag" title="新規事業計画">新規事業計画</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1887" rel="tag" title="経営計画">経営計画</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/31768/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31768&date=2019-04-24&title=%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E8%A6%8B%E6%96%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%8C%E5%AE%9A%E6%80%A7%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%8D%E7%B7%A8">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/31768/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-04-24T09:30:00+09:00">2019年4月24日(水) 9時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-04-24T09:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-04-24T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-04-24T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-04-25T09:30:00+09:00">2019年4月25日(木) 9時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-04-25T09:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-04-25T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-04-25T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1回 経営者評価 (経営者を知る)</h4> <ol> <li>企業の沿革を知る <ul> <li>企業を見る場合、まず沿革を分析することが極めて重要です。誰がどのような戦略を行ってきたか、沿革は経営者が行ってきた戦略の集大成です。 <ul> <li>設立 (創業) の事情と動機</li> <li>経営体制や事業体制 (主力製品・工場等) の変遷</li> </ul></li> </ul></li> <li>経営者を知る <ul> <li>企業を取り巻く事業環境の中で、経営者がどのような経営判断をし、結果はどうであったか、明日への布石を打っているか、などを検証します。</li> </ul></li> <li>経営者評価の手法 <ul> <li>具体的事実に基づいて経営者を捉え、事実から仮説をたてて検証します。</li> </ul></li> <li>事例研究 <ul> <li>アイリスオーヤマと事業戦略</li> <li>日立や総合電機会社の経営者</li> <li>技術志向型経営者の事例</li> <li>常識の経営、他</li> </ul></li> </ol> <h4>第2回 業界事情と事業戦略</h4> <ol> <li>事業環境と事業戦略 <ul> <li>経営者が事業環境に適した事業戦略を展望しているか、また戦略を受注管理、生産・販売体制、設備投資等組織の機能に具体化しているか評価します。</li> </ul></li> <li>業界の見方 <ul> <li>不動産業界 (現在の業界環境の中での不動産融資の留意点)</li> <li>電力業界 (大手電力会社の経営比較、旧国鉄を見る視線で)</li> <li>地方スーパーの事業戦略 (各社の経営比較と事業戦略)</li> <li>外食産業 (大手企業の経営比較と事業戦略)</li> <li>リース業界の概要 (大手会社の概要と業界把握に際しての留意点)</li> </ul></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/30463"><span itemprop="name">久保田 政純</span></a> 氏 <div>株式会社 カクタスインベスト</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/31769"><span itemprop="name">福井 誠久</span></a> 氏 <div>シグマベイスキャピタル株式会社</div> <div>フェロー</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/31770"><span itemprop="name">新藤 准一</span></a> 氏 <div>シグマベイスキャピタル株式会社</div> <div>フェロー</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%9D%89%E4%B8%A6%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%94%A3%E6%A5%AD%E5%95%86%E5%B7%A5%E4%BC%9A%E9%A4%A8">杉並区立産業商工会館</a> <meta itemprop="name" content="杉並区立産業商工会館" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3393-1501" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="166-0004" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">杉並区</span> <span itemprop="streetAddress">阿佐谷南3丁目2-19</span> </div> <a href="/node/31771"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都杉並区阿佐谷南3丁目2-19&amp;markers=東京都杉並区阿佐谷南3丁目2-19&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="杉並区立産業商工会館の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/sigmabase.co.jp">シグマベイスキャピタル 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=31768&date=2019-04-24&title=%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E8%A6%8B%E6%96%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%8C%E5%AE%9A%E6%80%A7%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%8D%E7%B7%A8">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="50000">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/sigmabase.co.jp/seminar?id=31768&date=2019-04-24&title=%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E8%A6%8B%E6%96%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%8C%E5%AE%9A%E6%80%A7%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%8D%E7%B7%A8" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-03T10:42:23+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="45000">45000円</span> (税別) / 48,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/sigmabase.co.jp/seminar?id=31768&date=2019-04-24&title=%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E8%A6%8B%E6%96%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%8C%E5%AE%9A%E6%80%A7%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%8D%E7%B7%A8" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-03T10:42:23+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="45000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="50000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/sigmabase.co.jp/seminar?id=31768&date=2019-04-24&title=%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E8%A6%8B%E6%96%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%8C%E5%AE%9A%E6%80%A7%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%8D%E7%B7%A8" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-03T10:42:23+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>割引料金のご案内</h3> <ul> <li>同一法人から2名以上同時にお申込み頂いた場合、1名あたりの受講料が10%割引となります。</li> </ul> <h3>割引料金のご案内</h3> <ul> <li>団体受講割引<br /> 法人のお客様からのお申し込みで、同一法人より2名以上同時参加される場合、1名あたり受講料を10%割引とさせて頂きます。<br /> 1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31768&date=2019-04-24&title=%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E8%A6%8B%E6%96%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%8C%E5%AE%9A%E6%80%A7%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%80%8D%E7%B7%A8">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> 事業ロードマップ 事業戦略 事業計画 新規事業計画 経営戦略 経営計画 Wed, 03 Apr 2019 01:38:25 +0000 admin 31768 at https://tech-seminar.jp 自社保有技術による新規事業テーマ創出の仕掛け https://tech-seminar.jp/seminar/2019-04-16-%E8%87%AA%E7%A4%BE%E4%BF%9D%E6%9C%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%96%B0%E8%A6%8F%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%8E%9B%E3%81%91 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 自社保有技術による新規事業テーマ創出の仕掛け</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1725" rel="tag" title="新規事業計画">新規事業計画</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/31686/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31686&date=2019-04-16&title=%E8%87%AA%E7%A4%BE%E4%BF%9D%E6%9C%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%96%B0%E8%A6%8F%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%8E%9B%E3%81%91">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/31686/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-04-16T10:00:00+09:00">2019年4月16日(火) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-04-16T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-04-16T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-04-16T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>有望な市場の見つけ出し方、新規参入の方法</li> <li>自社技術の強みを最大限に活かしたスピード感ある事業化のコツ</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. 自社保有技術による新規事業テーマ創出の仕方</h4> <p>(2019年4月16日 10:00〜13:00)</p> <p> 新規事業を創出するために、イノベーションを生み出さなければならない。イノベーションとは何か、それが、どのように生み出されているか、また、どのような仕組みの下で起こっているかを解説する。イノベーションを生み出すためには、顧客との信頼関係を築き、顧客の認める価値が何であるかを理解し、顧客へのソリューション提供を行わなければならない。そのソリューションは、自社の保有技術に基づくものであることが一番重要であることは論を待たない。自社に技術がないと、オープンイノベーションに走る前に、自社の保有技術について過小評価を行っていないか、自分たちが気づいていない性能があるのではないかということも考える必要がある。<br />  講演では、顧客価値の発見方法や自社技術の価値見直しを見据えた手法を紹介する。自社保有技術による新規事業テーマ創出の仕方を考え、イノベーションについての理解が深まる講演をしたいと考える。</p> <ol> <li>イノベーションとは (グローバルでの潮流) <ol> <li>イノベーションとは何か</li> <li>イノベーションモデル (自社の技術戦略)</li> <li>イノベーションを起こすために必要な会社施策と研究開発者の能力</li> <li>イノベーションは、どのようにして起こっているか</li> <li>イノベーションを起こす為にとられている手法の紹介</li> </ol></li> <li>グローバルカンパニーケーススタディー <ol> <li>企業文化と仕組み</li> <li>基盤技術は全社の資産、製品は事業部の資産</li> <li>基盤技術の共有化の仕組み <ol> <li>15%カルチャー</li> <li>技術コミュニティーの運営 (技術フォーラムの開催と目的)</li> </ol></li> <li>研究開発者の人材育成</li> <li>基盤技術展示場の活用 (カスタマーテクニカルセンター)</li> <li>社員エンゲージメントの重要性</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部. NECにおける自社保有技術による新規事業創出の取り組み</h4> <p>(2019年4月16日 13:45〜15:15)</p> <p> NECはイノベーションの実行力を高めるための事業開発、人材開発、組織開発を進めている。AI市場で存在感を発揮し事業拡大を狙う北米dotData,Inc設立となった本気のカーブアウト、海外のインキュベーション専門会社NEC X,Inc設立、新事業開発部門に適した業績評価の仕組み開発などの取り組みについて組織の機能変遷も含めて紹介する。</p> <ol> <li>NECビジネスイノベーションユニット (<span class="caps">BIU</span>) の機能</li> <li>BIUのあゆみ</li> <li>なぜ、新事業創出は難しいのか</li> <li><span class="caps">NEC</span> X,Incの活動について</li> <li>dotData,Incが目指したこと</li> <li>さらに次へ、新事業部門の業績評価</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部. 川崎重工におけるコア技術とイノベーション創出の仕組み・運営の仕方</h4> <p>(2019年4月16日 15:30〜17:00)</p> <p> 川崎重工業は「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する“Global Kawasaki”」をミッションステートメントとしている。事業領域が広範にわたるため、今までの振り返り、製品群、最近の製品及びコア技術から今何をしている会社かを明確にする。そして、2016年にシリコンバレーに技術とマーケティングの調査員を派遣した背景、本社内にイノベーション組織を立ち上げた経緯とイノベーションについての考察、組織の運営と課題及び今後の展望等について紹介する。</p> <ol> <li>川崎重工業とは <ol> <li>川崎重工の歩み</li> <li>製品群</li> <li>最近の製品とコア技術</li> </ol></li> <li>イノベーション <ol> <li>シリコンバレー駐在の背景</li> <li>イノベーション組織設立経緯</li> <li>イノベーション考察</li> <li>組織運営と課題</li> <li>今後の展望 (妄想)</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/13916"><span itemprop="name">古藤 健二郎</span></a> 氏 <div>元 住友スリーエム株式会社 カスタマーテクニカルセンター</div> <div>センター長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/31685"><span itemprop="name">北瀬 聖光</span></a> 氏 <div>日本電気 株式会社 コーポレート事業開発本部 </div> <div>本部長</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/24746"><span itemprop="name">野田 真吾</span></a> 氏 <div>株式会社 日本能率協会コンサルティング RD&amp;Eコンサルティング本部 技術戦略センター</div> <div>チーフ・コンサルタント</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=31686&date=2019-04-16&title=%E8%87%AA%E7%A4%BE%E4%BF%9D%E6%9C%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%96%B0%E8%A6%8F%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%8E%9B%E3%81%91">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="60000">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=31686&date=2019-04-16&title=%E8%87%AA%E7%A4%BE%E4%BF%9D%E6%9C%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%96%B0%E8%A6%8F%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%8E%9B%E3%81%91" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-02T13:44:47+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="55000">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=31686&date=2019-04-16&title=%E8%87%AA%E7%A4%BE%E4%BF%9D%E6%9C%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%96%B0%E8%A6%8F%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%8E%9B%E3%81%91" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-02T13:44:47+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=31686&date=2019-04-16&title=%E8%87%AA%E7%A4%BE%E4%BF%9D%E6%9C%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%96%B0%E8%A6%8F%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%8E%9B%E3%81%91" /> <meta itemprop="validFrom" content="2019-04-02T13:44:47+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=31686&date=2019-04-16&title=%E8%87%AA%E7%A4%BE%E4%BF%9D%E6%9C%89%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%96%B0%E8%A6%8F%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%8E%9B%E3%81%91">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> MOT マーケティング 新規事業計画 経営戦略 Tue, 02 Apr 2019 04:44:47 +0000 admin 31686 at https://tech-seminar.jp 研究開発・技術部門が行う競合他社分析と競争戦略策定の具体的進め方 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-02-27-%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E7%AB%B6%E5%90%88%E4%BB%96%E7%A4%BE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 研究開発・技術部門が行う競合他社分析と競争戦略策定の具体的進め方</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~真の競合を見出し、技術で勝って事業でも勝ち続けるには~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1889" rel="tag" title="事業戦略">事業戦略</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/30443/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=30443&date=2019-02-27&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E7%AB%B6%E5%90%88%E4%BB%96%E7%A4%BE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/30443/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-02-27T10:30:00+09:00">2019年2月27日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-02-27T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-02-27T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-02-27T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> そもそも本当の競合はだれか?競合はどのような特徴をもち何をしようとしてるのか?そしてどのようにすれば自社は競合に勝ち、財務的成果をあげられるのか?競合としては、大手企業ばかりでもなく、急速に成長するスタータップも視野にいれておかなければなりません。<br />  当セミナーでは、競争が激しい事業環境において勝ち続けるために、生産財メーカーのエンジニアとしてもつべき競争戦略の考え方を学んでいただきます。キーワードは、顧客の視点からの競合他社の優先度付け、競合他社の強み・弱みの俯瞰的な把握、シナリオプランニングによる複数戦略の構想、ベンチャーとの連携による競争戦略の構想、です。</p> <ol> <li>生産財メーカーの戦略構想の基本 <ul> <li>エンジニアがまずおさえるべきマーケティングの特徴</li> <li>製品アーキテクチャとビジネスモデルを一緒に考える</li> <li>高収益の生産材メーカーの事例からポイントを学ぶ</li> </ul></li> <li>そもそも競合はだれか?真の競合を見出すための思考法 <ul> <li>有望用途における主な顧客企業を設定する</li> <li>顧客企業の利用シーンを主観をもってイメージする</li> <li>顧客の立場から困り事・ニーズを解決する商品・サービスを想定する</li> <li>それらを提供する業界・企業をリストアップし、優先度をつける</li> </ul></li> <li>事業レベルで競合で勝つための分析・構想のフレームワークとは <ul> <li>製品や技術だけの競合他社分析で事業として勝てるのか?</li> <li>競合他社の強み・弱みを俯瞰的に把握・洞察する</li> <li>競合の現状の戦略を把握する</li> <li>競合他社の過去の動向から思考・行動パターンを洞察する</li> </ul></li> <li>シナリオプランニングにより、競合他社の今後の戦略を複数想定する <ul> <li>シナリオプランニングとは</li> <li>シナリオプランニングのベネフィット</li> <li>戦略発想の基本パターンをおさえる</li> <li>他業界の成功・失敗事例から学ぶ</li> <li>他業界のヒアリング手法</li> <li>想定した全てのシナリオについて、自社の競争戦略を用意する</li> <li>個人演習: (担当製品・技術ついて) 競合他社分析と競争戦略の構想</li> </ul></li> <li>ベンチャーとの連携による競争戦略とは <ul> <li>ベンチャーを活用して、機動的に新規事業開発を行う</li> <li>大企業とベンチャーの違い</li> <li>大企業、ベンチャー、ベンチャーキャピタルの関係性 ~イノベーション・エコシステムとは~</li> <li>大企業とベンチャーの連携パターンと成功のポイント</li> </ul></li> <ul> <li>参考資料 <ul> <li>マーケット・リサーチの方法</li> <li>単なるエンジニアでなく、イノベーターになるためのマインドセットとは</li> </ul></li> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p>東京大学協創プラットフォーム開発 株式会社 事業開発部 部長<br /> ※東京大学協創プラットフォーム開発株式会社 : 国立大学法人東京大学が2016年に出資・設立したベンチャーキャピタル</p> <h4>略歴</h4> <ul> <li>1995年 東京大学 大学院工学系研究科材料学専攻修士課程修了</li> <li>1996年 東京大学先端科学技術研究センター 研究生</li> <li>1998年 米カーネギーメロン大学 技術政策学部修士課程修了</li> <li>1999年〜2010年 戦略系コンサルティング会社 コンサルタント</li> <li>2011年〜2018年3月 戦略系コンサルティング会社 取締役</li> <li>2018年4月~現在 東京大学協創プラットフォーム株式会社 事業開発第二部 部長</li> </ul> <h4>おもな専門分野・研究分野</h4> <ul> <li>生産財メーカーにおける事業・技術戦略策定・実行</li> <li>エンジニア向けビジネス教育、イノベーター育成</li> <li>工学分野における研究開発型スタートアップ支援、投資</li> </ul> <ul> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>6F 中会議室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=30443&date=2019-02-27&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E7%AB%B6%E5%90%88%E4%BB%96%E7%A4%BE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=30443&date=2019-02-27&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E7%AB%B6%E5%90%88%E4%BB%96%E7%A4%BE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-12-08T22:50:41+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=30443&date=2019-02-27&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E7%AB%B6%E5%90%88%E4%BB%96%E7%A4%BE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-12-08T22:50:41+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=30443&date=2019-02-27&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E7%AB%B6%E5%90%88%E4%BB%96%E7%A4%BE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-12-08T22:50:41+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=30443&date=2019-02-27&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%83%A8%E9%96%80%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%81%86%E7%AB%B6%E5%90%88%E4%BB%96%E7%A4%BE%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%AD%96%E5%AE%9A%E3%81%AE%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT 事業戦略 研究開発 経営戦略 Sat, 08 Dec 2018 13:50:41 +0000 admin 30443 at https://tech-seminar.jp 先発品企業のためのジェネリック対抗の落とし穴と製品マネジメント戦略 https://tech-seminar.jp/seminar/2019-02-18-%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 先発品企業のためのジェネリック対抗の落とし穴と製品マネジメント戦略</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~これからのGE企業の戦略とは? 