技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材

ZOOMを使ったライブ配信セミナー

5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材

オンライン 開催

開催日

  • 2020年6月2日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 高速無線通信や光回線に関心のある方
    • 5G
    • Wi-Fi6
    • 光テレビ など
  • 高速無線通信ビジネスに関心のある方
    • 中継機器
    • 通信機器
    • スマートフォン など
  • 通信用電子機器およびそのパッケージング技術に関心のある方

修得知識

  • 高速無線通信の仕組み (光ファイバ通信~高周波無線通信)
  • 通信用電子機器の構成 (受送信部&情報処理部)
  • 電子機器における半導体の役割および高速化対策

プログラム

 5G時代に向けて、通信デバイスの高速化対応が注目されている。5Gの整備には光ファイバ通信と高周波無線通信の複合化および通信用電子機器の高速化が必要である。通信用電子機器は受発信部および情報処理部で構成され、高周波対策 (電磁波・ノイズ) および高速伝送対策 (誘電特性、伝送距離) が鍵となる。特に、電子部品の軽薄短小化による回路短縮が有効である。
 今回、5Gの背景およびその基幹技術、そして5G電子機器の高速化対策について解説する。特に、5G電子機器の心臓部=半導体の高速化対応について説明する。

  1. 通信
    1. 回線
      • 種類
      • 有線/無線
    2. 信号
      • 種類
      • 特徴 (距離,速度)
    3. プロトコル
      • 階層
      • 名称
      • 規約類
  2. 高速通信
    1. 背景
      • インターネット社会
      • スマホ社会
    2. 光ファイバ通信
      1. 開発経緯
      2. 通信方法
      3. 送受信機
      4. 光半導体
      5. 光伝送体
    3. 高速無線通信;
      1. 電波:周波数と伝送特性
      2. 無線機器:中継局、端末
      3. 5G
        • 現状
        • 問題点 (利権・コスト負担)
      4. Wi-Fi
    4. 高速無線通信システム (ROC)
      • 光ファイバ通信&高周波無線通信
  3. 無線通信機器
    1. 構成
      • 受送信部
      • 情報処理部
    2. 電気信号
  4. ノイズ対策
    1. ノイズ
      • 種類
      • 伝播経路
      • 特性 等
    2. 電磁波対策 (空間)
      1. 遮蔽
      2. 吸収
      3. EMA用材料
    3. 誤信号対策 (導体)
      1. フィルター
      2. SAWフィルター用材料
  5. 誘電対策
    1. 誘電特性と伝送損失
    2. 誘電損失低減 (低誘電化)
  6. 回路対策
    1. 受送信部
      • アンテナ
      • 信号変換
      • Module化~IC化
    2. 情報処理部
      1. CSP化;FOPKG
      2. 回路薄層化
        • 再配線
        • コアレス子基板
  7. 半導体パッケージングの技術動向と課題
    1. FOPKG;
      1. FOWLP
      2. FOPLP
    2. 接続回路
      1. 種類
      2. 課題 (薄層強靭化)
      3. 対策
    3. 薄層封止
      1. 封止方法
      2. 封止材料
  8. 半導体PKGの開発経緯

講師

  • 越部 茂
    有限会社アイパック
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/21 マイクロ波/ミリ波帯における誘電率の測定/評価技術 東京都
2020/8/24 回路と基板のノイズ設計技術 東京都
2020/8/25 半導体 (IC) とその周辺材料の超入門 オンライン
2020/8/27 ノイズ・EMCの基礎と対策 オンライン
2020/8/28 5Gスマートフォン向けBAW・SAWフィルタの新しい薄膜材料特性とウエハ評価法、新しい配向材料 東京都
2020/8/28 高周波対応に向けた基板・周辺材料の技術トレンド オンライン
2020/8/28 LPWA (Low Power Wide Area) の詳細・最新動向・将来展望 東京都
2020/9/4 5G、IoT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法 東京都
2020/9/8 5G/Beyond 5Gに対応した電磁波シールド・吸収材料設計の考え方、測定法 オンライン
2020/9/9 UHF帯RF-IDアンテナ設計の勘どころ 東京都
2020/9/10 パワーデバイス パワーデバイスの基礎と活用技術 オンライン
2020/9/11 AI、IoT、5Gに向けた半導体パッケージ技術の進化と要素技術 オンライン
2020/9/16 入門 ウェアラブルセンシング技術 オンライン
2020/9/17 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 東京都
2020/9/18 5G対応のプリント基板技術と要求される材料 オンライン
2020/9/23 5G、及びBeyond 5Gで求められる高周波対応材料の技術動向 オンライン
2020/9/28 半導体パッケージの異種デバイス集積化プロセスの基礎と最新技術動向 東京都
2020/9/28 ミリ波帯電波吸収体、遮蔽材、透過材の考え方と設計例 オンライン
2020/9/29 基板から装置・システムまでのグラウンドとシールド オンライン
2020/9/30 5Gアンテナの実装設計 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/10/31 炭化ケイ素半導体 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 2014年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/15 パワー半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/10 酸化物半導体 技術開発実態分析調査報告書
2012/12/10 スマートシティの電磁環境対策