技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ブランド価値を最大化するマーケティングとは?

医薬品 スーパーマーケッター / ブランドマネージャー 養成講座 Aコース (全3回)

ブランド価値を最大化するマーケティングとは?

~ブランドマネージャーの役割~
東京都 開催 会場 開催

以下、医薬品のマーケティング・ブランディングの関連セミナーとの同時申し込みで特別割引にて受講いただけます。

開催日

  • 2011年8月26日(金) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 医薬品のマーケティング・ブランディングに関連する担当者、管理者

修得知識

  • マーケティングの基礎
  • マーケティングプランの作成、実施、検証
  • 組織内での体制、コミュニケーション

プログラム

 医薬品のブランド価値を上げることが、社会的な意義だと考えられます。
 この講座ではブランド価値を上げるために、マーケティングプランの作成、およびその実施、検証のPDCAサイクルを回し、営業部門と協働することが、課題であることをご紹介します。

  1. 医薬品の社会的意義、ステークホルダーは?
  2. マーケティングとは?
  3. マーケティング組織
  4. ブランドマネージャーの役割・求められる資質
  5. マーケティングプラン作成
    • 市場の理解
    • 競合品
    • Patients flow
    • SWOT分析
    • Customer insights
    • 顧客のセグメンテーション
    • ターゲティング
    • ポジショニング
    • 製品戦略、目標設定
    • 製品メッセージ
    • 製品ブランディング、ブランド価値
  6. コミュニケーション
    • 組織内
    • MR
    • 顧客
  7. 戦略の検証
  • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5階 第4講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 42,000円 (税込)
複数名
: 33,000円 (税別) / 34,650円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/2/22 mRNAの製造・送達およびワクチン・疾患治療への展開 オンライン
2022/2/24 代替法も含めたエンドトキシン試験法の現状と留意点並びに今後の展望 オンライン
2022/2/24 アジア/ASEANにおける医薬品申請に向けた各国要求事項の理解と対応および承認後対応 (変更管理・更新) オンライン
2022/2/24 新規事業・新商品を生み出すための開発手法の選定・活用法とそのポイント オンライン
2022/2/24 海外当局査察対応のためのGMP手順書等の英文化 (翻訳) と知っておくべき知識・ルール オンライン
2022/2/24 医薬品原薬のラボから製造現場へのスケールアップ対応 オンライン
2022/2/24 IPランドスケープ®実践に役立つ知財情報戦略 オンライン
2022/2/24 核酸医薬品・ペプチド医薬品などの 中分子医薬品における国内外の特許動向・分析 オンライン
2022/2/24 研究開発に直結する情報収集のポイント オンライン
2022/2/24 mRNA医薬品の非臨床・臨床試験の考え方及び薬事規制上の課題 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画の心得と戦略 オンライン
2022/2/25 医薬品ライセンス契約のドラフティングと紛争回避・解決のポイント オンライン
2022/2/25 わかりやすい製造指図書およびSOP作成のポイント オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画のための応用別ニーズ・課題動向 オンライン
2022/2/25 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ 全2コースセット オンライン
2022/2/25 信頼性基準適用試験での実施基準 (Q&A実務対応 / SOP例) オンライン
2022/2/25 国内外査察をふまえた逸脱及びOOS管理記録作成 オンライン
2022/2/25 新医薬品の開発・承認申請において実施される前臨床試験・非GLP試験の効率アップ オンライン
2022/2/25 医薬品モダリティのライフサイクルマネジメント (LCM戦略) オンライン
2022/2/25 ICH Q12をふまえた医薬品の適切な技術移転の実施、及び市販後の適切な変更管理の実施 会場・オンライン

関連する出版物

発行年月
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/30 新薬開発にむけた臨床試験(第I~III相臨床試験)での適切な投与量設定と有効性/安全性評価
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書
2013/2/5 放射線医療(癌診断・治療) 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/5 放射線医療(癌診断・治療) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/27 各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応
2012/8/24 3極規制要件をふまえたコンピュータ化システムのカテゴリ別CSV実践方法
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理
2012/3/29 治験中 / 市販後における3極安全性情報の収集・報告・評価実務と相違
2012/3/13 超入門 GMP基礎セミナー