先発メーカーとして何ができるか? 成長するジェネリックへの対抗法とは? 差別化のためにすべきこととは?~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> <span class="option">個別相談付き</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1496" rel="tag" title="ジェネリック医薬品">ジェネリック医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1088" rel="tag" title="化学関連特許">化学関連特許</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/213" rel="tag" title="特許">特許</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/49" rel="tag" title="特許情報">特許情報</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/30171/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=30171&date=2019-02-18&title=%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/30171/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、医薬品などにおける特許切れ対応や、製品マネジメントとジェネリック対策について解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-02-18T12:30:00+09:00">2019年2月18日(月) 12時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-02-18T12:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-02-18T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-02-18T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>製剤における知的財産担当者、管理者</li> <li>製剤発明の特許申請担当者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>先発品企業の特許切れ対策の見直し</li> <li>新製品マネジメントとジェネリック対策</li> <li>領域のライフサイクル・マネジメントによるジェネリック対策</li> <li>ジェネリックが注目される背景とメガジェネリックの誕生と対策</li> <li>先発品企業によるジェネリック逆転戦略</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 多くの先発企業は特許切れを予め分かっているのに、特許切れ対応はしていません。そこに目を付けた逆転の発想は戦いの無いブルーオーシャン市場を作ります。緊急導入を毎度、突然言い過ぎていませんか? ジェネリックが新製品を生かし、新製品を誕生させる戦略もあります。新製品とジェネリックの共存戦略によりジェネリック対抗ができます。</p> <ol> <li>先発品企業が特許切れ対応をしない原因と結果: <ol> <li>開発部・研究所にGE対応はインセンティブがない</li> <li>大型品があるとAGと後継品開発をしない</li> <li>製品戦略を元に次を狙う結果、各社同じLCM戦略をする.</li> </ol></li> <li>新製品マネジメントとゾロ対策のあるべき姿: <ol> <li>新製品マネジメントの前提がそもそも間違い <ul> <li>後継品がない原因はゾロ対策戦略がないため</li> <li>後付けのため後手に回る製品戦略の原因を退治する方法</li> </ul></li> <li>後発品と先発品を協創する</li> </ol></li> <li>領域のライフサイクル・マネジメントによるゾロ対策: <ol> <li>製品マネジメントではいつも緊急導入</li> <li>製品マネジメントではゾロ対策はできない。</li> </ol></li> <li>ジェネリックによる差別化と新製品誕生のための使い道 <ol> <li>ポイント1: 満足度の高い製品領域でも新製品はできる</li> <li>ポイント2: 今は無い市場が大きく成長する⇒自社・他社のGEも使い道 <ol> <li>利便性</li> <li>安全性</li> <li>新機序のみが、薬ではない</li> </ol></li> <li>ポイント3 <ul> <li>製品があれば後から領域を作る</li> <li>領域戦略は机上の空論と後づけでできる</li> <li>領域1位の先発品と後発品は先発品企業が予想できず、否定した製品</li> <li>領域戦略では否定した製品が大型後発品に育つ 他、具体的ポイントを解説</li> </ul></li> </ol></li> <li>ジェネリックが注目される背景 <ul> <li>後発品大手の利益率は先発品企業より高い</li> </ul></li> <li>日本の医薬業界はジェネリックと改良から始まった</li> <li>医療保険制度</li> <li>GE80%時代を迎えた業界の特徴的変化</li> <li>新薬以上の市場になるGE</li> <li>先発品企業によるGE逆転戦略 <ul> <li>GEを逆手に取る戦略</li> <li>先発企業として何ができるか?</li> <li>先発品企業の選択</li> <li>役に立つ良い企業になるか?</li> <li>一発もうけ主義でいくか?</li> </ul></li> <li>変わるジェネリックの流通形態と成長するジェネリックへの対抗法 <ol> <li>ビジネス・エコシステム (ビジネス生態系)</li> <li>従来の「産業 (構造) 」と「市場 (構造) 」は気付かぬうちに変わってしまっていた。</li> <li>企業内外がシームレスに結びつく「つながり」構築がキー</li> <li>ヘルスケアビジネス・エコシステム」 (ビジネス生態系) で全体最適戦略をとる企業が勝つ。</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%B1%9F%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC">江東区文化センター</a> <p>3F 第5研修室</p> <meta itemprop="name" content="江東区文化センター" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3644-8111" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="135-0016" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">江東区</span> <span itemprop="streetAddress">東陽四丁目11-3</span> </div> <a href="/node/19435"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都江東区東陽四丁目11-3&amp;markers=東京都江東区東陽四丁目11-3&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="江東区文化センターの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=30171&date=2019-02-18&title=%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="46278">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=30171&date=2019-02-18&title=%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-11-18T17:40:05+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引について</h3> <p>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。<br /> 案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。<br /> 複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。</p> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)</li> </ul></li> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=30171&date=2019-02-18&title=%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> 医薬品 ジェネリック医薬品 化学関連特許 特許 特許情報 経営戦略 Sun, 18 Nov 2018 08:40:05 +0000 admin 30171 at https://tech-seminar.jp 従業員が喜び、顧客が感動し、会社が儲かる 未来工業 株式会社 見学セミナー https://tech-seminar.jp/seminar/2019-01-11-%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B-%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 『働き方改革』のリーディングカンパニー 未来工業 株式会社 から学ぶ</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 従業員が喜び、顧客が感動し、会社が儲かる 未来工業 株式会社 見学セミナー</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">愛知県 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/29527/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29527&date=2019-01-11&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/29527/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2019-01-11T10:00:00+09:00">2019年1月11日(金) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2019-01-11T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2019-01-11T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2019-01-11T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>『働き方改革』対策にお悩みの経営者・総務 (人事・管理) 部課長</li> <li>業務改革推進部署や改善活動事務局の方</li> <li>未来工業 株式会社 から学んだことを自社で実践してみたい意欲のある方 (職位不問)</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 現在法制化目前の『働き方改革』の要求レベルは非常に高く、経営者や主管部署である総務 (人事・管理) 部門を悩ませています。しかし当の昔にこれをクリアし、なおかつ高い利益率を誇る会社があります。それが未来工業 株式会社 です。<br />  同社の施策である社員全員正社員 (定年71歳) 、就業時間7時間15分、年間休日140日、残業・休日出勤禁止等は、同社が儲かっているからやっているのではありません。これをやっているから20年間経常利益5%以上という安定した業績を上げているのです!<br />  同社の経営方針はES (従業員満足度) 向上 → CS (顧客満足度) 向上 → 会社利益向上で、 (1) 従業員のやる気と能力の最大化、 (2) ムダ取り、 (3) 差別化の3つを、世間の想像をはるかに超えるレベルで徹底的に実施することによってそれを実現しています。<br />  この工場見学セミナーでは、「見える化」、ムダ取り、従業員のやる気と能力の最大化、人財育成、福利厚生、間接部門の極小化、5S、安全衛生等、様々な観点から同社の優れている点を解説していきます。<br />  同社とあなたの勤める会社との違いを認識していただいた後は、あなたの会社を未来工業 株式会社 のようにする方法についてお話しいたします。同社は従業員のやる気が会社利益に直結していることを深く認識しており、従業員をやる気にさせるための施策とマネジメントを徹底して行っています。これらは皆さんの会社でも必ず実施できます。<br />  当セミナーと他の未来工業見学セミナーとの一番の違いは、「自社とのあまりの違いにため息がでる」と「自社の目指すべき姿とそこに至るプロセスがわかり、やる気が出てくる」の違いにあります。いわゆる『未来工業本』や未来工業関係者の方からは決して学ぶことのできない内容が聞ける唯一のセミナーです。かつて一従業員の立場で『自社の未来工業化プロジェクト』に挑み大きな成果をあげた私の経験とノウハウは、必ずや皆様のお役にたつことでしょう!</p> <ol> <li>未来工業とは? <ol> <li>会社概要</li> <li>経営方針と社是</li> <li>同社の特長</li> </ol></li> <li>未来工業のどこがすごいのか? <ol> <li>従業員のやる気と能力を最大化する仕組み (人づくり)</li> <li>徹底したムダ排除 (小さな本社機能 (全社比の2.3%) 等)</li> <li>徹底した差別化戦略</li> </ol></li> <li>未来工業はなぜすごいのか? <ol> <li>日本人の正しいマネジメント方法を熟知している</li> <li>世間や業界の常識を盲信せず、自分の頭で考える</li> <li>よいと思ったことをすぐ実行できる (大幅な権限移譲)</li> </ol></li> <li>未来工業を正しく理解するためのポイント <ol> <li>経営品質</li> <li>従業員性善説</li> <li>すべては会社利益のために</li> </ol></li> <li>未来工業から何を学ぶべきか? <ol> <li>従業員のやる気向上 (人財育成) 方法</li> <li>ムダの排除</li> <li>決して他社と同じことをしない経営戦略</li> </ol></li> <li>あなたの会社を未来工業化する方法 <ol> <li>会社が儲かる3ステップとは?</li> <li>間接業務を「見える化」「最小化」「標準化」する</li> <li>従業員のやる気と能力を最大化するボトムアップ活動</li> </ol></li> <li>工場見学の見どころ解説</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>スケジュール</h4> <ul> <li>10:00〜12:00 セミナー</li> <li>12:00〜12:30 昼食</li> <li>12:30〜13:30 バス移動</li> <li>13:30〜14:30 未来工業 株式会社 見学</li> <li>14:30〜15:30 セミナー</li> <li>15:30〜16:30 バス移動。名古屋駅解散</li> </ul> <h4>見学内容</h4> <p>見学内容は「本社構内及び工場構内」です。写真撮影はすべてOKです。<br /> 徹底したムダ排除や社員のやる気と能力を最大化するための工夫を目の当たりにして頂き、自社を「未来工業化」するためのヒントをご覧いただきます。</p></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E7%94%A3%E6%A5%AD%E5%8A%B4%E5%83%8D%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A1">愛知県産業労働センター ウインクあいち</a> <p>11F 1108</p> <meta itemprop="name" content="愛知県産業労働センター ウインクあいち" /> <meta itemprop="telephone" content="052-571-6131" /> <meta itemprop="url" content="winc-aichi.jp‎" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="450-0002" /> <span itemprop="addressRegion">愛知県</span> <span itemprop="addressLocality">名古屋市中村区</span> <span itemprop="streetAddress">名駅4丁目4-38</span> </div> <a href="/node/6360"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38&amp;markers=愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="愛知県産業労働センター ウインクあいちの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=29527&date=2019-01-11&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="46278">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=29527&date=2019-01-11&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-09-22T16:37:45+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="40000">40000円</span> (税別) / 43,200円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=29527&date=2019-01-11&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-09-22T16:37:45+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="40000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="46278円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=29527&date=2019-01-11&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-09-22T16:37:45+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引について</h3> <p>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。<br /> 案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。<br /> 複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 40,000円(税別) / 43,200円(税込) で受講いただけます。</p> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 86,400円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 129,600円(税込)</li> </ul></li> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29527&date=2019-01-11&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> 経営戦略 Sat, 22 Sep 2018 07:37:45 +0000 admin 29527 at https://tech-seminar.jp 組織力で継続的に革新的R&Dテーマを創出する体系的仕組みの構築 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-12-25-%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8A%9B%E3%81%A7%E7%B6%99%E7%B6%9A%E7%9A%84%E3%81%AB%E9%9D%A9%E6%96%B0%E7%9A%84R-D%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%92%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 組織力で継続的に革新的R&amp;Dテーマを創出する体系的仕組みの構築</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/46" rel="tag" title="イノベーション">イノベーション</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/29697/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29697&date=2018-12-25&title=%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8A%9B%E3%81%A7%E7%B6%99%E7%B6%9A%E7%9A%84%E3%81%AB%E9%9D%A9%E6%96%B0%E7%9A%84R%26D%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%92%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/29697/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、社内・部署内・グループ内において、どうやって新規テーマが継続的に創出される仕組み作りを進めるべきか、多くの事例を上げながら解説いたします。</p> </div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-12-25T10:30:00+09:00">2018年12月25日(火) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-12-25T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-12-25T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-12-25T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>経営企画・研究開発企画・技術戦略・事業企画・商品開発部門の方</li> <li>研究開発テーマを継続的に創出する仕組みを構築したい方</li> <li>研究開発テーマの創出法を学びたい方</li> <li>ステージゲート法等の自社のテーママネジメント・プロセスをより有効に機能させたい方 など</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>『価値づくり』を実現するための具体的な活動</li> <li>『ものづくり』の問題点</li> <li>研究開発担当者に求められる市場起点の具体的活動</li> <li>コア技術とはの理解とその設定法</li> <li>オープン・イノベーションの様々の効果 等</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 今、新興国の企業は日本企業の経営や技術を徹底して研究し、既に多くの分野で日本企業を凌駕する状況が生まれています。日本企業がこのようなますます厳しくなる新興国の企業との競争に勝つためには、研究開発においても同じ土俵で研究開発を競うのではなく、これら新興国企業に先んじて革新的なテーマを継続的に創出し、取り組むことが極めて重要になってきています。<br />  しかし、革新的なテーマを継続的に創出するためには、多くの企業がこれまで行ってきたような、取引先からの依頼への 対応や研究者個人に依存したテーマ選択、小手先のアイデア発想法だけでは不十分です。また、他社が取り組んでいないテーマには、本当にそのようなニーズがあるのか、また研究開発が成功するかには、それまでの取引先ニーズへの対応や競合企業追従に比べて、はるかに大きな不確実性が存在します。<br />  多くの不確実性の存在を含めこのような問題に対処するために、今、テーマ創出に求められているのは、数多くのテーマを継続的に創出し、その後の活動の中で玉のテーマと石のテーマを見極め (不確実性が高い環境でテーマを選んでいるので、結果的には必然的に石が多くなる) 、石を捨て、玉に集中していくことです。このマネジメントを行うための前提として、数多くのテーマを創出することが必須であり、そのためには体系的・組織的な仕組みが必要です。既に先進的な企業においては、このような取り組みが行われています。<br />  本セミナーではこの『体系的・組織的仕組み』に焦点を当て議論を行います。また、実際の企業の事例をあげながら議論を進めていきます。</p> <ol> <li>なぜ革新的テーマの創出が必要なのか? <ul> <li>21世紀の産業界の現実:アジアの新興国の台頭</li> <li>日本企業が行く道:革新的テーマの追求</li> <li>日本企業のテーマ創出上の問題点 <ul> <li>What創出の軽視</li> <li>他社と同じテーマではNo.1になれる確率は低い</li> </ul></li> <li>研究開発テーマ創出の改革の2つの方向性<br /> (Whatへの経営資源シフトと体系的仕組みの構築)</li> </ul></li> <li>革新的アイデアを継続的に創出するメカニズム <ul> <li>大きな枠組みの必要性</li> <li>3つの原料のスパークによる革新的アイデアの創出</li> <li>スパークための4つの要件</li> <li>具体的体系的取組事例 (東レ等)</li> </ul></li> <li>顧客価値の提供機会を見つける視点 <ul> <li>顧客はQCDだけに価値を見出す訳ではない:顧客価値拡大モデル (<span class="caps">VACES</span>) <ul> <li>Value:顧客の製品の提供価値向上 (日本触媒の例)</li> <li>Anxiety:顧客の懸念・面倒の払拭 (日東電工の例)</li> <li>Cost:顧客の全体コストの低減 (東洋電機の例)</li> <li>Empowerment:顧客社員の作業環境・能力の向上 (コマツ・日本ペイントの例)</li> <li>Society:顧客の社会的価値向上 (ESG投資の例)</li> </ul></li> </ul></li> <li>革新的テーマ創出に向けてのスパークのための3つの原料 <ol> <li>「市場の知識」の強化 <ul> <li>市場・顧客を多面的に理解する3軸 (TADモデル) <ul> <li>時間軸の一例:ライトハウスカスタマーの利用 (島津製作所の例)</li> <li>分野軸の一例:顧客の製品ライフサイクル全体に目を向ける (日本テトラパックの例)</li> <li>深度軸の一例:研究者が市場との直接の接点を持つ (NEC・IBMワトソン研究所の例)</li> </ul></li> </ul></li> <li>「技術の知識」の強化 <ul> <li>スパークに必要な技術知識 <ul> <li>自社技術・周辺技術の知識蓄積・拡大と自社にない技術の吸収</li> </ul></li> <li>技術知識蓄積・拡大モデル (BIRDSモデル) <ul> <li>発信 (Broadcast) 、収集 (Intake) 、研究開発活動 (R&amp;D) 、共有化 (Share)</li> <li>具体事例 <ul> <li>富士フイルム</li> <li>ホンダ</li> <li>GE</li> <li>ナイキ</li> <li>村田製作所</li> <li>東レ 等</li> </ul></li> </ul></li> <li>自社にない世の中の技術の吸収法 <ul> <li>なぜ自社にない世の中の技術の吸収なのか?