技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

競合品との差別化を図るための製品ポジショニングとプロモーション戦略

競合品との差別化を図るための製品ポジショニングとプロモーション戦略

~競合品に勝つための製品ポジショニングとプロモーション戦略とは / 製品ライフサイクルの長期化や売り上げの極大化を目指したポジショニングの作りかたとは~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、マーケティングにおけるポジショニングについて基礎から解説し、ポジショニングの作りかたと注意点、製品ポジショニングと競争戦略の関係、競争的プロモーション活動について解説いたします。

開催日

  • 2020年3月25日(水) 12時30分 16時30分

プログラム

 競合品と差別化を図るためには製品ポジショニングは極めて重要です。差別化に効果的な製品ポジショニングは製品価値 (売上) を高めます。また、製品ライフサイクルの長期化や売り上げの極大化に貢献します。さらに、他剤と明確に差別化できたポジショニングは、顧客 (医師ら) にその製品の特徴や有用性を素早く明確に伝えることができるため、プロモーション活動も容易になります。ポジショニングの作りかたと注意点、製品ポジショニングと競争戦略の関係、競争的プロモーション活動について解説します。

  1. マーケティングにおけるポジショニング
    1. STPにおけるポジショニングの重要性
    2. ポジショニング設定での考え方
  2. 差別化されたポジショニング
    1. 競合品と差別化されるポジショニングとは
    2. ポジショニングにおける縦軸、横軸の設定
  3. 製品ポジショニングとブルーオーシャン戦略
    1. 製品ポジショニングとブルーオーシャン戦略との関係
    2. ブルーオーシャン戦略を実現するための要素
  4. 製品ポジショニングとプロモーション戦略
    1. 製品ポジショニングとプロモーションとの整合性
    2. 製品ポジショニングを成功させるためのプロモーション戦略
  5. 競合品に勝つための製品ポジショニングとプロモーション戦略
    1. ゲーム理論 (PARTA) の活用
    2. ゲーム理論を活用したプロモーション戦略の実例

会場

江東区産業会館

第1会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の学生に限ります。
教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/5/11 説得力ある医薬品・市場売上予測とその説明資料作成 東京都
2020/5/14 医薬開発品導入/M&Aにおけるデュー・デリジェンスと契約交渉 東京都
2020/5/14 GMP・GQPにおけるQA部員の教育訓練 (GMP文書・記録類の照査) 入門講座 京都府
2020/5/15 研究開発と技術人材育成のための技術マネジメント 東京都
2020/5/15 GMP対応工場における設備機能維持と予防保全の考え方 京都府
2020/5/18 医療機器設計開発プロセス 基礎講座 東京都
2020/5/18 GMP省令改正を見据えたQAのためのCSVとデータインテグリティ実践セミナー 東京都
2020/5/18 データインテグリティSOP作成セミナー 東京都
2020/5/18 バイオ医薬品の均一品質確保のCMC戦略 東京都
2020/5/18 原薬製造スケールアップにおけるスケール変更に伴うスケール依存因子/ トラブル事例とQbDに基づく重要品質特性・重要工程パラメータ設定 東京都
2020/5/19 口内炎の治療、予防と製剤開発 東京都
2020/5/19 改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 東京都
2020/5/19 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法のポイント 東京都
2020/5/19 AIを利用した医療機器開発における医療用プログラムの薬事規制 東京都
2020/5/19 腸内細菌叢の基礎と解析手法及び研究開発動向 東京都
2020/5/20 これからはじめる競合他社・異業種ベンチマーキングの基本、考え方とすすめ方 京都府
2020/5/20 バリデーション入門講座 東京都
2020/5/20 診断薬・バイオマーカー開発のためのこれからの新市場開拓とビジネス事業化のポイント 東京都
2020/5/20 中国の市場・薬事規制動向を踏まえた臨床開発戦略 東京都
2020/5/20 事業化成功・失敗例を踏まえたAI (人工知能) を用いた医療機器開発戦略とレギュレーション対応 東京都

関連する出版物

発行年月
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/28 正しいALCOA原則・実践から治験Quality Managementと適合性調査
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/9/20 ステント 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/20 ステント 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/7/20 マッサージ機〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/20 マッサージ機〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/1 画像診断機器(超音波) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(超音波) 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル