技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

申請をふまえたバイオ医薬品の特性解析・生物活性評価・免疫原性評価

申請資料の信頼性基準に対応した特性解析・構造解析を学ぶ

申請をふまえたバイオ医薬品の特性解析・生物活性評価・免疫原性評価

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、EMEA,FDA (draft)など最新のガイドラインをふまえた免疫原性試験とECL法・SPR法について詳解いたします。

開催日

  • 2011年8月31日(水) 10時30分 17時00分

受講対象者

  • バイオ医薬品に関連する技術者、品質担当者、管理者、申請担当者

修得知識

  • 申請をふまえたバイオ医薬品の特性解析
  • バイオ医薬品における生物活性測定・評価
  • 申請をふまえたバイオ医薬品の免疫原性評価法

プログラム

第1部 申請をふまえたバイオ医薬品 (糖蛋白質性医薬品) の特性解析 (10:30~12:40)

 バイオ医薬品のうち糖蛋白質性医薬品の特性解析 (蛋白質部分・糖鎖部分の構造解析) についてその概要と測定例を紹介する。また、現在試みている新規分析・解析法についても一部紹介する。

  1. 糖蛋白質性医薬品の構造及び特性解析概要
    1. 糖蛋白質医薬品とは
    2. 特性解析について
  2. 蛋白質部分の構造解析
    1. N末端アミノ酸配列解析
    2. ペプチドマップ及び全アミノ酸配列解析
    3. C末端アミノ酸配列解析
    4. アミノ酸組成分析
    5. ジスルフィド結合位置の解析
    6. CDスペクトル
    7. 分子量測定
  3. 糖鎖の構造解析
    1. 糖蛋白質の糖鎖の種類とその構造
    2. 糖鎖マップ法によるN-グリコシド型糖鎖の構造解析方法
    3. 糖鎖マップの再現性
    4. 糖鎖マップの迅速化
    5. 糖鎖結合位置の解析
  • 質疑応答・名刺交換

第2部 バイオ医薬品における生物活性測定・評価 (13:30~14:30)

 化学合成の医薬品開発では、化学構造の同一性から生物活性を推定することは容易だが、タンパク質性のバイオ医薬品では、化学構造の一致のみでは、生物活性は担保されず、実際の生物活性測定が欠かせない。
 本講演では、タンパク質性のバイオ医薬品のうち、バイオ後続品を中心に、培養細胞を用いた方法について実施例を交えながら、生物活性測定について解説する。

  1. はじめに
    • 背景
    • バイオ医薬品の定義
    • タンパク質性のバイオ医薬品の特徴
    • バイオ後続品における生物活性測定の位置付け
    • 関連規制
  2. 生物活性測定法の種類
    • 動物を用いるバイオアッセイ
    • 培養細胞を用いるバイオアッセイ
    • 生化学的試験
    • その他 (結合試験等)
  3. 顆粒球コロニー刺激因子 (G-SCF) の例
    • 使用細胞
    • 試験方法
    • 結果事例
  4. エリスロポエチン (EPO) の例
    • 使用細胞
    • 試験方法
    • 結果事例
  5. その他の例
    • 成長ホルモン
    • インシュリン
    • 抗体類
    • その他
  6. 技術上の課題と今後の可能性
  • 質疑応答・名刺交換

第3部 申請をふまえたバイオ (抗体) 医薬品の免疫原性評価法 (14:45~16:30)

 抗体医薬を含むバイオ医薬品の開発において,免疫原性試験は重要項目の1つである。最新のガイドライン(EMEA,FDA draft)をふまえたアッセイ系の開発法について,ECL法とSPR法を比較して解説する。

  • イムノアッセイ
  • 免疫原性試験とは
  • ECL (electrochemiluminescence,電気化学発光) 法とは
  • ブリッジングアッセイ
  • SPR (Surface Plasmon Resonance,表面プラズモン共鳴) 法とは
  • 免疫原性試験の規制 (Guideline等)
  • ECL法での測定法開発
  • Cut-off設定
  • 抗体価算出
  • SPR法での測定法開発
  • バリデーション
  • 陽性抗体のキャラクタライゼーション
  • 低親和性抗体
  • 薬物共存の影響
  • 酸によるDrug/ADA (anti-drug antibody) 複合体の解離
  • 投薬とサンプリングのタイムスケジュール
  • 抗体医薬の免疫原性アッセイデザイン
  • アッセイ用抗体の供給と標識体の調製
  • 中和抗体アッセイ
  • 細胞性免疫応答
  • in silicoでの免疫原性予測
  • バイオシミラーの免疫原性試験
  • 免疫原性とCMC (Chemistry, Manufacturing and Control)
  • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 水野 保子
    株式会社 東レリサーチセンター ライフサイエンス営業部
  • 宮浦 英樹
    一般財団法人 化学物質評価研究機構 日田事業所 試験第三課
    課長
  • 白石 康平
    株式会社 住化分析センター 医薬事業本部 ファーマ大阪事業所 臨床・非臨床評価グループ 兼 バイオ技術センター
    試験責任者