</li> <li>オープンイノベーションの副産物として</li> <li>組織的なT型・Π型研究者の実現</li> </ul></li> </ul></li> <li>「自社の強み」の利用 <ul> <li>スパークモデルにおける自社の強みの重要性</li> <li>自社の強みの特徴:自社の強みは見えないもの</li> <li>自社の強みのありか</li> <li>自社の強みとは</li> <li>技術の強み <ul> <li>3Mのプラットフォーム技術</li> <li>富士フイルムの12のコア技術</li> <li>東レの要素技術</li> </ul></li> <li>コア技術の3つの選定軸</li> <li>技術以外の強みの抽出法:VRIO分析</li> <li>強み発想の注意点 (今弱くても将来強くすべき 強みを「強み」とする)</li> <li>コア技術の設定プロセス (参考)</li> </ul></li> </ol></li> <li>スパークを起こし革新的テーマを創出するための4つの要件 <ol> <li>革新的テーマ創出のための環境の用意 <ul> <li>業務の緊急度と重要度マトリクスからの示唆 (日立の元会長の川村氏の言葉)</li> <li>革新的テーマとはの明確化と共有</li> <li>スラックリソースの提供 <ul> <li>3M</li> <li>グーグル</li> <li>東レ 等</li> </ul></li> <li>ポートフォリオマネジメントの展開</li> <li>筋の悪いテーマを冷静に中止する</li> <li>定期的アイデア創出ノルマを課す (小林製薬等)</li> <li>アイデア発表会の開催</li> <li>研究者による社会との共感の実現</li> </ul></li> <li>多様性の追求 <ul> <li>なぜ多様性が重要なのか? (3Mの例)</li> <li>日本企業の現状:発想思考の弱さ (サム・スターン)</li> <li>多様性の3つの視点 (SMPモデル) <ul> <li>情報・アイデア源を多様化 (Source)</li> <li>発想メンバーを多様化 (Member)</li> <li>一人一人の発想を多様化 (Perspective)</li> </ul></li> <li>具体的事例 (富士フイルム、日本GE、日立の例等)</li> </ul></li> <li>テーマ創出に向けて情報・知識を『圧縮』 <ul> <li>テーマ創出に向けて情報・知識を『圧縮』するとは</li> <li>テーマ創出に向けての9つのタスク <ul> <li>発散と収束を繰り返す</li> <li>VACESの視点で視野を徹底して広くする</li> <li>効果的なブレーンストーミング法 (連想を引き出す)</li> <li>自社の適合度より市場魅力度を重視する</li> <li>市場との対話でテーマが進化</li> </ul></li> </ul></li> <li>組織・構成員の意欲による『点火』 <ul> <li>『点火』の必要性</li> <li>『点火』とは</li> <li>『点火』の3つの要件 <ul> <li>追い込む (ホンダ、3Mの例)</li> <li>失敗の許容・奨励 <ul> <li>日東電工の例</li> <li>米国海兵隊の例</li> <li>ゼロ戦の例</li> </ul></li> <li>非金銭的報酬を与える (3Mの例)</li> </ul></li> </ul></li> </ol></li> <li>アイデア創出の演習 (グループワーク) <ul> <li>鉄道車両メーカーのアイデア創出</li> <li>VACESモデルを使って</li> </ul></li> <li>最後に</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%95%86%E5%B7%A5%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6">商工情報センター カメリアプラザ</a> <p>9F 研修室</p> <meta itemprop="name" content="商工情報センター カメリアプラザ" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5626-0021" /> <meta itemprop="url" content="http://www.kcf.or.jp/kameido/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="136-0071" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">江東区</span> <span itemprop="streetAddress">亀戸2-19-1</span> カメリアプラザ 9F </div> <a href="/node/2330"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都江東区亀戸2-19-1&amp;markers=東京都江東区亀戸2-19-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="商工情報センター カメリアプラザの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=29697&date=2018-12-25&title=%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8A%9B%E3%81%A7%E7%B6%99%E7%B6%9A%E7%9A%84%E3%81%AB%E9%9D%A9%E6%96%B0%E7%9A%84R%26D%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%92%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="46278">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=29697&date=2018-12-25&title=%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8A%9B%E3%81%A7%E7%B6%99%E7%B6%9A%E7%9A%84%E3%81%AB%E9%9D%A9%E6%96%B0%E7%9A%84R%26D%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%92%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-10-01T23:10:49+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引について</h3> <p>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。<br /> 案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。<br /> 複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。</p> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)</li> </ul></li> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29697&date=2018-12-25&title=%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8A%9B%E3%81%A7%E7%B6%99%E7%B6%9A%E7%9A%84%E3%81%AB%E9%9D%A9%E6%96%B0%E7%9A%84R%26D%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%92%E5%89%B5%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%AE%E6%A7%8B%E7%AF%89">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> MOT イノベーション 研究開発 経営戦略 Mon, 01 Oct 2018 14:10:49 +0000 admin 29697 at https://tech-seminar.jp オープンイノベーションの全体像の正しい理解とそれを踏まえた具体的な取り組み策 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-12-11-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%9F%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%E7%AD%96 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> オープンイノベーションの全体像の正しい理解とそれを踏まえた具体的な取り組み策</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~オープンイノベーションを意図的に成功させる~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/46" rel="tag" title="イノベーション">イノベーション</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/29863/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29863&date=2018-12-11&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%9F%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%E7%AD%96">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/29863/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-12-11T10:30:00+09:00">2018年12月11日(火) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-12-11T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-12-11T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-12-11T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>研究開発部門、研究企画、技術企画、経営企画、商品企画などの部門の方</li> <li>研究開発組織の変革に関心のある方</li> <li>コア技術戦略の実行を検討中の方</li> <li>オープン・イノベーションの担当者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>オープンイノベーションの全体像</li> <li>オープンイノベーションのメリット (経済合理性)</li> <li>オープンイノベーションの阻害要因</li> <li>オープンイノベーションを阻害要因を取り除き、メリットを実現するための具体的方策</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> オープンイノベーションの概念が生まれ早20年近くが経過し、欧米の企業においてはその経営において、一般的なものとなっています。一方で、日本企業においては、この概念の普及が遅れており、この1、2年でやっと一部の企業において注目を浴びるようになってきたという段階です。この遅れの理由は、オープンイノベーションの姿や目的が明確に理解されずに、単なる欧米の経営手法の一つと取り扱われてきたことがあるように思えます。<br />  オープンイノベーションは、単なる欧米の経営手法ではありませんし、また一つの独立した概念でもありません。オープンイノベーションとは、日本企業が従来の「ものづくり」を脱し、新たに「価値づくり」の経営に転換するための、必須の活動です。ここで言う「価値づくり」とは、無限に存在する市場の満たされない潜在ニーズに基づき、従来提供されてこなかった顧客にとっての価値を主体的に創出する活動です。「価値づくり」を実現しようとすると、必ず自社にない技術、能力や知識が必要となります。そこで登場するのが、外部の技術、能力、知識を活用するオープンイノベーションなのです。<br />  本セミナーにおいては、オープンイノベーションの多様性やその経済合理性、そして心理面での組織の抵抗の理由といった「価値づくり」実現の背景にあるオープンイノベーションの全体像を、具体的な事例を交え、分かり易く紹介した上で、組織の抵抗をどう乗り越え、その経済合理性をどう実現し、自社の主体的な活動を通してオープンイノベーションをどう成功させるかの具体的な施策を議論していきます。また最後には、参加者の皆さんの間で、自社が直面する課題について議論をしていただきます。</p> <ol> <li>はじめに <ol> <li>オープンイノベーションの発端 (P&amp;G)</li> <li>オープンイノベーションの世界中の企業への普及</li> <li>多様なオープンイノベーションの概念・活動</li> <li>本セミナーの目的</li> </ol></li> <li>日本企業のオープンイノベーション推進上の問題 <ol> <li>オープンイノベーションを一時的な流行と考える</li> <li>オープンイノベーションを目的と取り違える</li> <li>オープンイノベーションの矮小化</li> </ol></li> <li>なぜ今オープンイノベーションなのか <ol> <li>オープンイノベーションの究極目的:『価値づくり』</li> <li>『価値づくり』の定義</li> <li>「『価値づくり』への脱皮」が求められる6つの大きな背景</li> <li>だから『価値づくり』経営が求められる</li> <li>『価値づくり』とオープンイノベーションの関係</li> </ol></li> <li>オープンイノベーションの類型と事例 <ol> <li>オープンイノベーションの類型</li> <li>何を大きな目的として</li> <li>イノベーション発生の場 <ul> <li>自社</li> <li>他社</li> <li>共同</li> </ul></li> <li>具体的に何を求めて <ul> <li>市場の知識 (GEの例等)</li> <li>製品企画・設計 (サンスター文具、P&amp;G、ARMの例等)</li> <li>技術 (東レ、東洋紡の例等)</li> <li>バリューチェーン (アマゾンの例)</li> </ul></li> <li>誰と:協創対象先 <ul> <li>大学・公的研究機関 (大阪大学の例等)</li> <li>顧客 (日立とリオ・ティント)</li> <li>中小企業 (GEの例)</li> <li>サプライチェーン上の企業 (三菱化学の例等)</li> <li>市井の技術者・科学者・一般人 (GEの例等)</li> <li>競合企業 (P&amp;Gとクロックス社、ホンダとヤマハの例等)</li> <li>自社他部門 (三菱化学の例等)</li> </ul></li> <li>誰と:協創メンバーの数 <ul> <li>1×Some (系列の例等)</li> <li>1×N (トヨタの燃料電池の例等)</li> <li>Some×Some (スーパーセンシング・フォーラムの例等)</li> </ul></li> <li>どのような関係性の下 <ul> <li>短期×点 (P&amp;Gの例等)</li> <li>長期×点 (東レとユニクロ例等)</li> <li>長期×面 (自動車メーカーの系列の例等)</li> </ul></li> <li>どのように実現:探す vs. 探される 探す (コニカミノルタ、KDDI等の例等) 探される (大阪ガスの例等)</li> </ol></li> <li>オープンイノベーションの経済学 <ol> <li>促進要因 (経済合理性) と阻害要因</li> <li>範囲の経済性 <ul> <li>経営資源の使いまわし (3Mの例等)</li> <li>ビジネスモデル戦略の必要性</li> </ul></li> <li>比較優位の原則</li> <li>競争原理</li> <li>Time to Marketの短縮 <ul> <li>収益創出期間の拡大</li> <li>無競争期間の創出 (ヒロセ電機の例等)</li> <li>キャッシュフローの早期創出</li> </ul></li> <li>固定費の変動費化 <ul> <li>売上変動への対処の用意化 (キーエンスの例)</li> <li>ROAの向上</li> </ul></li> <li>不確実性への対応 <ul> <li>米経済学者のフランク・ナイトの言葉</li> </ul></li> <li>取引コスト</li> <li>日本企業の行くべき道</li> </ol></li> <li>オープンイノベーションの心理学 (組織の心理的抵抗) <ol> <li>外部依存への不安・怖さ</li> <li>自分の関心外の新たな業務や知識習得への抵抗</li> <li>膨大な煩雑な作業が面倒</li> <li><span class="caps">NIH</span> (Not Invented Here) 症候群</li> <li>自分達の能力の置き換えへの脅威</li> <li>オープンイノベーションの心理と対応策まとめ</li> </ol></li> <li>オープンイノベーションの成功に向けて <ol> <li>オープンイノベーション経営への転換の必要性 (価値づくりと経済合理性) の周知</li> <li>経営陣全員のオープンイノベーションへの強い コミットメント (P&amp;G、GEの例等)</li> <li>オープンイノベーションの多様性と戦略の必要性の理解</li> <li>自社の強みの本質の明定</li> <li>自社のコア技術の設定 (GEの例等)</li> <li>確実に収益を生むビジネスモデル構築 (アップル、富士フイルムの例等) <ul> <li>ヘンリー・チェスブローによるビジネスモデルの必要性の強調</li> </ul></li> <li>小規模の成功事例を早期に生み出す (GEの例等)</li> <li>オープンイノベーションを組込んだステージゲートプロセスの導入</li> <li>取引コストを徹底して低減する</li> <li>オープンイノベーション実行のための推進・支援体制の構築 (P&amp;G、GE、大阪ガスの例等)</li> </ol></li> <li>グループ・ディスカッション <ul> <li>(テーマ) 自社のオープンイノベーションの実現の課題</li> </ul></li> <li>最後に</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7739"><span itemprop="name">浪江 一公</span></a> 氏 <div>ベクター・コンサルティング 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>4F 第1グループ活動室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=29863&date=2018-12-11&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%9F%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%E7%AD%96">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29863&date=2018-12-11&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%9F%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%E7%AD%96" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-10-31T15:34:20+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29863&date=2018-12-11&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%9F%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%E7%AD%96" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-10-31T15:34:20+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29863&date=2018-12-11&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%9F%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%E7%AD%96" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-10-31T15:34:20+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29863&date=2018-12-11&title=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E8%B8%8F%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%9F%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF%E7%AD%96">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT イノベーション 研究開発 経営戦略 Wed, 31 Oct 2018 06:34:20 +0000 admin 29863 at https://tech-seminar.jp 技術・商品・事業それぞれのロードマップの作り方とその活用法 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-11-20-%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%BB%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%B3%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 技術・商品・事業それぞれのロードマップの作り方とその活用法</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~未来視点からのビジョンの作り方、不確実な未来の可視化、ロードマップの統合化、実践的活用法~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/638" rel="tag" title="事業ロードマップ">事業ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/29648/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29648&date=2018-11-20&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%BB%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%B3%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/29648/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-11-20T10:00:00+09:00">2018年11月20日(火) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-11-20T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-11-20T17:00:00+09:00">17時00分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-11-20T17:00:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 不確実・不連続のイノベーション時代において、新しい顧客価値を創り事業を成功させるためにはビジョンを明確にし、未来のシナリオ仮説を作って関係者間で共有することが大切です。そのために具体的に必要となるのがロードマップです。<br />  本セミナーでは、ロードマップ作成の基本を踏まえた上で、技術・商品・事業それぞれのロードマップ作成の具体的な進め方を解説していきます。さらに、それぞれのロードマップを統合して実務で活用する方法についても解説していきます。本セミナーを通じてロードマップについての理解を深めていただき、未来の顧客価値を創出し、イノベーションを起こす一助としていただければ幸いです。</p> <ol> <li>ロードマップ作成の目的、必要性 <ol> <li>不確実・不連続なイノベーション時代の「もの創り」に必要なこと</li> <li>技術と市場を結び付けた未来のシナリオ仮説の共有</li> <li>プロダクト・ライフ・サイクルで全体像を俯瞰し、時間軸で考える</li> </ol></li> <li>ロードマップ作成の基礎 <ol> <li>ロードマップ作成の全体像と具体的ステップ</li> <li>未来視点からのビジョン (ターゲット) の創り方</li> <li>不確定な未来の可視化とシナリオ・プランニング</li> <li>ロードマップの検証と関係者との調整方法</li> </ol></li> <li>技術・商品・事業それぞれのロードマップ作成の具体的進め方 <ol> <li>ケースに応じたロードマップ作成の順番</li> <li>事業ロードマップ作成の具体的進め方</li> <li>商品ロードマップ作成の具体的進め方</li> <li>技術ロードマップ作成の具体的進め方</li> </ol></li> <li>ロードマップの統合化 <ol> <li>ロードマップを統合する目的、必要性</li> <li>統合へのプロセスと作業イメージ</li> <li>統合ロードマップ作成チームの構成と役割</li> <li>統合ロードマップの完成イメージ</li> </ol></li> <li>ロードマップの実践的活用法 <ol> <li>経営者と各部署間でのロードマップ共有化による活用法</li> <li>新規事業創出における活用法</li> <li>研究開発部門での活用法</li> <li>オープンイノベーション、アライアンスにおける活用法</li> <li>顧客を対象とした活用法</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/6054"><span itemprop="name">出川 通</span></a> 氏 <div>株式会社テクノ・インテグレーション</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=29648&date=2018-11-20&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%BB%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%B3%95">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="50000">50000円</span> (税別) / 54,000円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=29648&date=2018-11-20&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%BB%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%B3%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-10-01T16:09:56+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="45000">45000円</span> (税別) / 48,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=29648&date=2018-11-20&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%BB%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%B3%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-10-01T16:09:56+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="45000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="50000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=29648&date=2018-11-20&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%BB%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%B3%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-10-01T16:09:56+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29648&date=2018-11-20&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%BB%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%BB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E7%94%A8%E6%B3%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> MOT 事業ロードマップ 技術ロードマップ 研究開発 経営戦略 Mon, 01 Oct 2018 07:09:56 +0000 admin 29648 at https://tech-seminar.jp 技術広報・技術コミュニケーションの全体像と具体的活動 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-11-09-%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%BA%83%E5%A0%B1%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E6%B4%BB%E5%8B%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 技術広報・技術コミュニケーションの全体像と具体的活動</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~オープンイノベーションを成功させるために~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/46" rel="tag" title="イノベーション">イノベーション</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/215" rel="tag" title="コミュニケーション">コミュニケーション</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/29610/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29610&date=2018-11-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%BA%83%E5%A0%B1%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/29610/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-11-09T13:00:00+09:00">2018年11月9日(金) 13時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-11-09T13:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-11-09T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-11-09T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventCancelled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>技術コミュニケーションの全体像・対象コンテンツ</li> <li>ステークホルダ毎の技術コミュニケーション活動</li> <li>「戦略的技術コミュニケーション」に向けての体制</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 近年オープン・イノベーションが経営の中の有効な手段となりつつあり、オープン・イノベーションを積極的に推進する企業において、<br /> 必ずしも自社の技術分野についての理解が高くはない企業等も含め、自社の技術や技術開発活動、更には技術戦略や研究開発の風土等を外部に発信することで、新しい分野などでのパートナーを探す企業が増えてきています。