技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

作業阻害要因の見える化とヒューマンエラー防止マネジメント手法

ヒューマンエラーを不具合につなげないための

作業阻害要因の見える化とヒューマンエラー防止マネジメント手法

~業界・業種・環境を問わず起こりうるヒューマンエラーの要因と防止策~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、高い品質/信頼性が要求される現場で得られた知見を基に、ヒューマンエラー防止マネジメント手法を解説いたします。

開催日

  • 2017年10月24日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • ヒューマンエラーに関する基礎知識
  • ヒューマンエラーを不具合につなげないための基本的な考え方
  • 作業阻害要因を見える化する方法
  • ヒューマンエラー起因不具合の再発防止手法、考え方
  • ヒューマンエラーの未然防止手法、考え方

プログラム

 ヒューマンエラーは業界・業種問わず、どのような職場においても起こりうるものです。ヒューマンエラーは「作業のしにくさ」「作業環境のまずさ」といった要因 (作業阻害要因) によって引き起こされる「結果」と考え、それらの要因を見える化し、排除・緩和することが必要です。
 本講習会ではまず、ヒューマンエラーとは何か、どのようにして起こるのか、また、状況やタイプ別ヒューマンエラーの傾向等の基礎知識について説明します。また、ヒューマンエラーを引き起こす作業阻害要因について説明し、簡単な調査票の記入作業を通して、「作業阻害要因の見える化」を試行・体験頂きます。
 また、ヒューマンエラー防止のためには、ヒューマンエラーが起こらないようにするだけでなく、万が一ヒューマンエラーが起こっても、それを不具合につなげないための仕組み作りが大切です。このような「ヒューマンエラー防止マネジメント手法」として、再発防止および未然防止の観点から取り組むための分析/管理手法についていくつか紹介します。
 本講習は、宇宙開発関連業務におけるヒューマンエラー防止関連活動をベースにしていますが、紹介する知見は他業種においても展開可能なヒントや参考になることでしょう。是非、本講習をご活用ください。

  1. はじめに (宇宙開発業務における失敗事例の紹介)
    1. ロケット系、人工衛星系の失敗事例の紹介
  2. ヒューマンファクターズに関する基礎知識
    1. ヒューマンエラーとは何か
    2. ヒューマンエラーが起こりやすい職場とは…
      (ヒューマンエラー発生に関係する人間特性など)
    3. タイプ、状況別ヒューマンエラーの傾向と対応策
      (初心者、ベテラン、焦りやすい、ルールを守らない…等)
    4. ヒューマンエラーが発生するのはなぜか
    5. ヒューマンエラーをした本人が悪い? (原因帰属の考え方)
    6. ヒューマンエラー発生のメカニズム (m – SHELモデルの考え方)
    7. 作業阻害要因 (PSF) とはなにか
    8. 要因の見える化を試行・体験してみよう (作業阻害要因簡易診断)
      • 講習時に調査票への記入作業を行います。
        診断結果につきましては、後日ご送付申し上げます。
    9. ヒューマンエラーを不具合につなげないために…
    10. 事象のチェーン等の考え方
    11. 2つのアプローチ (再発防止と未然防止)
  3. 後悔せずに反省し、次へつなげる:「再発防止」のためのヒューマンエラー防止マネジメント手法
    1. 不具合に至った経緯を整理する
    2. バリエーションツリー分析
    3. いきさつダイヤグラム
    4. 問題点 (ヒューマンエラー) を明らかにし、その要因を洗い出す
    5. 対策志向のなぜなぜ分析
    6. PSF法 (リファレンス・リスト法)
    7. ノタメニ構文法 (補助ツール)
    8. 対策を検討する
    9. 段階的に考える
    10. 2つの側面から考える
    11. 主要な対策カテゴリー
    12. 対策例、活動例の紹介
  4. 転ばぬ先の杖:「未然防止」のためのヒューマンエラー防止マネジメント手法
    1. 品質に着目したヒヤリハット/潜在ヒヤリハット
    2. 気がかりを事前に洗い出す (カモをつかまえる)
    3. 気がかり管理
    4. 作業阻害要因を活用した職場改善
    5. PSF管理
    6. その他の活動例
  5. まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 嶌田 久美
    HIREC 株式会社 信頼性品質技術部
    副主席

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第3講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/12/18 信頼性の基本と効率的な開発のための加速試験入門 東京都
2019/1/18 外観検査における目視検査&自動検査での品質チェック・ノウハウ 東京都
2019/1/23 源流にフォーカスした製品開発技術者のDR実践 東京都
2019/1/23 生産現場への自動化機器導入の考え方 東京都
2019/1/23 医薬品製造・分析における品質管理の統計学 東京都
2019/1/24 トラブル未然防止のための寿命予測/信頼性試験の考え方 東京都
2019/1/25 車載電子部品の信頼性要求と市場故障低減のための信頼性作り込み 東京都
2019/1/25 医薬品の外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策 東京都
2019/1/29 ヒューマンエラー対策・対応と防止に向けた人材育成 東京都
2019/1/30 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠 東京都
2019/1/31 ヒューマンエラー防止への上手な教育方法と良い環境づくり 東京都
2019/2/5 超入門 FMEAとFTA (故障の木解析) とその活用 東京都
2019/2/7 品質工学 (タグチメソッド) の実践ノウハウ 大阪府
2019/2/20 プロセス系生産技術者のためのスキルアップセミナー 東京都
2019/2/21 設計品質向上の基礎講座 東京都
2019/2/25 生産性が向上する時間効率術 東京都
2019/2/26 信頼性試験と故障解析 東京都
2019/3/4 医薬品製造におけるヒューマンエラー・逸脱事例と未然防止策 大阪府
2019/3/5 事故や失敗事例から学ぶHAZOP実践講座 大阪府
2019/3/7 わかりやすい製造指図書およびSOP作成のポイント 大阪府