技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ブランド価値を最大化するマーケティングとは?

医薬品 スーパーマーケッター / ブランドマネージャー 養成講座 Aコース (全3回)

ブランド価値を最大化するマーケティングとは?

~ブランドマネージャーの役割~
東京都 開催 会場 開催

以下、医薬品のマーケティング・ブランディングの関連セミナーとの同時申し込みで特別割引にて受講いただけます。

開催日

  • 2011年8月26日(金) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 医薬品のマーケティング・ブランディングに関連する担当者、管理者

修得知識

  • マーケティングの基礎
  • マーケティングプランの作成、実施、検証
  • 組織内での体制、コミュニケーション

プログラム

 医薬品のブランド価値を上げることが、社会的な意義だと考えられます。
 この講座ではブランド価値を上げるために、マーケティングプランの作成、およびその実施、検証のPDCAサイクルを回し、営業部門と協働することが、課題であることをご紹介します。

  1. 医薬品の社会的意義、ステークホルダーは?
  2. マーケティングとは?
  3. マーケティング組織
  4. ブランドマネージャーの役割・求められる資質
  5. マーケティングプラン作成
    • 市場の理解
    • 競合品
    • Patients flow
    • SWOT分析
    • Customer insights
    • 顧客のセグメンテーション
    • ターゲティング
    • ポジショニング
    • 製品戦略、目標設定
    • 製品メッセージ
    • 製品ブランディング、ブランド価値
  6. コミュニケーション
    • 組織内
    • MR
    • 顧客
  7. 戦略の検証
  • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5階 第4講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 42,000円 (税込)
複数名
: 33,000円 (税別) / 34,650円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/3/29 医薬品GDP (適正流通基準) 入門 オンライン
2022/3/29 技術者・研究者のためのマーケティングの基礎と実践 東京都 会場・オンライン
2022/3/29 洗浄バリデーションに関する基準をどう決めるか? どう評価するか? オンライン
2022/3/29 GMP/GQP分野で仕事をするのに役立つ知識を身につけるコース オンライン
2022/3/30 GHS分類SDS・ラベル作成のルールと混合物におけるグレーゾーンの解決法 オンライン
2022/4/8 改正GMP省令を踏まえた文書・記録に関するデータインテグリティ対策 オンライン
2022/4/13 GMP違反をしないGMP記録とは? ヒューマンエラー・逸脱を低減するGMP文書・製造指図・記録書作成とは? 文書を欠落なく管理する方法とは? オンライン
2022/4/15 各国DMF (US中心に、EU, CANADA, 日本他) の特徴・作成とeCTD/eSubmissionを用いての具体的な登録・変更・更新・LOA オンライン
2022/4/18 次世代医療・ヘルスケア分野参入に向けたライフサイエンス領域のデジタル化の現状・最新トレンドとニーズ探索 (2日目) オンライン
2022/4/20 体外診断用医薬品 (IVD) の臨床性能試験と薬事申請・保険適用のポイント オンライン
2022/4/21 医薬品・医療機器における中国薬事規制/申請・登録時の留意点 オンライン
2022/4/22 GCP監査実施におけるQMSの考え方と構築/リモート監査実施方法 オンライン
2022/4/22 グローバル開発における承認申請・試験関連文書の医薬英語/英文ライティング入門 オンライン
2022/4/27 医薬品におけるTPPも明確でない/不確実性が高い開発初期段階での事業性評価手法 オンライン
2022/4/27 変更管理・逸脱管理の実運用とリスクのクラス分類 オンライン
2022/4/27 承認申請パッケージにおける外国データ利用のポイントと開発戦略の実例 オンライン
2022/5/18 GxP領域データの (完全) 電子化プロセスとデータインテグリティ対応 オンライン
2022/5/30 バイオ医薬品生産用の遺伝子組換え体細胞の構築とセルバンク化: 保存管理・更新・試験・申請対応に関する注意点 オンライン
2022/5/30 バイオ医薬品におけるCMC・CTD申請の3極の記載レベルの差と照会事項における要求の違い オンライン
2022/6/29 非無菌医薬品における微生物学的品質管理の必要レベルと微生物限度試験法実施事例 オンライン

関連する出版物

発行年月
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/30 新薬開発にむけた臨床試験(第I~III相臨床試験)での適切な投与量設定と有効性/安全性評価
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書
2013/2/5 放射線医療(癌診断・治療) 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/5 放射線医療(癌診断・治療) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/27 各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応
2012/8/24 3極規制要件をふまえたコンピュータ化システムのカテゴリ別CSV実践方法
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理
2012/3/29 治験中 / 市販後における3極安全性情報の収集・報告・評価実務と相違
2012/3/13 超入門 GMP基礎セミナー