技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

スチレン系、オレフィン系熱可塑性エラストマーコンパウンド入門

スチレン系、オレフィン系熱可塑性エラストマーコンパウンド入門

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、化学反応を伴う複雑な混合物の成形トラブル解決に役立つ原材料情報、成形トラブル原因究明のための雑誌の記事や論文では書かれていない特許情報に基づくレシピ情報、なぜそのようなトラブルが出るのか? 製造方法の詳細情報を解説いたします。

開催日

  • 2021年6月21日(月) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • コンパウンド開発初心者
  • エラストマーコンパウンド成形担当者など

修得知識

  • スチレン系、オレフィン系熱可塑性エラストマーコンパウンドのレシピ情報
  • 熱可塑性エラストマーコンパウンドの製造方法
  • 熱可塑性エラストマーコンパウンドの分析方法

プログラム

 汎用性熱可塑性エラストマー組成物であるオレフィン系熱可塑性エラストマー組成物、スチレン系熱可塑性エラストマー組成物は、他のプラスチックやエンプラ系熱可塑性エラストマー (ポリエステル、ポリアミド、ポリウレタン系) と異なりゴム成分と液状オイル成分と流動成分 (樹脂成分) との「多成分の混合物」であり複雑です。異なる性状の成分を混合・混練しているので問題を複雑にしています。それはすなわち成形トラブルに直結してしまいます。多くの場合は、それを化学反応させて架橋させ耐熱性、耐油性を向上させます。架橋反応では、複数の分子が結び付いたり逆に分子が切れてしまうという、極めて複雑なトラブルがさらにおこります。特許情報から得られるレシピや正確な製造方法情報を考慮しないともはや効率的なトラブル対策を行うことはできません。

  1. 熱可塑性エラストマーコンパウンド (TPO,TPS) とは
    • 分類
    • 製造メーカー
    • 用途
  2. 構成成分
    • ゴム成分
    • 樹脂成分
    • オイル成分
    • 架橋剤
  3. TPVとは
  4. 配合の基本
  5. 製造のための二軸押出機スクリュー構成
  6. 成形と配合の関係
  7. 分析方法

講師

  • 鷲尾 裕之
    プラスチックコンパウンドコンサルタント

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,000円 (税別) / 46,200円 (税込)
複数名
: 19,000円 (税別) / 20,900円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 19,000円(税別) / 20,900円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 38,000円(税別) / 41,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 57,000円(税別) / 62,700円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 84,000円(税別) / 92,400円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 126,000円(税別) / 138,600円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/8 3Dプリンターを利用した複合材料成形と応用 オンライン
2021/10/11 バイオプラスチックの基礎と応用が分かる半日速習セミナー オンライン
2021/10/11 二酸化炭素・二硫化炭素を用いる高分子材料の合成 オンライン
2021/10/12 生分解性/バイオマスプラスチックの基礎と開発・応用のこれまでとこれから オンライン
2021/10/13 医用高分子材料の基礎と応用 オンライン
2021/10/14 高分子の電気特性と帯電防止技術 オンライン
2021/10/14 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ オンライン
2021/10/15 高分子材料の衝撃応力メカニズムと試験・評価方法 オンライン
2021/10/18 トライボロジーの基礎とプラスチック材料の摩擦摩耗特性向上 オンライン
2021/10/22 PVA (ポリビニルアルコール) の基礎知識と機能化設計 オンライン
2021/10/26 高剪断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 オンライン
2021/10/27 アクリル樹脂入門 オンライン
2021/10/27 プラスチックめっきの技術動向と不良対策 オンライン
2021/10/29 生分解性プラスチックの高性能・高機能化 最先端技術講座 オンライン
2021/10/29 超臨界二酸化炭素を活用した高分子材料の開発 オンライン
2021/11/4 ブロー成形の基礎と不良対策 オンライン
2021/11/5 高分子材料における添加剤の基礎知識と分析技術 オンライン
2021/11/10 水溶性高分子の基礎と機能設計 オンライン
2021/11/16 生分解性プラスチック材料設計のための基礎講座 オンライン
2021/11/17 射出成形を事例にしたプラスチック加工の基礎と最新の加工技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/11/30 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法
2020/10/30 ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2020/1/17 最新プラスチック加飾技術の動向と今後の展望
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/19 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2018/3/18 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016