このような活動は技術広報・技術コミュニケーション活動と呼ばれています。<br />  この技術広報・技術コミュニケーション活動は、オープンイノベーションのパートナー探しだけではなく、自社製品の購買者やESG投資に関心を持つようになってきている投資家やアナリスト、また求職者、さらにはマスコミ等自社の 様々なステークホールダに対しても広く行う効果には大きなものがあります。<br />  今回、本セミナーでは、このような技術広報・技術コミュニケーション活動の全体像をご紹介をいたします。また最後には、参加者の皆さんから「技術広報活動の推進上の課題」に関するディスカッションをしていただき、他社との技術広報・技術コミュニケーションにおける課題の共有をしていただく場を設けます。</p> <ol> <li>技術コミュニケーションとは <ol> <li>様々なステークホルダとの間での技術およびその活動に関わるコミュニケーション</li> <li>技術広報 vs. 技術コミュニケーション</li> </ol></li> <li>技術コミュニケーションの3つの目的 <ol> <li>目的1:「市場」を対象とした価値の『創出』 <ul> <li>『価値づくり』の定義</li> <li>『価値づくり』が求められる6つの大きな背景</li> <li>なぜ『価値づくり』において技術コミュニケーションなのか?</li> </ul></li> <li>目的2:「市場」を対象とした価値の『周知』</li> <li>目的3:「様々なステークホルダ」を対象としたCSV (価値協創) の実現 <ul> <li>CSVとは</li> <li>ステークホルダのCSVへの関心の例:コマツ</li> <li>企業のCSVへの対応の例:コマツ</li> <li>ステークホルダの知的財産・技術への関心</li> <li>「広く様々なステークホルダ」を対象としたCSVの実現</li> </ul></li> </ol></li> <li>技術コミュニケーションの対象コンテンツ <ol> <li>技術コミュニケーションで扱うコンテンツの全体像</li> <li>長期ビジョン <ul> <li>キヤノンの例</li> <li>3Mの例</li> <li>シーメンスの例</li> </ul></li> <li>技術戦略 <ul> <li>富士フイルムの例</li> <li>花王の例</li> </ul></li> <li>新製品・既存製品への組込技術 <ul> <li>マツダの例</li> <li>ホンダの例</li> </ul></li> <li>イノベーションを誘発する現状の設備・組織・仕組み・活動の工夫 <ul> <li>SHOEIの例</li> <li>ヤンマーの例</li> <li>シマノの例</li> </ul></li> <li>保有技術 <ul> <li>富士フイルムの例</li> </ul></li> <li>研究開発風土・価値観・哲学 <ul> <li>ホンダの例</li> <li>3Mの例</li> <li>ダイソンの例</li> </ul></li> <li>技術情報の開示に関して</li> </ol></li> <li>ステークホルダ別の技術コミュニケーションの展開 <ol> <li>顧客 <ul> <li>技術を通じての製品機能や価値のアピールによる購買の促進 <ul> <li>アサヒビールの例</li> <li>カルピスの例</li> </ul></li> <li>情報発信者として「自社以外の第三者」の活用</li> <li>技術を通じての顧客の頭の中でのブランド構築 <ul> <li>kevlarの例</li> <li>ホンダの例</li> <li>三鷹光器の例</li> <li>樹研工業の例</li> </ul></li> </ul></li> <li>パートナー <ul> <li>オープンイノベーションのパートナー探索の重要性</li> <li>パートナーを見つけるための自社技術情報の発信媒体・場 <ul> <li>富士フイルム</li> <li>三菱電機</li> <li>GE</li> <li>トヨタ</li> <li>キヤノン 等<br /> ※:様々な発信媒体・場を紹介します。</li> </ul></li> <li>パートナリングにおけるブランドの重要性</li> </ul></li> <li>機関投資家・アナリスト <ul> <li>機関投資家・アナリストの技術情報への関心:投機家 vs. 投資家</li> <li>機関投資家・アナリストの非財務情報への関心</li> <li>機関投資家・アナリストのニーズとその対処</li> <li>機関投資家・アナリスト向けの技術コミュニケーションの場 (日本電産の例等)</li> <li>自社の技術に関る全体像を示すことの重要性</li> </ul></li> </ol></li> <li>「戦略的技術コミュニケーション」に向けての体制 <ol> <li>体制を考える上での技術コミュニケーションの重要要素 <ul> <li>技術コミュニケーションは今後重要な役割を担う</li> <li>技術コミュニケーションは新しいコンセプト</li> <li>関連個別活動は広く社内に分散している</li> </ul></li> <li>戦略的技術コミュニケーションに求められる要件</li> <li>技術コミュニケーション強化に向けての取組み例 <ul> <li>エレクトロニクスA社</li> <li>素材系企業B社</li> <li>富士フイルム</li> </ul></li> <li>強力な布陣のオープンイノベーション推進部署を設立</li> <li>トライアル・アンド・エラーの学習を行う覚悟の重要性</li> </ol></li> <li>参加者間でのディスカッション <ul> <li>テーマ:「技術広報活動の推進上の課題」</li> </ul></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7739"><span itemprop="name">浪江 一公</span></a> 氏 <div>ベクター・コンサルティング 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>5F 第3講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=29610&date=2018-11-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%BA%83%E5%A0%B1%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E6%B4%BB%E5%8B%95">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="38000">38000円</span> (税別) / 41,040円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/Discontinued" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29610&date=2018-11-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%BA%83%E5%A0%B1%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-11-02T17:55:09+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="20000">20000円</span> (税別) / 21,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/Discontinued" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29610&date=2018-11-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%BA%83%E5%A0%B1%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-11-02T17:55:09+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="20000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="38000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/Discontinued" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29610&date=2018-11-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%BA%83%E5%A0%B1%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-11-02T17:55:09+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29610&date=2018-11-09&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%BA%83%E5%A0%B1%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E5%85%B7%E4%BD%93%E7%9A%84%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT イノベーション コミュニケーション 研究開発 経営戦略 Fri, 28 Sep 2018 07:44:24 +0000 admin 29610 at https://tech-seminar.jp 技術開発戦略のための競合分析と競争戦略手法 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-10-18-%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%AB%B6%E5%90%88%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E6%89%8B%E6%B3%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 技術開発戦略のための競合分析と競争戦略手法</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~IoT, AIなどグローバルネットワークトレンドの中での競合の把握と戦略企画~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1725" rel="tag" title="新規事業計画">新規事業計画</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1887" rel="tag" title="経営計画">経営計画</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/28840/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=28840&date=2018-10-18&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%AB%B6%E5%90%88%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E6%89%8B%E6%B3%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/28840/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-10-18T12:30:00+09:00">2018年10月18日(木) 12時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-10-18T12:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-10-18T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-10-18T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>研究開発企画部門の方</li> <li>技術企画部門、技術開発部門の方</li> <li>製品・サービス開発部門の方</li> <li>新事業企画開発部門の方</li> <li>経営企画部門の方</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>競合分析、競争戦略企画のプロジェクト体制のつくり方</li> <li>3階層の競合の情報収集分析手法</li> <li>競合戦略のための事業環境分析</li> <li>自社の強みをベースとした競争戦略</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 開発や事業の意義詰まりの原因として競合を意識しないことが挙げられます。事業とは市場において顧客の需要を競合他社と奪い合う、ゲームです。常に競合との格差化を考え、実行しなければなりません。その格差化は単に製品・サービスだけでなく、バリュー・チェーン、さらにはエコシステム・ビジネスモデルの階層まで考えたものでなければなりません。またその競争も事業環境の変化を前提としたものが求められます。<br />  本プログラムは、競合分析と、事業環境の変化を前提とした競争戦略を、体系的、実践的に解説するものです。事業部門のみならなす、開発部門、スタッフ部門の方にも実践的に学習していただけます。</p> <ol> <li>事例にみる競争戦略の失敗要因 <ul> <li>原因1:強すぎる内部志向</li> <li>原因2:行き過ぎた顧客志向</li> <li>原因3:異業種からの参入に対するシナリオ不足</li> <li>原因4:エコシステム・ビジネスモデルレベルの競合認識の甘さ</li> <li>原因5:新興国競合企業を軽視する傾向</li> <li>原因6:競合情報の収集・分析機能 (コンペティティブ・インテリジェンス) の弱さ</li> </ul></li> <li>グローバルネットワーク社会での競争戦略コンセプト <ul> <li>競争の背景となる環境変化を読むのは難しい</li> <li>キーとなる3つの環境変化 <ul> <li>ネットワーク化</li> <li>共通プラットフォーム化</li> <li>多次元的グローバル化</li> </ul></li> <li>グローバルネットワーク社会での3つの競争戦略コンセプト <ul> <li>コンセプト1:競争体質作りの為の創発型組織とその取組み</li> <li>コンセプト2: 3階層での競争戦略企画 <ul> <li>エコシステム・ビジネスモデル</li> <li>バリュー・チェーン</li> <li>製品・サービス</li> <li>なぜ3階層での競争戦略企画なのか</li> <li>3階層連動競争戦略の位置づけ</li> <li>3階層連動競争戦略のコンセプト</li> <li>3階層連動競争戦略のこれまでの戦略コンセプトとの違い</li> <li>業界を超え、新産業を創造する3階層連動競争戦略</li> <li>エコシステム・ビジネスモデル階層の理解</li> <li>バリュー・チェーン階層の理解</li> <li>製品・サービス階層の理解</li> <li>3階層連動競争戦略の主なモデル</li> </ul></li> <li>コンセプト3: 3階層での競争環境シナリオ分析 <ul> <li>競争環境シナリオを分析することの重要性</li> <li>PEST分析などのマクロ環境分析はなぜ活かされないのか</li> <li>3階層での競争環境シナリオ分析とは</li> <li>常に変化する競争環境シナリオを前提にした意思決定とアクション</li> <li>組織学習の重要性</li> </ul></li> </ul></li> </ul></li> <li>競争戦略企画のステップと実践方法 <ul> <li>競争戦略企画の全体像とステップ</li> <li>ステップ1:自社の現状分析と競争戦略仮説</li> <li>ステップ2:競合となる業界、企業の特定</li> <li>ステップ3:エコシステム・ビジネスモデルでの競合ベンチマーク分析</li> <li>ステップ4:バリュー・チェーンでの競合ベンチマーク分析</li> <li>ステップ5:製品・サービスでの競合ベンチマーク分析</li> <li>ステップ6:3階層連動での競合ベンチマーク分析</li> <li>ステップ7:事業環境シナリオ分析</li> <li>ステップ8:競合の将来戦略シナリオ分析</li> <li>ステップ9:自社の競争成功要因分析</li> <li>ステップ10:異業種ベンチマーキング</li> <li>ステップ11:戦略目標の設定と競争戦略企画</li> <li>ステップ12:競合リアクションの想定と実行策</li> </ul></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%95%86%E5%B7%A5%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6">商工情報センター カメリアプラザ</a> <p>9F 研修室</p> <meta itemprop="name" content="商工情報センター カメリアプラザ" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5626-0021" /> <meta itemprop="url" content="http://www.kcf.or.jp/kameido/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="136-0071" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">江東区</span> <span itemprop="streetAddress">亀戸2-19-1</span> カメリアプラザ 9F </div> <a href="/node/2330"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都江東区亀戸2-19-1&amp;markers=東京都江東区亀戸2-19-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="商工情報センター カメリアプラザの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=28840&date=2018-10-18&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%AB%B6%E5%90%88%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E6%89%8B%E6%B3%95">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="46278">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=28840&date=2018-10-18&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%AB%B6%E5%90%88%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E6%89%8B%E6%B3%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-07-28T22:58:23+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引について</h3> <p>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。<br /> 案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。<br /> 複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。</p> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)</li> </ul></li> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=28840&date=2018-10-18&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%AB%B6%E5%90%88%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89%E6%88%A6%E7%95%A5%E6%89%8B%E6%B3%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> MOT マーケティング 新規事業計画 経営戦略 経営計画 Sat, 28 Jul 2018 13:58:23 +0000 admin 28840 at https://tech-seminar.jp 研究開発マネジメントの基礎、全体像とその活動 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-10-16-%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 「価値づくり」を実現し、継続的に収益を生み出す</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 研究開発マネジメントの基礎、全体像とその活動</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~市場起点、コア技術戦略、オープンイノベーションによる三位一体の研究開発~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/46" rel="tag" title="イノベーション">イノベーション</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/29365/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29365&date=2018-10-16&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/29365/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-10-16T10:30:00+09:00">2018年10月16日(火) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-10-16T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-10-16T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-10-16T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>研究開発部門、研究企画、技術企画、経営企画、商品企画などの部門の方</li> <li>研究開発組織の変革に関心のある方</li> <li>コア技術戦略の実行を検討中の方</li> <li>オープン・イノベーションの担当者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>価値づくりを実現するための具体的な活動</li> <li>ものづくりの問題点</li> <li>研究開発担当者に求められる市場起点の具体的活動</li> <li>コア技術の理解とその設定法・強化法</li> <li>オープン・イノベーションの成功に向けた施策</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 日本企業は、過去20年間停滞を経験してきました。一方で、海外企業に目を向けると、この20年間で、多くの新興国企業が成長し、欧米の優良企業は本質的な経営変革を実行し、数多くのベンチャー企業が生まれ成功してきました。私は、日本企業の停滞の原因は、誤解を恐れずに言えば、「ものづくり」への強い固執にあると考えています。多くの場合、「ものづくり」とは、市場価値が低下しつつある自己の従来の強みへの拘泥であり、自己の「視野狭窄」を生み 出してきているからです。<br />  企業は、その本質において、「顧客が享受する価値に対して支払う対価」を源泉に存続しています。したがって、企業が目を向けるべきは、直接的に、顧客が享受する「価値」です。企業にとってこの「価値」を継続的に創出すること、すなわち「価値づくり」が、その本来的使命であるはずです。そして、研究開発部門は、この「価値づくり」において先導的・主導的な役割を担わなければなりません。<br />  この「価値づくり」を成功させ収益を継続的に拡大するためには、研究開発部門における「市場起点の思考と活動」、「コア技術戦略の実行」そして「オープン・イノベーションの徹底」の3つの戦略イニシャティブを有機的・相乗効果的に三位一体で組み合わせ、そしてそれらを強力に展開することが重要です。<br />  本セミナーでは、以上のような「価値づくり」に向けての三位一体の研究開発の必要性の背景と、その構造と内容を紹介した後、具体的にどのような活動を行うことが必要なのかを、様々な事例を交えながら説明をしていきます。</p> <ol> <li>はじめに <ul> <li>日本企業の大きな問題点:ものづくり経営?</li> <li>米国企業の『価値づくり』の追求 (GEの例)</li> <li>日立の研究開発体制の改革:『価値づくり』へ</li> </ul></li> <li>なぜ『価値づくり』なのか <ul> <li>『価値づくり』の定義</li> <li>「価値づくりへの脱皮」が求められる6つの大きな背景 <ul> <li>顧客は享受する価値に対し対価を支払う</li> <li>顧客は常に充足されない潜在ニーズを持つ (アマゾンのドローン活用例)</li> <li>常に『非顧客』が存在する</li> <li>新興国企業の台頭による既存価値追求競争の限界 (韓国化粧品企業などの例)</li> <li>従来の「ものづくり」の発想では発展・成長はない</li> <li>『価値づくり』の前提のオープンイノベーションが格段に容易に</li> </ul></li> </ul></li> <li>日本企業の大きな問題点:「ものづくり」への固執 <ul> <li>「ものづくり」の関心領域:製品や技術</li> <li>台湾・中国の金型技術力の向上の例</li> <li>「a solution without a problem (問題のない解決策) 」</li> <li>『価値づくり』の視野 vs. 『ものづくり』の視野</li> </ul></li> <li>『価値づくり』への『三位一体型』研究開発マネジメントとは <ul> <li>『価値づくり』は継続的な収益拡大を実現する</li> <li>『価値づくり』のための三位一体の研究開発とは</li> <li>「市場起点の思考と活動」が必要とされる理由</li> <li>「オープンイノベーションの徹底」が必要とされる理由</li> <li>「コア技術戦略の追求」が必要とされる理由</li> <li>『価値づくり』のための三位一体の研究戦略の全体像</li> </ul></li> <li>『価値づくり』の視点を持つ <ul> <li>『価値づくり』における研究開発部門の役割 (日立製作所、三菱ケミカル、富士フイルムの例)</li> <li>『価値づくり』の研究開発部門における現状</li> <li>顧客がどのような点に価値を認識するかの理解の必要性</li> <li>顧客は自社のQCDだけで買うのでは決してない</li> <li>『価値づくり』の拡大の視点: VACESモデル (日本触媒、シマノ、帝人、GE、東洋電機、3M、テトラパック、コマツ等の例)</li> </ul></li> <li>市場起点の思考と活動 <ul> <li>「市場起点の思考と活動」の位置付</li> <li>革新的テーマ創出のメカニズム</li> <li>スパークの原料の「市場知識」の強化活動</li> <li>なぜ『顧客』起点ではなく、『市場』起点なのか</li> <li>「市場起点の思考と活動」の企業事例 (本田宗一郎、花王、資生堂の例など)</li> <li>研究者は蛸壺から出でよ!