技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

コンペティティブ・インテリジェンス (CI) 機能、部門の構築と意思決定システムの考え方

製品戦略における

コンペティティブ・インテリジェンス (CI) 機能、部門の構築と意思決定システムの考え方

~日本の製薬企業でのインテリジェンス機能導入に向けて~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、インテリジェンスの考え方、インテリジェンス組織機能の高め方、分析に使われる技法の紹介、製薬研究開発でのインテリジェンスの役割について解説いたします。
また、日本の製薬企業でのインテリジェンス機能導入について詳解いたします。

開催日

  • 2017年8月24日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • インテリジェンスの考え方
  • インテリジェンス組織機能の高め方
  • 分析に使われる技法
  • 製薬研究開発でのインテリジェンスの役割
  • 日本の製薬企業でのインテリジェンス機能導入

プログラム

 インテリジェンス部門は、企業参謀を担う重要な機能として位置づけられる。産業・企業横断的なインテリジェンス専門家集団としてSCIP (Strategy and Competitive Intelligence Professionals) が知られ、SCIPはインテリジェンスの役割を中心的に担う人材を輩出してきた。しかし、SCIPへの日本人 (企業) の参画は皆無で、ここでも日本企業のグローバル化に対する遅れが指摘されざるを得ない状況になっている。
 本講演では、インテリジェンスの考え方、インテリジェンス組織機能の高め方、分析に使われる技法の紹介、製薬研究開発でのインテリジェンスの役割などについてまとめ、日本の製薬企業でのインテリジェンス機能導入に向けて紹介する。

  1. インテリジェンスの考え方
    • インテリジェンスとは何か
    • カスタマーとサイクルの概念
  2. インテリジェンス組織機能の高め方
    • インテリジェンス組織の働き
    • インテリジェンス組織の必要条件
    • P&Gのインテリジェンス組織編成
    • ファイザーのインテリジェンス戦略
  3. 分析に使われる技法
    • 情報分析の目的・役割
    • 5フォース分析、SWOT分析、製品ライフサイクル分析など基本ツールの活用
    • 競合分析マトリックス、競合分析マトリックス、財務分析など応用ツールの活用
    • 分析手法のいくつかを組み合わせる重要性
    • 目的としてのコンペティティブ・インテリジェンスの獲得
  4. 製薬研究開発でのインテリジェンスの役割
    • 製品開発のコンペティティブ・インテリジェンス
    • ベンチマーキングと意思決定のサポートツール
    • コンペティティブ・インテリジェンスとビジネス・プロセスの統合
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第1講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/8/23 PIC/S GMPに対応した製薬用水製造管理の基礎 東京都
2017/8/23 医薬品・バイオ技術のライセンスイン・アウトの実践講座 東京都
2017/8/23 がん悪液質における臨床診断・治療と治療薬開発 東京都
2017/8/23 バイオ医薬品の特性解析・構造決定と得られたデータの品質管理への活用 東京都
2017/8/23 グローバルAuditor養成講座 東京都
2017/8/25 注射剤製造所における検査員のための異物・外観目視検査入門講座
2017/8/25 医薬品売上予測における精度向上のコツ 東京都
2017/8/25 ドライアイ治療のアンメットニーズと新薬開発 東京都
2017/8/25 医薬品開発プロジェクトにおけるコミュニケーションスキルアップ 東京都
2017/8/25 ジェネリック医薬品におけるユーザから選ばれるキー・サクセス・ファクタとマーケティング戦略 東京都
2017/8/25 オーファンドラッグ開発における情報収集ノウハウと疾患選択基準 東京都
2017/8/28 医薬品におけるサンプリングの基礎知識と全梱同一性確認への対応 東京都
2017/8/28 作業員レベルに合わせたGMP教育実践講座 東京都
2017/8/28 医薬品・バイオ技術のライセンス契約実践講座 東京都
2017/8/28 技術移転 (製法・試験法) の手順と同等性の評価方法 東京都
2017/8/28 包装工程バリデーション実施/手順書・SOP作成と3極薬局方の包装・容器材料規格・試験法設定 東京都
2017/8/29 医薬品品質システム導入 & 品質リスク抽出コース (2日間) 東京都
2017/8/29 製薬企業・医療機器企業におけるFDAが要求するCAPA導入の留意点 東京都
2017/8/29 高薬理活性医薬品の封じ込めと洗浄バリデーションの進め方 東京都
2017/8/29 GMP省令改正をふまえた医薬品品質システムのポイント 東京都