会場

東京流通センター

2階 第3講習室

東京都 大田区 平和島6-1-1
東京流通センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 47,250円 (税込)
複数名
: 38,000円 (税別) / 39,900円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/6/29 国内外査察指摘をふまえたGMP記録の残し方・管理と逸脱・OOS・OOT発生時の対応 (処理手順/フロー/線引き) オンライン
2022/6/30 品質マニュアルなど主要な手順書・記録類の作成及び運用上の留意点 オンライン
2022/6/30 メディカルライティング入門講座 オンライン
2022/6/30 製薬関連企業とアカデミアにおける共同研究実務の留意点 オンライン
2022/6/30 試験室における紙/電子の生データに関するALCOA+とDI対応 オンライン
2022/6/30 承認申請に向けたリアルワールドデータ利用の考察とレジストリデータの活用・データの信頼性 オンライン
2022/6/30 製薬・医療機器企業におけるCSV基礎実践セミナー オンライン
2022/6/30 GMP医薬品工場建設 (計画・設計・施工) およびバリデーションのポイント 東京都 会場・オンライン
2022/6/30 データインテグリティの具体的な手順書作成セミナー オンライン
2022/7/1 データインテグリティ対応手順書の作成ポイント オンライン
2022/7/4 GMP監査と当局査察・無通告査察対応セミナー オンライン
2022/7/4 再生医療等製品「CMC薬事・申請」「承認申請 (品質・非臨床・臨床試験) 」コース オンライン
2022/7/4 バイオ医薬品凝集体の分析手法と処方検討を含む評価事例の紹介 オンライン
2022/7/4 再生医療等製品におけるCMC薬事・申請の主な課題とそのポイント オンライン
2022/7/5 GMP監査を効果的に実施するための体制づくり オンライン
2022/7/5 GMP違反を起こさせない/逸脱の再発防止としての効果的な教育訓練方法と実効性評価 オンライン
2022/7/5 治験薬GMP要求事項の理解と実際の運用 オンライン
2022/7/6 これで判ったクラウドのCSV実践 SaaSのバリデーション、クラウド基盤の適格性評価 オンライン
2022/7/7 スケールアップ・ダウン検討、失敗例/解決 (対処) 法と実験計画法による効率的なデータ収集 オンライン
2022/7/7 GMPに沿ったキャリブレーションの実施とデータインティグリティ対応 オンライン

関連する出版物

発行年月
2011/7/1 コンピュータバリデーション実施の手引き
2011/6/29 3極申請対応をふまえた不純物の規格設定と不純物プロファイル管理
2011/6/28 3極要求を反映したGMP-SOP全集
2011/6/28 治験の臨床検査値における軽微変動が意味するもの / 有害事象判定
2011/5/26 厚生労働省ER/ES指針、21 CFR Part 11とコンピュータバリデーション (中級編)
2011/5/25 超入門 厚生労働省ER/ES指針、21 CFR Part 11とコンピュータバリデーション
2011/4/20 厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理ガイドライン」対応実践講座
2011/1/28 3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応
2011/1/25 供給者監査実施のノウハウと注意点
2010/12/6 日本での申請をふまえたアジアンスタディと各国の相違
2010/12/1 「コンピュータ化システム適正管理ガイドライン」対応準備の手引き
2010/11/29 FDA Part11査察再開と欧州ANNEX11要求対応
2010/11/25 EDC適合性調査と医療機関事前対応
2010/10/28 薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング
2010/8/20 3極GMP査察対応シリーズ
2010/5/27 CMCレギュレーションとドラッグマスターファイル(DMF)作成入門
2010/4/20 高血圧対応製品の研究開発動向と市場分析
2009/6/5 非GLP/GLP試験・医薬品製造の国内・海外委託と適合性調査対応
2009/2/23 社内監査の手引き
2009/2/10 臨床試験におけるEDCに関する信頼性調査への対応実践講座