</li> <li>市場・顧客を理解する3軸、TADとそのための具体的活動 (島津製作所、シマノ、IBMの20%ルール等の他)</li> <li>研究開発部門の市場起点の思考と活動のための具体的方策 (マーケティング強化、ステージゲートプロセスの導入等)</li> </ul></li> <li>コア技術戦略の追求 <ul> <li>「コア技術戦略の追求」の位置付 <ul> <li>自社の存在価値の発揮のない展開では早晩他社に負ける</li> <li>スパークの原料の「技術知識」の強化策として</li> </ul></li> <li>コア技術戦略とは</li> <li>コア技術設定の企業事例 (3M、クレハ、富士フイルム、東レ等)</li> <li>コア技術は戦略思考・未来志向で設定する</li> <li>コア技術の選定軸</li> <li>コア技術の選定軸と三位一体モデルとの関係</li> <li>コア技術による「市場起点の思考と活動」の促進 (日立、キヤノンの例)</li> <li>「市場起点の思考と活動」による新たなコア技術の発見</li> <li>コア技術の設定プロセス</li> <li>コア技術設定上の注意点</li> </ul></li> <li>「オープンイノベーションの徹底」 <ul> <li>「オープンイノベーションの徹底の」の位置付</li> <li>オープンイノベーションとは</li> <li>オープンイノベーションが必要とされる背景</li> <li>オープンイノベーションの多様性とその類型 <ul> <li>類型 (1) :何を大きな目的として</li> <li>類型 (2) :イノベーションの発生の場は</li> <li>類型 (3) :具体的に何を求めて</li> <li>類型 (4) :誰と</li> <li>類型 (5) :どのような関係性の下</li> <li>類型 (6) :どのように実現</li> </ul></li> <li>他の要素との相乗効果 <ul> <li>市場起点の思考と活動によるオープンイノベーション対象者の発見</li> <li>市場思考の思考・活動による市場理解の視野の拡大 (IHIの例)</li> <li>コア技術によるオープンイノベーション機会増大 (富士フイルムの例)</li> <li>オープンイノベーションにおけるコア技術による収益確保</li> <li>オープンイノベーションによるコア技術の強化と補完 (コンチネンタル、オリンパスの例)</li> </ul></li> <li>外部パートナー探索2つの方向性</li> <li>自社が個別に外部を探す (P&amp;G、コニカミノルタ、ソフトバンク、ナインシグマ、エルゼビア等)</li> <li>外部に積極的に探される <ul> <li>自社保有技術の開示・発信法 (富士フイルム、GE、3M、ホンダ等)</li> </ul></li> <li>オープンイノベーション実現の阻害要因 <ul> <li>取引コスト</li> <li>心理的抵抗</li> </ul></li> <li>オープンイノベーションの成功に向けて打つべき10の施策</li> </ul></li> <li>最後に</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7739"><span itemprop="name">浪江 一公</span></a> 氏 <div>ベクター・コンサルティング 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>4F 第1特別講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=29365&date=2018-10-16&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29365&date=2018-10-16&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-09-09T17:16:21+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29365&date=2018-10-16&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-09-09T17:16:21+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29365&date=2018-10-16&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-09-09T17:16:21+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29365&date=2018-10-16&title=%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%80%81%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT イノベーション 研究開発 経営戦略 Sun, 09 Sep 2018 08:16:21 +0000 admin 29365 at https://tech-seminar.jp IoT・AI 開発・導入における共同研究開発の進め方、留意点 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-10-16-IoT%E3%83%BBAI-%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9%E3%80%81%E7%95%99%E6%84%8F%E7%82%B9 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> IoT・AI 開発・導入における共同研究開発の進め方、留意点</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/212" rel="tag" title="知的財産">知的財産</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/46" rel="tag" title="イノベーション">イノベーション</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/400" rel="tag" title="共同研究契約">共同研究契約</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1725" rel="tag" title="新規事業計画">新規事業計画</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/28976/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=28976&date=2018-10-16&title=IoT%E3%83%BBAI+%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9%E3%80%81%E7%95%99%E6%84%8F%E7%82%B9">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/28976/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、IoT・AI 開発・導入における共同研究開発について、提携先の探し方・選定・契約・実施の留意点について解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-10-16T10:00:00+09:00">2018年10月16日(火) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-10-16T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-10-16T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-10-16T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <h4>第1部. 人工知能開発における大学との共同研究の進め方、留意点</h4> <p>(2018年10月16日 10:00〜11:30)</p> <p> 富士通研究所では国内・海外の大学や研究機関と様々な形でAIに関する共同研究を進めている。共同研究には大きく分けて、我々の研究領域であるAI技術の研究開発を加速するためにAIの研究者と行う共同研究、社会受容性などAIを社会に普及させるためのAI以外の課題を解決するために社会科学等の異分野の研究者との学際的な研究、医療等の特定の領域へのAIの適用を進めるためにその領域の専門家と行う共同研究、長期的な視野にたった基礎研究の4つのタイプがある。<br />  本講演ではそれぞれのタイプについて我々が行ってきた共同研究を紹介するとともに、企業からみた大学への期待や共同研究を進めるうえで直面した課題について述べる。また近年のAIにおいてはデータの重要性が高まっているが、その権利や利用するうえでの制約等の新しい課題についても述べる。</p> <ol> <li>富士通研の人工知能の取り組み</li> <li>富士通研究所における人工知能研究</li> <li>企業における人工知能研究とオープンイノベーションへの期待</li> <li>人工知能に関するオープンイノベーションの4つのタイプ <ol> <li>タイプ1:AI技術自体の研究加速に関する共同研究の実例と課題</li> <li>タイプ2:AIを普及させるための学際的な共同研究の実例と課題</li> <li>タイプ3:AIを特定領域への適用を進めるための共同研究の実例と課題</li> <li>タイプ4:長期的かつ基礎的な共同研究の実例と課題</li> </ol></li> <li>新しい課題:データや学習結果等の技術以外の成果物の扱い</li> <li>まとめ:これからの人工知能研究のあり方について</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第2部. IoT・AI開発におけるオープン・イノベーション戦略</h4> <p>~国内外企業、スタートアップとの戦略的提携・共同開発の留意点~</p> <p>(2018年10月16日 12:15〜14:15)</p> <p> IoT・AIといった破壊的技術を取込んで新規事業創造を目指す企業が増えている。本講義では、ターゲット分野として「モビリティの未来」と「健康・ヘルスケア等のライフ分野」を事例分野として取り上げて、事業実現に向けたオープン・イノベーション戦略を検証する。 「モビリティの未来」では、モビリティをクルマに留まらず (のりもの+まちづくり+ライフ) にまで拡げて議論する。バリューチェーンの従来のプレーヤー (完成車メーカーとメガサプライヤー) に加えてITサービス、AI半導体にまで拡げて検証する。自動運転の先に見える未来を実現し「モビリティの未来」でのリーダーシップを握る為に、IoT・AIベンチャーとのWinWinの関係に基づく協業の枠組みをどう構築するのかを議論する。また「健康・ヘルスケア」においてはIoT・AIベンチャーが与えた影響を検証して、世界のメガファーマが医療×IoT・AIでベンチャーとの協業で目指すトータルソリューションビジネスについて議論して、IoT・AIを基軸としてスタートアップとの協業が生み出す革新的新事業創造のプロセスに関して検証する。</p> <ol> <li>IoT・AI開発の世界動向とスタートアップ・ベンチャーVS大手企業</li> <li>IoT・AI技術のロードマップと市場ロードマップ</li> <li>市場化戦略マトリックスの作成プロセス</li> <li>戦略マップからの「オープン・イノベーション」戦略策定の仕方</li> <li>IoT・AI開発に向けたオープン・イノベーションの仕組みの作り方</li> <li>提携の種類、仕組み、契約方法について</li> <li>IoT・AI開発における提携先の探し方、選び方</li> <li>IoT・AI関連企業、スタートアップとの提携と留意点</li> <li>海外スタートアップ、ベンチャーの探し方、選び方</li> <li>海外のベンチャー、大学との提携の留意点</li> <li>IoT・AI開発に向けてオープン・イノベーションの進化</li> <li>オープン・イノベーションの真髄に迫る6つのホットトピック <ol> <li>イノベーションセンター・フューチャーセンターを基軸とした共創</li> <li>SDGs社会課題をもとにした事業戦略構築</li> <li>成果を出すオープン・イノベーションの仕組み創り</li> <li>スタートアップ・ベンチャー企業の革新的アイデア・ビジネスモデルとの協業</li> <li>モビリティの未来 (のりもの+まちづくり+ライフ)</li> <li>健康・ヘルスケア等のライフ分野における新事業創造</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>第3部. AI開発における共同開発契約の留意点</h4> <p>(2018年10月16日 14:30〜16:30)</p> <p> AI技術を利用したソフトウェアの共同研究開発契約については、その成果物の法的な位置づけが必ずしも明確ではなく、契約プラクティスが確立していないことが現状である。この点、AI技術を利用したソフトウェアの開発業務委託に関しては、経済産業省より公表された「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」において検討がされているものの、共同開発契約においてはその性質を踏まえた特有の検討を行う必要がある。<br />  そこで、同ガイドラインの内容を踏まえつつも、共同開発契約において特に留意すべき点を検討・解説する。</p> <ol> <li>AIに関する技術的な整理 <ol> <li>AIとは何か</li> <li>AI技術の実用化過程</li> <li>従来型のソフトウェアとの違い</li> </ol></li> <li>AI開発において一般的に留意すべき事項 <ol> <li>知的財産権に関する整理 <ol> <li>データ</li> <li>プログラム</li> <li>ノウハウ</li> </ol></li> <li>権利帰属と利用条件の設定</li> </ol></li> <li>共同開発契約における留意点 <ol> <li>共同開発の進め方と留意点</li> <li>具体的な交渉ポイント <ol> <li>生データ</li> <li>学習用データセット</li> <li>学習用</li> <li>学習済みモデル</li> <li>ノウハウ</li> </ol></li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/28974"><span itemprop="name">湯上 伸弘</span></a> 氏 <div>株式会社 富士通研究所 人工知能研究所 </div> <div>シニアディレクター</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/19492"><span itemprop="name">松本 毅</span></a> 氏 <div>株式会社 ナインシグマ・ジャパン</div> <div>ヴァイスプレジデント</div> </div> </li> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/28975"><span itemprop="name">松下 外</span></a> 氏 <div>弁護士法人イノベンティア </div> <div>弁護士</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%8D%94%E4%BC%9A">株式会社 技術情報協会</a> <meta itemprop="name" content="株式会社 技術情報協会" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5436-7744" /> <meta itemprop="url" content="http://www.gijutu.co.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="141-0031" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">西五反田2-29-5</span> 日幸五反田ビル8F </div> <a href="/node/15011"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;markers=東京都品川区西五反田2-29-5&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="株式会社 技術情報協会の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/gijutu.co.jp">株式会社 技術情報協会</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=28976&date=2018-10-16&title=IoT%E3%83%BBAI+%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9%E3%80%81%E7%95%99%E6%84%8F%E7%82%B9">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="60000">60000円</span> (税別) / 64,800円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=28976&date=2018-10-16&title=IoT%E3%83%BBAI+%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9%E3%80%81%E7%95%99%E6%84%8F%E7%82%B9" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-08-07T10:04:25+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="55000">55000円</span> (税別) / 59,400円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=28976&date=2018-10-16&title=IoT%E3%83%BBAI+%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9%E3%80%81%E7%95%99%E6%84%8F%E7%82%B9" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-08-07T10:04:25+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="55000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="60000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/gijutu.co.jp/seminar?id=28976&date=2018-10-16&title=IoT%E3%83%BBAI+%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9%E3%80%81%E7%95%99%E6%84%8F%E7%82%B9" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-08-07T10:04:25+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講割引について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=28976&date=2018-10-16&title=IoT%E3%83%BBAI+%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%85%B1%E5%90%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%80%B2%E3%82%81%E6%96%B9%E3%80%81%E7%95%99%E6%84%8F%E7%82%B9">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> 知的財産 MOT イノベーション 共同研究契約 新規事業計画 研究開発 経営戦略 Thu, 02 Aug 2018 23:23:17 +0000 admin 28976 at https://tech-seminar.jp 市場・製品・技術ロードマップの組織的かつ体系的な作成プロセスと成功のポイント https://tech-seminar.jp/seminar/2018-10-10-%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> これからはじめる</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 市場・製品・技術ロードマップの組織的かつ体系的な作成プロセスと成功のポイント</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~「顧客に価値を」「自社に高収益を」もたらすために~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">京都府 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/638" rel="tag" title="事業ロードマップ">事業ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/461" rel="tag" title="技術開発">技術開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/29133/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29133&date=2018-10-10&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/29133/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-10-10T10:30:00+09:00">2018年10月10日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-10-10T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-10-10T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-10-10T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>ロードマップ作成のための活動の全体体系</li> <li>実際のロードマップ作成に取り組む以前の必要要件</li> <li>ロードマップでカバーすべき項目</li> <li>実際ロードマップ作成の具体的方法</li> <li>ロードマップ作成成功のポイント</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 今、新興国の企業は日本企業の経営や技術を徹底して研究し、それまでリードしてきた日本企業を追い上げ、 既に多くの分野で日本企業を凌駕する状況が生まれています。 日本企業が、欧米企業はもとより、このようなますます厳しくなる新興国の企業との競争に勝つためには、研究開発においても同じ土俵で研究開発を競うのではなく、これら競合企業に先んじて 革新的なテーマを継続的に創出し取り組むことが極めて重要になってきています。<br />  そのための有効な方法が、長期の視点を持ち、市場の行く末を今から想定し、周到な準備を行い、またその上で、同時に市場の動きをモニターしながら、タイムリーに計画を調整・変更することが必要となります。ロードマップ作成はまさにこのような活動を、体系的組織的に行うための方法論です。<br />  本セミナーでは、どう体系的、組織的にロードマップ作成を行うか について、市場を見る視点、製品アイデアを創出するための顧客価値の見つけ方など、実際のロードマップ作成の過程で重要になる考え方を紹介し、また実際の作成ワークシートなどを提示しながら、意味あるロードマップを作成するための具体的な方法を議論をしていきます。今回ロードマップ作成において、もっとも重要な部分である製品ロードマップについては、演習により、理解を深めていただきます。</p> <ol> <li>はじめに<br /> “Roadmapping is more important than roadmaps.”</li> <li>なぜ今ロードマップなのか? <ol> <li>21世紀の日本の産業界の現実</li> <li>日本企業が行く道</li> <li>先進企業はどうしているか? (東レ、トヨタ)</li> <li>ロードマップの意義</li> <li>日本企業の現実 <ul> <li>「長期でテーマを考える余裕などはない」 (機械メーカー)</li> <li>「忙しく髪を振り乱して働いている人間が本来の仕事をしているとは限らない」 (日立)</li> <li>「火事場に乗り込み難題を解決するマネジャーは「いい仕事をした」と鼻高々かもしれませんが、 Pの部分がいいかげんなままですから、また同じような事態を必ずくりかえします。 」 (マツダ)</li> </ul></li> <li>将来を見据えての施策が最終的に目前の収益として結実する</li> </ol></li> <li>ロードマップとは? <ol> <li>「違いを作って、つなげる」ことで長期的利益を実現</li> <li>ロードマップの重要な注意点</li> <li>ロードマップの目的と要件</li> <li>長期的視野での目標の設定とテーマ・マネジメントへのインプット</li> <li>市場起点 <ul> <li>MPTモデル</li> <li>T1P1MP2T2モデル</li> <li>長期の市場の大きな流れに乗る</li> </ul></li> <li>関係者の意思・意図・英知の結集 <ul> <li>集団の英知の利用</li> <li>Boys! Be ambitious! Girls! Be ambitious!</li> <li>東レの炭素繊維の例</li> </ul></li> <li>事業ビジョン <ul> <li>Googleの例</li> </ul></li> <li>過去のアンラーニング <ul> <li>既存の固定的思考が制約となる</li> <li>固定的思考の払拭:アンラーニング</li> <li>日本企業は発散思考が苦手</li> </ul></li> <li>目標実現のための時間の確保と確実な実行</li> <li>目標達成に向けての英知と経営資源の結集</li> </ol></li> <li>ロードマップの作成プロセスの全体像 <ol> <li>市場を起点とする</li> <li>技術を起点としない</li> <li>公開技術ロードマップは参考に</li> <li>「自社の強みを活用してこんなテーマを展開しよう!」はあって良い</li> <li>仮説と検証のサイクルを回すことの重要性</li> <li>事業ビジョンの議論</li> <li>過去のアンラーニング</li> <li>ロードマップ作成の全体プロセス</li> </ol></li> <li>ステップ1:事業ミッションの議論 <ol> <li>事業ビジョンと事業ミッションの関係</li> <li>事業ミッションがないと&#8230;</li> <li>東レ/JINの事業ミッションの例</li> <li>事業ミッションの要件 (東レの炭素繊維)</li> </ol></li> <li>ステップ2:過去のアンラーニング <ol> <li>Out &#8211; of &#8211; the &#8211; box思考</li> <li>過去のアンラーニングの手法:「ばかり」分析</li> <li>組織の不文律の存在</li> <li>メンバーに固定的思考を外そうとする姿勢醸成の儀式</li> </ol></li> <li>ステップ3:市場ロードマップの作成 <ol> <li>市場ロードマップの重要性</li> <li>市場ロードマップの良く見られる4つの問題点 <ul> <li>問題1:既存の延長線上で市場を見る</li> <li>問題2:通り一遍なマクロ環境分析</li> <li>問題3:既存の顧客しか見ていない</li> <li>問題4:顕在ニーズしか見ていない</li> </ul></li> <li>市場を見る視点の重要性と3つの軸『TAD』 時間軸、分野軸、深度軸それぞれを見る手法 <ul> <li>マクロ環境分析</li> <li>顧客の講義の市場全体に目を向ける</li> <li>顧客の製品のライフサイクル全体を見る</li> <li>市場と直接の接点を持つ</li> </ul></li> <li>日頃からの市場を理解する活動の重要性</li> <li>市場ロードマップの記述事項</li> </ol></li> <li>ステップ4:製品ロードマップの作成 <ol> <li>広い製品アイデア創出の視点の必要性と顧客価値 拡大モデル <ul> <li>問題:市場ロードマップと製品ロードマップの遊離</li> <li>本問題の対処法としての顧客価値拡大モデル</li> </ul></li> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル &#8211; B2B製品の例) <ul> <li>Value : 顧客自身の製品・サービスの提供価値向上</li> <li>Anxiety : 顧客の懸念・面倒の払拭</li> <li>Cost : 顧客の『全体』コスト低減</li> <li>Empowerment : 顧客社員の作業環境や能力の向上</li> <li>Society : 顧客の社会的価値向上</li> </ul></li> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル &#8211; B2C製品の例)</li> <li>新市場ニーズ・既存市場ニーズの製品アイデアへの展開 <ul> <li>対象市場セグメントとは</li> <li>顧客価値とは</li> <li>製品とは</li> <li>製品の中核機能とその水準とは</li> </ul></li> <li>対象製品アイデアの評価・選択の方法 <ul> <li>製品アイデアの評価軸</li> <li>製品ロードマップ作成ワークシート</li> </ul></li> </ol></li> <li>ステップ5:技術ロードマップの作成 <ol> <li>技術ロードマップの記載事項 <ul> <li>「どんな技術が必要か?」:中核技術</li> <li>「中核技術」の「中核技術実現オプション」への展開</li> <li>Value Graphの利用</li> <li>対象「中核技術実現オプション」の評価・選択</li> <li>技術ロードマップ作成ワークシート</li> </ul></li> <li>「中核技術実現オプション」の時間軸上への展開の注意点 <ul> <li>市場イベント・トレンドドリブン</li> <li>意欲的な開発期間の設定と収益</li> </ul></li> <li>時間軸の再調整</li> <li>全社・事業単位での技術ロードマップの統合</li> </ol></li> <li>ロードマップ作成後のテーマ・マネジメント法</li> <li>コア技術とロードマップの関係</li> <li>成功するロードマップ作成プロジェクトの進め方の要点</li> <li>演習 <ul> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル) 使った、製品ロードマップの作成に向けての製品アイデア創出</li> <li>20年後のトイレをテーマに</li> </ul></li> <li>最後に</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7739"><span itemprop="name">浪江 一公</span></a> 氏 <div>ベクター・コンサルティング 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF">京都リサーチパーク</a> <p>西地区 4号館 2F ルームB</p> <meta itemprop="name" content="京都リサーチパーク" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="600-8813" /> <span itemprop="addressRegion">京都府</span> <span itemprop="addressLocality">京都市</span> <span itemprop="streetAddress">下京区中堂寺南町134</span> </div> <a href="/node/2314"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=京都府京都市下京区中堂寺南町134&amp;markers=京都府京都市下京区中堂寺南町134&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="京都リサーチパークの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=29133&date=2018-10-10&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29133&date=2018-10-10&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-08-30T21:23:10+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29133&date=2018-10-10&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-08-30T21:23:10+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=29133&date=2018-10-10&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-08-30T21:23:10+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=29133&date=2018-10-10&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT マーケティング 事業ロードマップ 技術ロードマップ 技術開発 研究開発 経営戦略 Thu, 30 Aug 2018 12:23:10 +0000 admin 29133 at https://tech-seminar.jp 中堅製薬会社の生存戦略と妥当・有効な研究テーマの方向性 / FIC (ファースト・イン・クラス) とBIC (ベスト・イン・クラス) の考え方・リスク https://tech-seminar.jp/seminar/2018-08-31-%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7-FIC-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%81%A8BIC-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 中堅製薬会社の生存戦略と妥当・有効な研究テーマの方向性 / FIC (ファースト・イン・クラス) とBIC (ベスト・イン・クラス) の考え方・リスク</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~中堅製薬業のリスク配分とは~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/28699/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=28699&date=2018-08-31&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7+%2F+FIC+%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%A8BIC+%28%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/28699/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、中堅製薬会社特有の事情を新たな視点で考察し、その生存のための戦略と大方針、集中すべき研究テーマの方向性について解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-08-31T13:00:00+09:00">2018年8月31日(金) 13時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-08-31T13:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-08-31T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-08-31T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>中堅製薬会社を取り巻く現状と、新しい視点</li> <li>モデルとする企業、モデルとしないほうがいい企業</li> <li>中堅製薬業のリスク配分とは</li> <li>狙うべき創薬のターゲット</li> <li>各種決断のタイミングとは</li> <li>適応拡大という魔法」</li> <li>中堅製薬会社に求められる組織とは</li> <li>中堅製薬会社特有の事情を新たな視点で考察し、その生存のための戦略と大方針</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 製薬業界は今後も堅調な成長が期待される製造業であるものの、新薬創出と医療費削減への圧力、新しい技術の誕生という変化が訪れている。