技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療用高分子・ポリマー材料の開発、再生医療や高度先進医療への応用・可能性

医療用高分子・ポリマー材料の開発、再生医療や高度先進医療への応用・可能性

東京都 開催

開催日

  • 2017年10月23日(月) 10時30分 16時30分

プログラム

第1部 貼るDDS、がん細胞のトラップフィルムなど スマートポリマー開発とその応用

(2017年10月23日 10:30〜12:15)

  1. 刺激応答性高分子の分類
    1. 刺激による分類
    2. 構造による分類
    3. 機能による分類
  2. 刺激応答性高分子の作製方法
    1. ゲルの作製
    2. 表面修飾方法
    3. ファイバーの作製
    4. 粒子の作製
  3. 評価方法
    1. 光学的評価
    2. 表面ぬれ性
    3. 粒径
    4. 熱力学的性質
  4. 応用例
    1. 再生医療 (例 : 損傷した神経を再生するメッシュ)
    2. DDS (例 : ”貼る”癌治療用メッシュ)
    3. 診断システム (例 : 早期診断用ポリマー)
    4. バイオロジー研究 (例 :健康長寿を支えるメカノバイオロジー)
    5. 小型人工透析器 (例 : 腕時計型尿毒素除去フィルター)
    6. 抗炎症ポリマー
    7. その他
    • 質疑応答

第2部 高分子ナノテクノロジーを基盤とする 革新的ナノ医薬品の創製

(2017年10月23日 13:00〜14:45)

 高分子ナノテクノロジーを基盤するナノメディシンは、薬剤の有効性と安全性を飛躍的に高める基盤技術として注目されている。本講演では、高分子ミセル型ナノメディシンについての研究成果を紹介する。

  1. 高分子を利用した革新的ナノ医薬品の設計
    1. 創薬における課題
    2. 高分子創薬
  2. 高分子ミセル型ナノ医薬品
    1. 高分子ミセルの設計
    2. 高分子ミセルの体内動態
    3. 高分子ミセルのがん集積性
    4. 高分子ミセルによる難治がんの治療
    5. 高分子ミセルによる副作用の低減
    6. 高分子ミセルの臨床開発状況
    7. レギュラトリーサイエンス
  3. 高分子ミセルを基盤とする次世代ナノ医薬品の設計
    1. 抗体結合ミセル
    2. 高分子ミセル型核酸送達システム
  4. オープンイノベーションによる高分子ミセル型ナノマシンの開発
    1. ナノ医療イノベーションセンター
    2. ナノマシンと医療機器の融合による診断イノベーション
    3. ナノマシンによる切らない手術の実現
      • 光線力学治療
      • 音響化学治療
      • 中性子捕捉治療
  5. 今後の展望
    • 質疑応答

第3部 歯の最小侵襲治療と歯科用 修復材料への高分子技術の展開

(2017年10月23日 15:00〜16:30)

 歯の修復治療は、高分子系接着性修復材料の導入によって、歯をなるべく削らない で治療して歯の延命を図る「最小侵襲治療」が一般化している。このような修復治療を 可能にした、接着技術と複合材料技術を中心に紹介する。

  1. 高分子材料を用いた虫歯治療
    1. 歴史的背景
    2. 高分子材料による虫歯治療の実際
  2. 歯科用接着材
    1. 歯質接着性モノマーの開発
    2. 象牙質への接着と樹脂含浸層
    3. セルフエッチング型接着材
    4. 歯科用金属、セラミックスへの接着
  3. 歯科用コンポジットレジン
    1. 基本組成と無機フィラー配合技術
    2. CAD/CAM用レジンブロック
  4. 高分子系歯科材料の高機能化の試み
    • 歯質強化、う蝕予防、再生的機能材料
    • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/12/18 UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法 東京都
2018/12/18 高分子材料の絶縁性向上とその評価 東京都
2018/12/19 ソフトマターにおける粘弾性相分離のメカニズムと材料開発への応用 東京都
2018/12/20 高分子の耐久性向上、劣化度評価、寿命予測 東京都
2018/12/21 ブリードアウト不良の原因と対策 東京都
2018/12/21 人工筋肉・力触覚応用による人にやさしい機器開発の基礎と実践法 東京都
2018/12/21 高分子材料の合成、重合反応とそのプロセス、工業化・実用化の総合知識 東京都
2018/12/25 高分子劣化のメカニズムと寿命評価技術 東京都
2019/1/10 ポリウレタンの構造、ポリオールとイソシアネートの使い方、工業的応用、測定評価 東京都
2019/1/11 自動車用樹脂窓に向けた耐摩耗性、耐擦傷性向上技術 東京都
2019/1/15 高分子材料中の添加剤分析 東京都
2019/1/17 フィラーの樹脂中への分散・配向技術とその応用 東京都
2019/1/18 航空宇宙分野における樹脂および炭素繊維複合材料の設計、採用、信頼性評価 東京都
2019/1/18 エポキシ樹脂の化学構造と硬化剤および副資材の使い方 東京都
2019/1/21 自動車窓ガラスの樹脂窓化と耐摩耗性、耐候性の向上 東京都
2019/1/21 UV硬化の基礎、硬化不良対策、影部のUV硬化 東京都
2019/1/22 自動車産業における樹脂材料・高分子複合材料の "これから" を考える 東京都
2019/1/23 アクリレートの種類、構造と選び方、使い方 東京都
2019/1/23 樹脂の硬化反応におけるレオロジー解析 東京都
2019/1/25 生分解性プラスチックの必須基礎知識と商品開発のヒントおよび市場動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/1 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