技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器の生物学的安全性試験の基礎をふまえた各国規制比較と試験実施/評価

海外で実施した生物学的安全性試験の国内での利用の可能性は? また、逆に海外へ申請を行う際の留意点とは?

医療機器の生物学的安全性試験の基礎をふまえた各国規制比較と試験実施/評価

~試験項目の選択方法と評価/国内外規制の最新動向~
オンライン 開催

視聴期間は2022年9月27日〜2022年10月7日を予定しております。
お申し込みは2022年10月3日まで承ります。

概要

本セミナーでは、医療機器開発における生物学的安全性試験について取り上げ、生物学的安全性評価の手法、安全性試験の適切な選定、最適な安全性評価、安全性の高い医療機器開発の迅速化について詳解いたします。

開催日

  • 2022年10月3日(月) 10時30分 2022年10月7日(金) 16時30分

修得知識

  • 生物学的安全性試験の国内ガイダンスとISO 10993シリーズ、FDAガイダンス (2020) (ASTMシリーズを含む) との比較
  • 生物学的安全性評価のための試験項目の概要
  • 実施する試験項目の選択の方法
  • 海外申請データの国内申請への利用の可能性と、国内申請データの海外申請への利用の可能性
  • 医療機器GLPとは (試験委託者あるいは実施者として) 、その概要

プログラム

 医療機器の生物学的安全性試験に関する国内ガイダンスは、2020年1月に改訂 (薬生機審発0106第1号) され、2年余りが経過しました。このガイダンスの改訂に影響したと考えられるISO 10993 – 1第5版 (2018) と、この第5版の改訂内容に影響したと考えられるFDAガイダンス (2016) (2020再改訂) と比較して、概要を解説します。国内ガイダンスの旧版からの変更点も紹介します。ここ数年、ISO 10993シリーズおよび関連のISO規格が相当数改訂されています。ASTM規格も同様です。国内ガイダンスと比較しながら概要を解説します。一方、医療機器GLP省令の施行 (2005年、最終改正2014年) から17年になります。この省令には、試験委託者として理解しておかなくてはならない部分があります。
 本セミナーでは、薬事に携わる方はもちろん、開発に関わる方などにも理解しやすいように、GLP省令下での現行ガイダンスに従って実施する各試験の概要と実施 (委託) 時の留意点を解説します。また、海外で実施した生物学的安全性試験の国内での利用の可能性や、逆に海外への申請についても基本事項を解説します。

  1. 試験項目の選択方法、試験の意味、試験の評価の基本
    1. 基本的考え方 (薬生機審発0106第1号別紙)
    2. 試験方法 (薬生機審発0106第1号別添)
      • 細胞毒性試験
      • 感作性試験
        • GPMT
        • A&P
        • LLNA
      • 遺伝毒性試験
        • 復帰突然変異
        • 染色体異常
        • 小核
      • 埋植試験
        • 筋肉内
        • 皮下
        • 骨内
        • 脳内
      • 刺激性試験/皮内反応試験
        • 皮内反応
        • in vitro試験法を含む皮膚刺激性
        • 眼刺激
      • 全身毒性試験
        • 急性
        • 亜急性
        • 亜慢性
        • 慢性
      • 発熱性物質試験
        • 発熱性物質
        • エンドトキシン
      • 血液適合性試験
      • 抽出率関連試験
  2. ISO 10993シリーズやFDAガイダンス (2020)
    (関連ASTM規格を含む) 等との関連や比較
    • 新ガイダンスとの相違
    • 海外データの利用
    • 海外申請など
  3. 医療機器GLPの概要と基本的留意点 (試験委託者として)
    • 厚生労働省令第37号とその一部改正 (厚生労働省令第115号、厚生労働省令第87号) 並びに薬食発第0613010号

講師

  • 小島 幸一
    一般財団法人 食品薬品安全センター 秦野研究所

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 録画したセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 開催日、撮影日から10日以内を目途に、メールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は2022年9月27日〜2022年10月7日を予定しております。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルを配布予定です。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/10/5 改訂QSR (QMSR) 徹底解説 オンライン
2022/10/5 CSVからCSAへセミナー オンライン
2022/10/7 医療機器における薬事申請と保険収載戦略 オンライン
2022/10/11 医薬品・医療機器業界における共同研究をリードするための契約実務基礎講座 オンライン
2022/10/11 無菌医薬品、滅菌医療機器のパラメトリックリリース オンライン
2022/10/12 FDA査察対応セミナー オンライン
2022/10/13 QSRからQMSRへセミナー 東京都 オンライン
2022/10/17 医療機器の承認申請書の作成およびPMDA対面助言のポイント オンライン
2022/10/17 PMDAから高評価が得られるメディカルライティング中級講座 オンライン
2022/10/18 癒着防止材の適切な使用法とその有効性 オンライン
2022/10/19 医療機器・医療材料の開発、事業参入を容易化し、成功に導く基本的考え方・勘所と活用可能な道具立て オンライン
2022/10/21 医療機器における保険申請のポイントおよび保険適用戦略の実践 オンライン
2022/10/24 ゾル-ゲル転移の温度調整を制御した新規医療材料の開発 オンライン
2022/10/24 日常生活下における体表面生体信号の計測と応用 オンライン
2022/10/24 医療機器バリデーションで必要となる統計的手法とサンプル数の決定 オンライン
2022/10/25 CSV & CSA セミナー (超入門編 + 中級編) オンライン
2022/10/25 CSV & CSA セミナー (超入門編) オンライン
2022/10/26 CSV & CSA セミナー (中級編) オンライン
2022/10/26 プレフィルドシリンジを使用されるヒトのために考えるべき10箇条 オンライン
2022/10/27 CAPAの具体的な実施方法セミナー オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/8/31 医療機器の設計開発における統計的手法とそのサンプルサイズ設定
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2021/3/15 体温計
2020/10/28 QMS/ISO要求をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/6/27 FDAが要求するCAPA導入の留意点
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書