この状況下、中堅製薬会社は戦略を選択し集中せねばならない。本講座では、中堅製薬会社特有の事情を米国の中堅製薬会社を参考に新たな視点で考察し、その生存のための戦略と集中すべき妥当で有効な研究事業の方向性を議論する。</p> <ol> <li>中堅製薬会社のおかれた現状 <ol> <li>政策:新薬創出と医療費削減への圧力</li> <li>社会:少子高齢化</li> <li>技術:新技術・新潮流</li> <li>製薬業界の機会</li> <li>製薬業界の脅威</li> <li>製薬会社も、結局は製造業の1種である</li> </ol></li> <li>中堅製薬会社のビジネスモデル8種 <ol> <li>投資実績から読み解く製薬業界のビジネスモデル <ol> <li>キャピタルゲインを主とする成長ビジネスモデル</li> <li>インカムゲインを主とする成長ビジネスモデル</li> <li>製薬会社のビジネスモデルは8種以上ある</li> </ol></li> <li>海外の中堅製薬会社にみる中堅製薬会社のビジネスモデル <ol> <li>日本の中堅製薬会社が参考とすべきは、米国の中堅製薬会社</li> <li>米国中堅製薬会社のビジネスモデルは主に3種に集約される</li> </ol></li> <li>中堅製薬会社のはたしている役割</li> <li>ニッチの王としての中堅製薬会社:現状を維持するか</li> <li>製造業としての中堅製薬会社:規模の経済に勝てるか</li> <li>新薬メーカーとしての中堅製薬会社:新薬を創出できるか</li> <li>まとめ</li> </ol></li> <li>とるべき方向性とは <ol> <li>中堅製薬会社は成功した〇〇企業である <ol> <li>スペシャリティファーマ:疾患領域</li> <li>スペシャリティファーマ:地域</li> <li>スペシャリティファーマ:モダリティ</li> </ol></li> <li>モデルとしたい企業、モデルとしないほうがいい企業</li> <li>中堅製薬業のリスク配分とは <ol> <li>First-in-class (<span class="caps">FIC</span>) 、Best-in-class (<span class="caps">BIC</span>) 、Rest-in-class (<span class="caps">RIC</span>)</li> <li>BIC≠「最も性能の高い薬」</li> <li>意図的に創出できるのはFIC</li> <li>FICを計画的に創出するには</li> </ol></li> <li>選択と集中</li> <li>狙うべき創薬のターゲット <ol> <li>メガファーマになく、中堅製薬会社にあるもの</li> <li>バイオテク企業になく、中堅製薬会社にあるもの</li> <li>中堅製薬会社ビジネスモデルに合致した創薬ターゲットとは</li> </ol></li> <li>適応拡大という魔法</li> <li>まとめ</li> </ol></li> <li>方向性との全体整合性のまとめ <ol> <li>中堅製薬会社は大手製薬会社と生存戦略が異なる</li> <li>選択と集中によって、中堅は大手と共存できる</li> <li>大手製薬会社は中堅製薬会社を必要としている</li> <li>中堅製薬会社に求められる組織像とは</li> <li>まとめ</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答・名刺交換</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/12227"><span itemprop="name">中村 慎吾</span></a> 氏 <div>株式会社 Veritas In Silico</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E6%8C%AF%E8%88%88%E4%BC%9A%E9%A4%A8">機械振興会館</a> <p>地下3階 B3-6</p> <meta itemprop="name" content="機械振興会館" /> <meta itemprop="telephone" content="" /> <meta itemprop="url" content="" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="105-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">港区</span> <span itemprop="streetAddress">芝公園3-5-8</span> </div> <a href="/node/1732"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都港区芝公園3-5-8&amp;markers=東京都港区芝公園3-5-8&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="機械振興会館の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=28699&date=2018-08-31&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7+%2F+FIC+%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%A8BIC+%28%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="38000">38000円</span> (税別) / 41,040円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=28699&date=2018-08-31&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7+%2F+FIC+%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%A8BIC+%28%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-07-15T23:22:05+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="20000">20000円</span> (税別) / 21,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=28699&date=2018-08-31&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7+%2F+FIC+%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%A8BIC+%28%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-07-15T23:22:05+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="20000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="38000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=28699&date=2018-08-31&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7+%2F+FIC+%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%A8BIC+%28%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-07-15T23:22:05+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=28699&date=2018-08-31&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7+%2F+FIC+%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%A8BIC+%28%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%29+%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> 医薬品 研究開発 経営戦略 Sun, 15 Jul 2018 14:22:05 +0000 admin 28699 at https://tech-seminar.jp 技術戦略ロードマップの作成・利用における実践的ないくつかのポイント https://tech-seminar.jp/seminar/2018-05-23-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 技術戦略ロードマップの作成・利用における実践的ないくつかのポイント</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~形骸化しがちなマネージメントを実運用するための視線を持とう~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/27258/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=27258&date=2018-05-23&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/27258/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーは、技術戦略ロードマップを効果的に活用するためのポイントを実例を交えて解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-05-23T10:30:00+09:00">2018年5月23日(水) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-05-23T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-05-23T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-05-23T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>中長期的な研究開発戦略を推進することが求められる企業の経営者、マネージャー</li> <li>研究開発部門、企画部門、知財部門、標準化担当部署のリーダー/担当者</li> <li>研究開発ナショナルプロジェクトに参画する企業のマネージャー/担当者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>技術ロードマップの基礎知識</li> <li>自社・自部署の推進するプロジェクト全体像</li> <li>自プロジェクトと他社・他部署のプロジェクトの相対的な関係について俯瞰的な視点で議論できる情報</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> ロードマップ作成の教科書的な情報には、多くの方がこれまでに触れてきたと思う。しかし、実際の運用では思ったようには行かない。教科書的に説明されているロードマップの姿が理想的すぎて、現実の場面にそぐわないのである。<br />  ロードマップによる社内・部内マネージメントが期待通りに運用できないときに確認すべきポイントを断片的ではあるが紹介する。加えて、技術開発と並行しながら社会情勢を把握するとともに、標準化や規制などの社会システムとの関係もロードマップに取り入れていくべきである。技術者には、直接なじみの少ない政策的情報源なども紹介する。<br />  こうした豆知識が、実践的な場面において期待以上の効果を発揮するであろう。体系だった講座構成をあきらめ、より多くのポイントや実例を紹介する実践講座と捉えていただきたい。</p> <ol> <li>ロードマップは意思疎通ツールであるという意識共有 <ol> <li>情報共有のプラットフォーム <ul> <li>ロードマップの役割</li> </ul></li> <li>ポートフォリオは差別化のために <ul> <li>ポートフォリオの軸の例</li> </ul></li> <li>目的別の使い分け <ul> <li>戦略型ロードマップ</li> <li>広報型ロードマップ</li> <li>戦術型ロードマップ</li> </ul></li> <li>エントリーマーケットの探索 <ul> <li>エントリーマーケットの役割</li> </ul></li> <li>プロジェクト撤退の意思決定・説得材料として重要</li> </ol></li> <li>ロードマップ利用に伴うデメリットの回避 <ol> <li>公的ロードマップをどう捉えるか <ul> <li>経済産業省技術戦略マップについて</li> <li>欧州や米国の例との比較</li> </ul></li> <li>他社のロードマップを推定しようとする視点を持つ <ul> <li>フレームワーク</li> </ul></li> <li>社会システムとの整合性は考慮されているか <ul> <li>ロードマップとリスク管理は対で考える</li> </ul></li> </ol></li> <li>規制適正化や標準化戦略をロードマップに組み込むための参考実例 <ol> <li>熱交換型換気扇の例 <ul> <li>発明、特許化、業界標準、JIS化の時系列</li> <li>社会システムによる普及のバックアップ効果</li> <li>規格の付属書を戦略的に利用</li> </ul></li> <li>太陽光発電の例 <ul> <li>規制適正化によって市場化が可能になった事例</li> <li>事業者、消費者のそれぞれの視点から見た規制適正化の必要性</li> </ul></li> <li>政府機関の行動原理を理解しておこう <ul> <li>経済産業省における政策選定プロセスの例</li> <li>規制適正化プロセスの課題 (政策側、企業側)</li> </ul></li> </ol></li> <li>オープンイノベーション <ol> <li>ナショナルプロジェクトは利用した方が得 <ul> <li>公的研究機関の実情</li> <li>共同研究に向く研究者の見分け方</li> </ul></li> <li>日本型の強みを常に意識する習慣 <ul> <li>忍耐力を利用するシナリオを探せ</li> <li>自前主義を好循環させる工夫を考えよ</li> </ul></li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%95%86%E5%B7%A5%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6">商工情報センター カメリアプラザ</a> <p>9F 第2研修室 </p> <meta itemprop="name" content="商工情報センター カメリアプラザ" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5626-0021" /> <meta itemprop="url" content="http://www.kcf.or.jp/kameido/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="136-0071" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">江東区</span> <span itemprop="streetAddress">亀戸2-19-1</span> カメリアプラザ 9F </div> <a href="/node/2330"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都江東区亀戸2-19-1&amp;markers=東京都江東区亀戸2-19-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="商工情報センター カメリアプラザの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=27258&date=2018-05-23&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="46278">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=27258&date=2018-05-23&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-05-10T13:58:01+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引について</h3> <p>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。<br /> 案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。<br /> 複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。</p> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)</li> </ul></li> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=27258&date=2018-05-23&title=%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%BB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> MOT 技術ロードマップ 研究開発 経営戦略 Thu, 01 Mar 2018 14:23:18 +0000 admin 27258 at https://tech-seminar.jp 従業員が喜び、顧客が感動し、会社が儲かる 未来工業 株式会社 見学セミナー https://tech-seminar.jp/seminar/2018-05-23-%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B-%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 『働き方改革』のリーディングカンパニー 未来工業 株式会社 から学ぶ</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 従業員が喜び、顧客が感動し、会社が儲かる 未来工業 株式会社 見学セミナー</h1> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">愛知県 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/27081/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=27081&date=2018-05-23&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/27081/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-05-23T10:00:00+09:00">2018年5月23日(水) 10時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-05-23T10:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-05-23T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-05-23T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>『働き方改革』対策にお悩みの経営者・総務 (人事・管理) 部課長</li> <li>業務改革推進部署や改善活動事務局の方</li> <li>未来工業 株式会社 から学んだことを自社で実践してみたい意欲のある方 (職位不問)</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 現在法制化目前の『働き方改革』の要求レベルは非常に高く、経営者や主管部署である総務 (人事・管理) 部門を悩ませています。しかし当の昔にこれをクリアし、なおかつ高い利益率を誇る会社があります。それが未来工業 株式会社 です。同社の施策である社員全員正社員 (定年71歳) 、就業時間7時間15分、年間休日140日、残業・休日出勤禁止等は、同社が儲かっているからやっているのではありません。これをやっているから20年間経常利益5%以上という安定した業績を上げているのです。同社の経営方針はES (従業員満足度) 向上 → CS (顧客満足度) 向上 → 会社利益向上で、 (1) 従業員のやる気と能力の最大化、 (2) ムダ取り、 (3) 差別化の3つを、世間の想像をはるかに超えるレベルで徹底的に実施することによってそれを実現しています。<br />  この工場見学セミナーでは、「見える化」、ムダ取り、従業員のやる気と能力の最大化、人財育成、福利厚生、間接部門の極小化、5S、安全衛生等、様々な観点から同社の優れている点を解説していきます。同社とあなたの勤める会社との違いを認識していただいた後は、あなたの会社を未来工業 株式会社 のようにする方法についてお話しいたします。同社は従業員のやる気が会社利益に直結していることを深く認識しており、従業員をやる気にさせるための施策とマネジメントを徹底して行っています。これらは皆さんの会社でも必ず実施できます。<br />  当セミナーと他の未来工業見学セミナーとの一番の違いは、「自社とのあまりの違いにため息がでる」と「自社の目指すべき姿とそこに至るプロセスがわかり、やる気が出てくる」の違いにあります。いわゆる『未来工業本』や未来工業関係者の方からは決して学ぶことのできない内容が聞ける唯一のセミナーです。かつて一従業員の立場で『自社の未来工業化プロジェクト』に挑み大きな成果をあげた私の経験とノウハウは、必ずや皆様のお役にたつことでしょう。</p> <ol> <li>未来工業とは? <ol> <li>会社概要</li> <li>経営方針と社是</li> <li>同社の特長</li> </ol></li> <li>未来工業のどこがすごいのか? <ol> <li>従業員のやる気と能力を最大化する仕組み (人づくり)</li> <li>徹底したムダ排除 (小さな本社機能 (全社比の2.3%) 等)</li> <li>徹底した差別化戦略</li> </ol></li> <li>未来工業はなぜすごいのか? <ol> <li>日本人の正しいマネジメント方法を熟知している</li> <li>世間や業界の常識を盲信せず、自分の頭で考える</li> <li>よいと思ったことをすぐ実行できる (大幅な権限移譲)</li> </ol></li> <li>未来工業を正しく理解するためのポイント <ol> <li>経営品質</li> <li>従業員性善説</li> <li>すべては会社利益のために</li> </ol></li> <li>未来工業から何を学ぶべきか? <ol> <li>従業員のやる気向上 (人財育成) 方法</li> <li>ムダの排除</li> <li>決して他社と同じことをしない経営戦略</li> </ol></li> <li>あなたの会社を未来工業化する方法 <ol> <li>会社が儲かる3ステップとは?</li> <li>間接業務を「見える化」「最小化」「標準化」する</li> <li>従業員のやる気と能力を最大化するボトムアップ活動</li> </ol></li> <li>工場見学の見どころ解説</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol> <h4>スケジュール</h4> <ul> <li>10:00〜12:00 セミナー</li> <li>12:00〜12:30 昼食</li> <li>12:30〜13:30 バス移動</li> <li>13:30〜14:30 未来工業 株式会社 見学</li> <li>14:30〜15:30 セミナー</li> <li>15:30〜16:30 バス移動、名古屋駅解散</li> </ul> <h4>見学内容</h4> <p>見学内容は「本社構内及び工場構内」です。写真撮影はすべてOKです。<br /> 徹底したムダ排除や社員のやる気と能力を最大化するための工夫を目の当たりにして頂き、自社を「未来工業化」するためのヒントをご覧いただきます。</p></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E7%94%A3%E6%A5%AD%E5%8A%B4%E5%83%8D%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A1">愛知県産業労働センター ウインクあいち</a> <p>9F 907会議室</p> <meta itemprop="name" content="愛知県産業労働センター ウインクあいち" /> <meta itemprop="telephone" content="052-571-6131" /> <meta itemprop="url" content="winc-aichi.jp‎" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="450-0002" /> <span itemprop="addressRegion">愛知県</span> <span itemprop="addressLocality">名古屋市中村区</span> <span itemprop="streetAddress">名駅4丁目4-38</span> </div> <a href="/node/6360"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38&amp;markers=愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="愛知県産業労働センター ウインクあいちの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=27081&date=2018-05-23&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="46278">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=27081&date=2018-05-23&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-02-21T15:11:37+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="40000">40000円</span> (税別) / 43,200円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=27081&date=2018-05-23&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-02-21T15:11:37+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="40000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="46278円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=27081&date=2018-05-23&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-02-21T15:11:37+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引について</h3> <p>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。<br /> 案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。<br /> 複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 40,000円(税別) / 43,200円(税込) で受講いただけます。