技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

航空産業界のコロナインパクトと空飛ぶ車 (eVTOL) のテクノロジーおよび事業化動向

Zoomを使ったライブ配信セミナー

航空産業界のコロナインパクトと空飛ぶ車 (eVTOL) のテクノロジーおよび事業化動向

~空飛ぶ自動車のビジネスチャンスと課題・展望~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、Covid-19の航空機産業へのインパクトについて述べるとともに、現状の厳しい市場・事業環境下で引き続き注目されている「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の動向 (技術、事業化等) 、航空機産業におけるその位置づけなどについてお話いたします。
そして、アフターCovid-19の航空機産業と「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の今後について展望いたします。

開催日

  • 2020年11月24日(火) 12時30分 16時30分

修得知識

  • Covid-19の航空産業への影響 (ファクト)
  • Covid-19を受けての航空産業の動向
  • 「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の基礎
    • 開発・事業化動向
    • 技術
    • 認証
    • 事業化の課題
    • 市場性など

プログラム

 世界の航空界 (エアライン、製造業、メンテナンス等) はCovid-19 (新型コロナウイルス) により、これまでに経験したことが無い厳しい状況におかれておりますが、一方で、ドローンによる医薬品や日用品の輸送が増えるなど、新たな航空機産業の事業機会を生み出しつつあります。
 本講演では、Covid-19の航空機産業へのインパクトについて述べるとともに、現状の厳しい市場・事業環境下で引き続き注目されている「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の動向 (技術、事業化等) 、航空機産業におけるその位置づけなどについてお話いたします。そして、アフターCovid-19の航空機産業と「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の今後について展望いたします。

※eVTOL: electric Vertical Take-Off and Landing (電動推進システムの垂直離着陸機)

  1. Covid-19の航空産業へのインパクト
    1. Covid-19のインパクト (エアライン、航空機製造業、MRO等)
      1. エアラインとMRO事業
      2. 航空機製造業
    2. Covid-19環境下での新たな事業機会
      1. Covid-19対策
      2. 貨物輸送 (改修、無人機の活用等)
    3. アフターCovid-19の航空機産業の展望
      1. 市場回復のシナリオ
      2. 電動化の流れ
      3. 「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の位置づけ
  2. 「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の動向
    1. 「空飛ぶ車」とは何か
      1. ローダブル・エアクラフト (公道を走れる「空飛ぶ車」
      2. eVTOL: electric Vertical Take-Off and Landing (現在の「空飛ぶ車」の主流)
      3. 「空飛ぶ車 (eVTOL) 」とドローン、無操縦者航空機
    2. 「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の動向
      1. 米国、欧州の開発経緯と現状
      2. 主な「空飛ぶ車 (eVTOL) 」のプレイヤー:
        • 米国
          • Boeing/AFS/Wisk
          • Joby Aviation
          • Beta Technologies
          • Bell
          • Kittyhawk
          • Lift
          • Uber Elevate等
        • 欧州
          • Airbus
          • Volocopter
          • Lilium
          • Vertical Aerospace等
        • アジア
          • Skydrive
          • teTra
          • Ehang等
    3. 「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の技術動向
      1. 主な機体構成技術
      2. 運航技術、インフラ
    4. 「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の事業化
      1. 「空飛ぶ車 (eVTOL) 」の認証動向
      2. 事業化のためのプレイヤー
      3. 事業化に向けての課題と市場展望
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/12/8 新事業、新商品開発を創出する戦略策定と具体的方法 オンライン
2020/12/9 自動車用接着剤の設計と評価法 オンライン
2020/12/10 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 オンライン
2020/12/14 基礎から学ぶ、自動車エンジンの熱効率向上、排ガスクリーン化の原理と次世代燃焼技術 東京都 会場・オンライン
2020/12/15 IPランドスケープの実践とポイント オンライン
2020/12/15 自動車室内の振動・騒音発生メカニズム、その対策と予測・解析技術 オンライン
2020/12/15 中国の燃料電池車 (FCV) 産業動向と日本企業の商機 オンライン
2020/12/16 車載カメラ、ディスプレイの開発・市場・規格動向と将来展望 東京都 会場
2020/12/16 新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法 オンライン
2020/12/16 車載用ステレオカメラの基礎と衝突回避、自動運転への適用と今後の課題 オンライン
2020/12/17 宇宙ビジネスの最新動向と新規参入のポイント オンライン
2020/12/18 次世代自動車における熱マネジメント技術 オンライン
2020/12/18 人間-機械 (自動車) インターフェイス製品の人間工学評価 オンライン
2020/12/21 自動車のCASE (電動化 / 自動運転 / コネクティッド / MaaS) と省燃費技術の最新動向 オンライン
2020/12/22 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック オンライン
2020/12/24 自動車の軽量化に貢献する異種材料の接着技術 オンライン
2021/1/6 空飛ぶ車の開発とその実現性 オンライン
2021/1/13 再生医療ビジネス及び周辺ビジネスの実際と参入戦略 オンライン
2021/1/14 新市場・技術の情報収集・分析と新規事業化の見極め方 オンライン
2021/1/15 新事業、新商品開発を創出する戦略策定と具体的方法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)