技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

バイオ医薬品における工業化検討と細胞培養プロセスの最適化

バイオ医薬品における工業化検討と細胞培養プロセスの最適化

~3極GMP要件と最適化・スケールアップ手法~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、微生物、細胞培養、精製プロセスのスケールアップ手法のポイントについて詳解いたします。
また、プロセス設計、品質管理、工業化のポイントについて解説いたします。

開催日

  • 2011年10月25日(火) 12時30分 16時25分

受講対象者

  • バイオ医薬品に関連する技術者、担当者

修得知識

  • 微生物、細胞培養プロセスの最適化
  • 微生物、細胞培養、精製プロセスのスケールアップ手法のポイント
  • バイオ医薬品におけるGMP要件と工業化検討の留意点

プログラム

第1部 最新の微生物・細胞培養プロセスの最適化とスケールアップ手法 (12:30~14:20)

 バイオ医薬品分野では、抗体、ワクチン、バイオシミラ-等実用化されるプロセスが増加している。
 ここではそこで実際に利用されている、微生物、細胞培養プロセスについて、最適化とスケールアップの手法を紹介する。

  1. バイオ医薬品の現状
  2. 微生物培養プロセスの概要
  3. 細胞培養プロセスの概要
  4. 培養法の分類
  5. 培養槽のスケールアップの基本
    1. 酸素供給速度
    2. 混合時間
    3. 通気方法の違い
  6. 微生物用培養槽のスケールアップの実際
  7. 細胞培養用培養槽のスケールアップの実際
  8. バイオ医薬精製プロセスの概要及びスケールアップ手法
    1. 微生物、細胞分離
    2. カラムクロマトグラフィー
    3. UF濃縮、ダイアフィルトレーション
    4. ウイルス除去
    5. 原薬保存方法
  9. 運転スケジュールの最適化
  10. シングルユース機器の利用の長所、短所
  11. シングルユース機器の最適化
  12. シングルユース培養槽のスケールアップ
  13. バイオ医薬品プロセスのバリデーション
  14. コンピュータシステムバリデーション
  15. 無菌設計手法
  16. 製造室環境の考え方 (開放系、閉鎖系)
  17. サステーナブル設計とは
  18. バイオハザードの考え方
  19. 製造用水の設計
  • 質疑応答・名刺交換

第2部 バイオ医薬品におけるGMP要件と工業化検討の留意点 (14:35~16:25)

 バイオ医薬品は現在注目を集めているが、製造所に関しての議論は少ないと考えている。
 弊社はバイオ医薬のCMOとして日本で最初にGMPの製造を手掛け、以来数多くのバイオ医薬品原薬を受託してきた。
 その経験を生かして、バイオ医薬品製造所の構造設備に関するGMP要件を解説し、原薬の製造に要求される項目について解説したいと思う。

  1. はじめに
  2. 培養工程におけるプロセス設計
    • バイオ医薬品開発とICHガイドライン
    • いつまでにどれだけの特性解析を実施するか? (細胞基材)
    • 製造プロセスの単位操作
    • 宿主の選定
    • 培養方法
    • 組換え細胞作製 (Clone Generation) の留意点
    • MCB管理のための試験の一例
    • MCB/WCBの管理方法の一例
    • 培養方法の検討項目
  3. 品質管理のポイント
    • 品質リスクマネージメントのプロセス
    • 開発段階におけるQRM
  4. 製造設備のバリデーションの考え方
    • バイオ医薬品製造設備に対するGMP要求事項
    • GMP対応バイオ医薬品製造設備~清浄度管理
    • 各GMPにおける医薬品製造環境
    • バイオ原薬製造設備におけるポイント
    • バリデーションのポイント
  5. 弊社設備のご紹介
  • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 菅谷 和夫
    株式会社IHIプラントエンジニアリング 医薬・ファインケミカル事業部
    顧問
  • 勝村 泰彦
    旭硝子(株) ASPEX事業推進部 開発センター
    主席

会場

機械振興会館

B3-6

東京都 港区 芝公園3-5-8
機械振興会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 42,000円 (税込)
複数名
: 33,000円 (税別) / 34,650円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/6/29 薬物動態の基礎 東京都
2018/6/29 ICH-GCP及びグローバル開発を踏まえた品質マネジメントシステム構築とCAPA導入・運用の実践 東京都
2018/6/29 国際共同治験の手順書 (Global SOP) 作成とLocal SOPとの棲み分け 東京都
2018/6/29 がんゲノム検査の薬事承認申請と臨床実装における課題と展望 東京都
2018/6/29 ICH M7変異原性不純物対応とガイドライン徹底解説 東京都
2018/7/2 バイオ医薬品における知財戦略 大阪府
2018/7/3 PMDA査察対応 入門講座 大阪府
2018/7/3 開発早期における医薬品売上予測とマーケティング戦略 大阪府
2018/7/4 医薬品製造設備の洗浄バリデーション実施のポイント 大阪府
2018/7/5 治験薬GMP入門 : 日米欧三極対応のポイントとGDP対策 東京都
2018/7/6 医薬品工場設計・設備担当者のためのGMP超入門 東京都
2018/7/6 開発段階の処方・剤形変更時におけるBE試験とバイオウェイバーの考え方 大阪府
2018/7/11 GHS分類、SDS・ラベル作成のルールと混合物におけるグレーゾーンの解決法 東京都
2018/7/13 新薬パイプライン構築・強化のための開発候補医薬品の売上予測とオープンイノベーション戦略 東京都
2018/7/13 キャリブレーション (校正) システムの具体的な考え方と対応 東京都
2018/7/13 製薬企業における品質リスクマネジメントセミナー 東京都
2018/7/17 非無菌製剤における清浄度管理と監査・査察の留意点 東京都
2018/7/18 PIC/S GMPに対応した製薬用水の製造・品質管理の基礎 東京都
2018/7/19 敗血症の新規病態メカニズムと早期診断・治療薬開発 東京都
2018/7/19 医薬品開発プロジェクトの効率的な進め方と進行が遅れた際の対応策 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/27 医薬品包装・容器の材料要求特性と3極局方の品質基準・試験法
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/30 新薬開発にむけた臨床試験(第I~III相臨床試験)での適切な投与量設定と有効性/安全性評価
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書