</p> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 86,400円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 129,600円(税込)</li> </ul></li> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=27081&date=2018-05-23&title=%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%8C%E5%96%9C%E3%81%B3%E3%80%81%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%81%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%97%E3%80%81%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%8C%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B+%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%B7%A5%E6%A5%AD+%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> 経営戦略 Wed, 21 Feb 2018 06:11:37 +0000 admin 27081 at https://tech-seminar.jp 市場起点×コア技術戦略×オープンイノベーションによる三位一体の研究開発マネジメントの基礎とその活動 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-04-27-%E5%B8%82%E5%A0%B4%E8%B5%B7%E7%82%B9%C3%97%E3%82%B3%E3%82%A2%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%C3%97%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%B8%89%E4%BD%8D%E4%B8%80%E4%BD%93%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 市場起点×コア技術戦略×オープンイノベーションによる三位一体の研究開発マネジメントの基礎とその活動</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~「ものづくり」から脱却し「価値づくり」をするための初めの一歩~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/46" rel="tag" title="イノベーション">イノベーション</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/27146/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=27146&date=2018-04-27&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E8%B5%B7%E7%82%B9%C3%97%E3%82%B3%E3%82%A2%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%C3%97%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%B8%89%E4%BD%8D%E4%B8%80%E4%BD%93%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/27146/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-04-27T10:30:00+09:00">2018年4月27日(金) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-04-27T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-04-27T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-04-27T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>研究開発部門、研究企画、技術企画、経営企画、商品企画などの部門の方</li> <li>研究開発組織の変革に関心のある方</li> <li>コア技術戦略の実行を検討中の方</li> <li>オープン・イノベーションの担当者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>『価値づくり』を実現するための具体的な活動</li> <li>『ものづくり』の問題点</li> <li>研究開発担当者に求められる市場起点の具体的活動</li> <li>コア技術とはの理解とその設定法</li> <li>オープン・イノベーションの様々の効果</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 日本企業は、過去20年間停滞を経験してきました。一方で、海外企業に目を向けると、この20年間で、多くの新興国企業が成長し、欧米の優良企業は本質的な経営変革を実行し、数多くのベンチャー企業が生まれ成功してきました。私は、日本企業の停滞の原因は、誤解を恐れずに言えば、「ものづくり」への強い固執にあると考えています。多くの場合、「ものづくり」とは、市場価値が低下しつつある自己の従来の強みへの拘泥であり、自己の「視野狭窄」を生み 出してきているからです。企業は、その本質において、「顧客が享受する価値に対して支払う対価」を源泉に存続しています。したがって、企業が目を向けるべきは、直接的に、顧客が享受する「価値」です。企業にとってこの「価値」を継続的に創出すること、すなわち「価値づくり」が、その本来的使命であるはずです。そして、研究開発部門は、この「価値づくり」において先導的・主導的な役割を担わなければなりません。<br />  この「価値づくり」を成功させ収益を継続的に拡大するためには、研究開発部門における「市場起点の思考と活動」、「コア技術戦略の実行」そして「オープン・イノベーションの徹底」の3つの戦略イニシャティブを有機的・相乗効果的に三位一体で組み合わせ、そしてそれらを強力に展開することが重要です。<br />  本セミナーでは、以上のような「価値づくり」に向けての三位一体の研究開発の必要性の背景と、その構造と内容を紹介した後、具体的にどのような活動を行うことが必要なのかを、様々な事例を交えながら説明をしていきます。</p> <ol> <li>はじめに <ol> <li>日本企業の大きな問題点:ものづくり経営?</li> <li>米国企業の『価値づくり』の追求 (GEの例)</li> <li>日立の研究開発体制の改革:『価値づくり』へ</li> </ol></li> <li>なぜ『価値づくり』なのか <ol> <li>『価値づくり』の定義</li> <li>「価値づくりへの脱皮」が求められる6つの大きな背景 <ul> <li>顧客は享受する価値に対し対価を支払う</li> <li>顧客は常に充足されない潜在ニーズを持つ (アマゾンのドローン活用例)</li> <li>常に『非顧客』が存在する</li> <li>新興国企業の台頭による既存価値追求競争の限界 (韓国化粧品企業などの例)</li> <li>従来の「ものづくり」の発想では発展・成長はない</li> <li>『価値づくり』の前提のオープンイノベーションが格段に容易に</li> </ul></li> </ol></li> <li>日本企業の大きな問題点:「ものづくり」への固執 <ol> <li>「ものづくり」の関心領域:製品や技術</li> <li>台湾・中国の金型技術力の向上の例</li> <li>「a solution without a problem (問題のない解決策) 」</li> <li>『価値づくり』の視野 vs. 『ものづくり』の視野</li> </ol></li> <li>『価値づくり』への『三位一体型』研究開発マネジメントとは <ol> <li>『価値づくり』は継続的な収益拡大を実現する</li> <li>『価値づくり』のための三位一体の研究開発とは</li> <li>「市場起点の思考と活動」が必要とされる理由</li> <li>「オープンイノベーションの徹底」が必要とされる理由</li> <li>「コア技術戦略の追求」が必要とされる理由</li> <li>『価値づくり』のための三位一体の研究戦略の全体像</li> </ol></li> <li>『価値づくり』の視点を持つ <ol> <li>『価値づくり』における研究開発部門の役割 <ul> <li>日立製作所の例</li> <li>三菱ケミカルの例</li> <li>富士フイルムの例</li> </ul></li> <li>『価値づくり』の研究開発部門における現状</li> <li>顧客がどのような点に価値を認識するかの理解の必要性</li> <li>顧客は自社のQCDだけで買うのでは決してない</li> <li>『価値づくり』の拡大の視点:VACESモデル <ul> <li>日本触媒の例</li> <li>シマノの例</li> <li>帝人の例</li> <li>GEの例</li> <li>東洋電機の例</li> <li>3Mの例</li> <li>テトラパックの例</li> <li>コマツ等の例</li> </ul></li> </ol></li> <li>市場起点の思考と活動 <ol> <li>「市場起点の思考と活動」の位置付</li> <li>革新的テーマ創出のメカニズム</li> <li>スパークの原料の「市場知識」の強化活動</li> <li>なぜ『顧客』起点ではなく、『市場』起点なのか</li> <li>「市場起点の思考と活動」の企業事例 <ul> <li>日立の例</li> <li>本田宗一郎の例</li> <li>花王の例</li> <li>資生堂の例など</li> </ul></li> <li>研究者は蛸壺から出でよ!</li> <li>市場・顧客を理解する3軸、TADとそのための具体的活動 <ul> <li>島津製作所の例</li> <li>シマノの例</li> <li>IBMの20%ルール等の他</li> </ul></li> <li>研究開発部門の市場起点の思考と活動のための具体的方策 <ul> <li>マーケティング強化</li> <li>ステージゲートプロセスの導入 等</li> </ul></li> </ol></li> <li>コア技術戦略の追求 <ol> <li>「コア技術戦略の追求」の位置付 <ul> <li>自社の存在価値の発揮のない展開では早晩他社に負ける</li> <li>スパークの原料の「技術知識」の強化策として</li> </ul></li> <li>コア技術戦略とは</li> <li>コア技術設定の企業事例 <ul> <li>3M</li> <li>クレハ</li> <li>富士フイルム</li> <li>東レ 等</li> </ul></li> <li>コア技術は戦略思考・未来志向で設定する</li> <li>コア技術の選定軸</li> <li>コア技術の選定軸と三位一体モデルとの関係</li> <li>コア技術による「市場起点の思考と活動」の促進 <ul> <li>日立の例</li> <li>キヤノンの例</li> </ul></li> <li>「市場起点の思考と活動」による新たなコア技術の発見</li> <li>コア技術の設定プロセス</li> <li>コア技術設定上の注意点</li> </ol></li> <li>「オープンイノベーションの徹底」 <ol> <li>「オープンイノベーションの徹底の」の位置付</li> <li>オープンイノベーションとは</li> <li>オープンイノベーションが必要とされる背景</li> <li>オープンイノベーションの多様性とその類型 <ul> <li>類型 (1) :何を大きな目的として</li> <li>類型 (2) :イノベーションの発生の場は</li> <li>類型 (3) :具体的に何を求めて</li> <li>類型 (4) :誰と</li> <li>類型 (5) :どのような関係性の下</li> <li>類型 (6) :どのように実現</li> </ul></li> <li>他の要素との相乗効果 <ul> <li>市場起点の思考と活動によるオープンイノベーション対象者の発見</li> <li>市場思考の思考・活動による市場理解の視野の拡大 (IHIの例)</li> <li>コア技術によるオープンイノベーション機会増大 (富士フイルムの例)</li> <li>オープンイノベーションにおけるコア技術による収益確保</li> <li>オープンイノベーションによるコア技術の強化と補完 <ul> <li>コンチネンタルの例</li> <li>オリンパスの例</li> </ul></li> </ul></li> <li>外部パートナー探索2つの方向性</li> <li>自社が個別に外部を探す <ul> <li>P&amp;G</li> <li>コニカミノルタ</li> <li>ソフトバンク</li> <li>ナインシグマ</li> <li>エルゼビア 等</li> </ul></li> <li>外部に積極的に探される <ul> <li>自社保有技術の開示・発信法 <ul> <li>富士フイルム</li> <li>GE</li> <li>3M</li> <li>ホンダ 等</li> </ul></li> </ul></li> <li>オープンイノベーション実現の阻害要因 <ul> <li>取引コスト</li> <li>心理的抵抗</li> </ul></li> <li>オープンイノベーションの成功に向けて打つべき10の施策</li> </ol></li> <li>最後に</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7739"><span itemprop="name">浪江 一公</span></a> 氏 <div>ベクター・コンサルティング 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>6F 中会議室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=27146&date=2018-04-27&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E8%B5%B7%E7%82%B9%C3%97%E3%82%B3%E3%82%A2%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%C3%97%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%B8%89%E4%BD%8D%E4%B8%80%E4%BD%93%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=27146&date=2018-04-27&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E8%B5%B7%E7%82%B9%C3%97%E3%82%B3%E3%82%A2%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%C3%97%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%B8%89%E4%BD%8D%E4%B8%80%E4%BD%93%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-02-22T14:50:10+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=27146&date=2018-04-27&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E8%B5%B7%E7%82%B9%C3%97%E3%82%B3%E3%82%A2%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%C3%97%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%B8%89%E4%BD%8D%E4%B8%80%E4%BD%93%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-02-22T14:50:10+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=27146&date=2018-04-27&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E8%B5%B7%E7%82%B9%C3%97%E3%82%B3%E3%82%A2%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%C3%97%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%B8%89%E4%BD%8D%E4%B8%80%E4%BD%93%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-02-22T14:50:10+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=27146&date=2018-04-27&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E8%B5%B7%E7%82%B9%C3%97%E3%82%B3%E3%82%A2%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%A6%E7%95%A5%C3%97%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%B8%89%E4%BD%8D%E4%B8%80%E4%BD%93%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT イノベーション 研究開発 経営戦略 Thu, 22 Feb 2018 05:50:10 +0000 admin 27146 at https://tech-seminar.jp 市場・製品・技術ロードマップの体系的・組織的な作成プロセスとその活動 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-04-16-%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%83%BB%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 市場・製品・技術ロードマップの体系的・組織的な作成プロセスとその活動</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~意味のある、成功するロードマップ作成の具体的な方法論~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/454" rel="tag" title="MOT">MOT</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/54" rel="tag" title="マーケティング">マーケティング</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/638" rel="tag" title="事業ロードマップ">事業ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/104" rel="tag" title="技術ロードマップ">技術ロードマップ</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/461" rel="tag" title="技術開発">技術開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/26772/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=26772&date=2018-04-16&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%83%BB%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/26772/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-04-16T10:30:00+09:00">2018年4月16日(月) 10時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-04-16T10:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-04-16T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-04-16T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>ロードマップ作成のための活動の全体体系</li> <li>実際のロードマップ作成に取り組む以前の必要要件</li> <li>ロードマップでカバーすべき項目</li> <li>実際ロードマップ作成の具体的方法</li> <li>ロードマップ作成成功のポイント</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 今、新興国の企業は日本企業の経営や技術を徹底して研究し、それまでリードしてきた日本企業を追い上げ、 既に多くの分野で日本企業を凌駕する状況が生まれています。日本企業が、欧米企業はもとより、このようなますます厳しくなる新興国の企業との競争に勝つためには、研究開発においても同じ土俵で研究開発を競うのではなく、これら競合企業に先んじて 革新的なテーマを継続的に創出し取り組むことが極めて重要になってきています。そのための有効な方法が、長期の視点を持ち、市場の行く末を今から想定し、周到な準備を行い、またその上で、同時に市場の動きをモニターしながら、タイムリーに計画を調整・変更することが必要となります。ロードマップ作成はまさにこのような活動を、体系的組織的に行うための方法論です。<br />  本セミナーでは、どう体系的、組織的にロードマップ作成を行うか について、市場を見る視点、製品アイデアを創出するための顧客価値の見つけ方など、実際のロードマップ作成の過程で重要になる考え方を紹介し、また実際の作成ワークシートなどを提示しながら、意味あるロードマップを作成するための具体的な方法を議論をしていきます。今回ロードマップ作成において、もっとも重要な部分である製品ロードマップについては、演習により、理解を深めていただきます。</p> <ol> <li>はじめに<br /> “Roadmapping is more important than roadmaps.”</li> <li>なぜ今ロードマップなのか? <ol> <li>21世紀の日本の産業界の現実</li> <li>日本企業が行く道</li> <li>先進企業はどうしているか? (東レ、トヨタ、デュポン)</li> <li>ロードマップの意義</li> <li>日本企業の現実 <ul> <li>「長期でテーマを考える余裕などはない」 (機械メーカー)</li> <li>経営者の役割と現実</li> </ul></li> <li>将来を見据えての施策が最終的に目前の収益として結実する</li> </ol></li> <li>ロードマップとは? <ol> <li>「違いを作って、つなげる」ことで長期的利益を実現</li> <li>ロードマップ作成上の注意点</li> <li>ロードマップの目的と要件</li> <li>良いロードマップを作るために</li> <li>長期的視野での目標の設定とテーママネジメント <ul> <li>ロードマップのイメージ</li> <li><span class="caps">MPT</span> (市場・製品・技術) モデル</li> <li>ロードマップで設定すべき項目</li> </ul></li> <li>市場起点 <ul> <li>長期的目標は一義的には市場が決める</li> <li>市場の大きな流れを追い風にする</li> </ul></li> <li>関係者の意思・意図 <ul> <li>集団の英知の利用</li> <li>Boys! Be ambitious! Girls! Be ambitious!</li> </ul></li> <li>事業ビジョン <ul> <li>Googleの例</li> </ul></li> <li>過去のアンラーニング <ul> <li>既存の固定的思考が制約となる</li> <li>固定的思考の払拭:アンラーニング</li> </ul></li> <li>目標実現のための時間の確保と確実な実行</li> <li>目標達成に向けての英知と経営資源の結集</li> </ol></li> <li>ロードマップの作成プロセスの全体像 <ol> <li>市場を起点とし、技術を起点としない</li> <li>公開技術ロードマップは参考に</li> <li>「自社の強みを活用してこんなテーマを展開しよう!」はあって良い</li> <li>仮説と検証のサイクルを回すことの重要性</li> <li>事業ビジョンの議論</li> <li>過去のアンラーニング</li> <li>ロードマップ作成の全体プロセス</li> </ol></li> <li>ステップ1:事業ミッションの議論 <ol> <li>事業ビジョンと事業ミッションの関係</li> <li>事業ミッションがないと&#8230;</li> <li>東レ/JINの事業ミッションの例</li> <li>事業ミッションの要件</li> </ol></li> <li>ステップ2:過去のアンラーニング <ol> <li>Out &#8211; of &#8211; the &#8211; box思考</li> <li>過去のアンラーニングの手法:「ばかり」分析</li> <li>組織の不文律の存在</li> <li>メンバーに固定的思考を外そうとする姿勢醸成の儀式</li> </ol></li> <li>ステップ3:市場ロードマップの作成 <ol> <li>市場ロードマップの重要性</li> <li>市場ロードマップの良く見られる4つの問題点 <ul> <li>問題1:既存の延長線上で市場を見る</li> <li>問題2:通り一遍なマクロ環境分析</li> <li>問題3:既存の顧客しか見ていない</li> <li>問題4:顕在ニーズしか見ていない</li> </ul></li> <li>市場を見る視点の重要性と3つの軸『TAD』 時間軸、分野軸、深度軸それぞれを見る手法</li> <li>日頃からの市場を理解する活動の重要性</li> <li>市場ロードマップの記述事項 <ul> <li>市場ロードマップ作成ワークシート</li> <li>市場ドライバーと市場ニーズ</li> <li>市場でのイベント・市場トレンドと市場ニーズの関係</li> <li>市場ニーズの大きさを表す定量指標</li> </ul></li> </ol></li> <li>ステップ4:製品ロードマップの作成 <ol> <li>広い製品アイデア創出の視点の必要性と顧客価値 拡大モデル <ul> <li>問題:市場ロードマップと製品ロードマップの遊離</li> <li>本問題の対処法としての顧客価値拡大モデル</li> </ul></li> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル &#8211; B2B製品の例) <ul> <li>Value : 顧客自身の製品・サービスの提供価値向上</li> <li>Anxiety : 顧客の懸念・面倒の払拭</li> <li>Cost : 顧客の『全体』コスト低減</li> <li>Empowerment : 顧客社員の作業環境や能力の向上</li> <li>Society : 顧客の社会的価値向上</li> </ul></li> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル &#8211; B2C製品の例)</li> <li>市場ニーズの製品アイデアへの展開 <ul> <li>対象市場セグメントとは</li> <li>顧客提供価値とは</li> <li>製品とは</li> <li>製品の中核機能とその水準とは</li> </ul></li> <li>対象製品アイデアの評価・選択の方法 <ul> <li>製品アイデアの評価軸</li> <li>製品ロードマップ作成ワークシート</li> </ul></li> </ol></li> <li>ステップ5:技術ロードマップの作成 <ol> <li>技術ロードマップの記載事項 <ul> <li>「どんな技術が必要か?」:中核技術</li> <li>「中核技術」の「中核技術実現オプション」への展開</li> <li>Value Graphの利用</li> <li>対象「中核技術実現オプション」の評価・選択</li> <li>技術ロードマップ作成ワークシート</li> </ul></li> <li>「中核技術実現オプション」の時間軸上への展開の注意点 <ul> <li>市場イベント・トレンドドリブン</li> <li>意欲的な開発期間の設定と収益</li> </ul></li> <li>時間軸の再調整</li> <li>全社・事業単位での技術ロードマップの統合</li> </ol></li> <li>ロードマップ作成後のテーマ・マネジメント法</li> <li>コア技術とロードマップの関係</li> <li>成功するロードマップ作成プロジェクトの進め方の要点</li> <li>演習 <ul> <li>顧客価値拡大モデル (VACESモデル) 使った、製品ロードマップの作成に向けての製品アイデア創出</li> <li>20年後のトイレをテーマに</li> </ul></li> <li>最後に</li> <ul> <li>質疑応答</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/7739"><span itemprop="name">浪江 一公</span></a> 氏 <div>ベクター・コンサルティング 株式会社</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>5F 第1講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=26772&date=2018-04-16&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%83%BB%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="42750">42750円</span> (税別) / 46,170円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=26772&date=2018-04-16&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%83%BB%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-01-15T17:07:32+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="22500">22500円</span> (税別) / 24,300円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=26772&date=2018-04-16&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%83%BB%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-01-15T17:07:32+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="22500円" /> <meta itemprop="highPrice" content="42750円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=26772&date=2018-04-16&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%83%BB%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95" /> <meta itemprop="validFrom" content="2018-01-15T17:07:32+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)</li> </ul></li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=26772&date=2018-04-16&title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%83%BB%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%BB%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%93%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%83%BB%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> MOT マーケティング 事業ロードマップ 技術ロードマップ 技術開発 研究開発 経営戦略 Mon, 15 Jan 2018 08:07:32 +0000 admin 26772 at https://tech-seminar.jp 中堅製薬会社の生存戦略と妥当・有効な研究テーマの方向性 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-02-28-%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 中堅製薬会社の生存戦略と妥当・有効な研究テーマの方向性</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~中堅製薬会社を取り巻く現状と、新しい視点~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/822" rel="tag" title="研究開発">研究開発</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/26468/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=26468&date=2018-02-28&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/26468/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、中堅製薬会社特有の事情を新たな視点で考察し、その生存のための戦略と大方針、集中すべき研究テーマの方向性について解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-02-28T13:00:00+09:00">2018年2月28日(水) 13時00分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-02-28T13:00:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-02-28T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-02-28T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>中堅製薬会社を取り巻く現状と、新しい視点</li> <li>モデルとする企業、モデルとしないほうがいい企業</li> <li>中堅製薬業のリスク配分とは</li> <li>狙うべき創薬のターゲット</li> <li>各種決断のタイミングとは</li> <li>適応拡大という魔法」</li> <li>中堅製薬会社に求められる組織とは</li> <li>中堅製薬会社特有の事情を新たな視点で考察し、その生存のための戦略と大方針</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 製薬業界は今後も堅調な成長が期待される製造業であるものの、新薬創出と医療費削減への圧力、新しい技術の誕生という変化が訪れている。この状況下、中堅製薬会社は新しい戦略や大方針を模索せざるを得ない。本講座では、中堅製薬会社特有の事情を米国の中堅製薬会社を参考に新たな視点で考察し、その生存のための戦略と集中すべ妥当で有効な研究テーマの方向性を議論する。</p> <ol> <li>中堅製薬会社のおかれた現状 <ol> <li>政策:新薬創出と医療費削減への圧力</li> <li>社会:少子高齢化</li> <li>技術:新技術・新潮流</li> <li>製薬業界の機会</li> <li>製薬業界の脅威</li> </ol></li> <li>中堅製薬会社のビジネスモデル8種 <ol> <li>投資実績から読み解く製薬業界のビジネスモデル <ul> <li>キャピタルゲインを主とする成長ビジネスモデル</li> <li>インカムゲインを主とする成長ビジネスモデル</li> <li>製薬会社のビジネスモデルは8種以上ある</li> </ul></li> <li>海外の中堅製薬会社にみる中堅製薬会社のビジネスモデル <ul> <li>日本の中堅製薬会社が参考とすべきは、米国の中堅製薬会社</li> <li>米国中堅製薬会社のビジネスモデルは主に3種に集約される</li> </ul></li> <li>中堅製薬会社のはたしている役割</li> <li>ニッチの王としての中堅製薬会社:現状を維持するか</li> <li>製造業としての中堅製薬会社:規模の経済に勝てるか</li> <li>新薬メーカーとしての中堅製薬会社:新薬を創出できるか</li> <li>まとめ</li> </ol></li> <li>とるべき方向性とは <ol> <li>中堅製薬会社は成功した〇〇企業である <ul> <li>スペシャリティファーマ:疾患領域</li> <li>スペシャリティファーマ:地域</li> <li>スペシャリティファーマ:モダリティ</li> </ul></li> <li>モデルとしたい企業、モデルとしないほうがいい企業</li> <li>中堅製薬業のリスク配分とは</li> <li>選択と集中</li> <li>狙うべき創薬のターゲット <ul> <li>メガファーマになく、中堅製薬会社にあるもの</li> <li>バイオテク企業になく、中堅製薬会社にあるもの</li> <li>中堅製薬会社ビジネスモデルに合致した創薬ターゲットとは</li> </ul></li> <li>適応拡大という魔法</li> <li>まとめ</li> </ol></li> <li>方向性との全体整合性のまとめ <ol> <li>中堅製薬会社は大手製薬会社と生存戦略が異なる</li> <li>選択と集中によって、中堅は大手と共存できる</li> <li>大手製薬会社は中堅製薬会社を必要としている</li> <li>中堅製薬会社に求められる組織像とは</li> <li>まとめ</li> </ol></li> <ul> <li>質疑応答・名刺交換</li> </ul> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-lecturer"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-lecturer">講師</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li><div class="field-item" itemprop="performers" itemscope itemtype="http://schema.org/Person"> <a href="/node/12227"><span itemprop="name">中村 慎吾</span></a> 氏 <div>株式会社 Veritas In Silico</div> <div>代表取締役</div> </div> </li> </ul> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E5%93%81%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E7%AB%8B%E7%B7%8F%E5%90%88%E5%8C%BA%E6%B0%91%E4%BC%9A%E9%A4%A8-%E3%81%8D%E3%82%85%E3%82%8A%E3%81%82%E3%82%93">品川区立総合区民会館 きゅりあん</a> <p>5F 第2講習室</p> <meta itemprop="name" content="品川区立総合区民会館 きゅりあん" /> <meta itemprop="telephone" content="03-5479-4100" /> <meta itemprop="url" content="http://www.shinagawa-culture.or.jp" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="140-0011" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">品川区</span> <span itemprop="streetAddress">東大井5丁目18-1</span> </div> <a href="/node/1729"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;markers=東京都品川区東大井5丁目18-1&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/science-t.com">サイエンス&amp;テクノロジー 株式会社</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=26468&date=2018-02-28&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="38000">38000円</span> (税別) / 41,040円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=26468&date=2018-02-28&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7" /> <meta itemprop="validFrom" content="2017-12-11T15:45:28+09:00" /> </div> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">複数名</div> : <span itemprop="price" content="20000">20000円</span> (税別) / 21,600円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=26468&date=2018-02-28&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7" /> <meta itemprop="validFrom" content="2017-12-11T15:45:28+09:00" /> </div> <div itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/AggregateOffer"> <meta itemprop="lowPrice" content="20000円" /> <meta itemprop="highPrice" content="38000円" /> <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/science-t.com/seminar?id=26468&date=2018-02-28&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7" /> <meta itemprop="validFrom" content="2017-12-11T15:45:28+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>複数名同時受講の割引特典について</h3> <ul> <li>2名様以上でお申込みの場合、<br /> 1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)</li> </ul></li> <li>受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。</li> <li>同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。</li> <li>受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。</li> <li>請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。<br /> 申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。</li> <li>他の割引は併用できません。</li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=26468&date=2018-02-28&title=%E4%B8%AD%E5%A0%85%E8%A3%BD%E8%96%AC%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%A6%A5%E5%BD%93%E3%83%BB%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%96%B9%E5%90%91%E6%80%A7">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> <div class="field"> 講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。</div> </div> 医薬品 研究開発 経営戦略 Mon, 11 Dec 2017 06:44:51 +0000 admin 26468 at https://tech-seminar.jp 先発品企業のためのジェネリック対抗の落とし穴と製品マネジメント戦略 https://tech-seminar.jp/seminar/2018-02-26-%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5 <div itemscope itemtype="http://schema.org/Event"> <div class="field"> 成長するジェネリックへの対抗法と差別化のための視点を解説する</div> <div class="field"> <h1 itemprop="name"> 先発品企業のためのジェネリック対抗の落とし穴と製品マネジメント戦略</h1> </div> <div class="field field-seminar-subtitle"> <span class="subtitle">~成長するジェネリックへの対抗法とは? 差別化のためにすべきこととは? GEを逆手に取る戦略とは? 先発メーカーとして何ができるか?~</span> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-option"> <span class="option">東京都 開催</span> <span class="option">個別相談付き</span> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <ul class="links inline"> <li class="term first"><a href="/taxonomy/term/898" rel="tag" title="医薬品">医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1496" rel="tag" title="ジェネリック医薬品">ジェネリック医薬品</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/1088" rel="tag" title="化学関連特許">化学関連特許</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/213" rel="tag" title="特許">特許</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/49" rel="tag" title="特許情報">特許情報</a></li><li class="term"><a href="/taxonomy/term/385" rel="tag" title="経営戦略">経営戦略</a></li></ul> </div> </div> <div class="clear-block"> <div class="terms"> <a href="/node/26444/similar">関連するセミナー・出版物</a> </div> </div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=26444&date=2018-02-26&title=%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5">セミナーの再開催を依頼する</a></div> <div class="contact"><a href="/node/26444/similar">関連するセミナー・出版物を探す</a></div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-summary"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-summary">概要</h3> <div class="field-items"><div class="field-item" itemprop="description"> <p>本セミナーでは、医薬品などにおける特許切れ対応や、製品マネジメントとジェネリック対策について解説いたします。</p></div> </div> </div> <div class="field field-type-date field-seminar-start"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-start">開催日</h3> <ul> <li> <abbr class="dtstart" title="2018-02-26T12:30:00+09:00">2018年2月26日(月) 12時30分</abbr> <meta itemprop="startDate" content="2018-02-26T12:30:00+09:00" /> ~ <abbr class="dtend" title="2018-02-26T16:30:00+09:00">16時30分</abbr> <meta itemprop="endDate" content="2018-02-26T16:30:00+09:00" /> <meta itemprop="eventStatus" content="EventScheduled" /> </li> </ul> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-target-user"> <h3 class="field-label">受講対象者</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>製剤における知的財産担当者、管理者</li> <li>製剤発明の特許申請担当者</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-learn-knowledge"> <h3 class="field-label">修得知識</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <ul> <li>先発品企業の特許切れ対策の見直し</li> <li>新製品マネジメントとジェネリック対策</li> <li>領域のライフサイクル・マネジメントによるジェネリック対策</li> <li>ジェネリックが注目される背景とメガジェネリックの誕生と対策</li> <li>先発品企業によるジェネリック逆転戦略</li> </ul></div> </div> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-program"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-program">プログラム</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"> <p> 多くの先発企業は特許切れを予め分かっているのに、特許切れ対応はしていません。そこに目を付けた逆転の発想は戦いの無いブルーオーシャン市場を作ります。 緊急導入を毎度、突然言い過ぎていませんか? ジェネリックが新製品を生かし、新製品を誕生させる戦略もあります。新製品とジェネリックの共存戦略によりジェネリック対抗ができます。</p> <ol> <li>先発品企業が特許切れ対応をしない原因と結果: <ol> <li>開発部・研究所にGE対応はインセンティブがない</li> <li>大型品があるとAGと後継品開発をしない</li> <li>製品戦略を元に次を狙う結果、各社同じLCM戦略をする.</li> </ol></li> <li>新製品マネジメントとゾロ対策のあるべき姿: <ol> <li>新製品マネジメントの前提がそもそも間違い <ul> <li>後継品がない原因はゾロ対策戦略がないため</li> <li>武田、塩野義、アステラス、中外の新薬開発注力は短期利益のみ優先</li> <li>後付けのため後手に回る製品戦略の原因を退治する方法</li> </ul></li> <li>後発品と先発品を協創する</li> </ol></li> <li>領域のライフサイクル・マネジメントによるゾロ対策: <ol> <li>製品マネジメントではいつも緊急導入</li> <li>第一選択薬MTX (販売 : ワイス/武田、沢井) を売った先発品企業は抗体を否定</li> <li>MTXと抗体があればリウマチ領域のゾロ対策ができた。</li> <li>製品マネジメントではゾロ対策はできない。</li> </ol></li> <li>ジェネリックによる差別化と新製品誕生のための使い道 <ol> <li>ポイント1 <ul> <li>満足度の高い製品領域でも新製品はできる<br /> 例:クレストールの差別化訴求点、<br /> 高血圧・胃腸障害・糖尿病・高脂血症には様々な治療と投与法<br /> 降圧剤・PPIも使い分け</li> </ul></li> <li>ポイント2<br /> 今は無い市場が大きく成長する⇒自社・他社のGEも使い道 <ul> <li>利便性</li> <li>安全性</li> <li>新機序のみが、薬ではない</li> </ul></li> <li>ポイント3 <ul> <li>製品があれば後から領域を作る</li> <li>領域戦略は机上の空論と後づけでできる</li> <li>領域1位の先発品と後発品は先発品企業が予想できず、否定した製品</li> <li>領域戦略では否定した製品が大型後発品に育つ</li> <li>他、具体的ポイントを解説</li> </ul></li> </ol></li> <li>ジェネリックが注目される背景 <ul> <li>後発品大手の利益率は先発品企業より高い</li> </ul></li> <li>日本の医薬業界はジェネリックと改良から始まった</li> <li>医療保険制度</li> <li>GE80%時代を迎えた業界の特徴的変化</li> <li>新薬以上の市場になるGE</li> <li>先発品企業によるGE逆転戦略 <ol> <li>GEを逆手に取る戦略</li> <li>先発企業として何ができるか? <ul> <li>先発品企業の選択</li> </ul></li> <li>役に立つ良い企業になるか?</li> <li>一発もうけ主義でいくか?</li> </ol></li> <li>変わるジェネリックの流通形態と成長するジェネリックへの対抗法 <ol> <li>ビジネス・エコシステム (ビジネス生態系)</li> <li>従来の「産業 (構造) 」と「市場 (構造) 」は気付かぬうちに変わってしまっていた。</li> <li>企業内外がシームレスに結びつく「つながり」構築がキー</li> <li>ヘルスケアビジネス・エコシステム」 (ビジネス生態系) で全体最適戦略をとる企業が勝つ。</li> </ol></li> </ol></div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field field-type-text field-seminar-place"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-place">会場</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="location" itemscope itemtype="http://schema.org/Place"> <a href="/place/%E6%B1%9F%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E7%94%A3%E6%A5%AD%E4%BC%9A%E9%A4%A8">江東区産業会館</a> <p>第1会議室</p> <meta itemprop="name" content="江東区産業会館" /> <meta itemprop="telephone" content="03-3699-6011" /> <meta itemprop="url" content="http://www.koto-sangyokaikan.or.jp/" /> <div itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress"> <meta itemprop="addressCountry" content="日本" /> <meta itemprop="postalCode" content="135-0016" /> <span itemprop="addressRegion">東京都</span> <span itemprop="addressLocality">江東区</span> <span itemprop="streetAddress">東陽4丁目5-18</span> </div> <a href="/node/2363"><img class="staticmap" src="//maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=東京都江東区東陽4丁目5-18&amp;markers=東京都江東区東陽4丁目5-18&amp;size=712x270&amp;zoom=16&amp;sensor=false&amp;key=AIzaSyB8IHtYT9FEZ9C5DbHmMhAfDliI9iEJQX8" alt="江東区産業会館の地図" /></a> </div> </div> </div> <div class="topnav"> <a href="#header-region">ページのトップヘ</a> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">主催</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item"><a href="/company/rdsc.co.jp">株式会社 R&amp;D支援センター</a></div> <div class="field-item">お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。</div> </div> </div> <div class="field"> <h3 class="field-label">お問い合わせ</h3> <div class="field-item">本セミナーに関するお問い合わせは <a href="/contact/webadmin?id=26444&date=2018-02-26&title=%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5">tech-seminar.jpのお問い合わせ</a>からお願いいたします。</div> <div class="field-item">(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)</div> </div> <div class="field field-type-number-integer field-seminar-fee"> <h3 class="field-label" id="field-seminar-fee">受講料</h3> <div class="field-items"> <div class="field-item" itemprop="offers" itemscope itemtype="http://schema.org/Offer"> <div class="field-label-inline-first">1名様</div> : <span itemprop="price" content="46278">46278円</span> (税別) / 49,980円 (税込) <meta itemprop="priceCurrency" content="JPY" /> <link itemprop="availability" href="http://schema.org/SoldOut" /> <meta itemprop="url" content="https://tech-seminar.jp/order/rdsc.co.jp/seminar?id=26444&date=2018-02-26&title=%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5" /> <meta itemprop="validFrom" content="2017-12-11T13:45:42+09:00" /> </div> </div> </div> <div class="field field-type-text"> <h3>案内割引・複数名同時申込割引について</h3> <p>R&amp;D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。<br /> 案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。<br /> 複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。</p> <ul> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望する方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)</li> </ul></li> <li>R&amp;D支援センターからの案内を希望しない方 <ul> <li>1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)</li> <li>2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)</li> <li>3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)</li> </ul></li> </ul></div> <div class="field"> <div>本セミナーは終了いたしました。</div><div class="contact"><a href="/request/seminar?id=26444&date=2018-02-26&title=%E5%85%88%E7%99%BA%E5%93%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E6%8A%97%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%E3%81%A8%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%88%A6%E7%95%A5">セミナーの再開催を依頼する</a></div> </div> </div> 医薬品 ジェネリック医薬品 化学関連特許 特許 特許情報 経営戦略 Mon, 11 Dec 2017 04:45:42 +0000 admin 26444 at https://tech-seminar.jp